既婚男性の事が好きだけど苦しいと悩む女性に知っておくべき事

既婚男性 好き
既婚男性との不倫

スポンサーリンク

「職場の上司の事を好きになった。
叶わぬ恋だとあきらめたつもりだけど、本音はもっと話したい、近づきたい、夢にも出てきて恋愛関係になりたい気持ちがとまらない。」

「とても優しいし自分にとっては最高の彼。でも彼は既婚者。本当に彼の事が好きだけど、この先に未来はないかも。別れた方がいいと思うけど、自分からは言えない」

多くの人は「既婚男性との恋愛」は憧れでやめておくべき、と答えるのは間違いありません。

しかし、自分の気持ちがどうにもならない、好きでしょうがないと悩んで、このサイトに来たと思います。

例え結婚していても好きになった男性の事は簡単には諦められない気持ちは非常にわかります。

この記事をかいている筆者自身も、諦めようとすればするほど好きな気持ちが募ってしまい諦める事ができませんでした。

でも好きだからと相手に突っ走ってしまっては、最後に泣くのはあなたの方です。

そうならないために、既婚男性の事が好きで仕方がない、苦しいと感じている女性の方にぜひ知っておいてほしい5つの大切な事をまとめています。

1.相手からの見返りは求めるとますます幸せが遠くなる

相手からの見返り
不倫と言えども、当人から見えれば「恋愛」。
よく不倫は「見返りを求めてはいけない」と言います。

その理由は

・自分の想いを通そうと相手に求めすぎてしまい、心が不安定になる

・執着心が芽生えてしまい、相手の気持ちに寄り添うことができなくなるので関係がぎくしゃくなる。

・彼を失いたくないとますます彼に執着してしまい「自分の事を大切にしてほしい」「こんなに自分は時間を費やしたのだから奥さんと別れて欲しい」と相手の気持ちの事が考えられなくなり、結果自分を苦しめることになる

からです。

とは言え我慢をし続けるといつかは限界がきます。
その限界がきた時には、相手を困らせてしまう言葉を言ってしまいがちですよね。

それによって「自分は最低な人間だ」と卑下してしまい、苦しみのスパイラルにはまってしまいます。

相手に見返りを求めてしまうのは、相手に依存しすぎて視野がせまくなってしまっている証拠

不倫関係を続けていると、多くの場合女性は常に相手の既婚男性を優先しがちになり、他の人との人間関係がおろそかになりやすく、同時に不倫の関係を隠すために自分の心を開けなくなってしまい、余計に恋ごごろを抑えられなくなってしまうのです。

見返りという気持ちを和らげるには、他の人との付き合いを活発にしたり、趣味やボランティアをしたりと人間関係を広げるのが一番の方法。

他の人との交流により視野が広くなり、徐々に見返りや執着心も和らいできます。

また不倫で悩んでしまう理由には「自分はいつか彼から見捨てられる、別れを言われてしまう」という不安感があり、『自分には愛されるわけがない』という自己評価が低い事が根底にあります。

そのため無意識に最初から成就しない恋愛、つまり不倫を求めてしまう事につながっています。

筆者も経験をしましたが、自己評価が低いとどうしても他者、つまり相手の男性に依存をしやすくなり、執着心も強くなります。

それを止めるのは「自分はできる、価値がある」という自分自身を褒める力をつけること。

新しい趣味を始めたり、没頭できるものを探すのが一番の方法ですが、中でも数値としてでたり作品として形に残るものを行うと達成感が明確になるため「自分の価値」が認めやすくなります。

陶芸などおすすめですね。自分の思うような形にしたいと集中することができ精神統一もできます。周りの人の作品に感化されてもっとうまくなりたい、また作品を誰かにプレゼントしたい、作品展の出品したいなどの楽しさも生まれ、自分に自信がついてきますよ。

★こちらの記事も読まれています。

>>不倫の不安を抱えると不幸体質に!防ぐための3つの方法
不倫は普通の恋愛と違い、不安が常につきまとうもの。
不倫の不安を抱え込み続ける事によりマイナス方向の妄想が浮かびがちになってしまい自らの幸せを捨ててしまう考え方になってしまいます。不倫の不安を抱えている女性のためにどのようにすれば不幸体質から逃れられるかを3つまとめています。

