小料理屋のママに聞いた「残念な女性」には共通の特徴がある

残念な女性 特徴
恋愛悩み

筆者の住んでいる地元には、昔ながらにある小さな小料理屋があり、以前は男性サラリーマンの人たちが多かったのですが、ここ数年は女性の一人客が増えてきているとのこと。

小料理屋の女将さんは筆者の先輩ですが、ここ最近深夜近くになると女性客が来店して、恋愛相談を受けることが多くなり「女性の駆け込み寺」となりつつあります。

筆者が若い頃は、友人に相談したりする事が多かったのですが、今の20~30代の女性の意見では

「周りはすでに既婚者なので、子育てに忙しい感じなので相談しにくい。」

「身近な友達には言わない。逆に気を遣わせて申し訳ないから。」

「愚痴や相談言っていたら、友達から『何回同じ話しているの?』と言われちゃって、それから話さなくなった。」

「本当の親友がいないから。」

など悩みを相談できる相手もおらず一人でかかえこんでしまい、どうすればわからず、うちのお店にやってくる子が多くなっているのよ。

と女将さんが言っていました。

「みんなキレイな子なのに、なぜか彼氏ができない、もう結婚できないと中には泣いちゃっている子もいるんだけど、多くの悩みを聞いているうちに、なんか同じ共通点を持っちゃっているんだね~。と思ったのよ。」

女将さんの話では美人でも可愛い女性でも、関係なく「残念な女性」は例外になく、恋愛・結婚に結びつくことができなくて、ことごとく失敗をしているとのこと。

それはいったいどういう事なのかを教えていただきました。

恋愛・婚活がうまくいかないとお悩みの方は、その原因がわかるかと思います。

1.仕事とプライベートの切り替えができない「残念な美人」

残念な女性
「最近の女性は、仕事とプライベートの切り替えができない人が多いわね。だから相手の男性もリラックスができなくて、その女性との結婚との想像ができず、結果別れちゃう。
仕事ができる女性に多いのよね。」

確かにここ数年は女性の社会進出は当たり前となり、女性の管理職は徐々に増えつつある世の中。

とは言え男性と同じ量、いやそれ以上をこなす女性が多くなり、仕事が非常に優秀なのはいいのですが、頭の中がいつまでも仕事オンの状態になってしまい、お見合いや合コンの席でもついつい仕事の話になると、男性と張り合う口調となってしまい、結果ダメになってしまうケース。

「以前うちに来たお客さんで、総合職で頭の回転もよく、外見もオシャレでキレイな子で会社の同僚と一緒だったんだけど、飲んでいるうちに、だんだん彼女、仕事の内容でヒートアップしちゃったみたいで『〇〇だとうまく行かない』とか『こうしないと仕事はうまく行かない』と激論みたいな感じになっちゃって・・・・(苦笑)
まあまあと言ってその場をおさめたんだけどね。」

筆者もそういう女性を何人か、一緒に飲んだ経験はあります。
仕事とプライベートの切り替えができない女性の場合の多くが、日常的に残業が多く、休日も仕事の事を考えてしまったり、メールをチェックをしたりしています。

何か突発的な事故やクレームも発生するケースもあるので、プライベートと仕事の境界線があやふやになりがちだと言っていました。

それから月に2~3回程度、女将さんの店に総合職の女性は度々訪れるようになりました。

彼女の悩みは「結婚したくても相手ができない」こと。

3年前に結婚を考えていた彼にフラれてしまい、1年間落ち込み続け、やっと立ち直って婚活を始めたのですが、ことごとく相手からお断りされてしまい、話しているうちについに泣き出してしまったそうです。

「仕事ができる女性は、意外と恋愛・婚活は不器用な子が多いのよ。
一生懸命、頑張っているうちに自分にも厳しくなると同時に、相手にも厳しい見方をしちゃうのよ。
それって仕事だけでいいのに、オンとオフの切り替えができなくなって、プライベートでも厳しさがでちゃうから、男性側が怖気づいてしまって、彼女の前から去っていってしまうのよ。」

確かに。
男性側から見れば、そういう女性と一緒にいると、プライベートでも仕事の感覚になってしまって、緊張感が続いてしまいリラックスすることができなくなってしまいます。

「だから彼女にこう言ったのよ。あなたは頭が良いのだから、男と女の関係は「緊張」ではなく「癒し」や「居心地がいかに良いか」で決まるということ。
男は仕事ができる女性と結婚したいのではなくて、寄り添ってくれる女性を求めているのよ。」

