聞いてみてわかった年収高いのに婚活している40代男性の本音とは!

header
婚活悩み

女性の未婚率もあがっていますが、それ以上に男性の未婚率も年々上昇。
最近は40代で独身という男性も結構いるのも事実。

一生独身貴族でいいのかと聞けば、彼らも「いずれは結婚はしたい」と答えはしたものの、中々いい出会いはないと答えています。

なぜ彼らは結婚相手が見つからないと言っているのか。
ハイスペック40代独身男性の婚活事情をインタビューをもとにまとめています。

ケース1:高収入・高スペックほど結婚相手に求める条件が高い

婚活 40代 男性
仕事もできて人よりも多くお金を稼ぎ、多趣味。
人生を謳歌しているいわゆる「高収入・高スペック男性」。

このまま独身でも構わないんじゃないかと思いきや、やっぱり彼らも「このまま独身のままじゃ、やっぱり寂しい」「友達の家族を見るとうらやましい」と感じるわけで、友人の紹介や婚活に参加する人もいます。

しかしながら、彼らも自分には少なからず自信を持っているわけなので、当然結婚相手に求める条件も高くなりがちです。

実際、会社を経営している40代独身男性に「結婚」について色々と聞いてみました。
彼は20代の頃は外資系の会社に勤めてから30代後半で会社をおこし、現在は取締役社長。IT関連の事業をおこなっています。

「30代後半までは、特に結婚したいなんて思わなかったけれども、実家に帰省した時に自分の親がどんどん小さくなった感じで年老いていくのを見てしまうと、自分もそろそろ結婚しないと…と考えるようになりましたね。」

自分のために結婚というより、親を安心させたい気持ちが強くなり、現在は婚活アプリを3つほど利用しているとのこと。

「自分は人よりも多く稼いでいる分、女性からのアプローチは多いです。この前も30代前半の女性と会って、食事をしました。」

だったらすぐに結婚はできそうじゃないの?と思わず聞いてしまいましたが

「いや~、付き合う分にはいいんですけど結婚となると中々難しくて。」

なにが難しいのか?正直こちら側は全くわからなかったので、あえて突っ込んで聞いてみました。

「一生のパートナーにしたい女性は、頭の回転が速い人で自立しているタイプです。今まで会ってきた女性は、それなりにいい人だと思うんですけど、僕の年収を当てにしてそうだったり、専業主婦希望だったりと正直、頼って来たり依存するようなタイプに見えちゃって、結局全てお断りしてしまったんです。
人生を長く共にするならば、僕に全てをまかせっきりにするんじゃなくて、自分の頭で考えて、最低限自分を養えるだけの稼ぎやスキルなどを持っている女性が理想です。
もう一つ、親には孫を見せたいのでできれば年齢的には30代前半までの女性を希望しています。今は高齢出産も可能と言われているけど僕としては元気で丈夫な子供が欲しい。だから必然的に30代前半くらいと条件を出しています。
出会いはあるんですが…。理想の女性には中々会えず、今も独身です(苦笑)」

気持ちはわかるけど、もう少し条件を広げてみたらいいのでは?と提言をしたところ

「そう言われるのも、最もなんですが、こっちも今まで一生懸命身を削って頑張ってきたんです。だからこそ結婚は妥協をしたくない。女性も同じく結婚に妥協はしたくないはずです。
妥協するんだったら、結婚する意味はないと自分は思っています。」

高収入・ハイスペックの独身男性は、これまでの人生でもモテている人が多く、多くの女性にアプローチをされているケースがあるため、少なくとも自分では「人よりも目が肥えてしまっている」ため中々結婚相手が決まらないということが多いようです。

その根本的理由が「結婚に求める条件が高い」から。

他にもハイスペックな40代独身男性にどのような女性が理想なのかを聞いて箇条書きにまとめたところ、その多くが

・知的でテンポのいい会話ができる女性
・自分のこだわりや想いを尊重してくれる女性
・会社や付き合いが多くてもイヤな顔をしない
・自立心があり、稼げる技能やスペックをもっている
・子供の事を考え、できれば30代前半くらいの人

など結構難しい条件が多いというのが印象的でした。

人は「自分と釣り合いのとれる人間」を求めるため、高収入・ハイスペックな独身男性は、本能的にそれくらいの女性じゃないと釣り合いはとれない、と思っているからこそ、求める条件が多くなっていると言えます。

特にあえて婚活をしているハイスペック独身男性は、自分自身のスペックやモテ度を知っています。

ハイスペック男性は自分のしてきた努力、仕事に強いこだわりを持っているため、正直プライドが高い人が多いため、どうしても条件が高くなりがちになってしまうわけなのです。

関連記事:>>30~40代の高収入男性の結婚願望は「稼げる女性」!?

