一生独身でいいと考えている女性に真剣に考えるべき3つの事

一生独身でいい
恋愛観

スポンサーリンク

「結婚は一時期考えたけど、結婚した友達の話からは旦那の愚痴や、家庭がうまくいっていない話ばかり。
だったら自由気ままな今の生活のまま、一生独身でいい。」

と考えている女性が増えています。

これを読んでいるあなたも、少なからず「一生独身でいい」と思っているはずですよね。

確かに、働いたお金は全部自分のために使う事ができますし、食べたい時に食べて寝たい時には寝れる、自由に好きな事ができますよね。

でもその反面、デメリットもキチンと理解する必要もあります。

妥協して結婚するなら独身の方がいい!
また結婚してもロクな事がない、自由気ままで好きな事ができるからと「独身賛成派」の女性の方に『自分の人生失敗した~』という事がないように、独身女性が陥りやすい3つのポイントと同時にどう対策をすればよいかをまとめています。

一生独身でいいと考えている女性の方はぜひ一読してみてください。

1.「孤独死」や「寂しさ」がないからと友達とシェアハウスに住むという落とし穴

一生独身でいい
独身ならではの一番のデメリットは
・孤独死
・寂しさ
があげられます。

「だったら独身の友達とシェアハウスに住めば、孤独死の不安もないし、万一病気で動けなくなったら、元気な相方が面倒を見てくれるし。それにシェアハウスは普通のマンション、アパートに比べて安いし。」

と実際、友達とシェアハウスに住んだ30代の知り合いの女性がいます。

彼女のように友達と一緒に住むことで寂しさという不安がなくなること。また金銭的にも、1Rや1Kなどの賃貸に比べて1割~2割程度安いというのもあり、ここ最近はシェアハウスの需要が高まってきています。

シェアハウス物件も、オシャレで中には屋上がついていて、そこでバーベキューができたり、LDKが広めでゆったりくつろげるタイプのものも登場しているので確かに魅力的です。

知り合いの女性はSNSにその日の出来事をアップするのが好きで、よくシェアハウスでの生活について書いていました。

屋上でバーベキューした写真をアップしたり、友達が作ってくれた料理がおいしかったなど充実している事がうかがえました。

しかし半年くらい経ってから、徐々にSNSからシェアハウスの事をかかなくなり、更新も途絶えてしまいました。

「最近SNSやっていないんだね。」
とメッセージを送ったところ、彼女から

「ちょっと悩みがあって・・・」
と返信が来たので、彼女と会って話を聞きました。

シェアハウスに移り住んで、そこに住んでいる人たちとも仲良くなり、当初はすごく楽しかったのですが、友人と言えども皆育ってきた環境も違い、生活リズムも違うので、全ての価値観を共有するのは非常に難しいと感じたこと。

例えば
・ゴミの出し方
・食器の後片づけ
・風呂やトイレの掃除
・電気のつけっぱなし

これは皆で話し合ってルールを設けたのですが、やはり中にはルールを守れない人がいるらしく、その人に対する愚痴が多くなってきたこと。

また愚痴だけならまだしも、誰がルールを守れない人に注意をするのかでもめたという話を聞きました。

またシェアハウスではお風呂やトイレが大抵1つしかないので、お互いの生活時間にズレがあれば問題がありませんが、友達と生活時間がほぼ同じだったため、時間をある程度決めていても、友人は長風呂なので早くお風呂に入って眠りたいのにで、中々お風呂から出てくれなかったので、イライラした時もあったと話をしていました。

シェアハウスは何と言っても家に帰って来た時に愚痴を言えたり、話を聞いてくれる相手がいるというのは本当にありがたく思えますが、時と場合では苦痛になったと話しています。

自分は明日早く仕事に行かなきゃいけないのに、延々と友達の愚痴を聞いて寝るのが深夜過ぎになってしまい、次の日起きるのが非常に辛くなったりと生活のリズムがくるってしまう事が多々あった模様です。

ひとつひとつは、大きな問題ではありません。

しかし、それが積み重なって蓄積されてくると、気の置けない友人であっても注意の仕方には気をつかうし、またやんわり注意しても受け流されてしまう、また一人になりたい時に話しかけられたりと、プライベートがないのでストレスが溜まってしまい、自分の部屋にいてもちっとも気持ちが休まらない事につながります。

