結婚する気ない彼氏とは別れる?続けるべき?と悩む時にやるべきこと

結婚する気ない彼氏
恋愛悩み

自分はそろそろ結婚をしたいと考えても、彼氏からは一向に「結婚しよう」の言葉を言ってくれない。このまま彼と付き合い続ければいいのか、それとも別れるべきか…。悩んでしまうはずです。

そのお悩みの答えるために、結婚する気のない彼氏お付き合いを続けた方がいい、別れた方がいいと悩んだ時にやるべき事をまとめています。

1.結婚してくれない彼への不満の前にあなた自身どうしたいのかをはっきりさせる

結婚する気ない彼氏
彼が結婚しようと私に言ってくれない…。このまま彼を付き合うべきか、それとも別れた方たいいのか…。

と悩みがちになりますが、その前にあなた自身は彼と本当に結婚したいのかどうか、自分の気持ちをはっきりさせる事が大事。

彼がプロポーズをしてくれない理由には、彼が結婚をしたくないという理由だけでなく、女性側にも

・彼と本当に結婚していいのかどうか

という不安をもっているケースが多いからです。

「彼が結婚したいと言ってくれたらいいのに。」
「彼が私を幸せにしてくれたら…。」

と彼が~してくれたらと自分は受け身になっていないでしょうか。

男という生き物は「結婚」=「責任」ととらえています。
彼に幸せにしてもらえるのかどうか、という姿勢が見えてしまっていると、彼の責任は倍増してしまい、重荷に感じてしまうからです。

重荷に感じてしまう女性には「結婚しよう」なんて言えません。
あなた自身、彼を結婚をしたいのか、自分の気持ちをはっきりさせて、二人の幸せに責任を自分も持つという姿勢をもつことで、相手側も考え方が変わってきます。

2.結婚への責任を軽くしてあげる

結婚する気ない彼氏
先ほどにも言ったように男性は結婚に対して「責任」を感じている事が多いため、非常に慎重になります。

・妻や子供が安定して生活ができるよう、どんなにイヤな事があっても働き続けなければならない。

・万一、家族が不幸になる事があれば彼女の両親が黙っていないはず。

・自分の力で家族を支えていけるのだろうか。

「そんなに考えるもの?」

と女性側は思いがちになりますが、実は今や女性も働く時代と言われつつも結婚した人の多くは夫の方が多く稼いでいる夫婦の比率が圧倒的に多いのが実情。

多くの男性は「自分の力で養っていけるのだろうか。」という不安をかかえています。

それとなく結婚の話をしたときに、彼が結婚に対してプレッシャーを感じているのであれば、

「困った時は二人で話し合ってみて一緒にやってみようよ。」
女性側から前向きな発言をして、プレッシャーを取り除いてあげるようにしてあげてください。

長く付き合ったカップルだと、

「〇年以上付き合ってるんだから、そろそろ結婚してよ。結婚しないなら別れる!」

と女性側が言ってしまっているケースがありますが、そのような事を言われると男性は脅迫と同時に責任をとらさせる感覚に陥ってしまい、結婚に対して前向きにならなくなります。

3.彼が自信がもてるような技を持つ

結婚する気ない彼氏
男性は自分を褒めてくれることで「俺を認めてくれる。自信が持てる!」とプライドがくすぐられるため、褒め上手な女性が大好きです。

「なんで今更…」
と彼との付き合いが長い女性ほど、このように思いがちですが、彼女からの言葉は、ポジティブであれネガティブであれ、彼自身ものすごい影響を及ぼすからです。

男性は女性よりも「失敗」というものを恐れるデリケートな心の持ち主であり、彼女からダメ出しをくらってしまうと、女性が思う以上に大ダメージを受けてしまいます。

褒めると初めは彼もビックリするかもしれませんが、自分を褒めてくれることで自信がついて「この人と一緒にいれば楽しい、一緒に生活がやっていけそう。」と結婚に対して前向きの気持ちにも近づく事につながります。

彼を褒める・感謝するというポジティブな言葉がけは、結婚後もとても重要。

結婚した後は旦那さんは良くも悪くも変わっていくもの。特に女性はガミガミと言ってしまって、夫婦仲を悪化させてしまいます。

逆に褒められている場合、旦那さんは確実に良い方向へと変わっていき、巡り巡って自分に返ってくるという好循環がうまれます。

彼が結婚する気がない、私にプロポーズをしてくれない…。
とお嘆きの方は、相手に求めるのでなく、自分がまずやるべきことをやってから、付き合いを続ける、別れるという判断をした方が、後悔する事がなくなります。

それでも彼が結婚する気がないかも…と思う場合は、ここを確認してみましょう。こちらの記事でまとめています。

>>結婚する気がない男のサインの見分け方はここを見る
彼と結婚したいと思っていても相手が中々結婚に前向きにならなかった場合、3つの点があれば、お付き合いを考え直した方がよいかもしれません。その3点をまとめています。

関連記事一覧