「彼氏がいない」寂しい気持ちで悩む女性に自分が変われる2つの方法

彼氏 いない 寂しい
恋愛悩み

スポンサーリンク

周りの友達や会社の同僚の子は皆、彼氏持ち。
夏休みや冬休み、クリスマスやバレンタインデーなどイベントのたびに

「なんで自分は彼氏ができないんだろう。」

と焦りや不安、寂しさもこみあげてしまい、なんかみじめな気持ちになってしまう。

周りの人に相談しても
「焦らなくてもタイミングがくればいい人に出会えるよ。」
と言われているけど、彼氏は一向にできないし、出会いを求めて「街コン」「合コン」に参加してみたけれど何のきっかけもつかめないし、誰も私の事を好きになってくれる人がいない。

どうアプローチをすればわからない…。
自分に魅力がないのか…。

と一層不安な気持ちでいっぱいになっているかと思います。

「彼氏がいない、寂しい。」

とお悩みの女性の方に、今回は2つの方法をご紹介します。
今の自分に何が足りないのかがわかると共に、彼氏を作れる前向きな気持ちへと切り替わる事ができますので、お悩みの方はぜひ一読してみてください。

1.彼氏ができない=自分に魅力がないということではない

彼氏 いない 寂しい
周りの友達が自分の知らぬ間に彼氏ができたり、結婚していったりするのに、自分には一向に彼氏ができない。

人には嫌な思いをさせない様と最低限のマナーを備えているつもりだし、極力言葉遣いにも気を付け、周りの空気もよんでいる。

外見に気をつかってオシャレをして、ネットサイトでどんな女性が好かれるのか、も読んでいるのに失恋してしまい「自分は魅力がない」と思ってしまい、辛くてなんにもやる気がでなくなってしまった。

自分なりに精一杯努力しているのにかかわらず、彼氏ができない。
となってしまうと「私は人間的にも魅力がない」と考えがちになり、より一層落ち込みますよね。

でも実は自分に魅力がないという事ではなく「経験が足りない」ということ。

恋愛経験とは付き合った異性の数と思われがちですが、付き合った異性の数(量)ではなく、付き合った過程で多くの困難や辛いことに、好きな人と乗り越えたり支えあったりしながら、人として一回りも二回りも成長できるような経験の事を言います。

・過去の経験から、相手の気持ちを汲み取ってあげられる
・同じような問題が起きないように、先手を打つことができる
・辛い経験をしたからこそ寛容になれる
・相手に上手に気持ちを伝えることができる
・男性を見る目が養える

恋愛経験がある事で、どうやったら失敗してするのか、どうしたら回避できるのかを経験を積んでいく上で「どういう人が自分に合っているのか」を理解しています。

「それじゃ、恋愛経験がほとんどない私は一生、彼氏ができないことになるの?」

と不安になりますよね。

でもすでに経験はしていますよね。相手とお付き合いできなかった「経験」というものが。

失恋は確かに辛いものです。しかしそこから何も学ばなければただの「経験」であり「私は何度頑張っても、彼氏ができない」ということは、ただ単に失敗を重ねただけの経験で意味はありません。

過去の恋愛の失敗を振り返ってみると「もう少しこうした方が良かったのではないか」は必ずあるはずです。

過去の失敗を反省したら、次は「恋愛のマーケティング力」を養うことで、自分にとっての理想の男性が見つかり、どうアプローチをすればいいのかがわかってきます。

次の項目でしっかりご説明します。

2.恋愛のマーケティング力を養う

恋愛のマーケティング
彼氏ができる女性は、単に外見がいいからというわけではありません。
あなたの周りでも、特段美人でもかわいいというわけではなく、ごく普通な感じの人も彼氏がいますよね。

実はその人たちには「恋愛のマーケティング力」がちゃんと備わっているから、自分がモテる男性層を知っていたり、男性が求める女性像を調査することで、適切な行動にうつせるからです。

