自然な出会いを夢見ている女性ほど恋愛が遠のく理由とは?

header
恋愛悩み

お互いが自然に出会って恋愛し、そして結婚。
女性だったら誰でもそう思うものです。

でも現実はそうそう自然な出会いは少ないもの。
だから婚活をしてみて出会いを増やしてみては?
と言っても

・お見合いや結婚相談所での紹介は「自然」とは言えない
・婚活=打算的な感じでイヤ
・婚活は「仕組まれた出会い」「売れ残りが集まっている」イメージだから

また「結婚式のスピーチでなれそめが『婚活で会いました』なんて恥ずかしくて正直に話せない」
と言っていた人もいます。

自然な出会いは、女性にとって一番の理想ですが、その出会いを求め続けている女性ほど、恋愛や結婚が遠のいてしまうという現実があります。

今回はなぜ自然な出会いを求めている人ほど、恋愛や結婚が遠のくのか、実はこのような理由があるからなのです。

 

1.自然な出会いは非常に難しい

自然な出会い
何かのきっかけで出会って、自然な形で恋愛に発展していく・・・
多くの女性が理想としていますよね。
学生時代は確かにありましたが、社会人ともなると中々出会いは少なくなるものです。

「職場が女性ばかり」
「男性はいるにはいるけど、ほとんどが既婚者」

またこんな意見もありますよね。

「自分が好きになれそうな男性がいない」

社会人なりたての頃は、自分の周りにいなくても同僚や先輩、友人の紹介や合コン、飲み会などで「自然な出会い」は正直あります。

しかし20代も半ばを過ぎ、アラサーに近づくにつれだんだんとお誘いは少なくなっていませんか?

その理由は、まわりの人たちが結婚していく事で、出会いを作ってくれる人が減っていくこと。
そして社会経験を積むことで男性への目が肥えていき、理想の男性のレベルがあがっていくことが大きな原因です。

筆者の友人で、会社に「自然な出会い」にこだわった20代後半の女性がいます。

彼女は27歳で、会社の経理担当の仕事をしています。

結婚願望はあるのですが、いい男性に巡り合えないと悩んでいたので、じゃあ婚活サイトやパーティーに行けば出会いもあるし、いい男性とお付き合いできるチャンスがうまれるよと言ってみたところ

「一時は考えましたが、でも自然な出会いがいいなって思うんです。婚活パーティーやお見合いは、結婚が目的っていう感じじゃないですか。そうじゃなくてきちんと恋愛してから結婚して、子供を産むのが理想なんです。」

「いや婚活だって恋愛できるんですけど・・・」

友人は言いたかったのですが、彼女は「婚活」=「自然な出会いじゃない」と考えているため、これ以上言っても無駄と思い何も言わなかったそうです。

「いい子なんだけどねえ。でも自然な出会いを待っているという事は、今自分は出会いがありません、という事に気づかないんだよね。」

とポロっと友人は言っていました。

自然な出会いを待ちのぞむ女性は、普通に生活していても何かのきっかけがあれば、男性とお付き合いができると考えています。

「だって周りの友達も会社の同僚とか先輩と付き合って普通に結婚しているし。」

27歳の彼女はそう思っています。
しかし、彼女の部署は基本、男性が比較的多い営業などの部署とのつながりもなく、言ってしまえば他の部署とかかわりがない職場。

今の状況では出会いは難しい状況です。

自然な出会いができる女性は、実は恋愛を待っているタイプではありません。

男性が少ない職場であれば、自分の好きな習い事や社会人サークルに参加して出会いの場を広げています。

また出会えるスキルを日々磨いています。
それはどういう事かと言うと、自分の好みの男性はどういう所で出会えるのかの市場分析をしているということ。

例えば体型ががっしりしてスポーツマンっぽい男性が好みでも自分のまわりに出会いがない場合は、まずは友人の輪を広げて、その友達に出会いたい男性のタイプを相談したり、ネットで調べてどんなサークル、クラブに参加すれば出会えるのかをしっかり調べています。

「自然な出会い」を漠然と求めていても、向こうから勝手にやってきません。
無駄に時間が過ぎていき、気づいたら30歳を越え、焦って探してみても誰もいなかったという結末になってしまいます。

「自然な出会いを待ち続けている」ことは「出会いがない」という現実を見落としています。

きつい言い方になりますが、自然な出会いを待ち続けても出会いがある女性は、自分がいる環境に男性が多くいると同時に、男性から選ばれやすい(外見がかわいい、性格が明るい、人気や魅力がある)条件がそろっているから、自然な出会いがあるわけです。

