お見合い・婚活はしたくない!恋愛結婚がしたいならこう動く!

結婚 できない女 特徴
恋愛悩み

現在、彼氏がいない女性でも

「ちゃんと恋愛をしてから結婚をしたい。」
「一生を共にするなら大好きな人と。」

と思う一方、出会いはなく「婚活」してみたら?と友達にアドバイスをされても

「条件だけで結婚するのはイヤ。」
「結婚前提のお付き合いじゃ、ちゃんとした恋愛はできないんじゃないの?」

そう考えている人は多いはずです。
女性であれば、誰もが思うこと。

しかし、恋愛結婚はお見合いや結婚相談所での婚活に比べると、出会いから結婚まで長い時間がかかるという現実があります。

「恋愛結婚をしたい!」

と思っていても、実際に行動をしなければ年齢と重ねるごとに、出会いは減り、いつまでたっても結婚できず、焦りや不安を抱え続けることになります。

恋愛結婚をしたいと思っているならば、今から行動を起こさないとチャンスはどんどん減っていきます。

「わかっているけど、どう行動を起こせばいいか、わからない。」
というお悩みを持っている方に、今回は恋愛結婚につながる「出会い」の作り方をまとめています。

1.まずは恋愛シュミレーションをして恋愛脳をつくる

恋愛結婚
恋愛して結婚はしたい…と頭では思っていても、中々行動できない人の場合、ドキドキ感という心のときめきの感覚が鈍ってしまっている事が多いです。

人は恋愛をすると実は体の中にあるホルモンや脳内物質が分泌され、ドキドキ感を感じたり、相手に対して恋愛感情を抱くようになります。

そのホルモンや脳内物質を活性化させる事で、「この人に惚れた」と恋愛に関する潜在意識を顕在意識にさせる「恋するための脳の能力」を高めることにつながります。

その力を高める手っ取り早い方法は、ドラマや映画、漫画、小説、ゲームでも何でもよいので恋愛ものをどんどんインプットしていく事で、自分の好きな恋愛パターンが見えてきます。

・元気で明るい
・クールで落ち着いた人
・男らしくて、体格がガッチリしている人

など何となくの好みが出てくるはずです。
自分の好きなタイプが分析ができれば、そこへ行けば自分がドキドキできる恋愛相手が見つけやすくなります。

男らしくて、体格がガッチリしている人が好みであれば、スポーツをやっている人が該当してくるので、スポーツ系のサークルやジムで出会いがあるかもしれないと予測がたてられます。

自分の好みがよくわからない、絞らないまま、漠然と出会いを求めても恋にはつながりにくいので、自分がどういうタイプが好みなのか、まずはそれを知る様にし、恋愛脳を作ることが必須です。

2.恋人候補をいきなり探すのでなく、自然体の気持ちで「友達」を作ることから始める

恋愛結婚
恋愛そして結婚するには、まず自分が好きになれる男性を作らない事にははじまりません。

そうなると大抵の場合、彼氏候補を探そうとしますが、実はそれでは中々うまくいかない現実があります。

結婚を意識した恋愛の場合、つい自分の理想と比較してしまったり、相手に過度な期待をして実際にお付き合いをしてみたら幻滅した…という相手に対して減点方式で判断してしまい、恋愛が難しくなってしまうからです。

だからまず、いきなり彼氏をつくろうとするのではなく、友達を増やそうと軽い気持ちでいた方が、相手の良さが自然と目にとまり、惹かれるようになります。

また男性側もプレッシャーを感じることがないので、お互い自然体で会話ができるので、「この人話しやすくて感じがいいな。」と好印象を持ちやすくなります。

例え、その男性と恋愛関係にならなかったとしても、男友達が増えればそれだけ友人の幅が広がるので、その男性の友達の紹介などでお付き合いが始まる事もありえます。

まずは友達を作る気持ちで、色々な男性と会ってみるのが恋愛結婚への第一歩です。

3.出会いがないと言っているようでは恋愛結婚は難しい

恋愛結婚
自分の好きなタイプがわかり、まずは異性の友達を作ろうにも、自分の知り合いや周りにはそう男性がいない…そういう悩みに当たってしまう事があるはずです。

マイナビウーマンが行ったアンケートでも、社会人になると仕事や学生時代と違って限られた友人関係しかなくなってしまい、「出会いがない」と悩む女性は実に67.3%と高い結果が出ています。

