結婚できない、つらいと感じるアラサー女性に不安を解消する考え方

結婚できない つらい
アラサー婚活

そのうちいつかはできると思っていた結婚。

周りの友達が一人ずつ結婚していく姿に「自分もいつかはできるかも。人生良い事だってあるのだから。」とは思っていたけれども、現実は結婚どころか彼氏もいない毎日淡々とした生活。

「自分はもしかしたら結婚できないかも…。」とつらい気持ちになっていませんか?

ネットで婚活のハウツーサイトをみれば、色々なアドバイスがかかれているので、それをしっかりと読んで、婚活を頑張ってみてもいいご縁に巡り合えず、もしかして自分は他の人と比べて性格に問題があるんじゃないか、結婚という縁はないんだと落ち込んでしまってはないでしょうか。

今回は結婚できなくてつらい、とお悩みの方に「結婚への成功の考え方」を3つご紹介します。

結婚への「縁」は単に行動だけではありません。
考え方を変えることで見る視点も変わり、心にも余裕がうまれます。
心に余裕ができることで、表情や前向きな力がうまれてくるので、結果男性側からアプローチが増えるチャンスを高めることにつながります。

その3つの考え方をお教えします。

1.結婚したい気持ちを一旦置いといて、自分の好きなことやりたいことに時間を費やす

結婚できない つらい「年齢も年齢だし、結婚相手を今見つけないと歳を重ねればもっと難しくなるかも」
と焦る気持ちはわかります。

特に友人や会社の同僚の結婚式に出席した時は、周りの祝福や当人の幸せそうな顔を見てしまうと、「自分もああゆうふうに結婚したい。」と羨む気持ちと焦りの気持ちがでてきますよね。

また自分の方が、婚活早く始めたのに、のほほんとしている友達の方が先に結婚してしまったと自信消失してしまったりする事もあったはずです。

結婚は「勉強」や「仕事」と違い、自分一人で頑張っても結果がでない事が多いもの。

結婚をしたくても相手が見つからない、いい相手が見つかったとしてもお付き合いまでいかない、自分は欠陥品なのかも…と悲観的に陥ってしまう気持ちは非常にわかります。

筆者もお付き合いした男性とは、いつも最後には男性から「別れよう」と言われてしまったり、フリーの時に「いいな」と思った男性にアプローチをしても、さりげなく断られてしまったりと、「自分は女性として魅力もない、つまらない人間かも」と落ち込んだ事が多々あります。

特に「つらい」と感じた時は、女友達の「女子会」の時に私の友達が結婚するという報告があり、その話を中心に皆付き合っている友達の恋バナを黙って聞いているしかなかったこと。

当時その時は付き合った人を別れてしまっており、精神的にも落ち込んで友達の幸せそうな「恋バナ」を聞いているうちに自分だけ周りから置いてけぼりのような感じになってしまったからです。

表面上は笑って聞いていましたが、心の中は「友達は皆うまくいって、結婚するみたいなこと言っているけど、自分だけがうまくいかない。なんでなんだろう…。」と早くこの女子会終わらないかなと思っていた事を覚えています。

私と同様、周りの人たちが結婚に向けてスタートを切っているのに自分だけができない、「結婚は自分には難しいのかも。つらい…。」と感じている方はいるかと思います。

これを読んでいるアナタも、もしかしてそういう気持ちをもっているのではないでしょうか。

結婚に焦る気持ちはわかります。しかしそういう時に無理に婚活や、結婚相手を探してもうまくはいかないケースの方が高いです。

その理由は、焦るあまりに自分本来の良さが出ず、相手に合わせすぎで自分自身が疲れてしまって、恋愛モードに入れなかったり、自信がモテなくて相手から選ばれない。

また「結婚すること」が目標となってしまって、結婚相手の選び方を間違えてしまい、結婚後に後悔してしまう事につながってしまうからです。

実際こんなケースがあります。

yahoo知恵袋でも、焦って結婚した姉が離婚したことに対する弟の意見です。

「当時姉は32歳で結婚を焦っており、婚活パーティーで出会った男性と3か月ほど付き合って結婚をしましたが、1年ほどで離婚してしまいました。
姉が家族に結婚の話をした時に、僕は「3か月の付き合い程度ではお互いがまだよくわからないし、まだ早すぎる。」と忠告したのに、姉は名が知れている会社に勤めているし、私と付き合っているから十分。この歳では好きとか恋愛とか言っていられる場合じゃない。と忠告を聞かず結婚。
姉が結婚を焦っていた理由は、周りの友達が立て続けに結婚したこと、そして僕の親は世間体を気にするタイプなので、早く安心させたかったのだと思います。
しかし、いざ結婚した後に性格・価値観が合わない、実は本心から好きじゃなかったと勝手な事を言って実家に帰ってきてしまいました。
何のために結婚したのか、バカとしか言いようがないです。」

