男性を選び過ぎる事は、結果 婚活しても結婚できない原因になる

婚活 結婚できない
婚活悩み

スポンサーリンク

今は女性も男性と同様に働く時代。
「結婚はしない」という女性もあらわれていますが、それでも多くの女性は「結婚」に対しては夢を持っている人が多いはず。

特にアラサーに差し掛かると、周りの友達・同僚がどんどん結婚・子供を出産していくのを見ると「自分も温かい家庭を持ちたい」「子供を持ちたい」という気持ちが強くなっていきます。

アラサーの後輩も、結婚をしたくて婚活をはじめたのですが、1年以上たっても結婚につながるどころか、彼氏もできないのです。

外見はいたって丸の内OLのように服装はとてもオシャレですし、性格も上から目線という感じではありません。

合コンでは男性から人気があった方ですし、婚活パーティーでは数人の男性からアプローチがあったほどです。

だったらすぐにでも、結婚できそうじゃん。
と思いましたが、話を聞くと「男性を選び過ぎている」ことが大きな原因であることがわかりました。

これを読んでいる方は「理想が高い女」と思いますが、実は誰でも起こりうることなのです。

あなたが「婚活」をしている時に、ある男性と出会い、外見はいいけど収入がちょっと低いなあ・・・。ちょっと前に話した彼の方が収入もあるし、でも会話があまり盛り上がらなかったけどなあ・・・

実は「婚活」は出会いは多いというメリットがあるのですが、自分でも気づかぬうちに男性を選び過ぎてしまう事が多々あるのです。

その事に気づかないと、婚活をしても結婚できない事にもつながりますし、その間に歳を重ねることになり、ますます女性にとって厳しい状況になってしまいます。

あなたもよくよく考えたら、気づかぬうちにそうなっているかもしれません。

今回は、なぜ男性を選び過ぎてしまうのか?その原因と解決案をご紹介します。

1.今の婚活システムは男性を選びすぎてしまうという落とし穴がある

婚活 結婚できない
自分の周りには独身男性がいない、でも今はネットでも相手を探せる時代です。

実際、ブライダル総研の「婚活実態調査」では4人に1人の割合で、婚活サービスを利用しており、毎年利用割合が増え続けています。

マッチングアプリや婚活サイトに登録すると、今までは出会う事がなかった多くの人とスマホ一つで簡単に出会えるので、とても便利。

しかしその一方、婚活はいわば「ネットショッピング化」されているように感じませんか?

ネットでものを買う時ってレビューや商品のスペックを見て、比較をしてできるだけお得に買おうとしますよね。

でもあちこちのサイトを見て回るうちに、どれがいいのかわからなくなって、選ぶ事ができなかったことありませんか?

これを婚活に当てはめると、数多くの男性の中から自分に合った人を選びたい気持ちがあるので、例えばこの人は収入が高いけど実際話したら会話がつまらない、男前で自分好みだけど収入が…など何人の男性と会っても、結婚相手を中々決められないってことがあるはずです。

ネット婚活は確かに便利。

婚活サイトやアプリに登録した時って、山のように男性からメッセージがきます。
当然、それは嬉しい事です。

あちこちの男性にメッセージのやりとりをして、何人もの人と会っても、知らぬ間に『よりいい条件の男性』を探し続けてしまったり、自分と合う人は誰なのかがわからなくなってしまい、いつまでも婚活が続いてしまうというスパイラルにはまってしまいます。

あなたもそうではないでしょうか。

アラサーの後輩も、婚活アプリに登録した時には100人以上の男性から「いいね」がきて、思ったより婚活は楽だと感じたそうです。

100人以上もいれば、結婚相手が必ず見つかると思ったからです。

しかし「この人はちょっと合わない。でもまだいいねがいっぱい来ているし、次の人を探せばいいや。」と言っているうちに次第に結婚相手への条件があがっていき、良さそうな男性に数人すでに会っているのに、「まだ他にもっといい男性がいるかも。」と探し続けているうちに、1年という期間があっという間に過ぎ去ったのです。

登録したアプリや婚活サイトは数が増えていく一方で、一向に結婚相手は見つからない、選べないという「負」のスパイラルにはまってしまったのです。

現在も彼女は婚活をしていて、また新しいアプリに登録して必至に相手を探しています。

どこかで条件に対する線引きをした方がいいのでは?
とアドバイスをしていますが、彼女は今まで出会った人以上の男性を探し続けています。

ネットやアプリの婚活は、どこかで条件の線引きをしておかないと、数多くの出会いが会っても、彼女のようにいつまでも結婚できないという落とし穴が待っているのです。

関連記事:こちらの記事も読まれています

>>結婚できない、婚活 難民になってしまう理由は〇〇にある!
どうやれば出会いがあるのか、自分ではわからない・・・と悩む女性が増え「婚活 難民」という状態にハマっている方が増えています。
実はそうなってしまうにはある理由が。その理由をお教えします。

