婚活は戦国時代!今は女余りの時代に!どう婚活を進めるべき?

婚活 女余り
婚活悩み

婚活という言葉が浸透し、今や婚活する女性は年々増えてきており、実は今の婚活市場は女性の方が多くなってしまい、いわゆる「女余り」という状態。

実際、婚活している女性をインタビューしてみると

いいなと思う男性は多くの女性に囲まれてしまって話すチャンスが中々ない。

という言葉が多くでてきます。

数で言えば女性よりも男性の方が多いのですが、女性が求める理想の男性の数が少ないためどうしても女余りになってしまいがちです。

「婚活してもこれじゃ、結婚はもう無理かも…」

と思ってしまいがちですが、実は「婚活」はしっかりとした「マーケティング」を行えば「いい出会い」はあります。

婚活とマーケティングってどうつながるのよ。

と思いたくなるのもわかりますが、この記事を読むことで「ああそうなんだ」と理解ができるはずです。

婚活してもうまくいかないとお悩みの女性にそのマーケティングをこっそりお教えします。

1.男性は大抵が「仕事が忙しい」という理由で時間がないと感じている。実は婚活パーティー、合コンでなく〇〇で出会いを探している

婚活 女余り
婚活パーティーや合コンに参加された方なら経験した事があると思いますが、なんか男性よりも女性の方が多いんじゃない?と感じたことがあるかと思います。

婚活パーティーは入会金や月額会費を支払う必要もないし、参加料を支払うだけで気軽に参加できちゃいますよね。

まして女性の場合は参加料が安く設定されている場合が多いので、必然的に女性が多くなってしまいがちです。

一方男性側から見れば、女性より会費が高くなってしまう理由で参加できる回数に限りがある理由もそうですが、実は「仕事」が原因で婚活に参加する時間がないと考えている人が多いことがわかってきました。

実際に20代後半から40代の独身男性にインタビューで話を聞いてみると

「任された仕事があると、まずは結果を出さなきゃと思っちゃうので、結婚とか恋愛はどうしても後まわしになっちゃいます。」
(30代/営業職)

「普段、仕事で帰りが遅いので休日は体が疲れちゃって、結婚相手を見つけたいと思っていても、家でゴロゴロしちゃって終わってしまう。」
(20代/会社員)

男性の場合は女性と違って、恋愛も仕事もという同時進行するのが非常に苦手です。
それは脳のつくりが違っており、女性の場合は友達と携帯でしゃべっていても、料理をしたりすることができますが、男性の場合はひとつの事しか集中する事ができず、ふたつの事を同時にこなすのが苦手だからです。

仕事が忙しいことで、結婚を考えてはいるけれども実際に行動をおこせていないという実情があります。

しかしながらいくら仕事が忙しくても、男性だって結婚相手を見つけたいと思っています。そのため男性の場合は、実は「ネット婚活」や「マッチングアプリ」で相手を探しているケースが高いという結果が出ています。

ネット婚活やマッチングアプリに登録している各社の男女の比率が出ています。

①ペアーズ(Pairs) 累計会員数1,000万人
男女比:男性69% 女性31%

②Omiai 累計会員数490万人
男女比:男性70% 女性30%

③with 累計会員数230万人
男女比:男性66% 女性34%

④ゼクシィ縁結び ユーザー登録数53.4万人
男女比:男性65% 女性35%

男性の方が圧倒的に多いことがこの数字によりわかります。

その理由は、仕事で時間がとれない、体が疲れていて婚活パーティや合コンに参加できないと思っている男性でも、自分の自由な時間や空いている時に探すことができて、非常に便利だと感じていること。

そしてもう一つは男性の場合は女性に比べてコミュニケーションが低いことが多く、いざ女性と会っても会話がうまくいかない、口下手と感じていることが多いので、ネットでまず相手とコミュニケーションをとってから、実際に会いたいという気持ちもあるからです。

実際の比較データーで結婚相談所の場合、IBJ日本結婚相談所連盟によると、入会会員の男女比は女性約6割という結果が出ており、登録している男性は女性よりも少ないことがわかっています。

