男を見る目がないと悩む女性に見直すべき3つのこと

男を見る目がない
恋愛悩み

スポンサーリンク

「自分が付き合う男性は、きまって浮気して結局最後には私が捨てられてしまう。」

「好きになってしまう人は妻帯者ばかり…。」

など男性とお付き合いしても最後にはうまくいかなくなる、問題のある人ばかりを好きになってしまう、など「自分には男を見る目がない」と悩んでいないでしょうか。

それは単に「男運がない」ということではなく、あなた自身が問題をもっているから、そのような男性を好きになってしまうのです。

今回は、「男を見る目がない」と悩む方に見直すべき3つの事をまとめています。

今からでも遅くはありません。あなたの男運をあげるべく、ぜひ読んでいただければと思います。

1.男性の優しさと下心は紙一重。男を見る目がない女性は男性の言葉を鵜呑みにしがち

男を見る目がない
男を見る目がない人は、褒め上手、また一緒にいて気持ち良くさせてくれる男性はとても魅力的に見えてしまい、「私に好意を持ってくれているかも!」ついつい心をゆるしがちになってしまいがちですが、すべての男性がそのような人でない事をしっかりと理解する事が重要。

実はその優しさがただの下心という場合もあるからです。

過去の恋愛で、付き合う前までは相手がとても優しかったのに、いざ付き合ったらそっけなくされた、浮気されたという場合、その男性は最初から「下心」であなたに近づいてきたということ。

そんな男性にはひっかかりたくはないですよね。

下心ある男性とそうでない男性の見分け方は

まずは「距離感」。
優しさで相手の女性に何かしてあげたいという男性の場合は、女性から近すぎない、自然な距離感を保つように心がけますが、下心ある男性の場合はギリギリまで近づいてきます。

その理由は、自分が近づいても相手の女性がそれを受け入れるかどうかをチェックしているから。

出会って間もない状態でも、相手の女性に彼氏のような近い距離でも、嫌がらなければ「これはイケる」と判断し、お互いの方がふれあう距離にいる時間が長ければ長いほど「この女性はお持ち帰りができるかも。」と判断をします。

そして手早く女性をお持ち帰りするために、優しい言葉でくどいてくるわけです。
実は男性が最も優しいのが「エッチができそうなのに、まだできない」とき。

『彼氏いないの?君みたいな人、もったいない』
『じゃあ、本気で口説いちゃっていい?』
『合コンって本来好きじゃないけど、こんなかわいい人に出会えて本当にラッキーだよ』

と、その場で本気でおとしにかかります。
女性にとっては褒めてもらえば、嬉しいですし、相手の事を魅力的だなと感じてしまいますが、一方男性側は、体の関係が目的なので本気で恋愛をしたいとは思っていないのです。

次に「デートがいつも夜」の場合も要注意。
下心ある男性は、夜食事をしてその後は…と後の事を重視します。

したがって、昼間に一緒にランチをしたり、遊園地や水族館に出掛けたりするのを面倒くさがったり、時間を変更しようよと理由をつけて、夜にさせようとします。

あなたが昼間に会おうよと言っても
「昼はちょっと用事があるから、夜一緒にディナーをしよう」
といつも昼間のデートを断ったり、「今夜空いている?」と夜の時間帯に会おうとしている男性は、完全に「遊び」です。

この人、優しいそうだからとついつい信じてしまいがちですが、このような見極めをつければおのずと、その男性は本当に優しいのか、それとも下心だけなのかがわかってきます。

もう一つ、下心ある男性は女性を褒めるのが上手ですが、ひとつ欠点があります。

それは中身のないような褒め方。

例えば
・君ってかわいいよね
・スタイルがいいよね
・すらっとしていてキレイな足だね
・ここでは素直になっていいんだよ

など相手を喜ばせようとする褒め方なので、単純に外見をうまく褒めたり、誰にでも言っているような褒め方をします。

女性にとって男性の「優しさ」は魅力的ですが、まだお互いの事をよく知らないうちに「優しさ」であなたに近づいている男は、「下心」かもしれません。

ついつい相手の魅力にハマって一気に恋愛モードに入る前に、あなたに本気で好意を持っているのか、それとも下心なのかをきちんとジャッジする冷静さを持つ事が大事です。

<こちらの記事も読まれています>

>>結婚に向いていない男かどうかは、このタイミングで確認できる!
付き合っている彼と結婚を考えているけど、本当に大丈夫かな、と不安な方に彼が結婚に向いているかどうかは、実はデートや旅行で確認することができるのです。実際どんなタイプが結婚に向いていない男なのかをまとめています。