>>不倫が成就するかどうかの見極め方と秘訣は?
不倫と言えども好きな彼とは将来一緒になりたいと願うものです。
不倫が成就するかどうかは、ある見極めのポイントがあります。
お悩みの女性はぜひ読んでおくと、自分の恋はどうなのかを知ることができます。

2.既婚男性の本音を知っておく

既婚男性の本音
既婚男性とお付き合いしている、または付き合いを始めようと考えている女性の方は、相手の本音をきちんと知っておく事が非常に重要です。

こちらの「不倫をしている男性の本音は?既婚男性の意見を聞いてみた」の記事で詳しくかいていますが、相手の男性がどんなに甘い言葉をささやいても、全てを話してはいません。

男性は恋愛気分の時は、あなたの事しか考えていないので「離婚する」と言ってしまいがちですが、すでに持ち家のローンを組んでいたり、子供がいたりすると養育費や慰謝料の問題がでてくるので、現実的には離婚は非常に難しいものです。

もうひとつ男性には二つの考え方でき、結婚は現実・恋愛はオアシスと割り切ることができます。

既婚男性の「好き」という言葉には裏があり、表面は「あなたの事が好きなこと」もう一つは「この関係は秘密の恋にし続けたい。僕の事が好きならばぜひ守ってほしい」という本音があります。

実際にこんな事がありませんか?

・デートはいつも平日の夜だけ
・日中は電話やメール、LINEがつながるけど、夜はつながらない
・急なキャンセルが発生する

これが独身の男性であれば怒ることができますが、結婚しているとなると「これくらいは我慢しなくちゃいけない」と思うでしょう。

もちろん既婚の彼は「ごめんね」とか「申し訳ない」と言ってくるはずです。
でもその言葉の本音には、

(僕は既婚者だから)申し訳ない。(どうしても家庭を優先しなくちゃいけないんだよ)

という言葉が隠されています。

相手の言葉その通りに受け止めるのではなく「本音」をきちんとわかっていないと、あなた自身が恋愛に空回りしてしまい、重たい女と相手から見られ距離をおかれてしまったり、手のひらをかえされたように別れを切り出されます。

不倫は恋愛の中で最も難しい上級クラスの恋愛です。
ただ相手の事が好きだからという理由だけで始めてしまうと、後々痛い目にあいます。

こちらの記事で不倫をした方の経験談をまとめています。
既婚男性との苦しい恋愛をどう向き合ったのか、またどんな結末を迎えたのか、ぜひ読んでおくとよいですね

>>不倫が苦しいと思っている方に。経験者から学べること。
相手が好きであっても不倫は周りから認められない、そして報われないと感じてしまうととても辛い気持ちになり、一人悩んでいる方もいると思います。今回は経験者の体験から苦しい不倫にどう向き合ったのか、ご紹介します。

既婚男性は、肝心な言葉を隠す事が多いです。

つまり本音を言ってしまうと、相手の女性が自分から離れてしまう事がわかっているからです。

付き合いはじめは普通の恋愛と何ら変わらないと思います。
しかし時間がたつにつれ、相手の行動や態度に納得ができなくなる事が多くなるはずです。

辛い気持ちでいっぱいになる前に、既婚男性の「本音」がどうなのかを言葉ではなく、行動や態度からくみ取るようにすると、おのずと答えはわかってきます。

男性は女性よりも行動や態度に本音があらわれるものです。

本音がわからないと悩んでいる方は、ノートに彼の行動や態度を箇条書きにしておき、後で読み返すと本音がわかってきます。

書き方は

○月○日 平日夜デート。今度休みの日にどこか一緒に出掛けようよと言ったが彼からの返答はなし。

こんな感じでいいのです。あくまでも相手の態度や行動だけに絞って書くのがポイント。
感情を書く必要はありません。

筆者もノートに書き留め、相手との関係に悩んだ時にノートを読みかえしたところ

「言葉ではいい事言っても、実際態度で示していないじゃん。」

と心が冷静になれました。

本音を知れば必然的に、相手に対して本気になりすぎる事もなくなり、同時に自分の幸せも考えるようになります。

相手の本音をしっかり知る事が不倫で泣かない秘訣という事をしっかり覚えておいてください。

〈関連記事〉

>>不倫にのめり込むと思った時が幸せから遠のく「こじらせ女」に!
既婚男性に優しくに「甘えてもいいんじゃないの?」と思った時が不倫にのめり込むとき。相手の罠にはまってしまっていませんか?
自ら幸せを放棄してしまう「こじらせ女」のはじまりなのです。女性の体験談を通じて、その理由を深くご紹介しています。

