婚活が成功する人、しない人はここで差がでる!そのポイントは?

婚活 成功
婚活悩み

婚活は想像以上にとても大変なもの。
実際にやってみると多くの女性が「中々いい結婚相手に巡り合えない」と悩んでいます。

自分がいいなと思った男性からは断られたり、逆に自分がタイプじゃない男性から好かれたりとうまくいかない。

またせっかくお見合いまで行ったのに、実際会ったら自分の自慢話ばかりしている男性だったり、逆に自分の事は全く話さず、こちらのことばかり聞きまくってくる男性だったりと、なんでこんな嫌な思いしてまで婚活しなくちゃいけないのか・・・と悩んでいませんか?

「こんなに頑張っているのに、なぜ結婚できないの!」

と思わず叫びたくなる、泣きたくなるあなたに、今回は「婚活が成功する人、しない人の差がどこにあるのか?」4つのポイントにわけてご紹介します。

婚活が成功する人の考え方は自分とどう違うのか、照らし合わせる事で今までなぜうまくいかなかったのかが見えてくると同時に、どのような婚活をすればいいのかがわかりますよ。

1.婚活が成功する人は「幸せにしてあげたい」逆に成功しない人は「幸せにしてくれる人」を探している

婚活 成功

あなたが婚活をしている時に相手の男性に対して
「幸せにしてあげたい」
「幸せにしてもらいたい」
どちらの気持ちが強いですか?

おそらくは後者の「幸せにしてもらいたい」という気持ちが強いはずです。

女性であれば「愛されたい」「幸せにしてほしい」という気持ちは誰にでもあります。

「俺が幸せにするから」

なんて引っ張ってくれる男性がいたら、間違いなく結婚したいと感じますよね。

しかしながらそういう男性は、早々に他の独身女性の持っていかれてしまうので、必然的に婚活市場にはいない事が多く、いたとしても非常に人気が高いのが実情。

筆者の周りの男気があって「俺が幸せにする!」というタイプの男性は、20代のうちにほぼ皆結婚してしまっています。

幸せにしてくれる人を探していても出会える確率は低く、また出会えたとしても他の女性からのアプローチが非常に多いので、よほど頑張らないとお付き合いする事ができません。

婚活市場では特に最初から条件がそろっているいい男性は、競争率が非常に高く、すぐに売れてしまうので、出会える確率が低いわけなのです。

そうなると「幸せにして欲しい」と思っている女性の場合は

「いい男性に出会えない」

といつまでも愚痴をこぼしてしまったり、悩み続ける事になり中々結婚ができなくなります。

「幸せにして欲しい」という心理は、誰かが私の人生を変えてくれるという依存を持っていることの表れであり、

『いつか自分に素敵な男性が私を選んでくれますように』

と待ち続けている状態。

逆に婚活が成功する女性の場合は、「自分が相手に対して幸せにしてあげたい」という考えをもっており、自分からリードをして男性を引き付けることができます。

婚活市場にいる男性は、職業が士業や資格や技術職で社会的ステータスは高いのだけどコミュニケーション力が弱い男性が結構多くいます。

根はまじめで結婚向きな人が多いのですが、コミュニケーション力が弱いので第一印象が悪いのが難点。

コミュニケーションのひとつである外見もいまいちな場合も多いはずです。
だから彼らは、お見合いやデートをしても盛り上がりに欠けてしまい、お断りされてしまったり、また自ら積極的に女性を誘うことができないため、婚活市場で余ってしまっています。

「幸せにして欲しい」という考えの女性では「この人とは合わない」とお断りしてしまいがちですが、「幸せにしてあげたい」というタイプの女性は、男性の良いところのポイントを探し出し、自分からリードをしていきます。

筆者の友人が婚活をして出会った男性も、大抵の男性がスーツ姿だったのに、彼はジーパンにポロシャツでやってきたそうです。

ポロシャツもあちこちシワがついていて、友人は「ああこの人、婚活パーティーで浮いちゃているなあ。」と感じていたところ、案の定 ひとりぼっちで隅っこの方にいたそうです。

なんか気の毒だなあと感じて、彼に話しかけたところ、あまり女性に慣れていない様で、会話も初めはたどたどしかったのですが、職業を聞いてみたところ、建築事務所の社長さんとのこと。