 

2.男を見る目がないその理由は「自分の心に劣等感をかかえている」のが原因

男を見る目がない
ダメな男性と結果付き合ってしまう女性の多くが自己評価が低いことが大きな原因となっていること、ご存知でしょうか。

人ってネガティブになってしまって、落ち込んでいる時に助け船や手を差し伸べられると、つい頼ってしまいたくなりますよね。
この時に優しくされると、恋に落ちがちなもの。

特に自分の心に劣等感をかかえている時に、男性から優しくされたり、アプローチされると「こんな私を好きになってくれるんだ」と惚れやすい状態になり、同時に相手から口説きやすいとみられてしまいます。

また女性自身も、惚れた相手に対して「相手と自分の関係」がすべてになり、それ以外の事は視界に入らない状態となり、

・相手のために何かしてあげたい
・相手を喜ばせたい

気持ちが強くなりがちになり、労力だけでなく金銭的にも相手に尽くしがちになりやすく、結果、お金にだらしない・浮気しがちな男のターゲットになりやすくなります。

相手のために何かをしてあげたい気持ちは、恋に落ちた人であればだれでも持つ感情です。

しかし、自分に自信をもっていない人の場合は、相手に尽くして自分の必要性を感じてもらわないと、いつか相手に捨てられてしまうのではないかという危機感を持ち続けています。

だから必要以上に相手に尽くしすぎてしまい、結果相手からうんざりされたり、恐怖感をいだかせてしまって恋愛関係を破綻させてしまったりします。

スポンサーリンク

また自分に自信がないことで、相手からの要求を拒否してしまったら捨てられてしまうのでは、という不安を持ち続けているため、簡単に相手に求められるがままに肉体関係をもってしまいがちです。

しかしながら男性にとっては、簡単に肉体関係を持つ女性の事を大事に思うことはなく、簡単に手に入るものは尊重はせず軽視しがちになるので、結果別れてしまう事になります。

「いつも相手に尽くしても結果、向こうから別れを切り出される」
恋愛が多い人は、まずは自己肯定感を高める事で、次の恋愛がうまくいくようになります。

人は物事に失敗すると落込みますが、自己評価が低い人の場合は、たった一度の失敗でも「どうせ私なんか」と落ち込み方が大きく、失敗=終わりという考え方にとらわれがちです。

そういう筆者も自己評価が低く、一度の失敗でも落ち込み方が半端じゃなかったのですが、毎日、朝起きて顔を洗った後に「失敗しても引きずらない。自分は大丈夫」と声を出しつづけて自分自身に暗示をかけ続けたところ、2~3か月後には、少しずつですが簡単に心が折れなくなってきました。

また自己評価が低い人の場合、周りの目を気にする傾向があります。
そういう筆者もそうです。

筆者はデザイン・ディレクションという職業のため、納期には間に合わせないといけない、質の高いものを作らないといけない、周りの人と調整をはからないといけないなど、神経をすり減らす事が多々あり、常にこのデザインは大丈夫なのか、周りの意見とどう調整をとればいいのか、悩みがつきない状態で自己評価が常に低く感じていました。

でも誰にだって人よりも劣っている部分はあるもの。

だから今できる範囲で精一杯やるという気持ちに切り替える事で少しずつですが、自己評価を高め、失敗によって一つでも何かを学びとれればいいという考えをすると、時間が経過するとともに、だんだんと自己評価の低さがなくなっていきます。