仕事できる女性は、決して女らしくないって事はないんです。
泣いてしまった彼女は、手芸などのハンドメイドを作るのが大好きとのこと。

インスタで見せてもらったところ、クオリティが高く、かわいい作品が多くて゛すごいわね”と褒めたら、顔を赤くしてぽそっと「・・・ありがとうございます。」という可愛らしさを持っています。

でも今はスマホやネット環境が充実していることで、いつでもどこでも仕事のメールをチェックできる便利な時代なのですが、プライベートな時間でも、それを行ってしまう事でだんだんと、仕事モードがオンの状態になりっぱなしになり、恋愛や婚活にも支障が出てしまうデメリットにもつながってしまいます。

それは筆者もよくわかります。
オンとオフの切り替えができないと、仕事のストレスが溜まり続けてしまい、いつの間にかネガティブな感情を長引かせてしまいます。

仕事ができる人ってネガティブな感情を何とかしようと、抑え込もうとしまうよね。

結果これが自分をより厳しくしてしまう原因にもなり、相手の男性の長所ではなく欠点に目がいってしまい、厳しい口調になったり、婚活でも仕事の話をすると、仕事モードのスイッチが入って相手をつまらなくさせてしまう原因なのです。

いい男性と巡り合いたい、お付き合いしたい、結婚をしたいと考えているならば、プライベートは会社のスマホは切って、プライベートを充実させることが一番です。

趣味があればその趣味に没頭する。オンとオフの切り替えができるようになると、自然と気持ちも落ちついてきますよ。

2.甘えることができない「なんでも頑張っちゃう女性」

残念な女性
これも先ほどご紹介した『仕事とプライベートの切り替えができない「残念な美人」』と似たようなケースですが、今までリーダー格で、人を引っ張るタイプの人や、姉御肌タイプの人、また小さい頃から頑張ってきた女性に多いです。

「私のキャラって、ナヨって甘えるタイプじゃないし」
と思っている方、多いはずです。

女将さんは
「なんでも頑張っちゃう女性ってすごい素晴らしい事だけど、でもそれじゃ、男性から見たら『俺って必要とされてないんじゃん』と思ってしまうのよ。
男性って女性に頼られたいと感じる生き物でしょ。
頼られる事で、男性は相手の女性を大切にしようと感じるし、同時に頑張ろうとする気持ちも生まれてくるのよ。
それに頑張っちゃう女性は、基本的に甘える事に慣れていない。これが一番の原因でしょう。
荷物を持ってもらうとか、ささいな事でもいいのよ。一度甘えてみて男性に受け入れられる喜びを味わえば、次第に素直に甘えることができるのよ。」

頑張る女性は、心のどこかで「甘えた時に男性が拒絶してきたら・・・」とか「甘えはダメな人間」と思っているため、それが足かせになっている可能性があります。

自分が思っているほど、男性ってそんなに複雑に考えていないんです。
ほとんどの男性は女性が甘えてくる事は、とても嬉しいと考えています。
筆者の知り合いの男性も、ほぼ100%が「ぜひ頼って欲しい」と言っています。

いきなり甘える事は中々できない事かもしれませんが、些細なこと、小さな事から頼るようにしてみると、だんだんと自然にできてくるようになってきますよ。

3.言いたい事が言えず「我慢しちゃう女性」

残念な女性
恋愛でも婚活でも、男性に嫌われるのがイヤだから、言いたい事が言えず我慢する女性も、結果的に残念な女性の部類に入ってしまいます。

「本当は心のどこかには言いたい事があるんだけど、我慢しちゃって言えない女性は、結局損をしてしまうのよね。
男性にとってその人の本音が見えなくなってしまい、何を考えているかわからない女性とみられてしまうのよ。
男性って女性ほど、複雑な心を読み取る力がないから、言いたい事があれば、はっきり言わないとわからない。
今、相談受けている子は「我慢しちゃう」タイプで結果、本人が愛されている感がなくなって、結果別れる結果になっちゃったのよね。」

女将さんに相談してくる女性は、同棲中の彼のこと。

実はその彼には以前別れ話があり、その時は周りからのサポートがあって元ザヤになったのですが、もう嫌われたくないという思いから彼に本音を言えなくなってしまい、また彼との関係がギクシャクしてしまいました。

彼の方は男気があり、意見はハッキリ言うタイプ。

同棲して一緒に生活しても、だんだんとお互い会話もなくなり、愛されている感じがしなくなり、何度か女将さんに相談をしていましたが、結局別れる結果となってしまいました。