現場で打ち合わせをする事が多く、動きやすい服装じゃないと仕事にならないからという事と男性が多い職場なので、普段から外見に気を遣う事がなかったそうです。

「初めは場違いな人って思ったけど、話してみたら結構仕事に熱い人なんだなあと感じたよね。まあちょっと頑固な面はあるけど、話してみるうちにすごい真面目な人ってわかったし。」

確かに彼を初めて見た時は「なるほど、彼女の言った通りだ」と思いましたが、彼女とお付き合いしてから、段々と外見に気をつかうようになって見た目もスマートになり、あちこち彼女の女友達とも会って紹介を受けるうちに、コミュニケーション力もついてきた感じです。

彼に一度「初めの頃とずいぶん印象が変わってきたね。」と言った時に、彼は

「僕はずっとモテなかったし、正直女性から嫌われたくなかったけど、自分では何をどうすればいいのかわからなかったんだよね。そんな時に彼女を出会ったんだけど、うまく僕をリードしてくれたし、それを見て『こうすればいいんだ』とわかってきたんだよね。」

と彼女に感謝の気持ちを持つと共に、彼女を幸せにしてあげたいと言っていました。
まだそれは彼女には言っていないのですが、すでに婚約指輪を用意しているとのこと。

今まで自分が引っ張ってもらった分、結婚したら彼女を楽させてあげたいと言っていました。

彼のように、しっかりと収入があり仕事もできるのにコミュニケーション力が弱いため、女性とお付き合いしたくてもできない男性って多いんです。

彼らは自ら進んで女性にアプローチはできません。したとしても表現が下手なので断われる事もあったので女性と同様、心は傷ついている事もあるからです。

初めはうまくいかなくても、彼女のように「だったらうまくこっちが教えてあげるよ」という相手を幸せにする気持ちがあると、男性側も変わってきます。

男性側は心の奥底は「女性に嫌われたくない」気持ちがありますし、期待に応えようとします。

しかし無理に「自分の理想の男性」にさせようとすると相手は疲れてしまいます。

「こんなもんだよ。」と自然に無理をさせずにコントロールを行えば、こういう男性はすごく変わっていきます。

結果、彼女は社長夫人になりましたからね(笑)。

婚活では「幸せにしてくれる」という気持ちよりも「自分が相手を幸せにしてあげる」という気持ちを持つ方がマッチング率は高くなります。

婚活市場では「収入はあるけど、コミュニケーション力が弱い」という男性が多いからです。

幸せを運んでくれる男性を求めるより自分から幸せを呼ぶという心構えの方が結果、婚活が成功する最善の方法と言えますよ。

 

2.好きなタイプを限定しない事で逆に相手の良さがしっかり見ることができる

相手の良さ
婚活はどうしても自分の条件に当てはまるかどうかで、判断をしてしまいがち。

「性格がいい人で感じがいいんだけど、年齢が…。」
「収入は文句ないけど、外見が自分の好みじゃない。」

と相手をえり好みしてしまうと、自分自身の首をしめてしまう事になり結婚に結び付く事が難しくなります。

共に生活するパートナーだからこそ、どうしても相手を見る目は厳しくなりがちですが、人には長所と短所はあるもの。
あなたもそうですよね。

婚活はたくさんの人と出会えると思いがちですが、婚活パーティーやお見合いをするとわかりますが、限られた時間の中で限られた人たちとしか交流がもてないのです。

その中で結婚相手を見つけるためには、タイプに限定してしまって自分でチャンスをつぶさない事が重要なポイント。

減点方式で相手を見るのではなく、広い心でどんな人でもまずは会話をしてみよう、相手のいいところはどんなところかなという気持ちで臨むと結果幸せを引き寄せることにつながります。
幸せは、自分の近くに意外にあるもの。相手のいい面を探してみる人こそ婚活から早く卒業できるわけです。

3.婚活が成功した人は、「自分のいいところ」を見つけている

婚活 成功

婚活を成功するには男性からモテるように、会話術や服装など雑誌やネットで様々なノウハウがかかれていますが、一番の方法は「他の女性にはない、自分の良さを出す事」がアピールポイントになり、相手に印象づけられるからです。

