頼りがいがある男性を求めている女性ほど結婚相手に選ばれない現実

頼りがいがある
婚活悩み

スポンサーリンク

結婚相手に求める条件は人それぞれありますが、その中でも「頼りがいがある人」と答える人は多いのではないでしょうか。

この記事を読んでいるアナタもそう思っているはずではないでしょうか?

結婚して夫婦になると、日々の生活のやりくり、子供の世話、家事など、実際に結婚した友達から話を聞いたりして、結婚後は結構大変なんだな、と感じているはずです。

だからこそ、結婚する人は「頼りがいがある」男性を求めたくなるもの。

だって女性であれば、自分を守って欲しい、引っ張ってほしい気持ちがあるのは当然のことです。

しかしながら、頼りがいのある男性を求めている女性ほど実は結婚相手に選ばれないという事、ご存知でしょうか。

「だって男でしょ!女性をひっぱっていくのは当たり前じゃない。」

という考えが出てしまったら要注意。

正直、結婚に縁のない女性となってしまいます。

今回は頼りがいのある男性を求めていると、なぜ結婚相手に選ばれないのか、その理由をお教えします。

1.頼りがいがある=リードするのが当たり前という女性は男性が一番嫌うタイプ

頼りがいがある
婚活しても、女性をリードできない草食系ばかり。男はやっぱり女性をリードしてくれないと頼りがいがないし。

これはあなただけではなく、多くの独身女性が思うこと。

「せっかくのデートの時は、男性側がエスコートをしてほしい。」
「男ならばいざという時はビシっと決めてほしい。」

そう感じていますよね。

もちろん男性側も、女性からは「頼りがいがある」とは言われたいのが本音。
しかし、一方では「頼りがいがある」のを求める女性ほど、男性から何かをしてもらうのが『当たり前』と思っているではないか、と敬遠する一番のタイプなのです。

実は、ある飲みの席で20代後半~30代前半の独身サラリーマンと話をする機会があり、彼らに「頼りがいがある男性と付き合いたいという女性はどう思う?」と質問をなげかけたところ、

「なんでもかんでもこっちが引っ張っていかなきゃいけないとなるとちょっとね…。」

という答えがかえってきました。

さらにどういうところがイヤだなと感じる?と質問すると

「以前付き合った彼女は『女性はリードされるもの』と言っていて、デートのプランや、どこで食事するかは、僕が考えるものと思っていましたね。
初めの内は彼女の事がすごく好きだったから、気にしなかったけど、付き合っているうちに、買い物の荷物は男が持つべき。食事代は男が払うもの、だったので、だんだんと『してもらう』のが当たり前みたいな、イヤな女にみえちゃって、自分から別れちゃいましたね。」

「自分がリードされたいっていう女性って、相手にばかり注文してきて、いざ自分が不利になったら男女平等みたいな事言ってきそうで、面倒くさそう。」

「頼りがいがある男を求める女性って、なんか自分が楽したいからというのが見える感じで、結婚してもこっちの負担が増える感じで正直パスですね。」

と手厳しい意見が数多くでました。

男性側も「頼りがいがある」と女性に思われたい気持ちがあるのは事実です。
しかし「〇〇は男がするもの、リードするもの」と思っている女性とは結婚したくないという気持ちがあります。

また別の席で既婚男性に同じ質問をしてみたところ、

「結婚生活はお互いが頑張らないとやっていけないし、男性に頼り切ってしまう女性だと厳しいんじゃないかな。
男って一見、強そうに見えるけど、実は逆で「頼りがいのある女性」を求めているんだよね。
子供ができると色々手間がかかるし、生活も大変になる。男性にとってプレッシャーが大きい。
また今の世の中、先がよめないし、夫婦で家計を支えていかなきゃいけない。だから頼りがいある女性を選ぶのは必然の事かもしれないね。」

また20~30代男性に行ったゼクシィのアンケートでも、半数以上の53%の人が「女性に頼りがい」をもとめている結果がでています。

今の男性は女性と対等なパートナー関係を築いていきたい気持ちが強く

「最悪、会社を辞めることになったときに、働く意思を持ってほしいと思う」(28歳)

「ひとりでも普通に生きていける力は元々持っていてほしい」(28歳)

などの経済的自立から

「何でもポジティブに捉えるメンタルの強さ」(25歳)

「さまざまな状況下での落ち着き」(36歳)

などメンタルの強さを望んでいます。

男性にとって結婚は「責任を取らないといけない」事であり、女性と違って重圧を感じてしまうもの。

だからこそ、互いに支え合って協力できる相手じゃないと結婚をしたがらないわけなのです。

男性が女性をひっぱっていくべき、という考えでは結婚相手に選ばれない理由がおわかりいただけたはずです。

2.頼りがいがある男性を求めている人ほど、気配りが実はできていない

頼りがいがある
頼りがいがある男性がいい!
と望んでいる人ほど、実は男性に対して気配りができていないって事ご存知でしょうか。

スポンサーリンク

よく婚活をしている女性の意見で
「婚活に参加している男性の多くは草食系、または女性に対して気配りができない人ばかり。」
が多いのですが、実は女性側にも問題があるのです。