友人同士のシェアハウスは楽しい反面、生活リズムや習慣が違うので色々な場面で気を遣います。

「孤独死」や「寂しさ」がないからと友達とシェアハウスに住めばいいという考えはちょっと見直した方が良いです。

独身の場合は、特に誰からも束縛される事がないので自由気ままな生活を送る事が多いため、他人の生活に気を遣うことがあるとストレスをかかえがちになります。

孤独死や寂しさの心配があるならば、外で定期的に会って話せる場を作った方がプライベートも確保できるのでよいです。

筆者の場合は、地元の居酒屋さんで友達と定期的に会っています。
地元で商売をしている居酒屋さんだとチェーン店と違って、お店の主人とも仲良くなれますし、飲み友達も作りやすいです。

そうすれば一人でふらっとお店に来ても、誰かしらいるケースが多いので、寂しい事もありませんし、様々な人と出会えますので色々と刺激になりますし、生活にもハリが出ます。

友達と一緒ならば、お店を探してみて居心地のよい場を見つけるとよいですよ。

2.一生独身の場合、準備しておく金額を把握しないとこんな事になる

一生独身でいい
今は健康であっても、年齢を重ねるにつれて病気やケガのリスク、そして体力の衰えで体の無理がきかなくなってきます。

またマスコミで報道された「老後の資金は年金ではまかなえない」事もあり、特に一生独身と考えている女性の方は、自分の将来が不安な方が多いはずです。

貯金を始めようと思っていても、実際にはどれくらいの額をためないといけないのかが、今いちピンとこない方もいるかもしれませんよね。

総務省の統計局が行っている「全国消費実態調査(平成26年)」で単身女性の生活費の平均額は16万7,163円。

65歳の定年まで働いてその後、厚生年金+貯蓄額のみで生活する場合、月17万円かかり、年間204万円ほど必要になります。

老齢厚生年金の女性の平均支給額は「103,026円」。
毎月7万円足りないことになります。

女性の平均寿命は87.26歳と、どんどん長くなっているためその分貯金をしておかないと、生活がなりたたなくなります。

仮に87歳まで生きた場合、貯金はいくら必要なのか、ざっと計算をすると
1,848万になります。おおよそ2,000万に近いですね。

独身女性の場合は家庭を持っている女性と比べて、子供の教育費や家のローンという重荷もかかえないので、自分のために使えるお金は十分あります。

しかしその気楽な生活のしわよせは、定年退職後にやってきます。

家庭を持っていない分、病気やケガで体が不自由になってしまったら、お世話をしてくれる施設を自分で探さなければならないし、手続きも全部自分で行わなくてはなりません。

「体が動けなくなったら、公的施設でお世話になればいい」

と思っている方もいるかと思いますが、公的施設はまず経済的に苦しい人が優先され、また入居待機者が多いので何か月以上も待たされる事が多いです。

でも生活に支障が出ていれば一刻も早く、介護をしてくれる施設に入りたいはず。
そうなると民間企業が運営する有料老人ホームが早く入居ができますが、月額費用が20万円以上はかかり、入居一時金もかかります。入居一時金は施設により異なりますが、500万、600万はかかります。

スポンサーリンク

当然、年金だけでは費用をまかなうことができないので、貯金または不動産や株などの収入源から、支払う事になります。

家庭を持った女性ならば、子供さんから仕送りをしてもらったりできますが、一生独身でいる場合は想定以上にお金がかかるのと同時に、全部自分で収入をまかなわければなりません。

一生独身でいるという女性の方は、老後の生活費を備えておく事がとても大事。

筆者もみなさんと同じく独身なので、老後の生活はとても不安です。
当然、2000万以上の貯金なんかできていません。

不安な方はファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いかもしれませんが、おおよそ30歳から年間60万貯金をすると、2,100万円。
40歳から年間80万貯金をすると2,000万円に届きます。

正社員でも年収が低い、また派遣社員やアルバイトの非正規雇用だったりすると貯金なんて中々できないと思う方もいるはずです。

そういう場合は「副業」でその収入分を貯金にまわるとよいです。

筆者の場合は、平日は約2時間、休日は6時間ほど副業をし月8万円ほど収入があり、それは全て貯金しています。

筆者が利用しているのは、「クラウドワークス」を利用しています。
このクラウドワークスはデーター入力をはじめ、ブログや商品レビューの記事作成、企業やサイトのロゴ作成、アプリ開発など幅広い仕事があるのが特徴です。