「男の人は、嫌な事・面倒くさい事は、はっきり言わないと理解できないし、察してくださいという感じが一番面倒でイヤになってしまうのよ。
そういう女性に対してだんだんと重たい女という感じになってしまい、ぞんざいに扱われてしまう。
女性側だって、相手に顔色をうかがうような付き合いだから疲れちゃうし、本当の幸せとは言えないのよ。
傷つく事は怖いかもしれないけど、それ以上に本音を言えないのはもっと辛いこと。だって自分が愛されているかどうか不安な気持ちで生きていかなくてはならないからね。」

本音を言って別れてしまうのは確かに辛いかもしれませんが、その失敗が糧になり、次の恋愛への出発口になりますが、傷つく事を恐れて本音をためらい続ける事は、いつまでも「相手に嫌われるかも」とビクビクしながら生きていかなければならない。

長い目で見れば後者の恋愛の仕方では、幸せな恋愛・結婚へのゴールは遠くなってしまうのは、一目瞭然と感じます。

「彼女は心がとても優しいんだけど、どこか自分に自信が持てないタイプなの。だから彼女にはこう言っている『小さい事でもいいから、ちょっと頑張った事を私に話してちょうだい』と。
人って誰かに認められると徐々に自信がついてくると思うの。
1人で頑張っても、自信のない子は途中で挫折や諦めの気持ちに陥ってしまう。
誰か一人でも認めてくれると、人は少しずつ変われるものよ。

とてもたくましい女将さんの言葉です。
現在女将さんは心理カウンセラーの資格の勉強もしており、多くの悩みを持つ女性を支援したいと言っていました。

自分に自信がない、我慢して本音が言えなかった女性も、徐々に彼との別れの傷も癒えてきた様で、次の恋愛を探してみようと前向きの気持ちが出てきたとのこと。

次は素敵な男性と巡り合って、いい恋愛をして欲しいと願っています。

4.『まとめ』いい子になる必要はない

残念な女性
今回は女将さんの話から、恋愛や婚活で失敗してしまう「残念な女性」には3つの共通の特徴があることをご紹介しました。

女将さんの話では、実際には多くの女性は恋愛や婚活の切実な悩みをお持ちの方がいるという事を教えていただきました。

最後のまとめとして、女将さんはある言葉を言っています。

「相手の男性が好きなのに甘える事もできない、また相手に嫌われない様に傷つく事を恐れて言いたい事がいえない女性は、どこかで「いい子」でいようと思っている。
それで相手へ愛を伝えようとしているんだけど、その方法では幸せになれないのよ。
結婚して一緒に生きていくならば、お互いを助け合い、時には意見をぶつけ合わないと、うまくやっていく方法が見つからない。
そしてなによりが自分らしく生きていけなくなるから、目の前の幸せを結局自ら壊してしまうことになってしまうのよ。」

あなたはどうでしょうか。

男性とうまく行かないとお悩みの方はこの3つのどれかに当てはまる方いらっしゃるかもしれません。

自分に素直になることが、自分を変える第一歩であり、素敵な恋愛・結婚につながる事につながる事なのかもしれませんよ。

こちらの記事もよまれています。

婚活を頑張っているけど、相手の男性とのお付き合いがうまくいかなくて自信がなくなってしまう心境、よくわかります。
今回は婚活に疲れたアラサー女性の方に3つの解決法をご紹介しています。
・婚活に疲れたアラサー女性へ3つの解決方法を伝授

婚活サイトや結婚相談所に入会して、何人もの人とお見合いをしたけれどもうまく行かない、婚活連敗ばかりで自分は魅力はないと思っている方、実はこの事に気づいていないだけなのです。2つのアドバイスをご紹介!
・婚活で連敗。私って魅力ない女?実はこの事に気づいていないだけ

恋愛で失敗ばかり・・・その辛さはわかります。
しかし、その原因を知らないと毎回恋愛が失敗するのはもちろんの事、友達に相談しても「また同じ失敗しているの?」と飽きられてしまうことも。失敗の大きな原因を3つお教えします。
・恋愛で失敗ばかりの女性には3つの間違いを犯している!

彼氏がいない女性にとって30代は「焦りの時期」。
でも自分なりに出会いを求めて頑張っていてもうまく行かず「どうしたらいいの」とお悩みの方に恋愛がなぜうまくいかないのかその理由と対策法をご紹介します。
・30代女性が男性と恋愛がうまくいかない理由はここにある

関連記事一覧