自分は結婚できないかも、とつらい場合は一旦「結婚」を頭から追い出して、自分の好きな事、やりたい事に時間をあてることで、今のネガティブな感情から落ち着いた気持ちになってきます。

私の場合は、その時は特にやりたい事はなかったのですが、無理に友達には会わず様々なジャンルの海外ドラマを見続けていました。

ドラマを見るとその世界に入り込めるので、気持ちが昂ったり楽しいという気持ちが出てきました。

大人のリアルな恋愛が描写されている海外ドラマは特によいかと思います。

ネットで検索するとどんなドラマがあるかもわかります。
私の場合はこのサイトを参考にしてみています。

>>RANKI【女性向け】海外恋愛ドラマおすすめランキング

結婚に向けての出会いは、正直第一印象がとても重要です。
男性は出会った時に、恋愛や結婚対象としてアリかナシかを見分けています。
それは美人とかかわいいという事ではなくて、笑顔や雰囲気が一番重要。

人は元気な時や心に余裕があると、自分の魅力を自然と最大限発揮することが可能ですが、結婚できないネガティブな気持ちや、辛い気持ちがあると自分でも知らないうちに暗い表情やオーラを出してしまい、それが相手にも何となく感じ取ってしまい、うまくいかなくなってしまいます。

逆の見方をすれば、ネガティブな男性には近づきたくはないはずですよね。自然な笑顔がある人の方が「お付き合いしたい対象の人」ととらえるはずです。

結婚への焦る気持ちは、逆に結婚へのチャンスを遠ざける事につながってしまうこと。

これは私自身も体験している事で、落ち込んでいたり、焦っている時は出会いが会っても、全くうまくいきませんでした。

結婚に対する気持ちを半年ほどお休みして、自分の時間を大切にしたところ気持ちも大分落ち着き、穏やかな表情になった時に不思議と前向きな気持ちになり、合コンに参加しても自然と男性と打ち解けてうまくいったので驚きでした。

人は心に余裕がない、つらいと感じたりするときは「運」からも見放されることにつながる事がこの時わかりました。

あなた自身、結婚に対する焦りやつらさを感じているならば、期間をきめて自分をメンテナンスをする意味で、好きなことややりたい事を行ってみると結果がいい方向に変わってくるはずです。

関連記事:

>>次々友達が結婚!と焦るあなたに「幸せな結婚を掴む2つの事」

>>婚活しても決め手に欠ける男性ばかり。そんな方に4つのアドバイス

 

2.ポジティブ思考を持つ事が結婚につながる第一歩

結婚できない つらい

結婚って華やかなイメージがありますが、実際は夫婦とはいえ元は他人。
他人が同じ屋根の下に暮らすわけなので、家事の分担がうまくいかない、子育てで苦労、お互いの親族の付き合いなど面倒な事がたくさんあります。

当然、お互いの意見・価値観の違いからケンカだってあります。

夫婦二人で問題を一つ一つ解決していかなくては、幸せな結婚生活を続けることは不可能です。そのためにはどんな問題にも立ち向かう「ポジティブ」な思考が必要です。

ポジティブな思考は、一日やそこらでは身につけられるものではありません。

今、この「結婚相手が見つからず辛いこの時期」こそがポジティブな思考になるためのトレーニング期間

ポジティブ思考になれば「今回はダメだったけど、次はうまくいくようにしよう。」気持ちが生まれ、自分がうまくいかなかった原因を振り返ると同時に出会い一つ一つを大切に考えるようになります。

ポジティブ思考は最初はもっていなくても鍛えることで身につきます。
身につく方法を3つご紹介します。

2-1:他人と比べない

結婚している友達と比べて、自分は外見がよくないから、性格が男性ウケしないからと考えている内は、心のどこかで「どうせ私は結婚できない、失敗する」と思い込んでいます。

