マッチングアプリですぐライン交換する男性は要注意!

マッチングアプリ ライン交換
婚活トラブル

私たち現代人は、忙しく出会いに中々時間をかけることができないもの。例え時間があったとしても、自分の周りにはいい男性がいない、出会いがないという方もいるのではないでしょうか。

その悩みを解決できるツールとして「マッチングアプリ」によってたくさんの男性と出会える機会が増え、また婚活パーティーや結婚相談所に比べるとコストパフォーマンスがよいので、実際に使っている方も多いのではないでしょうか。

大変便利なマッチングアプリですが、中には既婚者や遊び目的の男性も混じっているリスクもきちんと理解しなくてはなりません。

「システムやセキュリティーがしっかりしているから安心。」と過信していると思わぬトラブルに巻き込まれてしまう危険性があります。

東京都の20代女性が、婚活アプリで知り合った外食事業会社「コーポレートプランニング」(東京都新宿区)の男性経営者らに投資話を持ちかけられ、スルガ銀行(静岡県沼津市)から借りた現金をだまし取られ、損害賠償で東京地裁に訴えた事件がマスメディアでも報道されています。

あなたもこんなケースありませんか?
ちょっとしかメッセージのやりとりをしていないのに、「もしよかったらLINEのIDを教えて」と相手の男性からきた事ありませんか?

うっかりラインIDを教えてしまうと、どんなトラブルに巻き込まれてしまうのかを今回ご紹介しますので、心配な方はぜひご覧ください。

1.LINE IDがなぜ狙われるのか?

マッチングアプリ ライン交換
Pairs(ペアーズ)など大手運営のマッチングアプリは、登録する際に本人確認を行い偽名を使っていないかを調べると同時に、24時間365日の監視体制を行っているので、個人情報を盗もうとする、またはサービスを売りつける悪徳業者は基本入り込むことができません。

「クレジットカード番号とかはわかるけど、なんで業者はLINE IDを欲しがるの?」
と思いますよね。

なぜ悪徳業者がLINE IDを狙うのかというと

・LINE IDを転売してお金を儲ける
・架空の占いサイトや悪質なサイトに誘導する
・LINEのやりとりによって住所や名前などの個人情報を聞き出し悪用する

ことをしたいからです。

少し前までは、悪質業者は主に男性をターゲットに行ってきましたが、詐欺の被害が増加するに従い、悪徳業者をどのように見分ければいいか、また不正な料金が請求されてもどのように対処すればいいかなどの知識が男性利用者の間で共有されてきた事もあり、以前よりも荒稼ぎができなくなり、ターゲットを女性に切り替えてきているのが実情です。

悪徳業者はいかに騙そうと巧妙化しており、マッチングアプリでやりとりしている相手にうっかりLINE IDを教えてしまった場合、ある日突然

「アカウントが乗っ取られる危険性があるため、下記のURLからパスワードの再設定を行ってください」

とLINE社を名乗ってやってきた場合、「えっ、まずい」と思ってURLをクリックし、パスワードを入力してしまいますよね。

パスワードを入力した結果、悪徳業者がそのパスワードを変更してこちら側からログインできない様にし、あなたの友人から金銭をだまし取ったりする他に、あなたが「LINE PAY」を使っていた場合、残金を抜き取られたり、商品の決済に使われてしまいます。

また氏名や住所などの個人情報をうっかりLINEで教えた場合、個人情報を人質に恐喝を行い、金銭を振り込むようにと指示をしてきますので、要注意です。

2.ヤリ捨て被害のリスクにあってしまう

マッチングアプリ ライン交換
マッチングアプリの中で一番多いトラブルが「真剣なお付き合いを考えています。一度お会いしましょう。よかったらLINE ID教えて」

といってLINEのやりとりに切り替えて、女性を誘い出す゛体目的”の男性。

いくらマッチングアプルのセキュリティーが高くても、そのような男性がゼロとは限りません。

真剣に結婚を考えている人たちが多く登録している婚活サイトやアプリにも登録している悪質な男性もいるので、本当に腹ただしいです。

マッチングアプリ上のメッセージは、ビジネスに勧誘する行為や、体目的の内容は禁じられているため、そうした目的を持つ人は、監視の届かないマッチングアプリ外での連絡へ誘導しようとするためです。

このような悪質な男性は、言葉巧みに嘘をつくので気づいたら騙されたという女性もいます。

「これじゃ怖くてマッチングアプリ使えない」
と不安な方は多いはずです。

このような男性にはいくつか特徴があるので、ぜひしっかりと読んでおいてください。

2-1:早い段階で甘い言葉をささやいてくる

体目的の男性の場合は、基本的にメッセージによる会話のキャッチボールに時間をさきません。
早い段階で女性に「会いたい」気持ちにさせるために甘い言葉をささやいてきます。