同時に自然な笑顔も増えてきますので、男性から「魅力ある女性」と感じてもらえやすくなります。

自己評価が低いと感じている方は、新しい恋愛をする前にまずはご自身の気持ちを切り替えてからにすると、向こうから幸せが近づいてきますよ。

関連記事

>>恋愛で失敗ばかりの女性はある「3つの間違い」に気づかない!
恋愛で失敗ばかりで、結婚もできず幸せにもなれないとお嘆きの女性の方、
失敗の原因を知らないと毎回恋愛が失敗するのはもちろんの事、友達に相談しても「また同じ失敗しているの?」と飽きられてしまうことも。大きな原因を3つお教えします。

 

3.男を見る目がない女性は、似たような恋愛を繰り返すパターンに陥りがち

男を見る目がない
男を見る目がない…と悩む前に、一度冷静になってご自身の過去の恋愛で付き合った彼氏を振り返ってみると、どれも似たようなタイプではありませんでしたか?

「体ががっしりして体育会系ばかり」
「男性アイドルみたいな中性的な顔の人ばかり好きになってしまう。」
「背が高くてすらっと細身の人」

また自分では望んでいなくても、結果、彼氏をことを面倒をみる羽目になってしまう…なんてことないでしょうか。

実は似たようなタイプの男性と恋愛を繰り返してしまうには、ある「深層心理」を持っているから。

同じタイプばかり好きになる大きな理由には、女性の脳は好きになった男性のイメージが刷り込まれることで、過去に付き合っていた男性と似た特徴を持っている相手の匂いを感じると、ピンと反応をしてしまい「恋の予感」が生まれやすくなる『条件反射』を起こしやすくなります。

そしてもうひとつ、ダメな男ばかり付き合う女性の場合、その女性の心の中には日常で自分の存在価値を感じられず、ダメな男と付き合う事で「この人を支えてあげる」「面倒を見なくてはならない」などの自分の存在価値を得たい心理が働いています。

自分はそんなダメな男なんか付き合いたくはないと言っても、心の中はダメな男を求めてしまっているということ。

一度、なぜこういう男を好きになったんだろうと、ご自分を振り返ってみる事で必ず気づく事があるはずです。

それを直そうとすれば次からはダメな男と付き合う可能性は断然低くなります。

しかし

「私はそんな事はない、たまたまダメな男にひっかかっていただけ。」

と自分の深層心理にきちんと向き合わないと、解決はできず同じ事の繰り返しになってしまいます。

恋愛は「感情」で動くものと言いますが、同時に過去のイメージ、そしてご自身の深層心理も大きく関係しています。

男を見る目がないと諦めてしまう前に、自分の何が原因でそういう男性を好きになってしまうのかを見つめなおす事がとても重要。

一番大事な事は「ご自身の幸せ」です。
せっかく彼氏ができても、苦労ばかりしてしまうのは本当の幸せではないですよね。

この機会にぜひ一度、自分を振り返ってみること。また仲の良い友達に相談をしてみることで、自分の恋愛の傾向が客観的にわかる事も多いです。

また、あえて自分が選ばなかった人に対して興味を持つ事も「男を見る目がない」悩みから脱却できるきっかけにもなります。

【関連記事】

>>彼氏と別れて結婚できないと焦りを持つ女性に知って欲しい3つの事
自分は結婚前提で付き合っていた彼を別れてしまい結婚の予定もない。
もう自分は結婚できないんじゃないかと焦りを持っている女性の方に、3つのアドバイスをまとめています。

>>頼りがいがある男性を求めている女性ほど結婚相手に選ばれない現実
結婚する相手は、頼りがいがある人がいい!これは女性ならば誰もが思うこと。しかし、頼りがいのある男性を求めている女性ほど実は結婚相手に選ばれないという事、ご存知でしょうか。その理由と男性の本音をお教えします。

>>既婚男性が距離を置く心理は?その時女性はどう結論すべきか?
既婚男性と不倫をしている中で、既婚男性から距離をおかれる場合もあります。既婚者が距離を置く心理はどういう事なのか、そして不倫に悩む女性はどう結論を出した方が、結果幸せになれるのかをまとめています。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