婚活パーティーでは一度にたくさんの人と出会いますよね。
大抵は自分の事を良く見せようと外見をオシャレに着飾ったりして美しくしたり、女性らしくふるまい笑顔で接しようとしますよね。

確かにそれも大事です。

でも多くの女性が同じ事をしているので、男性に印象づけることができません。

逆の立場から見て、男性が次から次へとあなたに話しかけても、印象づける何かがない限り忘れてしまうのではないでしょうか。

「婚活で連敗。私って魅力ない女?実はこの事に気づいていないだけ」
の記事でもご紹介していますが、筆者の後輩女性は、戦闘機や戦車が大好きで自衛隊が毎年行う富士火力演習を見に行くほど。

画像を見ただけで戦闘機名をスラスラ答えてしまうほどのマニアックな趣味を持っていますが、彼女は婚活を成功させています。

理由の一つは

・彼女と同じミリタリー好きの男性からモテた
・男性は自分が知らない世界を持っている女性は「興味ひかれる」対象になる

からです。

彼女は他の女性にはない「人としてのアピール」ができたということ。

例えば男性側が「実はスイーツが大好きで・・・」と話をしたら、あなたも聞いたみたいと思いますし、興味がそそられる話題だったら「じゃあ一緒に今度一緒に食べませんか?」と言ってみたくなりますよね。

婚活で成功するには自分の存在を印象づけるものがないと、相手の心に残りません。

これは婚活パーティーに限らず、ネット婚活やマッチングアプリも同様です。

たくさんの人の中から自分を見つけてもらえる様、プロフィールの欄で自分がどういう人間なのか、他の女性との差別化がとても大事。

そういう意味で「自分の良さ」はどこにあるのか、しっかりわかっていないとあいまいな文章になって、相手からスルーされてしまう事につながってしまいます。

身だしなみもきちんとし、会話にも気をつけているのに男性からお誘いがないとお悩みの方は「他の女性にはない、自分の良さ」をうまくアピールできていないのが原因です。

例え「食べることが好き」だって立派な自分の良いところです。
ただそれを「自分は食べることが好きです。」では印象を持ってもらえません。

食べることが好きから、どういう料理がおいしいのか、このお店にはこんな珍しい料理があるなど、深い話題になる様にきちんと整理しておけば、男性と話をした時に「じゃあ今度一緒に食事をしませんか。」という事につながります。

自分の好きな事や趣味はあなたにとって「いいところ」つまり長所であり、アピールポイント。

それを相手に興味をもってもらえる様、情報を整理したり足りないところは深堀りしたりすると結果が違ってきます。

4.婚活が成功した人は「失敗も次へのステップ」と捉えている

婚活 成功

婚活は誰もがすぐ成功するわけではありません。
うまく行かない事の方が多いはずです。

一緒にご飯を食べにいくまで行っても、お付き合いに発展しない。

一度や二度ならばまだしも、三度目・四度目になると落込んでしまったり、結婚して幸せそうにしている友達に対して恨めしくなったり、自分がとても惨めに感じてしまう気持ちは非常によくわかります。

ただ、その気持ちが長く続くことで、考え方がネガティブになりやすく結婚相手を見つけにきているのに、心のどこかでは「婚活を辞める理由」を探すようになり、目の前にあなたに合う男性が現れていても、全く気付かずそのまま終わってしまう事にもつながってしまいます。

婚活に成功した女性も、実は何人もの男性からお断りされた経験を持っています。

でもなぜ彼女達が、婚活に成功できたのは「失敗も次へのステップ」と前向きの気持ちがあったから。

失敗の中で

・出会っても結婚のキーワードを出したら即アウトだった
→結婚願望のある人と出会いたい、だったら結婚願望の高い男性が多く登録している婚活サイトに切り替える

・モテる男性ばかり目がいってしまう
→結婚後の生活を想像してみて、モテる男性と一緒になって本当に幸せになれるのか見直してみる

・結婚した人は皆子供がいるから、早く自分も結婚しないと焦ってしまう
→本当に欲しいのは何なのか?人生を共にするパートナーなのか、子供なのか?