婚活パーティや合コン、街コンに参加、結婚相談所の登録をしても、いい出会いがないと感じている女性の方はこのようなネット婚活やマッチングアプリに登録してみて、探してみるとよいはずです。

とは言え、いまやネット婚活やマッチングアプリは数えきれないほどあるため、どれに登録すればいいのかわからないと思っている人は多いはずです。

実は運営会社により、それぞれ特徴があります。
それを見てみることで、自分にあいそうだなというものが見えてくるはずです。

2.各サービスによる特徴の違いによって自分に合うものが見えてくる

婚活 女余り
男性の場合は、婚活パーティや合コン、結婚相談所よりも「ネット婚活」や「マッチングアプリ」を利用している事が多いということはおわかりになったはずです。

「じゃあ、ネット婚活とかマッチングアプリに登録すれば出会いは広がるし、いい人に会える確率は高くなるかも。」

と誰もがそう思いますよね。

確かに、男性が多く登録しているところであれば当然出会えるチャンスは高くなり、女余りで悩むということはなくなります。

しかし一番重要のことは「自分にとって【結婚したい】と思えるような男性と出会いたい」はずです。

むやみやたらに登録しても、時間ばかりが無駄に過ぎてしまい、せっかく利用しても「いい人が見つからない」とますます落ち込んでしまう結果を招いてしまいます。

男性の数が多くても、自分にとって合う人でなければ全く意味はありません。

次に必要なマーケティング力は

自分に合いそうなネット婚活、マッチングアプリサイトを見つけること

これが重要になってきます。

運営会社も当然ながら、マッチング率が高まった方が評判はよくなりますし、当然ながら多くの会員をとりこめる事にもつながります。

だからこそ、他社とは違う特徴を作り出してサービスを提供しているわけです。

そのサービスをきちんと把握することで、自分はどのサイトを利用すればいい人に巡り合えるのかが見えてくるわけです。

それでは代表的なネット婚活、マッチングアプリの特徴を箇条書きにわかりやすくご紹介します。

A.ペアーズ

・国内で一番登録者数が一番多い婚活・恋活のマッチングアプリ。累計会員数は1,000万人。

・会員の年齢層は20代~30代前半がメイン。 18歳~34歳の会員で全体の70%以上を占めている。30代後半以降の会員も16万人以上いるので、30代、40代、50代以降の方でも活動しやすいアプリ。

・単なる年収や職業などのスペックから探すのでなく同じ趣味や興味ある相手を探すことも可能で、人柄や性格、自分に似ている相手を探しやすい

・会社員の人が中心に多く登録しており、利用者の年収は400~600万円が34%、200~400万円が35%と多い。
また多くの女性から人気のある医者、弁護士などの専門職の人も6,000人位登録している(2018年6月時点)

・職業や会社名などのフリーワードの検索ができる
・女性は無料で利用できる

さきほど書いたように女性は無料ですが、他の女性会員より早くいい人に出会いたいと思っている方にレディースオプションという有料オプションがあります。

・検索結果の上位に表示される
・人気急上昇中の相手が検索できる
・相手のメッセージの既読、未読がわかる

料金は月額2,900円(税込)?になります。

スマホやパソコンなどの機械操作があまり得意でない人に使いやすい設計をしているので、初めてマッチングアプリを使う人におすすめです。
会員数が圧倒的に多いので、出会いも当然多いこと。
自分と同じ趣味や考え方が会っている人と出会いたいと思っている人に合っているアプリと言えます。

>>pairs(ペアーズ)公式サイト

B.Omiai

・マッチングアプリの中でも結婚したいと思っている出会いを探している人の利用率が高い

・20~30代前半の会員が多く登録しており、20代またはアラサー向きの婚活アプリ

・他のマッチングアプリと違い「いいね」が特定の人に集まらないよう、分散される仕組みをとっているため、マッチングしやすい環境になっている
(多くのマッチングアプリ、婚活サイトは「いいね」順で相手を探す(条件が良い人)ので、いいねが少ないとマッチングしにくくなる)

