シングルマザーの女性が婚活を成功させた2つのポイント

header
再婚

離婚当初は再婚なんてしなくても、と思っていても

・子育てをしている中で父親の存在もやっぱり必要なのかも
・金銭的に自分ひとりの力では限界がある
・時には誰かに頼りたい、寂しさを感じる

と感じて、シングルマザーの方も婚活をはじめる方もたくさんいらっしゃいます。

しかしながら、子供がいる場合は男性側から敬遠されてしまうのではないか、と思っている方は多いはず。

結論から言うとシングルマザーの方の再婚は決して難しくはありません。今の時代、再婚は当たり前になってきており、筆者の周りのシングルマザーの方も再婚された方はいます。

今回はシングルマザーの方で婚活をしてご結婚された方にインタビューをしたお話を聞いた中で、成功へとつながった2つのポイントをまとめています。

再婚を考えているシングルマザーの方に役立つと思いますので、ぜひご覧いただければと思います。

1.再婚を考えたら、まずは自分の周りの人に相談をした方がよい

シングルマザー 婚活 成功
シングルマザーの方が再婚を考える時にこのような悩みがあるはずです。

・自分の好きになった男性の事を子供が認めてくれるのか
・養育費がもらえず、貯金も少ない。再婚したくても相手からお金目当てだと思われてしまうのではないか
・親や兄弟、友達など周りの人たちが再婚についてわかってもらえるかどうか

この3つをかかえている方が大多数だと思います。

インタビューをした30代後半のシングルマザーのA子さんも娘さんが4歳の時に元旦那さんのモラハラによって離婚をしました。

離婚した当初、二度と結婚はしたくない、もう出会いなんかなくてもいいし、むしろ気楽でいいと感じていたそうです。

しかし現実は厳しいもので、子供を養うために朝から晩まで働く毎日。

A子さんのその当時の経済状況は

・養育費:3万(しかし元旦那がリストラにあい、現在は振り込まれていない)
・慰謝料:なし
・パートの給料:16万円
・夜間アルバイト:5万円
・児童扶養手当:約1万円

ここから家賃や光熱費、生活費を差し引くと毎日ギリギリの生活でした。夜間アルバイトを始めた理由は元旦那がリストラにあってしまい、養育費が振り込まれなくなってしまったからです。

子供がいるからには親としての責任は果たさなくてはならないと彼女は考えていましたが、夜間アルバイトを週3日~4日をしなくては生活がなりたたず、結果娘との時間が少なくなってしまい、精神的に不安定になってしまったことに頭をかかえていました。

毎日必至に働いて、時間がある時は娘のために一緒に時間を過ごそうと頑張っていても、自分一人では限界があります。

娘が友達が父親と公園で遊ぶのを、羨ましそうに見ている姿もいたたまれなくなり、やはり子育てをしていく中で父親の存在もやっぱり必要なのかも…と感じていたそうです。

A子さんの話を聞いて思ったことですが、シングルマザーの女性は一人で全ての悩みを抱えてしまいがちになる方が多いです。

どんな形で離婚したにせよ、親のせいで子供に迷惑をかけてしまった責任があるからがあると思いますが、一人で悩んでいても前に進むことはできず、むしろ視野が狭くなってしまった判断をしやすくなってしまいがちになります。

「子供がいるんだから、自分が幸せになる権利なんか考えず、子供のために考えろ!再婚なんてもってもほか。」

という意見もあります。

筆者の個人的意見では、ひとりの人間として幸せになる権利はあるはずだと考えています。

また再婚へ行動する前に、一度家族や友人に相談してアドバイスをもらったり、また親だけで決めず再婚について子供にも意見を求めることも大切。

A子さんも自分の娘さんに
「お母さん、また結婚して新しいお父さんができたら嬉しい?それともイヤ?」
と婚活前にきちんと聞いたそうです。

子供が小さいからきっとわからない、親なんだから子供はきっとわかってくれる、と考えるのは親のエゴです。

子供もひとりに人間と考え、真正面から向き合う意識を持って話をすれば子供も子供なりに、親の話に耳を傾け、「なんでお母さんは再婚したいのか」子供なりにしっかりと考えてくれます。

周りの人たちが理解してくれることで、いざお相手と付き合い、再婚をする上ですんなりと認めてくれるケースが高いですし、子供から見て「お母さんをとられてしまうかも。」と不安感をとりのぞくことにもつながります。

2.再婚相手を探す場所はしっかりと選ぶこと

シングルマザー 婚活 成功
婚活では、バツイチがついても今は受け入れる男性は多くいますが、「子持ち」の場合は正直な話、「ちょっと…」という人は多いです。

男性から見て「いきなり子育てが始まる」ことで責任を負うことにもなり、恋愛感情だけではうまくいかない事があるかも…と感じてしまうから。

マイナビウーマンのアンケートの中で、好きな女性がシングルマザーの場合はどうしますか?の質問で、ほかの人を探すと答えた人は6割弱いた結果がでてしまっています。

また女性側も、子持ちであることに引け目を感じやすく、それゆえに相手の男性にたいして『私でいいのだろうか』と自信をなくして卑屈になってしまい、結果男性側が横柄な態度へとつながってしまったり、子供を自分で育てなくてはならないプレッシャーにより、相手のちょっとした優しさによって、心が惹かれてしまいやすく、遊び目的で近づいてくる男性に引っかかってしまった…というケースもあります。

婚活も同じで、マッチングアプリや婚活パーティーに参加しても相手側からお断りをされたり、仮につきあったとしても「子供」という存在に難しさを感じてしまい、結果うまくいかなかったという話をよくききます。