・男性を恋愛対象として見れないとお付き合いができない
→結婚に慎重になりすぎているのか、理想が高くなっているのか?見直してみる。

など失敗を経験としてとらえ、成功へのステップととらえています。

「プロフィールと顔写真ではさほど惹かれない相手とでも申し込みがあれば、異業種交流のつもりで会いました。正直面倒で疲れるし、失望もあります。
でも大抵は喜ばれ、それきりだった人もいるけど概ね次の誘いがありました。
終始むすっと口数が少なかった男性の仲人から「とっても楽しくて、あなたのこと気に入ったって」と報告され「ええっ」ということもありました。
ときめく相手とでなくても、出会いは容姿を磨きます。
私は多忙ゆえに5kgやせ、すらりと洋服が似合うように。
日々充実し肌つやもよく、出会う相手のレベルも徐々にアップ。
自分史上いちばんキラキラしている時期に、夫に見初められ、スピード婚しました。」
発言小町より

「大手結婚情報サービスで主人と出会い結婚し、子供にも恵まれた者です。非常に満ち足りて幸せです。
■数うちゃあたる・いちいち落ち込まない
とにかくめげない。話がもりあがったのに断られたりすると自分の全人格が否定されたように感じますが、向こうも「うーん、今ひとつぴんとこない」程度かも。要は相性です
■流れに身を任せてみる
特にタイプじゃなくても、生理的に無理じゃなければ流れに身を任せてみよう。私は主人の攻勢に流されて結婚しました(笑)」
発言小町より

本気で結婚したいのであれば、悩んでいる時間は勿体ないと考え、失敗も経験と前向きに切り替えるのが最善の方法です。
同時に婚活の失敗から「改善」を心がけていること。

これが成功している人とうまく行かない人の大きな違いです。

婚活がうまく行かないからと、悩む気持ちは皆同じ。
しかし成功している女性は、現実逃避や現状から目をそらさず、PDCAサイクルをきちんと行い、どこを改善すればうまく行くのかを考えて行動をしています。

そして何よりも多くの婚活サイトが言っていますが「ポジティブ思考」これは本当に大事。

婚活がうまくいかないとどうしてもネガティブな発言が自然と多くなってしまいます。その発言や気持ちは相手に伝わってしまい、100%断られる結果につながります。

ポジティブ思考に切り替えて婚活を頑張った女性の意見では

「私はアラフォー、彼氏いない歴10年婚活2年で9月に入籍する者です。理想以上の彼と結婚することになり今は最高に幸せです!
結婚相談所に登録。パーティ、合コンももちろん行きました。
ボランティア、ビジネス交流会にも参加しました。
活動しない日は美容、ヨガ、料理教室通い、恋愛婚活本を読破、風水、結婚ジンクス…
結婚に繋がる事で思いつく事は何でもしました。
出会いには常にウェルカムでいました。
もちろん落ち込む事はありました。
モチベーションアップに、ウェディングソングを聞いて妄想したり、
インスタグラムで結婚やハッピーな家族の写真を見てイメトレしました。」
発言小町より

「失敗も次へのステップ」と前向きの気持ちが結婚を近づける。

婚活が辛いと悩んでいる方は悩むだけでなく、自分を変えるチャンスととらえ気持ちを早く切り替えられる様になると、状況が変わるはずです。

5.婚活が成功する人は「男性が本気で結婚を考えているか」を見ているが成功しない人は「こんな男性と結婚したい」を追いかける

婚活 成功

あなたが結婚したくて出会いを求めて、婚活パーティーや街コン・合コンに参加しても、同じ場所に参加している男性の中には「彼女は欲しいけど、まだ結婚の事は真剣に考えていない」人もいます。

せっかく相手を見つけても「まだ結婚は考えていない」男性を捕まえてしまっては、お付き合いをしてもうまく行かないし、貴重な時間も無駄になってしまいます。

婚活が成功した人は「男性が本気で結婚を考えているか」をきちんと見分けてします。

その見分け方とは

〇理想の家族像を聞いてくる男性
→結婚を前提に相手を探している男性は、相手の女性に対して「将来どんな家庭を築きたいのか」「どんな家庭にしたいのか」話している中で必ず質問をしてきます。