この「出会いがない」というぼやきが出ていると正直危険。
ぼやきが出ている人は、大抵の場合、魔法のような素晴らしい出会い、または王子様のアプローチをぼんやり待っている証拠。

その待ちの姿勢のままだと、ずっと何も変わらないまま、あっと言う間に40代に突入…だってありえるのですから。

今の環境で出会いがない、恋愛対象の男性がいないのであれば、行動や環境を変えること。

通勤ルートを変えてみるだけでもいいし、習い事や趣味を始めて自ら出会いに行かないと、なにも始まりません。

行動できる人が「出会い」を引き寄せることができます。

こちらの記事で「出会いの機会」を増やす方法をまとめていますので一度読んでおくといいですね。

>>出会いがほしいけど自分はないと悩む方に機会を増やす方法とは?
周りの友達や会社の同僚が次々に結婚、または彼氏持ち。
出会いはほしい、けれども自分にはないとお悩みの方に「出会いの機会」を増やす方法をまとめています。

4.恋愛は結婚まで結び付かない事もある。独身のままでも責任は自分でとれるようにする

恋愛結婚
最後にひとつ、結婚と恋愛に関しては千差万別。
恋愛で結婚した人もいれば、結婚できない人もいるということ。

恋愛は確かにドキドキして素敵なものですが、一方で怖いところがあり、別れた時点で「終わり」であり、相手への気持ちが強いと心の傷が深くなってしまい、その後も終わった恋を引きずってしまったり、未来への保証もないので、自己責任とも言えます。

正直、恋愛全てが結婚に至らない可能性は十二分にあります。

なぜなら男性側は「恋愛」と「結婚」を分けて考えている人もおり、恋愛はしたいけど、結婚はしたくないという人もおり、また男性側も結婚適齢期の年齢であっても、付き合っている女性が「恋愛だけ」だった場合、その女性とは結婚せずに他の女性を探すこともあるからです。

付き合った男性と結婚したくても、こんなサインがあれば相手は結婚をする気がありません。
こちらの記事でまとめています。

>>結婚する気がない男のサインの見分け方はここを見る
彼と結婚したいと思っていても相手が中々結婚に前向きにならなかった場合、3つの点があれば、お付き合いを考え直した方がよいかもしれません。その3点をまとめています。

恋愛をしていく中で、単に好きなだけじゃ結婚できないことも実感することも多々あるはず。

恋愛を経て結婚するかどうかは本人の実力次第。

素敵な恋愛をしたいのであれば、自分だけがドキドキするのではなく、相手にも同じドキドキ感を与えないといけませんし、男性が結婚したいと感じる魅力的な人になるための努力も必要です。

自分が相手にどう魅力的にうつるだろうか、を日ごろから心がけることがいい恋愛、結婚へとつながります。

ただ単に「恋愛したい、結婚したい!」では恋愛結婚は難しいという事。

歳を重ねれば当然、ハードルも上がってきます。

筆者の経験上、個人的な意見ですが「結婚は条件から探す事より、好きになった人とした方がいい」と思っています。

その代わり、独身のままでも責任はとれるように「自分の人生なんだから悔いなく生きていきたい。」という心構えは必要と感じます。

関連記事

>>「愛して欲しい」と望む程、恋愛はうまくいかない。その理由とは?
恋愛がうまくいかない人には、ある原因があります。
それは「~してほしい」と相手に求めていること。自分では気づかないうちにそうなっていませんか?その原因と恋愛がうまくいくにはどうすればよいかをまとめています。

>>彼氏(恋人)ができないという女性には共通の特徴がある!
決して理想が高いわけじゃない、だけど恋人ができない。どうして私は彼氏ができないの?とお悩みの方に「彼氏(恋人)ができないのにはある特徴(理由)」があるから。
またどのようにすれば彼氏(恋人)ができるのか、そのコツもまとめています。

>>小料理屋のママに聞いた「残念な女性」には共通の特徴がある
女将さんの話では美人でも可愛い女性でも、関係なく「残念な女性」は例外になく、恋愛・結婚に結びつくことができなくて、ことごとく失敗をしているとのこと。その原因を3つ教えていただきました。

 

関連記事一覧