恋愛が長続きしない原因はこれだった!また改善のコツは?

恋愛 長続きしない
恋愛悩み

恋愛の悩みとして大きいもののひとつとして
「恋愛が長続きしない。」
という女性は多いのではないでしょうか。

「モテないわけじゃないけれど、付き合うといつも長続きしない。」
「いざ付き合うとうまくいかず、長続きしない。」

恋愛が長続きしないと、もしかして自分に何か大きな欠陥があるんじゃないか、と自信消失にもつながります。

今回はなぜ恋愛が長続きしない原因とどう改善をすればいいのかをまとめています。

1.彼との恋愛に一色になってしまうと恋愛は長続きはしない

恋愛 長続きしない
普段は仕事や自分の趣味、友達とのお付き合いを大事にしていても、いざ恋愛に走ると彼一色になってしまって、周りが見えなくなり彼中心の生活になってしまっている方は、残念ながら恋愛は長続きはしません。

特に「彼の事をもっと知りたい」と一気に燃え上がっている人は情熱的とも言えますが、実は恋によって「理性」が失っている状態です。

実はこのようなタイプの女性は一つの事にのめりこんでしまう不器用なタイプが多く、普段は仕事熱心であっても、恋をした途端に「彼と一緒にいたい、つくしたい」など気持ちが燃え上がってしまい、彼が望む要求を全て受け入れてしまって、友達とのお付き合いや仕事に集中できなくなってしまうバターンにはまりやすくなります。

当然、恋愛のバランスも女性側が重くなってしまうため、彼氏側は早々に飽き始め、気持ちがどんどん冷めていきます。

彼氏の気持ちが冷めるほど、女性側は「相手に嫌われたくない」「自分を好きでいて欲しい」と更に必死になり対等な関係が築けなくなって、結果お付き合いが終わる形になります。

もう一つは、恋愛にのめり込みやすい人の特徴で「熱しやすく冷めやすい」ことがあります。

付き合いはじめは「彼の事をもっとよく知り合い」という気持ちが強く、情熱的なお付き合いをしても、相手の事がだんだんわかってきて、新しい発見がなくなってくると、それまで傾けていた情熱が冷めてしまい、他に熱を注げる対象が欲しくなって他の男性に目移りをしてしまうこと。

結果、恋愛が長続きしないことになります。

1-1:恋愛にのめり込みやすい人は「彼との距離感」をうまく保つようにする

恋愛にのめり込むタイプだと感じたら、まずは自分の言動が行き過ぎていないか「気づく」癖をつけること。

・友達との予定よりも彼との都合を優先していないか
・寝る時間を削っても彼との連絡を待っていないか
・彼氏のことを全て把握したがっていないか
・彼と会えない時「もしかして他の女と会っているんじゃないか」と思い込んでしまっていることがあるか

頭の中が「彼中心」となってしまっていたら、彼と一緒に過ごす時間を少し減らして、自分の時間を作り、彼とは一定の距離をあけること。

これにより彼の事に夢中になってしまって「理性」を失ってしまい、

・相手に尽くしすぎてあきられてしまった
・他の男性へ目移りしてしまう

など恋愛が早く終わってしまう事を防ぐことができます。

特に彼の行動が気になったり、彼中心の生活は子供の恋愛から抜け出ていない証拠
基本的に人間は束縛を嫌います。

男性の場合は、彼女の事が好きであっても、入ってほしくないテリトリーを持っています。

恋愛が長続きするには、お互いの距離感がとても大事。

お互いの時間を尊重しつつ、限られた時間を一緒に大切に過ごす方が、恋愛は長続きするのと同時に、互いを高め合う素敵な関係になります。

また適度な距離を作ることで、相手の欠点もそれほど気にならず、情熱が冷めてしまうこともありません。

会う時間を減らすことで、相手の良さを再確認できるきっかけもうまれます。

素敵な恋愛をし、長続きさせたいと思うならば、「彼との適度な距離感」を意識するようにしてください。

関連記事その1:本命になれない女にはある原因が!二番手にならない方法は?

関連記事その2:男に尽くす女は逆にダメ男にさせ愛されない原因をつくってしまう!?

 

2.「まあいいかな」くらいの気持ちでは付き合わない

恋愛が長続きしない女性
恋愛にのめり込むタイプの真逆、受け身タイプの人も恋愛は長続きしない傾向があります。

自分からは積極的にアプローチしない、控えめな人の場合、男性の狩猟本能を刺激しやすため、相手から告白されて付き合うケースが多いです。

同性から見れば羨ましいと思いますが、「まあいいかな」くらいの気持ちで付き合いはじめる事が多く、そのせいかお付き合いをしたのに「どっちでもいいよ。」「なんでもいいよ。」と受け身的な言葉を発する事が多く、結果、男性側にとっては「つまらない女」と感じてしまい、恋愛が長続きしない事につながっていきます。

筆者の友人も、彼氏ができるタイミングは相手の方からアプローチがあった事が多いのですが、その場合3~4か月で相手から別れを切り出される短命の恋愛ばかり。

本人曰く
「初めは好きでなかったんだけど、最終的には私が好きになった途端、相手から別れを切り出されるんだよね。私の何がいけなかったんだろう…。」

と悩んでいました。

男性側から見れば、付き合う前の彼女はおしとやかで、女性らしいと魅力を感じていましたが、いざ付き合ってみると受け身的な言葉が多くて刺激がなく、交際が物足りないと思われてしまっている事が原因。

このような恋愛で失敗している場合は、すぐにお付き合いをするのではなく、自分が好きだという気持ちが沸いてくるまで友達関係を続けてみる、相手と自分の恋の熱の差のズレを解消する事もできますし、恋愛が短命になってしまうのを防ぐことにもつながります。