そのような女性の理想の男性は向こうから声をかけてもらって、デートに誘ってくれて、正式なお付き合いをしてくださいと言ってくれて、結婚のプロポーズも向こうからを望んでいます。

もしアナタが婚活をしていて、さきほどの女性の意見のように「男は草食系ばっかで、気配りもできない奴ばかり。」と思っていたら、一度ご自分の事を振り返ってみてください。

実は王子様から声をかけられる事を待っている「シンデレラ症候群」になっていませんか?

特に「頼りがいがある男性」を求めている人ほど、このシンデレラ症候群になっている可能性が高く、「幸せになるためには、こういう人と結婚しなくてはいけないんだ!」と思い込みが強くなっていき自分の作り上げた理想像と、実際に会った男性を比較するようになってしまい、結果婚期を逃すことにつながります。

またもうひとつは、女性側が気配りができていないから男性側も誘いたくないと感じているから。

「婚活で初デートした相手から、またご飯と言われたけど、それっきり全然誘ってこない。」

なんてことありませんか?

でもそれは相手の男性は、あなたの事をもう誘いたくないと答えが出ているのです。

婚活で人気のある男性ほど、慎重に相手を見ます。

婚活している女性の多くは外見を磨いたり、きれいなファッションにしたりしていますが、中身が重要。

男性は女性に求めるものは外見のキレイさよりも、どれだけ自分の事をサポートをしてくれるのか、また大変な時にどれだけ一緒に頑張ってくれるのかを重要視しています。

その判断材料になるのが「気配り」

気配りが上手な人は、周りを見る観察力が非常にすぐれており、

例えば
・相手のグラスが空になるそうな時に先回りをしてメニューをわたす
・魚の料理が出た時に、しょうゆ皿に醤油を入れる

相手が言葉にしなくても、行動や表情で相手が何を今考えていて、何を求めているのかを瞬時に察する事ができます。

「頼りがいがある男性がいい」と思っている女性ほど、実はその気配りが上手ではないので、結果男性から「結婚相手」の候補から外されてしまいがちなのです。

3.まとめ

今回は「頼りがいがある男性を求めている女性ほど結婚相手に選ばれない」理由をまとめました。

あなたはどうでしたか?

女性であれば「頼りがいがある男性」と出会って結婚したいものですが、男性側も「頼りがいがある女性」を求めているのです。

リードをしてくれる男性を求め続けて、そのまま婚活を続けていても正直な話、うまくはいきません。

心配な場合は、無料の「婚活診断」を受けてみれば、自分の行動や癖から、自分の長所や短所をはじめ婚活するうえで何が足りないのか、何が必要なのかを判断する材料にもなり、同時にどのような婚活を行っていけばいいのかを診断してくれます。

結果、婚活がうまく行かず落ち込んでしまう前に一度診断してみた方が、なぜ自分がダメなのか理由もわかりますし、婚活疲れに陥るリスクも軽減することができます。

診断は全20問で2~3分で完了し、きちんとした書面で郵送されます。
診断書は郵送で会社名がわからない様にプライベートに配慮されています。
4項目の点数がグラフで数値化されており、婚活においてどうPRすればいいのか、また理想の相手をどう見つけるのか、わかりやすい文面でかかれていますので、あなたの結婚できない問題点が見えてくるはずです。

>>あなたの婚活の偏差値はいくつ?婚活EQ無料診断はこちら

★関連記事

>>出会いがほしいけど自分はないと悩む方に機会を増やす方法とは?
周りの友達や会社の同僚が次々に結婚、または彼氏持ち。
出会いはほしい、けれども自分にはないとお悩みの方に「出会いの機会」を増やす方法をまとめています。

>>婚活は戦国時代!今は女余りの時代に!どう婚活を進めるべき?
今や婚活する女性は年々増えてきており事実、婚活市場はいわゆる「女余り」とも。その婚活を成功させるために、どうすれば良いのか3つのポイントをまとめています。

>>婚活が難しい、恋愛経験が少ない女性にアドバイスする3つの事
友達が一緒に行った婚活イベントでカップルとなり、置いてけぼりになってしまい、すごく辛い気持ちでいっぱい…。
自分は恋愛経験が少ないし、どう相手を探せばいいのか、婚活は難しい…。わからない…。
と悩んでいる独身女性の方に3つのアドバイスをまとめています。

スポンサーリンク

関連記事一覧