>>婚活が成功する人、しない人はここで差がでる!そのポイントは?
婚活が成功する人、しない人にはどのように違いが出てしまうのか、知りたくはないですか?そのポイントを4つのポイントにわけてまとめています。

 

2.迷っていても結局は最初の頃に出会った人が良かったという意見が多い

婚活 結婚できない
婚活は出会いが増える分、より相手への求めるものが多くなりやすく、気づかぬうちに「自分の理想の男性」を探し求める傾向が強くなります。

既に婚活で出会った男性がいたとしても、他の男性のプロフィールや写真をみて

・この人、最初に会った人と比べて収入が高い!
・こっちの人の方が男前だ!

など「せっかく婚活しているんだから妥協はしたくない!」「まだまだいい人がいるかも」と探し続けているうちに、ピンとくる人がいなくなった…なんて事ありませんか?

アラサーの後輩も、とっかえひっかえアプリで相手を探し続けても、いい人があらわれなくなってしまい「やっぱり最初に会った男性が一番良かったかも。」と探してみたところすでに退会をしていたそうです。

婚活を始めた頃って、どんな人が登録しているだろうと探すのに精一杯で、条件というより直感で「この人いいな」と決めていますよね。

もうひとつ理由があります。

それは登録した初期は、ご自分の価値が相対的に高いから。

どういう事なのかというと、結婚相手を探している人にとって登録して間もない相手は、新鮮であり一度会ってみたいと感じているから。

だから条件のいい人がアプローチをしてくれる可能性が高いのです。

実際に結婚相談所のスタッフの方に聞いたところ

「一番最初に会った人ともう一度セッティングをお願いしますという話は結構あります。」

との回答をもらっています。

ネットでも

「結婚相談所で結婚するってうまくいく人は入会してパッと決まるみたいです。
パッと決まらないと私のようになります。」
発言小町より

スポンサーリンク

「今になって考えると、婚活サイトで最初の人が、結局今まででいちばんいい相手だったと思うんです。
でも、あのときは登録してすぐだったし、探せばもっといい人がたくさんいるんじゃないかって思って断ってしまったのが大きな失敗だと痛感。」
(yahoo知恵袋より)

婚活が長引く人たちが多く行っている言葉が『最初に出会った相手で決めておけばよかった』と後悔していること。

まだまだ他にもいるかもと、最初の相手よりももっといい条件を求めてしまって妥協できなくなり、その結果、誰も決めきれないという事につながってしまい、結果婚活が長引いてしまうわけです。

婚活初期に出会った人がフィーリングがあったのならば、あなたにとって「運命の人」という可能性は高いと感じます。

他にもいるんじゃないか、という気持ちはグッとこらえて、まずはその人と関係を深めていくことをおすすめします。

関連記事:こちらの記事もよまれています

>>婚活は失敗ばかり。なぜダメになるのか見直す3つのポイント
婚活をしても、相手の男性からお断りされたり、出会ったとしてもお付き合いできないと感じてうまくいかない、失敗ばかりで結婚に全然結び付かない。なぜダメになってしまうのかがよくわからないと悩む方は実は3つの間違えを起こしているから。どのように見直せばよいのかをきちんとお答えします。

3.結婚は「等価交換」という事を忘れてはならない

婚活 結婚できない

一般的に女性が結婚相手に求めるものを3つにまとめると

・性格、人柄
・収入
・外見

です。この3つをベースに相手の年齢、タイプなどが加味されて「理想の条件」になります。

婚活を続けているうちに、男性に対する目が肥えてきてだんだんと条件が厳しくなっていますよね。
「あの人は性格がいいんだけど、収入がちょっと…。」
「収入は申し分ないんだけど、性格が細かすぎて…。」

女性は男性よりも現実的であり、子供や家庭を守るためにも
「この男性に私の人生をたくしても大丈夫なのか」
と考えるため、確かに「結婚相手」に対して妥協したくはない気持ちも十分理解できます。

しかし結婚は正直な話「等価交換」の法則がなりたつ世界です。

先日、仕事の関係でお会いした結婚相談所のカウンセラーの方から聞いた話ですが、結婚相談所でうまくいかない女性の多くが「お金をわざわざ払って利用するのだから、いい条件の人と出会わないと意味がない。」と考えており、こちらでそのようないい条件の人を紹介しても、うまくいかないのだそうです。