>>不倫に疲れると感じるのはどんなとき?そんな時の処方箋をご紹介
既婚男性との不倫関係が続けば続くほど、楽しさよりも、不安・辛さが募ってくるもの。不倫が疲れると感じる3つの理由とその処方箋をご紹介します。

3.本気で既婚男性と結婚を望むなら養える位の生活力をつける

既婚男性 好き
好きな気持ちが強くなっていると別れるのはとても辛いですよね。
例え本音が「離婚できない」とわかっていても、そのまま関係を続けてしまう気持ちもわかります。

しかしこのままダラダラと続けていても、一生「2番手」で終わってしまいます。

既婚男性が、あなたに本気になったとしても彼には法律的に婚姻関係があり、子供がいるならば親権や養育費の問題があるため、中々決断ができないのです。

仮に離婚が成立しても、毎月の養育費や慰謝料の支払いで生活が成り立たず、再婚したとしても、うまくはいかないだろうと多くの既婚男性は思っています。

既婚男性は家庭という現実をしっているので、いくらの収入があってこの位の生活ができると理解しています。

本気で既婚男性と結婚を考えているのならば、まずは相手の男性を養える位の生活力をつけるという意気込みは必要ですね。

よく不倫をしている女性がいっていた言葉で

「決して贅沢はいらない。二人で慎ましく生活ができればいい」

と言っていましたが、現実はそううまくはいきません。

既婚男性自体が高収入であれば、それほど問題になりませんが、一般サラリーマンの場合は毎月の養育費を支払うだけで生活がカツカツです。

筆者の後輩女性が、バツイチの男性と結婚をしましたが毎月の慰謝料で、後輩も仕事をやめる事ができず子供もあきらめてしまった経緯があります。

スポンサーリンク

それに結婚した当初はお互い貯金がわずかしかなかったので、新居に住むために買った家電や家具は後輩がクレジットカードで支払っていました。

その後、お金の事でケンカがたえなくなり、わずか2年で離婚してしまっています。

既婚男性が離婚し、めでたく一緒になったとしても今度は一緒に生活していくにはお金は必要です。

嫌な話ですが、離婚した男性はほとんど財産はとられているので、お金を持っている人はごくわずかです。

それに養育費という毎月の支払をかかえているので、男性一人の力ではあなたを養う事は非常に難しいです。

男性はある意味女性よりも、その現実をよく理解しています。

だから家庭がうまくいっていなくても、別れようとしないのです。

本気で既婚男性と一緒になると思った方は、収入をあげる努力も大事。

筆者も昔付き合った既婚男性に、こんな言葉を聞いた事があります。

「僕には子供が3人いるから、毎月の養育費で15万以上はかかってしまう。離婚はしたいけど、もし離婚して君と結婚しても、正直な話、ケンカばかりで別れる事になると思うよ。」