〇休日の過ごし方を聞いてくる男性
→多くの男性は「休日は何しているの?」と尋ねる質問ですが、結婚を真剣に考えている男性の場合は、もう少し掘り下げた質問をしてきます。
趣味などの自分との共通点や一緒に生活していける女性なのかを探ろうとしているからです。

〇料理は好き?家事はどう?と聞いてくる男性
→女性が男性の経済力を求めるのと同様に、男性側は女性に「料理や家事力」を求める傾向があります。また結婚後は家庭を守るために今以上に仕事を頑張りたい気持ちを持っているからこそ、このような質問をしてきます。

〇プロフィール欄の項目のほとんどに丁寧に記入されている
→真剣に結婚を考えている人は、より多くの相手に自分の事を知ってもらいためにしっかりとプロフィールを書き込みます。
プロフィール欄は項目が結構多く面倒なので、逆に真剣度が低い場合の男性は、所々に空欄があったり、一言ですませている事が多いです。

逆に「こんな男性と結婚したい」は自分一人が作り上げた願望であり、男性側のニーズを全く考えていません。

「自分磨きや婚活にもお金をかけてきたのだから、自分はこんな男性じゃないと結婚できない」

「この歳まで独身だったのだから、周りからいいなあと言われる結婚相手じゃないと・・・」

こう言いたくなる気持ちはわかるのですが、これは女性側の都合であり男性には関係ないこと。

『〇〇な人と結婚したい』という考え方は女性中心の視点になってしまい、いつまでたっても相手と出会えることがありません。

また中には女性の結婚願望を逆手にとって、女性を落とすテクニックに使う男性もいるので、結果遊ばれてしまったという事にもつながってしまいます。

6.最適な婚活方法をしないと成功はしない

婚活 成功

一言で「婚活」といっても色々な方法があります。

・友人の紹介
・婚活パーティー、合コン
・婚活サイト・マッチングアプリ
・結婚相談所

婚活は自分の性格や向き・不向きも合わせて最適なものを選んで行うことが必要であり、同時に自分に対する正しい評価を持って行わないとうまくいきません。

例えば30代前半の女性が婚活パーティーに参加しようとするならば、20代女性がいない30代限定の方がライバルが少ないのでいいと感じますよね。

ましてや男性の参加条件が年収が〇〇〇円以上という事であれば、

「これだったらうまく行くかも」
と感じるはずです。

しかし実際に参加してみると、同年代の女性は20代と間違えるほど皆キレイだったり、想像以上にライバルが強敵だったという話も聞きます。

「男女30代限定、男性〇〇〇万円以上」
という婚活パーティー企画に実際に参加した女性に聞いてみたところ、あまりにも参加した女性の人たちがキレイな人ばかりで、逆に気後れしてしまいうまく行かなかったと言っていました。

逆に年齢制限がない婚活パーティーに参加したアラフォー女性の人は、
「色々な男性とメールと連絡先が聞けた」と喜んでいました。
彼女は仕事が営業職で普段から男性と話す事にも慣れており、また話す事がとても上手なため自分の魅力を十分だせた結果、上は40代後半、下は30代前半の男性数名からアプローチされたそうです。

単純に年齢を絞ればいい、相手の男性の条件が良いパーティーに参加すれば見つかるかも、という発想では中々婚活はうまくいかないのです。

・初対面の男性に対して、いかに自分の事をうまくアピールできるか

の人がリアルな出会いのある婚活パーティーに向いた人であるということ。

婚活パーティーは、一度に色々な男性とリアルな出会いがありますが、初対面の人と次々と話す事が苦痛になってしまう、もっとゆっくりと話して相手の内面を知りたいという人には正直向いていません。

そういう方は、婚活サイトやマッチングアプリは、その点メッセージのやりとりによってお互いの内面を知りながら仲を深めていく事ができます。

ただし、マッチングアプリは「女性無料」「年齢確認のみ」など気軽に利用でき、出会いの数が多くなるメリットがありますが、一方で友達探しや恋活など真剣度の低い方や婚活以外を目的とした方も登録しやすく、マッチング後や初デートの際にミスマッチが起きやすいデメリットもあります。