当然、顔の表情にも表れてしまいますので、相手の男性側も「この人と結婚しても幸せな生活はできないだろう。」と思われてしまい、出会いが遠のく結果につながります。

ポジティブ思考の女性は、婚活がうまく行かない場合「結婚をできるためにはどうすればいいのか」を考え、「じゃあ結婚できた女性がやっていた方法を試してみよう」と行動にうつします。

他人と比べても自分がへこむばかりで、何も良い事はありません。
婚活は失敗している人はたくさんいます。悩むなら考えて行動する事が結婚への成功への近道です。

関連記事:結婚できない人には負の思考と行動がある。それを治す方法は?

2-2:不安からは何も解決できない

不安って周りが生み出すものではなく、実は自分の頭の中で作り上げている「妄想」
「不安は不安を呼ぶ」というように頭の中で大きな悪い妄想が作り上げられ

・どうせダメに決まっている
・どうせやってもうまく行かない

と自分で勝手にセーブしてチャンスを取り逃がしています。

婚活がうまく行かないと「もう自分は結婚できないかも。」と先の将来の事が不安になりますよね。
でも自分の未来なんて、予測できる人なんて一人もいないはずです。

不安をもっていては行動を起こすことはできませんし、先の未来は誰だって当てることだってできません。
持っているだけ損ってことなのです。

関連記事:婚活が成功する人、しない人はここで差がでる!そのポイントは?

2-3:前向きな言葉に置き換える

考え方がネガティブだと、次第に被害者意識が強くなり「どうして私ばかりこんな思いをするんだろう」と偏った考えになりがちです。

ネガティブ思考は自然と視野も狭まり、目の前にあなたに合った男性があらわれていても、

「どうせ付き合ってもうまく行くわけない」
「彼が選んでくれるわけがない」

と自らチャンスを手放すだけではありません。
逆に慎重になりすぎて、相手の短所ばかり目がいってしまうので、何回婚活を行っても無駄に終わってしまいます。

幸せな結婚をしたいと考えているなら、このネガティブ思考を変えることによって男性から「明るくて感じのいい人だな」と思われやすくなり、出会いの幅が広がります。

ポジティブ思考は生活の中で改善できます。

どんな些細な事でもいいので、その日に起きたラッキーな出来事を探し、箇条書きで良いのでメモったり、言葉で言ってみること。
逆に嫌だったことは思い返さないようにします。
ラッキーなこと、良かったことを探す習慣をつけることで、行動や考え方に影響を与える潜在意識が、ポジティブに書き換えられ、自然と良い事に目を向けられるようになってきます。

特にこれは眠る前に行うのがおすすめ。
眠い時はリラックスさせるα(アルファー)波が出て潜在意識につながり、ポジティブな暗示が受けやすくなり、次第に考え方が前向きに変わってきます。

ぜひやってみてください。続けるうちに「あれっ?私考え方、見方変わった?」と思いますよ。

3.結婚できないと不安を持つならば「プロ」に相談した方が「結婚への早道」につながる

モテない

結婚したいのにできないと考えると「自分は人として何か欠陥とかあるのかも。」と落ち込んでしまいがちなのですが、実は自身の外見や性格ではなく、アプローチの方法や、結婚への理想が一人歩きをしてしまい、うまくいかないケースが多いのです。

私の知り合いの結婚相談所の勤めるスタッフさんにお話を伺った時に、「結婚したいと思っているのに、なぜ結婚できないと悩む女性が多いのか?」を聞いてみたところ
「結婚したいと思っているのにできない人の場合、主に2つのパターンがあります。一つは過去の恋愛が物差しになってしまい、相手をジャッジする目が厳しくなってしまい、また自分が好きにならないと結婚がしたくないと思っているタイプ。
もう一つは結婚への理想が膨らみすぎて、出会った人に対してどこから好きになればいいんだろうとわからなくなっているタイプです。

