婚活は失敗ばかり。なぜダメになるのか見直す3つのポイント

婚活 失敗
婚活悩み

お相手の男性と食事に行くまでいっても、付き合いまで発展しません・・・。
また逆のパターンでお相手からお誘いがきて会っても「この人はなあ・・・」と思ってお断りをしてしまったりと、結婚に結び付きません。
友人の紹介してもらったり、婚活パーティー、街コンなどのイベントにも参加したけれど、何一つ実らず20代が終わり30代になってしまいました。
色々ネットでどうすればいいか調べてみたけど、心折れる厳しい意見ばかり。
また職場では、どこの誰が結婚したという話を聞くと、自分はダメな人間かもと落ち込んでしまいます。

自分の何がダメなんだろうと考えてもダメな理由がよくわからない、どうしたら婚活がうまくいくのかと、切実なお悩みをお持ちの独身女性に、どこを見直すべきなのか3つのポイントをご紹介します。

1.結婚願望ありありでオーラが重くなっていませんか?

婚活 失敗
婚活は結婚希望の男女が集まるところですが、初対面で相手に対して「結婚願望」のオーラが出まくっていると、男性が尻込みしてしまい、せっかくの出会いがダメになってしまうケースがよくあります。

男性側がNGになる初対面の会話の主なケースは、2つあります。

1-1:どこの会社に勤めているのですか?と会うなり最初に聞いている

お互い初対面なので、どんな話題を話せばよいかはわからないので、多くは仕事の質問はするはずです。

それ自体問題はないのですが、質問の仕方によって相手の男性は「肩書を重視しているのではないか」と疑ってしまい、印象を悪くしてしまうケースがあります。

質問している女性側は、そうではないと感じていても質問する言葉は気をつけなくてはなりません。

相手の仕事を聞く場合は会社名は聞かず「どのような仕事をしているんですか?」とやんわり聞く感じであれば、相手も不快な感じはしません。

また尋ねるタイミングも重要。会って早々に質問してしまうと「この人、条件で選んでいるのかな。」ととらえがちになってしまいます。

男性が聞きたいのは、「趣味」や「休みの日は何をいているか」これを結構重視しています。

特に婚活パーティーではお互いの自己紹介は2~3分しかないので相手の印象に残る話題が一番良いです。

単純に読書、映画鑑賞、料理と書くのではなく、どういうジャンルのものを読んだり、見ているのか、得意料理は何なのか、男性が質問しやすい、興味を持ってもらいたい様に書くこと。

婚活パーティーであれば、始まる前に必ずプロフィールカードが配られ記入しますよね。その中に趣味の欄や自己PRの箇所はあるはずです。

またお見合いの時は、いきなり仕事の話を聞くよりも趣味や休日どんな事をしているのか、自分から話をする「自己開示」をすれば、相手も自分もじゃあ話をしようと心理が働きます。

筆者も初めてお会いする男性には、まずは
「今日はお会いして頂いてありがとうございます。」「今日はありがとうございます。」とニッコリ笑って感謝の言葉を一言添えてから、話をはじめます。

このような出だしであると、相手の男性も好印象を持ってもらいやすいです。

それからまずは、お互いの緊張をほぐすために、
「〇〇さんの趣味は◇◇なんですね。私は△△が趣味なんです。」と自分の趣味を少し話してから、相手の趣味の質問をします。

もちろん相手のプロフィールは事前に読んでいて、ある程度の趣味の内容はネットなので事前に調べてからにします。

そのうえで「〇〇さんの趣味、◇◇ってどんなものなのかなと思って、興味あって調べてみたんですけど、自分は実際やっていないので、どうところが面白いですか?」

のような感じで聞くと、相手も「この人、興味を持ってくれているんだな。」と思ってもらうケースが高いです。

こうして会話のキャッチボールしながら、相手の話に共感していき、次に相手の仕事を聞いています。

会って唐突に会社はどこに勤めているのですか?と質問するのは、相手のリサーチをしっかり行っていない証拠。

お見合いはしっかりと相手のプロフィールをきちんと読んで、質問事項や自分がどんな話をすればいいか、きちんと整理するとよいですよ。

まとめると

・婚活パーティでは「相手に興味を持ってもらえるよう、イメージがつかみやすいようなプロフィールにする。」

・お見合いでは「相手のプロフィールをリサーチして、あらかじめ調べておき、聞きたいことをまとめる。」

ようにすると相手もあなたのことを興味持ってもらい、マイナスのイメージをもたれないようになりますよ。

1-2:男性から好意をもたれるには初めが本当に大事

男性と女性の好意は、タイミングが大きく違います。
女性の場合は、相手と話すことで少しずつ相手への好意がジワジワと上がってきますが、男性は逆に会った直後の印象で一気に盛り上がるか、下がるか決まってきます。