逆に彼氏ができないのは、自分が狙うべきターゲットが見誤っている、自分のブランディングも失敗しているのが原因。

「そんな事言ったって、なぜ恋愛にマーケティング力が必要なの?」

と思いがちですが、店に置いてある数多くの商品から「あっこれいいな。」と思うものがありますよね。

商品は単に並べられているのではなく、どんな見せ方をすればいいのか、キャッチフレーズはどのような人に訴えていけばいいのか、きちんと計算をしているからです。

筆者自身もマーケティングの仕事をしていた経験があり、恋愛も同じであるという事に気づかされました。

恋愛のマーケティング力が養われることで、相手に自分をアピールしやすくなると共に、優れた女性、素敵な女性と思ってもらいやすくなるからです。

ではどうすれば「恋愛のマーケティング力」を養えるのかをご紹介します。

2-1:相手が求める女性はどんなタイプなのかを知る事

相手が求める女性はどんなタイプ
女性は好きな男性ができると、自分磨きをしたり、相手に好かれようと頑張りますよね。

でも

・話まではうまく行くけど、アプローチをしたら断わられた
・出会いを求めて頑張ったけど、いい男性からはお声がかからない

場合は「相手が求めている女性はどんなタイプなのか」をきちんと調査しなかった事に原因があります。

つまり、ボールを投げられていなくても、スリーアウトになっていてもバッターボックスに立ってバットを振り続けている状態。

必至に自分磨きをしても、相手の好みのタイプではないと「アウト」という事につながってしまいます。

彼氏ができる女性は、相手がどんなタイプを求めているのかをきちんと把握しているので、その男性が興味を持ってもらえるように振舞える事ができているわけで、陰ではその男性の普段の様子や言葉をきちんと観察したり、実際に会話の中で「どんな女性がタイプなのか」を探っています。

例えば、気になる男性のタイプが「気配りができる女性」という場合、周りの空気が読めない女性は敬遠されることはわかるはずです。

しかし実際に自分で実践したとしても、空気を逆に読みすぎて、相手の意見に合わせてしまい、「自分の意見が言えない人」と見られてしまうことにつながってしまいます。

それはその男性の言葉の真意が、まだつかめていない状況であり、実は気配りがあっても相手の意見に流されない自分の意見を持つ女性が好きだという「真意」が調べ切っていないからです。

例えばあなたの好きな男性のタイプが「優しい人」とは言っても優しさには色々あります。

・気遣いができる
・話を最後まで聞いてくれる
・怒らない人、穏やか
・細かい事には気にしない

そしてあなたの中で好きになる「優しい人」はきちんとしたイメージをもっていますよね。

・男らしくて、女性をリードしてくれる
・いざという時に守ってくれる人

と優しさという言葉の裏には「男らしい人」が好きになる根幹となるはずです。

相手の言葉の真意を読むには、話の中でさりげなく質問をしたり、言動をしっかり観察することがとても大事。

そこから男性が本当に求めている女性像が見えてくるはずです。
それから自分磨きをすれば、必然と男性が興味を引く女性と見てくれますよ。

2-1:自分はどんな男性から需要(モテるのか)を考える

彼氏 いない 寂しい
もう一つ大事な事は、「自分はどんな男性から需要(モテるのか)をしっかりと理解しておくこと。

そうする事によって、恋愛がもっと早く成就する事につながり、彼氏ができないという苦しむというロスタイムを減らすことになるからです。

商品を売る際には必ずどの年代に、どのようなタイプに需要があるかをきちんと調べないと失敗します。

恋愛も同じです。

自分のブランディングがわかっていないのと同じで、自分のいいところや強みを理解していないと参入するマーケットを間違え、自分が狙うべきターゲットも見誤ることになってしまいます。

自分の性格や見た目、特技など自分の強みは何かを自己分析を行うと同時に、実際に調査を行う事も重要。

それには様々なジャンルの出会いに顔を出すことで、効率的に養うことができます。

地道な作業で「こんなので本当に彼氏ができるの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし自分のモテるところがどこなのかがわかれば、自分が好みの男性と近寄ってくる男性のタイプの違いがどこにあるのかがわかり、不足していたスペックがどこにあるのかが理解することができます。