実際に知り合いの女性も「いいね」が送られてきた男性とメッセージのやりとりを始めたところ、
「プロフィールの写真とてもかわいいね。」
から始まり、散々ほめたたえた後に
「どう?今度飲みに行かない?」と送られてきました。

知り合いの女性は不審に思って
「あなたの事をまだよく知らないので、もう少しメッセージのやりとりをしてからでないと無理。」
と送ったとたん、ぱったりとメッセージが途絶えたそうです。

本気で婚活や恋活を行っていれば、まずは相手はどういう人か、自分と相性がいいのかを判断するために、メッセージのやりとりはするはずです。

プロフィール写真を見たからと、すぐに「会いたい」とは思いません。
あなたも同じですよね。

メッセージのやりとり中に、甘い言葉をささやいてすぐに会おうと言ってくる男性は要注意です。

2-2:既婚男性がどうかはここをチェックする

「独身」しか登録できないのに、ごくわずかの割合ですが既婚男性が独身のふりして登録する人がいるのも事実です。

このような男性には出会いたくはないものですが、引っかからないためにはどうすればいいのか?様々なサイトを調べたり、マッチングアプリを使っている友人に尋ねてみました。

まずチェックする項目はプロフィールの写真。
既婚者の場合は素性を明かされるのを極端に嫌がるので、きちんと写っておらず、後ろ向きや横向きでアップされている事が多いです。
そして自己紹介文はどういう女性とお付き合いしたいか、将来を見据えておつきあいしたいです、など結婚の意思について書いてアピールを行うはずですが、既婚男性の場合は一時的に遊ぶのが目的のため、そのような文章がないケースが多いです。

またメッセージのやりとりの時間帯もチェックしたいところ。

既婚者の場合、家に帰ってからはやりとりが難しいので、あやしいと感じた場合は、夜の時間や土日に送ってメッセージが返ってくるか見ておくのもよいでしょう。深夜遅くまた昼間だけメッセージが返ってきた場合は注意しておいた方がいいですね。

もう一つ既婚男性は、自分の事をあまり明かしません。

友人も怪しいと思った時に、相手の事を色々を尋ねたところプッツリとメッセージが返ってこなかった様で、「この人きっと既婚者だわ。」
と言っていました。

相手の事を聞いてきて、自分の事を明かさない男性は既婚者の可能性があるので、あやしい場合はメッセージで色々聞いてみる事が防止策と言えそうです。

3.まとめ

このように、カラダ目的の男性の場合は知り合って間もないのに、甘い言葉や馴れ馴れしい言葉を使ってきて「会いたい」と誘い出す事が非常に多いです。

逆に結婚や恋愛を真面目に考えている男性は、女性に対してきちんと敬意を払うので挨拶やメッセージも敬語をきちんと使います。
また男性側も自分に合う人かどうかを見ますので、きちんと相手の女性を知ろうと多くの質問をします。

マッチングアプリは、このような男性が入り込まない様に様々な対策を行っていますが、LINEでやりとりをしてしまっては防げる事もふせぐことができません。

使う側もこのような男性に引っかからない様に知識を身に着けておけば安全に使う事ができ、いい男性かどうか見極める事にもつながります。

マッチングアプリは婚活や恋活を行う上で大変便利なツールです。
より安全に使うためにも、このような男性の特徴を理解しておくとよいですよ。

こちらの記事も読まれています。

>>婚活で既婚者に引っかかってしまった場合どうすれば良いの?
婚活はスマホで簡単に行えるのでとても便利。その反面既婚者が独身を偽り騙すケースも増えています。万一騙されてしまった場合、どう対処すれば良いのか?またサイトの種類によって慰謝料も大きく違ってくる理由もまとめています。婚活中の女性はぜひ目を通しておくとよいですね。

>>婚活がうまくいかない女性は3つの大きな間違いを犯している!
婚活がうまくいかない女性が言う台詞として「自分はこんなに頑張っているのに、いい男性に巡り合えない」。あなたもそうではありませんか?実は頑張っているポイントや考えがずれている事が婚活がうまくいかない大きな原因という事ご存知でしょうか。今回は誰もが持つ3つの大きな原因をしっかりご紹介します。

>>婚活は失敗ばかり。なぜダメになるのか見直す3つのポイント
婚活をしても、相手の男性からお断りされたり、出会ったとしてもお付き合いできないと感じてうまくいかない、失敗ばかりで結婚に全然結び付かない。なぜダメになってしまうのかがよくわからないと悩む方は実は3つの間違えを起こしているから。どのように見直せばよいのかをきちんとお答えします。

 

関連記事一覧