A子さんも婚活パーティーを参加しましたが、自分に子どもがいると言った途端、相手から「えっ?」と言われてそれっきり会話が盛り上がらなかったり、アプローチをしてもお断りをされてしまった、と落ち込んでしまったそうです。

「子連れ」という条件があると、男性側は慎重になってしまうケースが多く、また再婚となると相手の家族の理解を得なくてはならないため、誰かが反対すれば結婚がボツになってしまいこともあるため、再婚はハードルが高くなりがちです。

シングルマザーの婚活の王道としては、結婚相談所があります。
結婚相談所は真剣に結婚をしたい人が登録しているのと、最近では再婚に力をいれているところもあるため、子供がいても構わない+自分の条件にあった人を探してくれますが、デメリットとして入会金や月額費などけっして安くないところが難点。

A子さんも歳も歳だから結婚相談所の方が…と思いましたが、金銭面であきらめてしまったと言っていました。

やっぱり再婚は無理かな、と友人に相談したところ、「子持ちOK」という男性が多く登録しているの婚活サイトやマッチングアプリで婚活をしてみたら?とアドバイスをもらい、その通りに婚活をしてみたそうです。

A子さんが参加して思ったのが一般的な婚活パーティーよりお互いに離婚歴があるバツイチ企画の婚活パーティーので参加している男性は40代と年齢は高めだったのですが、一般の婚活パーティーよりも結婚に対して真剣に考えている人が多いので、必然的にカップル率が高かったと思ったそうです。

ただ中にはお子さんがいる男性もいるので、女性側も相手の家族(子供)を考慮しなくてはならない場合もあります。

婚活サイトやマッチングアプリを使う場合は、再婚に特化したものの方がシングルマザーに対して優遇制度があるので、課金したポイントを一般の会員よりも多く付与されたりとお得に使うことができます。

A子さんが使ったのは「マリッシュ」という婚活アプリ。
このアプリにはリボンマークというのがあり「再婚やシングルマザーに理解があります」という意思表示。

この機能があるおかげで、子持ちであっても気にしていない人を探すことが可能であり、実際相手とのやりとりも気が楽だったとA子さんは言っていました。

A子さんの希望の相手は40代後半でも構わないという条件だったので、「マリッシュ」とは相性がよかったそうです。

大抵の婚活アプリは20~30代の男性が多いのですが、マリッシュの場合は相手も再婚希望の人が多く登録しているおで40代が一番多いです。

使い始めて半月ほどで、100人から「いいね」がもらえて、その中でメッセージのやりとりした人が10人。4人の男性と実際に会った中に現在の旦那さんを見つけています。

なぜ今の旦那さんを選んだのか理由を聞いてみたところ、

「マリッシュには「利用目的」という特別プロフィールがあり、利用目的が「結婚相手を見つけたい」とチェックを入れており、プロフィールもきちんとかかれて真面目そうで好印象だったから。」

と言っていました。
マリッシュの特別プロフィールには

・まずは友達を増やしたい
・恋人をみつけたい
・結婚前提の恋人を見つけたい
・結婚相手を見つけたい

という選択があります。

A子さんも真剣に再婚を考えていたので、相手のプロフィールを見るのと同時に、この利用目的もチェックし、結婚相手を見つけたい、または結婚前提の恋人を見つけたい箇所にチェックが入っているか確認した上で、相手とメッセージをするかどうかを決めたそうです。

このほか特別プロフィールには
・恋人いない歴
・賃貸か持家
・貯蓄
・子どもは欲しいか
などかなり突っ込んだ内容を確認することができます。

とても使いやすく設計されているのと、女性は無料で使えます。
会員数は70万人とけっして多くはありませんが、年齢や自分の離婚歴を気にせずに婚活ができ、相手が見つかったとA子さんは言っていました。

「バツイチ・子持ちに特化したアプリは、相手の離婚歴は気にせず、その経験を人としての深みととらえている人が多いけれども、自分がしっかり見極めをしないと、同じことを繰りかえしてしまう男性を捕まえてしまう場合もありますが・・・。
しかし相手も色々と経験している分、一度も結婚していない人よりも理解力のある人が多く登録しているなとは感じますね。
子持ちで私のように金銭面に余裕がない人でも、このようなアプリを使ってみた方が、会員数や年齢層が幅広いアプリやサイトよりも、自分に合う人と出会いやすいと思います。」

シングルマザーだと、「再婚」は自分だけではなく子供のこと、そして自分の周りも理解してくれるかどうか、色々と悩みはつきないものです。

同時に再婚相手となる人も「子供がいても大丈夫かどうか」も気になるところ。

A子さんも再婚する際に色々と悩んではいましたが、やっぱりして良かったと言っています。

今の旦那さんが理解がある人なため娘さんとの時間も増え、家族3人仲良く暮らしているとおっしゃっていました。

子供がいるから…と自分自身の幸せを諦めるのではなく、子供と自分が幸せになるにはどうすればいいのか、を考えるのかが重要なのではないかと筆者はインタビューを通じて感じました。

そのきっかけが「再婚」も一つの方法であると個人的には考えています。
時間も金銭的に余裕がないシングルマザーの方でも、マリッシュのような再婚に特化したアプリを使うことで、同じ境遇や過去を気にしないと考えている相手とも出会えますし、出会える事で今よりも考えが変わってくると思います。

人生は一度きり。もう一度、幸せになるチャンスはあると思いますよ。

 

▶シンパパ&シンママ優遇制度あり/「マリッシュ」公式サイトはこちら

『関連記事』

関連記事一覧