ケース2:モテているようでもその理由がお金目当てと分析してしまい結婚ができない

婚活 40代 男性
もう一つ、ハイスペック独身男性が中々結婚できないのが、こういう理由。

「一見モテると感じているけど、近づいてくる多くの女性がお金目当て」と感じてしまうから。

これは高年収な人ほど考えてるようです。

ちょっとケースが違いますがバツイチで再婚を希望している大手商社に勤務している40代独身男性に話を伺いました。

彼は今、部長職で年収は2,000万ほど。

再婚を考えた理由は、一度は失敗して結婚はこりごりと考えたけれども、部下のSNSを見た時に家族や子供と楽しそうな画像を見た時にふと寂しさを感じたこと。またこの先の未来を予想した時に、「孤独」はとても辛く感じてしまうのではないかと思ったからだそうです。

彼も婚活サイトを利用しており、スマホの画面を見せてもらうと女性からの「いいね」がたくさんついていました。

一度結婚をしていたためか、女性に対しては非常にスマートで会話のテンポもよく、なおかつ外見もお腹が出ておらず、ジムで鍛えているとの事で細マッチョ風。

顔も塩系なため、バツイチとは言えモテてもおかしくない男性です。

「こんなに女性から゛いいね“がもらえているんだし、悩む必要はないんじゃないの?」とこちらは思わず言ってしまいましたが、

「そうですね。確かにこちらから動かなくても女性側からアプローチはくるのですが、ほとんどの場合、お金目当てなんですよ。」

「そんなことないですよ~。」
とはこちらは言ったものの、年収2,000万越えでバツイチとは言え、今は独身となれば、30代~50代の女性の多くは、とりあえずアプローチはしたくなるはず。

しかしながらハイスペック男性は、ある意味女性に対する目が肥えてしまっているからなのか、デート時に職業やお金の話を尋ねられると本能的に「お金目当て」と感じてしまうらしく、一気に結婚に対して後ろ向きになってしまいがちになります。

「実際結婚したら、男が養うのは当然とは思いますけど、結婚するかどうかわからない時から、僕を当てにした言い方をされてしまうと、どうしてもお金目当てで選んでいる、と感じてしまうんです。」

う~んだったら年収の欄、あえてかかなくてもいいんじゃない?
とこっちは思っちゃいましたが、ハイスペック男性のモテる理由って正直「年収」や「お金」が大部分なんじゃないかな、と筆者自身は思います。

大手商社の彼は、非常にスマートで外見も中々よいのだけれども、男女どっちが合わせるの?と質問したら、僕は今までのスタイルを変える気はあまりないんだよね。との答えが。

なんかそれじゃ、「俺にはお金があって生活を見てあげるんだから、折れるのは女性のほうね。」と言っているようなもの。

ハイスペックな男性側も半分はなぜ自分はモテているのか理由は知っているはず。

確かに女性側から見ればハイスペックな男性は魅力的に思えるけれども、ちょっと上から目線というのが気になりました。

ハイスペックであってもこれでは中々結婚相手が見つからないのもうなずけます。

婚活というシステムが出来上がった事によって、スペックで選ばれる・選ばらないという考えがうまれてしまったのが一番の原因ではないかと筆者自身は感じています。

仕事がデキて、趣味も豊富。色々な知識がある男性だからこそ、こうすれば多くの女性から声がかかる、だから実際、多くの女性からアプローチはあるのですが、ハイスペックならではの自信やプライド、考え方から、自分の理想とマッチングしないと結婚できないとか、つい上から目線で相手を見てしまったりという事が結婚へと中々結びつかないのかもしれません。

関連記事(こちらの記事も読まれています)
>>40代女性は結婚が厳しいと諦める前に戦略を変えてみよう!
>>結婚向きの男性はどこを見ればわかる?そのポイントをご紹介
>>結婚に向いていない男かどうかは、このタイミングで確認できる!

関連記事一覧