自然な出会いがないという事は『自然な出会いが成立する条件を満たしていない』という証拠。
時間ばかりがむなしく過ぎていき、いつまでも夢を追い求める「イタイ女性」になってしまいますよ。

2.自然な出会いを夢見ている間にいい男性は取られていく

2.自然な出会いを夢見ている間にいい男性は取られていく
もう一つ、「自然な出会い」を待ち続けている間に素敵な男性は、どんどん他の女性にとられていくという現実を知る必要があります。

内閣府が出している「第15 回出生動向基本調査」の結果で男性の平均希望結婚年齢は30.4歳、つまり20代半ばから後半に結婚を意識しだし、30歳には結婚をしたいと考えているという答えが導きだされます。

また結婚相手の年齢については「第15 回出生動向基本調査」によると、男性は同い年の女性(41.8%)が一番多く、次に1~2歳年下(14.9%)、3~4歳年下(13.6%)と続いています。

また20代女性の方も20~24歳は75.3%、25歳~29歳では65.4%、実に6割強から7割強の20代独身女性が「結婚をしたい」と考えているので、「いい男」ほど独身市場からいなくなります。

「結婚したいけど、出会いがない……」

と悩んでいる20代女性は、職場の同僚から他部署の男性を紹介してもらう、友人や知人の紹介、SNSや婚活サイトを使って出会いを広げてチャンスをつくっています。

出会いを広げることで、今まで会う機会がなかった男性と知り合うきっかけができます。
自然な出会いは自ら動くことで多くのチャンスが生まれます。

しかしよりいい条件の男性とお付き合いが可能なのは、20代後半がピーク。

出会いを待ち続けて、気づいたら30代に突入していたという女性が焦って婚活を開始しても、その頃にはいい男性はいなくなっているわけです。

3.まとめ

「自然な出会い」を待ち望んでも、ある意味それは「運まかせ」。
出会いがなければ、年齢を重ねてしまい出会いがますます厳しくなってしまうリスクにつながってしまいます。

20代で結婚した女性は相手の男性からアプローチをされたケースが多いですが、年齢を重ねるにつれ、結婚は逆に女性が男性に積極的にアプローチしないと難しくなります。

同時に男性に結婚を意識させるために行動・努力も必要になります。

・料理を作ったりと家庭的で一緒に暮らしたいと思える女性
・20代女性にはない大人の女性の雰囲気や魅力

などを相手にしっかりアピールできないと難しいのが現状です。

経理担当の仕事をしている27歳の女性も、周りの友達が結婚していくのを見てようやくですが、少しずつ自分から動き出してきたそうです。

年齢が若くても受け身な姿勢では、出会いはやってきません。
結婚したいならば「結婚までどのように活動していくか」がとても大切です。

職場にいい男性がいなければ、友達に相談して紹介してもらう、趣味や社会人サークルに参加にしてきっかけを増やすなど行動力が鍵になります。

自然な出会いは自ら動くことで初めてやってくるもの。
「いつかは自然な出会いがあるかも・・・」と考えていると恋愛・結婚が遠のいてしまいますので、気をつけてくださいね。

★コチラの記事もよく読まれています。

>>結婚相手に求める条件が「普通の人でいい」は結婚が難しい原因に!
「結婚相手に高い理想は求めていない。普通の人でいいのだから。」と思っている女性は多いはず。結婚相手に求める条件が「普通の人」は実は結婚が難しい原因になる事、ご存知でしょうか。その理由とどう対処すればいいかをまとめています。

>>頼りがいがある男性を求めている女性ほど結婚相手に選ばれない現実
結婚する相手は、頼りがいがある人がいい!これは女性ならば誰もが思うこと。しかし、頼りがいのある男性を求めている女性ほど実は結婚相手に選ばれないという事、ご存知でしょうか。その理由と男性の本音をお教えします。

>>次々友達が結婚!と焦るあなたに「幸せな結婚を掴む2つの事」
アラサーに近づくにつれ、周りの友人、同僚が次々に結婚。
自分だけが取り残された感じになり、結婚に対して焦りの気持ちがどうしても出てしまいますよね。そんな独身女性の方に「幸せな結婚を掴む2つのこと」をまとめています。

>>出会いがほしいけど自分はないと悩む方に機会を増やす方法とは?
周りの友達や会社の同僚が次々に結婚、または彼氏持ち。
出会いはほしい、けれども自分にはないとお悩みの方に「出会いの機会」を増やす方法をまとめています。

関連記事一覧