男性は、自分の子孫を繁殖させたいという本能をもっています。そのため女性よりも惚れやすい特徴があり、出会った数秒で「この人は結婚相手にいいのかどうか」を無意識に判断しています。

だから多くの婚活サイトや結婚相談所のカウンセラーからは、「初めてお会いした時は笑顔が大事、清潔感あって好印象にうつるように服装や髪形も気をつけて。」
と言っているのです。

男性はある意味とても単純です。
その理由は皆「マザコン」の気質をもっているから。
母親は自分の子供に対して、愛を注ごうとするので笑顔でいる事が多いですよね。

男性は無意識のうちにその笑顔を求めています。

ネットでも

「笑顔が素敵な女性は、性格もいいと感じる。」

「清潔感あって、なおかつ笑顔もいいと素敵な女性に感じますね。」

と意見やコメントが多くかかれていますよね。

男性は初めて会った時の印象で、一気に恋愛モードに切り替われるのです。

だから逆に最初の印象で笑顔がない、結婚したいモードがありありの重たい雰囲気をもっている女性には、恋愛モードに切り替わらず、婚活が失敗してしまうのです。

女性は、最初は何とも思わなかったけど、話しているうちに彼に惹かれていった事はよくありますが、男性の場合はそのようなことはありません。

女性が「話をしているうちに、この人いいな。」と感じていても、男性の場合は、初めの印象が悪ければよぼどの話術や魅力ある何かがないと、その後はありません。

男女の好印象は、タイミングが違うということを理解していないと婚活は失敗してしまうという事をしっかり理解しておいてください。

2.誉め言葉きちんと伝えていますか?

婚活 失敗
男性は女性と違い「理性や論理で考える」ためストレートに結果を重視する傾向があり、見栄を張りがちな生き物です。

だからシンプルでストレートな誉め言葉に弱いということ。

例えばスポーツジムで体を鍛えている男性に対して「男らしくてカッコイイんですね。」といえば喜ぶ男性は非常に多いです。

知り合いの男性は、学生時代野球をしていたので、手が分厚く大きいのですが、女性に「手が大きくて男らしいんですね。」と言われたときに褒められて嬉しいと同時に、その女性に好意を持ったと言っていました。

男性は褒められると自信を持つ単純な生き物。
褒めてくれる女性を嫌いになる男性はいないと言っていいでしょう。

男性から好意を持たれる女性は、男性を褒めるのがうまいです。

逆に婚活を失敗する女性は、男性に褒め言葉をうまく伝えることができていません。男性を減点方式で見ているからです。

相手の男性にこんな事を思っていませんか?

・私の提案に合わせてくれる優しい男性だけど、自分らしさや覇気が無い人として見てしまう。

・自分の理想のタイプと比べてしまうと、何か劣った感じがしてしまう。

・よりよい男性と会いたいと思っているので、どうしても相手の欠点が目についてしまう

こういう女性は相手の欠点が目に行ってしまうので、必然的に褒めることができません。
言ったとしても心がこもっていないので、相手にも薄々わかります。

婚活の場合は特に、複数の男性とメッセージのやりとりを行う事が多いので、自分に合っている男性を選びたいと思う気持ちが強くなるので、減点式で見てしまいます。

だから相手の男性が例えば、性格が良さそうと感じていても「収入」や「外見」などが自分の理想の男性と比べて劣っていると「求めている基準に足りない」と感じてしまいます。

だから

「あのひとは性格が良さそうだけど、収入が・・・」
「収入は問題ないんだけど、身長や外見が自分好みじゃないんだよね。」

となってしまうのです。

わかっているとは思いますが、理想的な男性はそうそういません。
いたとしても、ものすごい競争率ですし、ほとんどは婚活する事なく他の女性と既に結婚をしています。

減点式で見る女性は心のどこかに「もっといい男性と出会える可能性があるかも」と思っているから。

だから目の前の男性の姿をきちんと見ることができないのです。

減点式で見る女性はのちに皆こう言って後悔しています。

「あの時会った男性とお付き合いすれば結婚できたかも。」と。

自分が考えた理想の男性なんて頭の中で想像した、現実にはありえない人物像です。

現実的な目になって、相手に真摯に向き合えば自然と「良さ」はわかってきます。
そしてその男性のいいところを褒めれば、確実に結婚への道は開けてきます。

3.結婚の条件を求めつつ、恋愛のときめきも求めている

婚活 失敗
婚活の目的って「一緒に生活を共にできる相手を見つけて結婚をすること」ですよね。
しかしこれに加えて「相手にときめかないと結婚はちょっと・・・」と思っていませんか?

