既婚男性の不倫に対する本音は?

恋愛 不倫
既婚男性との不倫

スポンサーリンク

あなたが既婚男性の事を本気で好きでも、相手は実際どう思っているのでしょうか。その心の内をご紹介します。

3.既婚男性の本音

ではここで既婚男性側の不倫に対する本音を探っていきましょう。
あなたの彼も、もしかするとどれかに当てはまるかもしれません。

3-1:好きという気持ちは奥さんとは別物

「彼女の事はとても好きですし、僕との結婚を望んでいます。
しかし相手には申し訳ない気持ちですが、できればこのままの関係を続けたいです。
奥さんには女性としての好きではなく、結婚して同じ苦労をわかちあった同士みたいな感じで「情」があります。
それに生活になくてはならない存在です。家庭を守っているおかげで今の僕がいるわけですし。
不倫相手の彼女と奥さんとは別次元なので。」
(38歳男性/IT)

「彼女と嫁どちらが好きと言われたら、彼女です。もちろん結婚当初は嫁が一番でしたが(苦笑)。でもどんなに彼女の事が好きでも離婚はないと思います。恋愛は恋愛、家族は家族なので。」
(40歳男性/営業職)

彼女の事が好きなのに、なぜ奥さんと別れないの?と納得できない方も多いと思います。

不倫をしていても多くの男性は、妻や不倫相手はどちらも「自分が好きになった女性」であり「どちらもうまくやりたい、失いたくない」と思っています。

妻、不倫相手を同時に好きというよりも、頭の中のスイッチを切り替えているような感じです。

不倫相手の女性に会う時は「今から彼女のところに出かけるぞ」と彼女モードにスイッチを入れて、彼女と会った後、家に帰るときには「今から家に帰るぞ」とスイッチを妻側に切り替えることができるので、恋愛は恋愛、家族は家族と割り切ることが可能なのです。

3-2:世間体がある

「うちは正直、仮面夫婦。夫婦で散々話し合ったけど喧嘩を繰り返すうちに、だんだん疲れてきて、夫や妻の役割を最低限行う暗黙のルールができあがっています。
だったら離婚すればいいじゃない!と言われがちですが、離婚に踏み切れない理由としては子供がいるからですね。
片親だと経済的にも大変ですし、その苦労が子供にも見えちゃいますし。
まして片親になってうちの子供がそのせいで学校でのいじめの標的になってしまうのではないか?世間体もありますね。」
(40代男性/管理職)

「不倫で離婚は正直、世間体が悪いですよね。その証拠に芸能人の不倫騒動は報道されると社会的な制裁の対象となりますし。
子供にも影響が出ますよね。『おまえの父親は不倫しちゃったから、おまえを捨てたんだよ。』なんて言われたら、後悔してもしきれません。」
(30代男性/金融関係)

離婚は昔と比べると、珍しくはないことになってきていますが、それでも地方へ行けばいくほど、離婚と世間体の問題が切り離されているわけではありません。

一番多い意見が不倫したことで離婚になった場合「自分の子供がいじめられないか」これを心配している男性が結構いました。

不倫による離婚は世間体が悪くなってしまうことに、子供がいる場合、その子供にも影響が出てしまうかもと考えてしまい、どんなに相手の女性が好きであってもその先に進めないわけなのです。

3-3:家庭が一番大事と考えている

「結婚生活も十数年だから、奥さんには女性としての愛情はなくなってしまって、その点では彼女の方が愛情があります。
でもたとえ奥さんに愛情はなくなってしまっても、これまで苦労して築いてきた家庭、家族は簡単には捨てられないですね。
不倫をしているとやっぱり罪悪感もあり、奥さんは大切にしたいと感じます。
不倫している男性の多くは、僕同様の考えを持っていると思いますよ。」
(40代男性/自営業)

男性は、結婚生活をしているうちに、妻への愛情が一人の女性から家族へとだんだんと認識が変わっていきます。

女性としての魅力は感じなくなっているけど、家族としての愛情があるため、心の奥底にはこれからも一緒にいたいと感じているため、不倫を続けている一方で家族を大切にするという矛盾した行動をとる男性は多いです。