結婚願望(結婚への意向)があるかないかで相手を検索することができる

・プロフィール欄に婚活目的と書かれている人が多い

・女性は無料で利用できる

こちらのマッチングアプリは、結婚願望の高い20~30代の会員が多いため、20代やアラサー女性におすすめと言えます。

プロフィール欄に結婚願望があるかないか表記がされているため、自分と同じように結婚を考えている相手をすぐに探せることが一番のメリットと言えます。

>>Omiai公式サイト

 

C.キャリ婚

キャリ婚は、キャリア女性のための婚活サイト。
女性側が相手を選ぶという特殊なシステムになっており、男性会員はすべて「面接」をして審査した人しか入れないため、男性の質も高いのが特徴。

男女ともに登録すると50の質問に回答し、質問内容は恋愛だけでなく、結婚観や家庭生活にまで及び、結婚観やライフスタイルの話をした時も、考えに大きなギャップがないようマッチングするシステムをとっています。

・女性が仕事を続ける事を尊重し、なおかつ結婚を真剣に考えている男性しか会員に登録できないように、男性は入会前に面談がある

・独自の独身契約書にサインするため、既婚者などが紛れ込むことがない

・男性会員の平均年収は663万円、マネジメン職または専門職。仕事と家事に理解して入る人が多い

・女性が相手を選ぶ形式にしており、アプローチできるのは女性しかできないシステムになっている。

・入会金19,800円(税込み)、月額3,850円(税込み)/月 ※2ヶ月毎に自動更新

結婚後も仕事を続けたい、結婚相手もそれに理解してくれる人を選びたい。仕事と家事の大変さを理解し、協力してくれる人を探したいと思っている方におすすめです。

真剣な婚活サイトとして運営しているため、結婚の意思がある人だけしか会員になれないシステムになっています。

男性会員は年収も高めの30代の人が多く登録している特殊な婚活サイトと言えます。

キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】公式サイト

D.ブライダルネット

頑張って婚活をしてもうまくいかない、その理由が自分ではわからない…。どう婚活すればいいのかわからない、という人に低料金で結婚相談所と同じサポートをしてくれる婚活サイト。

マッチングしやすいプロフィールづくりや相手に好印象を与えるコツもアドバイスし、デートから交際、プロポーズまでトータルサポートを行い、相手への気持ちの確認まで行ってくれる手厚いサービスがついています。

・男性会員は30代~40代が中心

・スタッフが婚活をサポートしてくれるので3か月以内のスピード成婚が可能

・趣味が同じ人と出会えるコミュニティ機能があるため、自分と似たような考え、性格の人と出会える

・男女とも有料(3,980円(税込))

結婚相談所に行くか迷っている人、自分一人で婚活を行うことに不安を持っている、専門スタッフのアドバイスをもらいながら婚活を進めたいと思っている方におすすめです。

プロフィールの写真の選び方から、デートの進め方など些細なことでも相談ができ、専門スタッフのアドバイスによって成婚に至った人が多い婚活サイト。

東証一部上場の大手企業 株式会社IBJが運営しているので安心感もあるのも大きな特徴といえます。

>>結婚相談所並みのサービスを提供する『ブライダルネット』公式サイトはこちら

3.【まとめ】的確なところで婚活を行うことで、女余りの婚活市場からいち早く脱出できる

婚活 女余り
婚活している男女は年々増えているのに、男女比は4:6と男性不足で女余りになっているというのが今の婚活市場。

お見合い、カップリング、婚活パーティーは女性の予約ですぐに定員に達しますが、男性参加者は中々集まらず、必死でかき集めている状況です。

しかし、ネット婚活では男性の利用者が多いので、出会いがない、いい人がいない場合はネット婚活に参加してみるとよいでしょう。

ネット婚活やマッチングアプリを利用する場合は、自分に合ったサービスや内容のものを利用する=いいお相手と出会えることにもつながります。

例えば

・条件やスペックではなく、自分と同じような趣味や考え方を持っている人とつきあいたいたい→Pairs(ペアーズ)

・自分と同じアラサーで結婚を真剣に考えている男性→Omiai

・家事と仕事の両方に理解ある人、同時に身元のしっかりした相手を探したい→キャリ婚

・専門スタッフのアドバイスを受けながら、お金もできれば抑えたい→ブライダルネット

実際に利用した人たちの意見もここでご紹介します。

A.Pairs(ペアーズ)