これを聞いた時に、私も「確かに」と思いましたね。

現実的な生活費の趣味レーションをすると

・養育費 15万
・新居の家賃(東京の場合安くても)2DKで10万
・食費 5万
・雑費 1万
・水道光熱費 2万
これだけでも、月33万かかります。

ざっと年収を計算すると700万以上ないと彼一人の力で支える事ができません。
700万でも生活はカツカツです。

彼と本気で結婚を考えるのであれば、自分自身も収入をあげないと生活は難しいと考えましたね。

その当時は、本気で結婚をしたかったので収入をあげるために、資格をとって転職して実際に収入をあげましたが(苦笑)。

筆者の場合はそれでも結局は別れてしまいましたが、そのおかげで一人でも十分に暮らしていける収入と仕事力を身に着けることができました。

「彼を結婚して生活がきつかったらパートでもする」

という軽い気持ちでは正直難しいと考えた方がよいです。

正社員でバリバリ働いても構わない!という意気込みがないと、略奪婚をしてもうまくいかないのが現状です。

逆に言えば、既婚男性が離婚で悩んでいる事が「子供」のことや「お金」のことが多いので、女性側が「お金」の問題を解決してあげればよいのです。

離婚にはお金がかかること、そして新たな生活にもお金がかかる、嫌な話ですが現実のこと。

既婚男性が本気であなたを選ぶようにするには「収入力」が必要であるという事を頭の中に入れとく必要があります。

4.既婚男性を美化していないか振り返る

bika
既婚男性は独身男性よりもガツガツしていなくて大人の男性としての余裕があり、女性の気遣いもうまいので心引かれてしまうのも事実。

もう一つ、なぜ既婚男性に惹かれてしまうのは「既婚者ブランド」があるから。

どういう事なのかと言うと、隣の芝生が青く見えるという言葉のように、人のものだからこそいい男性に見える、奥さんが羨ましいと感じてしまい、より魅力的にうつるわけなのです。

仕事ができて、部下からも信頼が厚く、スーツも着こなしている既婚男性は魅力的に見えますが、プライベートではヨレヨレの服を着て髪はボサボサ。

家ではダラダラとして、奥さんから注意される始末という人も結構多いんです。

スーツ姿がカッコいいと思っても実は自分で選んでいるのではなく、奥さんが見立ててもらっていたり、仕事ができると思っていても実は優秀な部下のおかげなんて事もあるのです。

既婚男性との恋愛は、時間の制約が多いので相手の表面しか見えない事が多く、それが一層「既婚男性はカッコいい」につながっているだけです。

筆者が付き合った既婚男性は背が高く、とても優しいし、仕事もできるし「これ以上の男性はいない!」と思っていました。

しかし付き合いにつれ、彼の生活感が見えるようになり、また仕事も実は優秀な部下のおかげだった事にも気づきました。

「既婚男性」=「手に入らない人」という図式が頭の中に入っているので、普通のことでも既婚男性の場合は良く見えてしまうものです。

既婚男性に夢中になればなるほど「既婚」というフィルターによって、カッコよく見えているだけに気づかない女性は多いです。

「奥さんとはうまくいっていないみたいだし、私の事を本気で好きだと言ってくれる。」

でも相手の男性は、自分の家に帰っていきますよね。

既婚男性を美化している人はこう言います。

「今すぐには離婚できないから、仕方なく家に帰っていくだけ。タイミングを見計らっていずれは離婚をしてくれるから。」

冷静に考えればおかしな話です。

本当にあなたの事が好きであれば、こう思うはずです。

「自分は結婚しているから、相手の女性を苦しめてしまうことになる。」

と不倫の関係に発展させません。

不倫関係になってしまうと、本来だったら素敵な独身男性と結婚できる可能性を奪ってしまうので、相手の女性に本気になればなるほど、相手を傷つけたくないと考え、お付き合いをためらうはず。または奥さんと別れているはずです。

相手を美化してしまうとささいな言葉でも素敵に感じてしまって、いつまでも不倫のままの関係が続き、ますます自分の幸せから遠ざかる事につながってしまいます。

ではどうすれば既婚男性の事を美化しなくなるのかを次にご紹介します。

5.独身男性との出会いを棒にふらない

独身男性との出会い
一番良い方法は他の男性との出会いもつくり「男性を見る目」を養うことです。

既婚男性にハマっていると、他の男性の事が目に入らない女性は多いですが、不倫をしているからこそ、独身男性との出会いを棒にふってはいけません。

今は既婚男性の事しか目に入らないはずですが、付き合いが長くなるにつれ相手の都合に合わせる生活が辛くなるだけでなく、既婚男性も「このままが一番いい」と感じるので、いつまでたっても奥さんと別れる事はありません。