また元々は自分は「こういうタイプの男性が好きだった」けれども、実際は別の男性から好かれるケースが多かったことがあるはずです。

スポンサーリンク

女性の場合は男性と違い、初めは自分のタイプじゃなくても会っているうちに、コミュニケーションを重ねているうちに「好きになる」ことが大いにあります。

筆者の周りのある独身女性も、好きになるタイプはアウトドア系、体育会系の男性でしたが、好意を持ってくれる男性は、インドア系タイプでした。

当初は自分が好きになる男性から振り向いてもらえず、自分が興味をわかない男性からのアプローチばかりと悩んでいましたが、会って話をしているうちに彼のクリエイティブな部分に次第に惹かれていき、お付き合いをしています。

その際に彼女は

「本当のタイプはアクティブで体育会系の男らしい人なんだけど、私自身そんなにアクティブじゃないし、スポーツやるのもそんなに好きじゃないので、きっとそういう男性から見えれば付き合ってもうまくいかないと感じて、お付き合いしてくれないんだろうと思っています。
今の彼は私の理想の男性と真逆のタイプだけど、家で二人でゴロゴロしていても気を遣わないし楽だから、彼のようなタイプが一番あっているのかも。」

と言っていました。

自分はどんな男性から需要があるのかがわかることで、理想の男性と一緒になることが幸せではない、本当に合う男性は実はこうであるという事も気づくことにもつながります。

他にももう一つ恋愛のマーケティング力が身につくとこのような事にも気づくことができます。

2-3:ライバルに負けない個性を発揮することができる

ライバルに負けない個性
いいなと思う男性は、当然他の女性も魅力的に感じます。
その男性が「清楚で家庭的な女性」だとしたら、当然あなたもそのような女性になるように努力をするはずです。

しかしライバルの女性も当然同じような策でくるので、差別化がうまくいかず、あなたの事に気づいてくれないというケースもあるはずです。

巷には多くの同じような商品が並んでいるので、一見どのような商品が自分に合うのか迷いがちです。
そこで商品をいかに買ってもらうために、他社との違いをうまくアピールすることで「あっこの商品はここがスゴイんだ」と興味を引き、購入するための「差別化」や「ブランディング」などのマーケティングを行います。

お目当ての男性に興味を引いてもらうには、他の女性にはない個性を発揮(差別化)や自分の個性を引き出す(ブランディング)をする事が重要です。

さきほどの「清楚で家庭的な女性」が好きな理想の女性という男性の場合、清楚な恰好だけでは差別化やブランディングはできていません。

「清楚で家庭的な女性」を深堀りしていくと

・押しつけがましくない気遣いができる
・裏表がない誠実な人
・人に対して面倒見がいい
・人当たりが良い
・真面目
・物腰が柔らかい

というイメージが出てくるはずです。

それをライバルの女性と自分を比較してみて、どこだったら自分はアピールできるのかを見極めます。

自分は真面目、人に対して面倒見がいいところは負けないと感じているならば、

例えば好きな男性が同じ職場であれば、仕事で残業している時に「今日は大変みたいですね。眠気覚ましによかったらどうぞ。」とコーヒーを差し出したり、「雑務があればお手伝いしますよ。」と手伝う事で、真面目で一生懸命頑張ってくれる人といいイメージでとらえてくれます。

また男性は普段の仕事ぶりもきちんと見るもの。

仕事が溜まって困っている人を手伝ったり、進んで雑務をこなして業務を円滑にする事で自然とあなたの普段の仕事ぶりが、話題にあがってきます。

これはウィンザー効果と言って、「口コミ」や「うわさ」を指します。

商品を買う時には大抵口コミ評価サイトを見ますよね。それがいい評価だったら購入をするはずです。

恋愛も同様で、「あの人仕事よく手伝ってくれる」「嫌な雑務もやってくれる」姿勢は口に出さなくても、皆見ているものです。

意中の人が実際に見ていなくても、上司や他の社員が見ていると自然と、あなたの事を話題にする事があります。

筆者も会社員時代に、上司から「〇〇さんは、自分の仕事が終わっても他の人をよく助けてくれるから、本当に助かる」と言ったのをよくきいていました。

意中の男性もどこかで、聞いているはずです。

外見を清楚にするのも大事ですが、他の人にはない・負けない「誠実さ」をしっかりと出す事、つまり「差別化」や自分の良さ「ブランディング」を出す事で、よりあなたの魅力がアップし、意中の男性をつかめる事ができるのです。