どちらかというと婚活よりは恋活向きのマッチングアプリだと思います。
婚活だとスペックを重視されがちですが、ペアーズの場合はフィーリングを重視する人が多いので、恋人として付き合ってから結婚するパターンが多いみたいです。
(20代会社員/女性)

自分は地方に住んでいるので、他のマッチングアプリだと自分と同じ所に住んでいる人が少なくて困っていました。ペアーズは会員数が多いのでその点出会いが多いので、助かっています。
(20代ショップ勤務/女性)

会員数が多いだけあって、出会いは多かったです。実際3人の男性と会ってみましたが、会話が弾まなかったりと交際まではいっていないけど、今二人の人とメッセージのやりとりをしているので今後の展開に期待しています。
(20代会社員/女性)

 

B.Omiai

男性会員はカッコいい人が多いけど20代の女性会員が多いところなので人気の男性は競争率が高いかも。
(30代会社員/女性)

女性の場合は無料で利用できるので、とても便利。若い女性が多く登録しているので30代だとちょっと不利かな…と感じましたが積極的に活動すれば相手は必ず見つかります。
私も何十人とアプローチをした結果、無事お付き合いまでこぎつけることができました。
(30代派遣社員/女性)

 

C.キャリ婚

男性会員は面談に受かった人しか入れないのと、女性が働くことに対して理解ある人が登録しているため、結婚後のライフスタイルに違いが出ないので、結婚を前提に安心してお付き合いできる男性を探すことができてありがたい
(30代金融関係/女性)

遊び目的の男性がいないので、とても安心できた。
結婚後も仕事を続けたいし、結婚相手は子育てや家事も分担ということをわかってくれる男性と出会えたので、キャリ婚は自分にあった婚活サイトと思っています。
(30代看護師/女性)

 

D.ブライダルネット

全体的に男性のスペックは高いとは思うけれども、他のアプリよりも地味目な男性が多い感じです。証明書の提出があるからプロフィールは信用できるから安心ですが、その分真面目すぎる男性が多いかも。
本気で婚活している人ならば合っていると思います。
(20代会社員/女性)

人見知りで恋愛経験が少ない人にはいいかも。私も人見知りで他のアプリや婚活サイトではうまくいかなかったけれども、婚シェルにチャットで相談してアドバイスをもらい、プロフィールやメッセージの返信の文面を一緒に考えてもらえました。
おかげで自分と合いそうな人と無事マッチングできました。
(20代会社員/女性)

某大手マッチングアプリから乗り換えしました。
年齢層が30代半ばと他の婚活サイトやアプリより高めなのと結婚を真剣に考えている人が多いのでマッチング率がよかったです。
男性会員の多くが独身証明書と収入証明書を出しているのと、写真もアプリ加工されていないので安心して利用できました。
有料なのがネックですが、本気で結婚を考えているならば無料よりこちらの方が断然おすすめです。
(30代専門職/女性)

婚活は女余りと言われている時代でも、男性が多く利用している所がわかれば必然といい出会いの確率はあがります。

この機会に婚活の方法を変えてみると、あなたも違った結果がうまれるはずです。

 

<他にも婚活でお悩みの記事をまとめています>

>>男性の本音からみる、婚活で「売れ残り」になる女性とは!
婚活をしても中々いい人に巡り合えない、いつの間にか婚活が長引いているにはある理由があります。
男性の意見(本音)からどういう女性が婚活で「売れ残り」になってしまうのか、をまとめています。

>>男性を選び過ぎる事は、結果 婚活しても結婚できない原因になる
「婚活」は出会いは多いというメリットがあるのですが、自分でも気づかぬうちに男性を選び過ぎてしまう事になり結婚できない原因につながります。3つの理由と改善方法をまとめています。

>>婚活が難しい、恋愛経験が少ない女性にアドバイスする3つの事
友達が一緒に行った婚活イベントでカップルとなり、置いてけぼりになってしまい、すごく辛い気持ちでいっぱい…。
自分は恋愛経験が少ないし、どう相手を探せばいいのか、婚活は難しい…。わからない…。
と悩んでいる独身女性の方に3つのアドバイスをまとめています。

 

関連記事一覧