その点、結婚相談所は結婚を意識した恋愛・婚活だけが目的であることや、「本名まで確認」「独身証明書が必須」など安全性を保つ仕組みが整っていることが多く安心ですが、その分だけ料金がかかってしまうのが難点です。

しかしながら現実は、個別サポートがあるサービスほど、交際カップルが多くなる傾向があります。

実際、婚活は自分だけで相手を見つけることが難しく、婚活疲れになってしまう女性が非常に多いの現状。

一人ひとりに合わせた個別サポートやアドバイスの有無が、婚活の成功を左右します。

「婚活に疲れたくない、かと言って自分で探しても中々相手に出会えない」

と悩んでいる方は、専門スタッフがフォローをしてくれる婚活サイトを利用してみるとよいです。

料金は有料になってしまいますが、月々飲み会1回の金額で入会でき結婚相談所のように入会金や成婚料を支払う必要はありません。

婚活サービスの東証一部上場企業「株式会社IBJ」が運営している「ブライダルネット」は結婚を視野に入れた交際者数が年間7,000人以上も生まれており、活動をサポートする専任スタッフも常駐しています。

登録している会員も、80%以上が半年以内に結婚相手を見つけたいと思っており、男女ともに結婚に真剣な会員が多く集まっている婚活サイト。

ブライダルネット

単に条件検索だけでなく、趣味などのコミュニティー機能もあるので、自分と同じような価値観を持った男性を探すことも可能です。

下の画像のように温泉が好きな場合、コメントを発信する事で色々な男性とつながることができます。

ブライダルネット

男性会員の場合は、全員が安定した経済基盤をお持ちの有職者の方です。
およそ3分の1が年収600万円以上で、大手企業や上場企業にお勤めの方、公務員の方、医療関係や教職など専門職の方も多く登録しています。

婚活で悩んだ時にはカウンセラーがサポートしてくれるので、自分がなぜうまくいかないのか、適切なアドバイスがもらえるので、いつまでも悩む事がなく、同時に自分と同じように結婚したいと考えている男性とも出会える事にもつながります。

料金はひと月3,980円ですが、実際にお付き合いまでつながるには3か月から半年くらいかかっているというデーターがブライダルネットの調査からでています。

ですので、負担をできるだけ軽くする様、3か月、6か月、12か月にプランを分けて割安にしています。

ブライダルネット

初めて使う方は、自分がそのサービスにあっているかも不安なはずです。

ブライダルネットは、そういう女性のために3か月プランに今なら期間限定の1,000円割引クーポンがついているので、より安く婚活することができます。
また自動更新時にも1,000円割引してくれるので、お財布の負担も少なく婚活することができます。

今まで行ってきた婚活方法がうまく行かなかった方は、結婚相談所並みのサービスがついた「婚活アプリ」で専門スタッフのアドバイスを受けながら行ってみると、結果が違ってくるはずですよ。

>>大手企業のIBJが運営する安心の婚活サイト『ブライダルネット』公式サイト

★こちらの記事も読まれています。

>>婚活している30代女性が高望みに気づかない理由
普通の条件した求めていないのに婚活がうまく行かない・・・。実はその「普通」が周りから見ると高望みしているという事に気づいていないとうまくいきません。
この記事では知らず知らずの内に高望みになってしまう原因と修正方法をまとめています。

>>仕事と婚活の両立難しい、結婚できた人はどうやって成功したの?
もういい年齢だし、結婚はしたい。
婚活を頑張りたいけど、体が疲れちゃって結局家でゴロゴロしていまい仕事との両立が難しいとお悩みの方は結婚いるはず。
今回はそんな独身女性のために結婚できた人はどんな事をして仕事と婚活の両立がうまく行ったのか、体験談も交えてご紹介しています。

>>婚活がうまくいかない女性は3つの大きな間違いを犯している!
婚活がうまくいかない女性が言う台詞として「自分はこんなに頑張っているのに、いい男性に巡り合えない」実は頑張っているポイントや考えがずれている事が婚活がうまくいかない大きな原因という事ご存知でしょうか。今回は誰もが持つ3つの大きな原因をしっかりご紹介します。

関連記事一覧