その時にある婚活例を話してくれたので、この話を聞けばよくわかるはずです。

「以前、ある40代男性の担当になったんですが、その男性は大手企業に勤めており役職は部長。
しかし全国転勤が多かったため、中々結婚相手に巡り合う事ができなかったそうだんです。

彼の希望する女性は、
・性格がほがらか
・家庭的な人
・できれば30代の女性

だったので、二人の女性を紹介したんです。
二人とも30代半ばで、一人は今勤めている仕事をやめてもいい、家族に尽くす人生を歩みたい、彼の転勤先についていっても言いと言っており、もう一人は結婚をしても仕事は続けたいという方でした。

その時に私の考えでは、専業主婦希望の女性と合うんじゃないかと思っていたんです。

しかし男性が最終的に選んだのが、仕事を続けたいと言っていた女性。
断られた女性側から、理由を聞きたいと言ってきたので、男性に話をちょっと伺ったんです。

断った理由を伺ったところ、彼女は『専業主婦になって家事や子育てで夫を支えたい』と言っていたけれど、本音は仕事を辞めたい、贅沢はしたいわけじゃないけれど、家をローンで買えるくらいの人がいいなというところが見えちゃって。彼女と話をしている時は「全然問題ないよ。」と言ったけど、なんか依存心が強い女性に見えてしまい、重荷に感じてしまったそうです。

選んだ方の彼女は、逆に自立心がしっかりあって仕事に対する情熱もあるから、自分も感化されたのこと。

初めは家庭的な女性を希望していたけど、自分と合う人は後者の女性と感じたそうです。

結婚相談所のカウンセラーはこう言います。

「結婚は相手に求めすぎてはだめ。自分も与える事ができないだめなんです。つまり等価交換ができないと結婚は難しいんですよ。

でも婚活してうまく行っていない女性はそれがわからない人多いんです。」

自分の希望する人と結婚するには、希望する条件を備えた人にならないといけないこと。

・優しい、前向きな男性を希望するなら、自身も優しさ、前向きな心をもっていること。

・収入が〇〇〇万円を希望するならば、それに近い収入になるか、別の条件で上回る何かを持つこと

婚活は条件で相手を選びがちになりますが、逆を言えば、あなた自身も条件で選ばれている事を理解すると共に、自分自身がその条件に見合っているのか、考えてみる必要があります。

年収が高い男性ほど、その点を非常にシビアに見ます。
こちらの記事を読むとよくわかりますよ。

>>30~40代の高収入男性の結婚願望は「稼げる女性」!?
男性も30代が近くなると結婚しようと考えますが、年収の高い男性は結婚は逆に消極的になり、結婚願望がない人が多いって事をご存知ですか?
高収入男性と結婚したいと思っている女性の方は、探す前に一度よく読んでおく必要があります。

 

4.【必見】自分は結婚できるのか、心配な場合はそれを調べる方法がある

婚活 結婚できない
今回は、男性を選び過ぎる事で婚活をしても結婚できない理由をご紹介してきました。

おそらく、あなたも3つのどれかに該当しているのではないでしょうか。

婚活は今は手軽にできる時代になりましたが、逆に相手を選び過ぎてしまい、結果婚期を逃してしまう。

またいい男性と結婚したいけど、自分自身、その条件に見合っているか正直わからないという方も多いはずです。

婚活をして結婚したいけど、できないとお悩みの方は一度、無料の「婚活診断」を受けてみれば、このまま続けていて結婚できるのか、それとも改善しなければならないのかがわかります。

自分の行動や癖から、自分の長所や短所をはじめ婚活するうえで何が足りないのか、何が必要なのかを判断する材料にもなり、同時にどのような婚活を行っていけばいいのかを診断してくれます。

婚活がうまく行かず落ち込んでしまう前に、一度診断してもらった方が、なぜ自分がダメなのか理由もわかりますし、婚活疲れに陥るリスクも軽減することができます。

診断は全20問で2~3分で完了し、きちんとした書面で郵送されます。

診断書は郵送で会社名がわからない様にプライベートに配慮されています。
4項目の点数がグラフで数値化されており、婚活においてどうPRすればいいのか、また理想の相手をどう見つけるのか、わかりやすい文面でかかれていますので、結婚できない問題点が見えてくるはずです。

>>あなたの偏差値はいくつ?婚活EQ診断はこちら

スポンサーリンク

関連記事一覧