関連記事:頼りがいがある男性を求めている女性ほど結婚相手に選ばれない現実

3.「愛されていない」のでなく「自分の望む形の愛情しか認めていない」証拠

愛されていない
恋愛が長続きしない理由を聞いて、よく答えが返ってくるのが

「私は彼に愛されていないから。」
が多くでます。

私がどんなに愛しても彼は私の事を本気で好きじゃなかったから、だから恋愛が長続きしない、と言いますが実はそうではなく、「自分の望む形の愛情」しか認めていないのが原因で、逆に愛情を失っている事が原因です。

例えば

「毎日彼とLINEをしていても、メッセージがそっけない、回数が少ない。」
と感じたり、

「彼とせっかく会っても会話が少ない、好きと言ってくれないから愛されていない」
と感じたりしていませんか?

・LINEをたくさんしてくれる=愛情
・会話をたくさんしてくれる=愛情
・好きとたくさん言ってくれる=愛情

と自分が望む形=愛情と思っていると、彼氏とのすれ違いは大きくなり、次第に愛情を失う事につながります。

しまいには
「どうせ私の事なんか、愛してないんでしょ。」
と爆弾発言をしてしまい、結果別れの原因を作る事になります。

これを別に例えると、彼の誕生日にプレゼントを購入し、彼に渡したとします。
でもプレゼントの中身を見た途端、彼が

「俺、これ別に欲しいと思わなかったんだよね。〇〇だったらよかったのに。」
なんて言われたら、どう思いますか?

「じゃあ〇〇に変えるね。」
という気持ちはわきませんよね。正直、頭にくるはずです。

彼なりの愛情を考えずに
「どうして愛してくれないの?もっとこうしてよ!」
と言う事はそれと同じこと。

自分が満足する愛情表現を相手に求めるのではなく、まずは彼なりの愛情表現をきちんと見ること。

その上で「私はこうしてもらえると、もっと嬉しい」と上手に伝えることで、お互いの愛情表現のズレを修正する事ができます。

「愛されていない」と感じている方は、まずは彼の愛情表現をきちんと見てください。そうすれば、不安感、ヒステリーをおこす事もなくなるはずです。

関連記事:「愛して欲しい」と望む程、恋愛はうまくいかない。その理由とは?

4.自分に合うタイプがわかっていない

自分に合うタイプがわかっていない
人にはそれぞれ自分の性格に合うタイプがいます。

価値観が合う、フィーリングが合う、趣味が同じ、楽しいと思う感覚が一緒。
自分に合うと感じた異性とは、必然的に長続きします。

しかし恋愛が長続きしない人は、残念ながら自分に合うタイプがわかっていないため、すぐに飽きられてしまったり、この人なんか違うと感じられてしまい、恋愛が短命に終わってしまうのです。

自分に合うタイプの人というのは、違和感なく「しっくりくる」と感じる相手。
実際に付き合ってみるのが一番の方法ですが、付き合う前にある程度の感覚はつかむことができます。

・相手と一緒に過ごす時間を作りたいと感じるかどうか?
自分から相手に時間をつくりたいと思えるのであれば、直感的に自分に合っているという感じている証拠となります。

・相手といて楽しいか感じるかどうか
一緒にいて自分が背伸びしていたり、合わせているなと感じるのであれば、性格に合うタイプとは言えないかもしれません。
相手に好かれようと思うと、はじめは自分の気持ちを押し殺すことはできますが、時間とともに相手に合わせていると思っている以上にストレスが溜まります。

・価値観が合うところが1つでもあるか
魅力的な男性であっても、好みが全く違っていたり感動するポイントがずれている場合、一緒に楽しめない事が出てきます。

・嫌な面を見ても気にしないか
長続きできるコツは、相手の嫌な面を見ても気にしない、許せること。これはとても大切なポイントです。
付き合っていない段階で、相手の嫌な面がちょっと見てしまい幻滅したのであれば、付き合ったとしても更に幻滅してしまい、長続きする事はありません。

当たり前と思いがちな事ですが、人を好きになってしまうと意外に見えない、たとえ見たとしても黙認してしまうところ。

好きであっても、居心地が良くない、自分らしさが振舞えない、感覚的に何かが違うと感じていると、時間が経つにつれてひずみは大きくなり、ストレスが溜まって恋愛に疲れたり、爆発を起こしかねないケースが多くなり、結果恋愛は長続きしない結果につながりやすくなります。

恋愛が長続きしないケースは

・彼との恋愛に一色になってしまうと恋愛は長続きはしない
・「まあいいかな」くらいの気持ちでは付き合わない
・「愛されていない」のでなく「自分の望む形の愛情しか認めていない」証拠
・自分に合うタイプがわかっていない

の4つが原因にあげられます。

あなたはどうでしょうか。

〈こちらの記事も読まれています〉

>>恋愛で失敗ばかりの女性はある「3つの間違い」に気づかない!
恋愛で失敗ばかりで、結婚もできず幸せにもなれないとお嘆きの女性の方、
失敗の原因を知らないと毎回恋愛が失敗するのはもちろんの事、友達に相談しても「また同じ失敗しているの?」と飽きられてしまうことも。大きな原因を3つお教えします。

>>男を見る目がないと悩む女性に見直すべき3つのこと
男運がない、男を見る目がないと嘆いている女性の方に、なぜ自分はそうなってしまうのか、それには3つの理由があります。
その3つの理由と共に、どう自分を改善していくべきか答えもまとめています。

 

関連記事一覧