結婚を求めつつ、恋愛も欲しがっている女性は、必ずと言っていいほど婚活に失敗しています。

よく考えてください。

恋愛って、相手の性格や容姿がタイプでトキめいてお付き合いするじゃないですか。でも相手の収入は職業って、それほど意識しませんよね。
昔の恋愛を思い出していただくと、そうだったと思うのではないでしょうか。

でも結婚となると、相手の職業や年収、家庭環境、この人と結婚して自分は幸せになれるんだろうかと考えますよね。

つまり、恋愛のいいところと結婚のいいところ、ダブルで欲しがっていること。

自分では気づいていなくても「ときめかないと結婚は無理」と思ったら、まさに「恋愛」と「結婚」の欲張りをおこしている証拠です。

婚活がうまくいっている女性は、正しい婚活をしています。
正しい婚活とは、「結婚相手を見つけるための活動」。形が変わっても、ある意味昔の「お見合い」と同じです。

・この人と私はお互いに相性がいいのか
・結婚観はどうなのか
・責任感がある人なのか

のはずです。
これにお互い初対面なのに同時に「ときめきが欲しい」を求めるとなると、身長・外見や顔なども条件も入ってしまうので、周りから「高望み」と言われてしまうわけなのです。

条件は高望みをしているわけじゃないのに、婚活がうまくいかない女性は、結婚と恋愛を同時に求めているから。

幸せな結婚とは、恋愛のような刺激やときめきよりも、お互いが一緒にいて居心地がよいかどうかが、とても重要であり、お互いを知ってから恋愛が始まります。

婚活は、お互いを理解してから恋愛という形であり、恋愛結婚とは逆の流れです。

会った男性に「結婚」も「恋愛」も、と無意識の欲張りを捨てないといつまでたっても婚活失敗ばかりが続いてしまう事を理解してください。

4.まとめ

今回は婚活が失敗ばかりする独身女性に、なぜダメになるのか3つのポイントをご紹介しました。

・男性は第一印象が惚れるかどうかのポイント。会う男性に対してきちんとリサーチせず、ただ自分の結婚願望だけが前面に出てしまい、相手から引かれてしまっている。

・無意識に自分の理想の男性と比べてしまったりして、目の前の男性をきちんと見ておらず、褒めることをしていない。

・結婚の条件の上に恋愛も同時に求めている

この3つで婚活が失敗しているのです。
どんなに自分磨きをしていても、この3つを直していかないと、いくら婚活に臨んでいっても同じ失敗を繰り返します。

婚活失敗ばかりで悩んでいる方は、一度この3つを見直してみてはどうでしょうか。

せっかく目の前に出会いがあるのに、チャンスを逃すのは非常にもったいないと感じます。

ご自分が婚活に自信がないならば、一度無料で行ってる「成婚力診断」を受けてみるのも手です。

自分の行動や癖から、自分の長所や短所をはじめ婚活するうえで何が足りないのか、何が必要なのかを判断する材料にもなり、同時にどのような婚活を行っていけばいいのかを診断してくれます。

婚活が失敗ばかりで落ち込んでしまうならば、一度診断してもらった方が、なぜ自分がダメなのか理由もわかりますし、婚活疲れに陥るリスクも軽減することができます。

成婚力診断は結婚相談所やサイトを運営しているツヴァイやパートナーエージェントの2社が行っています。

無料診断だと、後で執拗な勧誘があるのでは?と思う方は多いと思いますが、両社とも会社の規模が大きく営業ツールというより、認知度を高める広告宣伝費という位置づけでおこなっており、会社のイメージを損ねる執拗な電話勧誘は基本ありません。

あっても1度程度で「資料はいかがでしたか?」という感じです。

筆者の後輩は、パートナーエージェントの成婚力診断を受けてみましたが、診断書のほかにパートナーエージェントの資料がついていたけど、とくにはなかったとのこと。

サイトで調べてみたら、電話があったという書き込みがありましたが、「自分から連絡します」といえばそのあとの連絡はないようです。

ネットで20の質問に答え、約3分程度で終了。
診断書は郵送で会社名がわからない様にプライベートに配慮されています。

ツヴァイの方がパートナーエージェントより細かく診断はしてくれますが、情報量が多いので何をどう自分に活かせばいいのかよくわからないという意見もあります。

一方、パートナーエージェントはより簡素化されていますが、4項目の点数がグラフで数値化されており、婚活においてどうPRすればいいのか、また理想の相手をどう見つけるのか、わかりやすい文面でかかれています。

細かいところまで見たいならばツヴァイ。何を変えればいいのか簡潔な答えが欲しいならばパートナーエージェントの診断が合っていると感じます。

診断はツヴァイは「恋愛傾向診断」から、パートナーエージェントは「婚活EQ診断」で行えます。

◇パートナーエージェント
>>あなたの偏差値はいくつ?婚活EQ診断はこちら

◇ツヴァイ
>>恋愛傾向診断はどれくらい?診断ページはこちら

他にも様々な婚活に関する悩みをまとめています。

 

関連記事一覧