よく結婚したくてもできないと悩む方は、「いい人がいないから」と答えるケースが多いです。

いい人がいないという事は、自分の物差しで量った結果いない、理想とマッチしていないことに原因が潜んでいます。

この原因を修正していかないと、どんなに婚活を頑張っても空回りしてしまい、あげくに果ては「婚活疲れ」をおこしてしまいがちになります。

そういう方は、自分一人で悩まずプロに一度相談した方が結果、うまくいくケースが多々あるんですよ。

第三者の目から「この人はどういう結婚を望んでいるのか?」を聞くことでその人が本当に求めている「理想の結婚」がわかってきます。

結婚相談所って「変な人しか紹介されない」「売れ残った人が利用する」などのイメージがあって抵抗ある人多いですが、今は自分で好きな条件を入力して探して申し込みする事ができますし、男性側も仕事が忙しくて出会いがないため、婚活を利用する人が増えています。

デメリットとしては、結婚相談所の費用は決して安くはないところですが、それより安い婚活パーティーやマッチングアプリは出会いの場を提供はできるけれども、交際から結婚までは自分一人で頑張らなくてはなりません。

安い金額だし、出会いもあるからと利用しても何年も結婚相手を見つける事ができず、結局結婚相談所に相談された人は多いです。

私たちから見ると、何年も婚活パーティーやアプリで利用した金額と時間がもったいないなと感じてしまいます。

結婚相談所は婚活パーティーやアプリと比べて高い分だけ、その分短い期間で相手を見つけられるという大きなメリットがあります。」

女性の場合は特に子供が産める時期を考慮する女性が多いため、やみくもに結婚相手を探しても時間がかかってしまい、さらに悩みを大きくしまいがちになります。

そうならないためにも、プロの力を借りれる結婚相談所に入った方がしっかりとサポートが受けられるので、結婚までの最短ルートができやすくなりますが、確かにお金もその分かかってしまうのが、悩みの種と言えます。

自分一人では結婚相手が見つからない、でも結婚相談所に入会するまでのお金もない…と悩んでいる場合は、実はこんなサービスがあります。

婚活サービスの東証一部上場企業「株式会社IBJ」が運営している「ブライダルネット」というものがあり、月々の会費(4,000円ほど)で結婚相談所のように入会金や成婚料を支払う必要はなく、スタッフのアドバイスも受けられる婚活サイト。

入会している男性は全員が安定した経済基盤をもつ有職者であり、 およそ3分の1が年収600万円以上で、大手企業や上場企業にお勤めの方、公務員の方、医療関係や教職など専門職の方も多く登録しています。

いい相手と巡り合えない、中々結婚まで結び付かないと悩んだ時にはカウンセラーがサポートしてくれるので、自分がなぜうまくいかないのか、適切なアドバイスがもらえますし、紹介も受けることができます。

でも実際利用してみないとわからない…って事も多いはず。

ブライダルネットは、そういう女性のために3か月プランに今なら期間限定の1,000円割引クーポンがついているので、より安く婚活することができます。
また自動更新時にも1,000円割引してくれるので、お財布の負担も少なく婚活することができます。

今まで自力で婚活してもうまくいかないと悩んでいる場合は、結婚相談所並みのサービスがついた「婚活アプリ」で専門スタッフのアドバイスを受けながら行ってみると、結果が必ず違ってくるはずです。
>>IBJが運営する安心の婚活サイト『ブライダルネット』公式サイト

★関連記事★

>>婚活が辛いとお悩みの30代女性に知ってもらいたい3つのこと
婚活は長引いてしまうと、途中であきらめてしまったり、落ち込んでしまったりと、心身共に疲れ果ててしまいがち。
婚活が辛いと思っている方にどのように婚活を進めたらよいのかをまとめています。

>>結婚できない人には負の思考と行動がある。それを治す方法は?
結婚はしたいと思っているけれども、うまくいかない。
でもなぜ自分が結婚できないのか、冷静に考えたことはありますか?
それは、結婚に対する「負」の思考と行動があり、自ら結婚を遠ざけてしまっているのかもしれません。その原因と対処法をまとめています。

>>婚活してもいい人いないと言っている人ほど、わが身をふりかえるべき
自分が結婚できない理由は、いい相手がいないから。出会いがないから。
と感じているとは思いますが、その前にご自分の事はどうでしょうか。
「婚活をしても『いい人』がいない」と嘆いている方に、実はあなた自身を振り返る事がいかに重要なのか、をまとめています。

関連記事一覧