自分の恋愛マーケティングがうまく分析できない、どういうところが悪いのかよくわからないと感じている方は、ご自分の恋愛の癖を数値化したものを見ると、はっきりとわかります。

このような恋愛診断は大手婚活サイトが無料で行っており、パートナーエージェントの「婚活EQ診断」がよく知られています。

診断内容は

・恋愛している時の自分の行動の癖
・恋愛に対しての自分の考え方の癖
・感情面のコントロールはうまくできるかどうか
・相手に対して気配りはできるのか

を数値化し、分析を行ってくれます。

5分程度、20の質問から自身の性格の特徴や改善すべきところを診断して、恋愛や婚活へのアドバイスもしてくれます。

ネット上によくある恋愛心理テストとは違い、公的に利用されている科学的根拠に基づいた心理テスト。

恋人との良好な人間関係を築いたり、円滑なコミュニケーションを図ったりするために重要な「心の知能指数」を診断しています。

ユーザーに対し質の高いサービスを提供する宣伝もかねて、無料診断のサービスを行っており、多くの独身女性がこの無料診断を利用しています。

実際、筆者の後輩の女性も、いい男性と出会ってもお付き合いがうまくいかず、悩んだ末に無料診断を受けた結果、診断結果中2項目の数値が低く、アドバイスに書かれていた事に切り替えた結果、結婚が決まりました。

実際、診断結果の紙を見せてもらいましたが、無料でここまで診断してくれるのには正直ビックリしたという感想です。

婚活EQ診断

診断の結果は郵送ですが、社名も入っていない封筒でくるので、家族や周りの人にもわかりません。

そして特段営業の電話もなかったとの事なので、自分の恋愛力が不安な方は一度行ってみるとよいですね。

なぜ恋愛が失敗してしまうのか、その理由もはっきりわかります。

 

>>あなたの恋愛偏差値はいくつ?婚活EQ診断はこちらから

3.まとめ

今回は彼氏がいないと悩む方に2つのアドバイスをご紹介しました。

まとめると

彼氏ができない=自分に魅力がないという事ではなく「恋愛経験」が不足しているということ。それを補うには恋愛にたいする「マーケティング力」を身に着けることで、相手が求める女性はどんなタイプなのか、また自分はどんな男性から重要があり、不足しているところがどこなのかがわかるということ。

また意中の男性は他の女性から人気がある場合は、「差別化」「ブランディング」を発揮する事で、自分の良さを出せることにつながるという事をお話ししました。

「自分は彼氏がなぜできない」
と悩み続けるのでなく、きちんと自分を見つめなおす事で未来は大きく変わってきます。

この記事がお役にたてれば幸いです。

ご自分の恋愛経験に自信がない方は、一度無料診断を受けてみることでご自分のいい所、悪いところが見えてきます。

この機会にご自分の恋愛を一度、分析してみてはどうでしょうか。

>>本当の自分、知ってる?「婚活EQ診断」ページはこちら

関連記事

>>彼氏(恋人)ができないという女性には共通の特徴がある!
決して理想が高いわけじゃない、だけど恋人ができない。どうして私は彼氏ができないの?とお悩みの方に「彼氏(恋人)ができないのにはある特徴(理由)」があるから。
またどのようにすれば彼氏(恋人)ができるのか、そのコツもまとめています。

>>婚活が成功する人、しない人はここで差がでる!そのポイントは?
婚活は想像以上にとても大変なもの。
しかし婚活が成功する人、しない人にはどのように違いが出てしまうのか、知りたくはないですか?そのポイントを4つのポイントにわけてまとめています。

>>出会いがないと嘆くアラサー女性に!出会いがある女性はここが違う!
出会いがないと落ち込む前に、なぜあなたに出会いがないのか?その原因を探るとともに、どのように出会いを作っていけば良いのかポイントをわかりやすくまとめています。

スポンサーリンク

関連記事一覧