しかし、既婚男性と付き合っている女性の多くが

「そんなの彼に悪いし」と感じてしまいます。

その考えは、逆に既婚男性の思うつぼです。

よく考えてみてください。
相手の既婚者は、れっきとした「奥さん」という存在がいるわけです。

男性側がどんなに「好き」「愛している」と言っても離婚もしていないのであれば、『誠意』もないのと等しい状況です。

筆者もかつては既婚男性に甘い言葉をもらっていましたが、土日や連休、イベント時には会えない、デートしても2~3時間という状況に疲れ果て、「このままずっとこんな状況は嫌だ」と感じ、独身男性との出会いも探しました。

初めは既婚男性の事が中々忘れられない状況が続きましたが、共通の趣味で出会った独身男性の人たちと仲良くなるつれて、既婚男性をいかに美化して見ていたかに気づきました。

「好きな男性以外な人と仲良くなんかできない。」
と思う女性もいるかと思いますが、既婚男性の本当の姿見た事ありますか?

時間の制約がある「既婚男性との恋愛」は、そうそうに相手の本当の姿って見ることはありません。

本音で話し合えたり、本当の姿をさらけだす機会を与えていない既婚男性は、残念ながら、ただ単にドキドキ感を味わいたい、男性としての魅力を誇示したい、女性にまだモテていたいという気持ちが主で、あなたとの幸せは全く考えていません。

そういう男性とお付き合いしても、果たして幸せでしょうか?

既婚男性しか見ていないと、自分の幸せを考える事もできず、相手に振り回されっぱなしの人生になってしまいます。

そのような人生を送りたいですか?

あなたの付き合っている既婚男性が本当に誠実なのかどうかは、他の男性にも目を向けてみる事で冷静に判断できるようになるのです。

いきなり彼氏を作るというのではなく、独身男性の友達を作るという感覚で構いません。周りにそのような独身男性がいないと感じているならば、ネットの力をうまく利用すれば良いのです。

色々な人と一気に出会えますし、特に女性の場合はプロフィールをきちんと作れば一週間で100や200以上の「いいね」が付くので、その中から選んでメッセージをかえすだけです。

趣味があれば、同じ趣味のコミュニティから探す事もでき、たくさんの男性の友達も作ることができます。

色々な男性とメッセージのやりとりをするだけでも、自然と男性の目を養うことにつながります。

 

筆者が使ったのは会員数が多い「ペアーズ」というマッチングアプリ。
マッチングアプリ=出会い系と思われがちですが、利用する際には本人・年齢確認書類が必要で、また男性の場合はお金がかかるので、結構本気で出会いを求めている人が利用しています。

使ってみてわかったのですが、実は街コンや婚活パーティーよりも、自分に合った人を探すのには非常に効率が良かったということ。

街コンや婚活パーティーは一度に多くの人を会うので、一人の男性に対して5~6分程度しか話せません。

どんどん話していくうちに、自分と合う男性がどの人かわからなくなったりするので、参加しても疲れて終わってしまったという事が多々あるからです。

マッチングアプリの場合は、自宅で写真やプロフィールを見て選ぶことができますし、メッセージのやりとりをゆっくりして、気が合いそうだなと感じたら「いいね」を押してメッセージのやりとりをしてみればよいわけです。

既婚男性の事が頭から離れられない・・・と感じているならば既婚男性が、自分の事を本気なのかどうかを冷静に見る力をつける絶好の機会が訪れたということ。

多くの男性とメッセージをしたり、実際会ってお茶をしたりするうちに、既婚男性が自分にとって「運命の人かどうか」冷静に判断するチャンスです。

同時に自分にとって「幸せにしてくれる」男性との出会いにもつながります。

「既婚男性が好きだけど、苦しい・辛い」と感じている方は、「幸せじゃない」と感じている証拠。

この苦しい状況は、自分で打開しないと脱出する事はできません。
仮に友達に相談しても状況は何も変わらないのです。

そのためにも、自分を幸せにしてくれる男性は誰なのかを見極めるには、出会いを棒にふってはいけないという事がおわかりいただけたかと思います。

ペアーズは女性は無料で使えるので、試してみる価値は十分あります。

>>ペアーズ公式サイト

pairs2

ペアーズを利用するのが初めてな方にこちらで登録方法をわかりやすく説明しています。

>>Pairs(ペアーズ)の登録方法と魅力的なプロフィール作成のコツ

スポンサーリンク

関連記事一覧