4.不倫の恋は上級者でないと難しい

恋愛 不倫

近年はスマートフォンの普及化やSNSによってより相手との連絡をとりやすくなったため、だんだんと不倫のハードルが低くなっていると感じています。

スポンサーリンク

しかし安易に不倫にはまってしまうと、普通の恋愛とは違い多くの苦しみを味わう事もご理解いただけたかと思います。

読んでいない方はこちらをご覧ください
>>不倫は普通の「恋愛」の感覚でいると必ず失敗をする。その理由とは

不倫であっても恋という事は間違いありません。ただ多くを求めてしまうと必ず失敗します。

「本当は毎週会いたい」と思っていてもひと月に1度でも、お互いに会える日に会えれば良いのです。

そんな事を言ったって・・・

と思う方は多いと思いますが、不倫は正直、恋愛の中でも特に難しいレベルの高いものです。

・周りから認められない、いけない恋
・奥さんにバレてしまったら慰謝料を払うリスク
・既婚の彼とは将来の約束の確証もない

これだけデメリットがあるわけです。

不倫を続けるのであれば、「制限の恋愛」であると納得することで、余計なストレスをかかえないことにもつながります。

それができない場合は、申し訳ありませんが不倫という関係を清算した方が良いと感じます。

苦しい不倫でも、それでも彼との恋を成就させたいと考えている方は、こちらの記事で成就の見極め方のポイントをまとめています。

頭では理解していても、心の部分ではまだまだ割り切りができなくて悩んでいる女性は多いはずです。

安易に相談できない問題のため、一人で抱え込みになり心がますます不安定になってしまう事もあるでしょう。

不倫に悩んでいる女性の多くは、占いで心のストレスを緩和しています。
不倫 占い
占いには正直科学的な根拠はありません。

例えば血液型の中でA型は几帳面と言われていますよね。でもなぜA型が几帳面なのかの因果関係は諸説あって、ざっくばらんのO型の人だって几帳面な人がいるので、必ずしもそうとは限らない事が多いです。
逆に占いによって実際そうなったという因果関係を証明する事も、難しいですよね。

にも関わらず、なぜ人々は占うのか、あるいは電話などでも占いを求めるのか、と言えば、「自分にとって何かのきっかけを与えてくれる」自己成就ではないでしょうか。

今年おみくじや占いで、『今年は何をやってもうまくいく、新しい事にチャレンジすべきです』と書かれていたら、いざ本当に重大な決断をせまられた時に、背中を押してくれる助けにもつながります。

「自分はできる占いでも書いてあったし。」と半ば自己暗示をかけることで本当にやり遂げてしまう事もあります。

もちろん、占いはその結果に対して直接何らかの力を働かせたわけではありませんが、占いの答えにより私たちの力を引き出してくれる「きっかけ」を作ってくれるとも言えます。

占いは他力願望がある人がやるものと思っている人もいますが、芸能人や政治家、実業家、スポーツ選手などの成功者は、一般の人よりも風水や縁起物、占いを気にする人が多いです。

テレビで見るとパワーストーンのブレスレットを身に着けている芸能人の方が多いですよね。

なぜ彼らが占いにこだわるのかは、「実力があっても安定しない、つまり運も必要という世界に生きているから」です。

仕事の声がかからなくなったら即生活に支障が出るのが彼らの世界。だから占いにこだわり少しでも不安を解消するためです。

しかし、占いにこだわりを持つ人たちは、単なる占いに依存しているわけではありません。
占いは自分を決定するための参考書として、意見を聞きつつ最後は自分で決定をしています。

不倫で悩んでいる方も、自分がどんなに努力しても相手があるため、ある意味「運」も必要となります。

当然、占いを信じるからといって必ず成功するというわけでもありません。しかし、それをきっかけとして、私たちに力を与えてくれる「きっかけづくり」になり、それが占いの良いところだと感じていますが、中には心理操作を行って、多額の寄付やお布施を要求する悪質な占い師もいますし、いつの間にか占い依存症になってお金をつぎ込んでしまう事にもなりまねません。

お金を散財しない賢く占う方法をこちらでまとめています。
占いをやりたい方はぜひ一読しておくとよいですよ。

スポンサーリンク

関連記事一覧