筆者の場合はロゴ作成を行っていますが、資格やスキルがなくてもできる仕事が数多くあるのが最大の特徴。

クラウドワークスでは、仕事を開始する前に、仕事の依頼主より仮払いを行っていただく仕組みなので、仕事が完了したら確実に報酬を獲得することができます。

中には空いた時間に働いて月30万円も収入を作っている人もいます。

会員の登録はわずか30秒で終わりますし、246種類の仕事の中から選ぶことができるので、独身女性の方はこれで貯金を増やすことができますよ。

3.体力の衰えを感じる前に感情の老化が始まる

一生独身でいい
人は歳を重ねると体力の衰えを感じてきますが、感情の老化には気づく事がありません。

感情の老化とは

・イライラが多くなる
・一旦落ち込むと、ずーっと落ち込み状態が続く
・失敗した事を引きずりやすくなった
・気になる事があると眠れなくなる事がよくある
・最近、何かに感動して涙を流したことがない

など物事に意欲がわかない、また怒りや気分が落ち込む状態が続くなどの症状の事をいいます。

感情の老化の原因は、脳の前の部分の「前頭葉」という感情や意欲、物事を考えるところが、加齢によって萎縮してしまい、早い人では40代から始まっていると言われています。

(参考資料:NIKKEY STYLEから)

男女ともに加齢により感情の老化が始まりますが、特に女性の場合は40代になると女性ホルモンが少なくなって閉経期を迎え始める更年期と重なり、そのままほっておくと身なりに構わなくなってり、行動がおっくうになって体を動かさないなど、老け込みが早くなります。

体が老け込んでしまうと、何もやる気が起こらなくなり仕事もするのも苦痛になってしまい、生活もままならなくなります。

独り身だと例え体の調子が悪くなっても、自分で何とかしなくてはなりません。

また気分も落ち込みやすくなり、友達とも距離を置くようになって、しまいには家で引きこもりがちになってしまいます。

独り身だと気づいてくれる相手がいないので、そうなっている事に気づきにくいもの。

なんか最近、気分が落ち込み気味
イライラ感が多い
やる気が出ない

と感じたら「感情の老化」が始まっている証拠。

老化は根本的に治す事は不可能ですが、改善する事で食い止める事ができます。

それは

・自分が楽しめる趣味を始める
・最初から答えを求めず、考えすぎないこと
・新しい事にチャレンジする
・恋愛をしてみる

などドキドキ感、ワクワク感、そして新たな事を行う事で脳を刺激する事で感情の老化を食い止める事ができます。

でも歳を重ねるとどうしても新しい事をしても中々覚えるのが遅くなったり、考えすぎないようにしても中々そのようにならない事は多いはず。

一番の方法は、誰かを好きになる感情を持つことで、感情が刺激を受けるので脳が活性化されます。

また恋愛は女性ホルモンが活発化して増えるので、体調も良くなりますし、外見の老化も防ぐことにもつながります。

「でも自分の周りにはそういう人はいないし。」

と思ったらアイドルでも漫画のキャラクターでも、俳優さんでもいいんです。疑似恋愛によっても感情の老化を防ぐことは可能です。

でもどうせならパートナーがいた方が生活にもハリが出ますし、楽しくなりますよね。

スマホを見ながらひとりで食事するよりも、相手がいて一緒に食事した方がご飯は美味しく感じますし、行動範囲も広くなり楽しい経験もできます。

date
しかしながら独身生活が長いと、恋愛から遠ざかっているので、人を好きになる感情が中々わからなかったり、若い頃のような一目惚れはもうできないという方も多いはずです。

そのような方にためにこちらの記事で恋愛できるための準備術をまとめていますので、一度目を通してみるとよいですね。

>>アラフォーでも恋したい。でもできない女性に恋愛出来るための準備術

せっかくの独身でフリーなのですから、多いに恋愛をした方が人生が素敵に彩りますし、寂しさなどの不安もなくなります。

また人として女性としての魅力も高まるので、自然と周りの人間も集まってきます。

筆者も40代で恋愛をした事で、自然と周りの人たちにも優しくする事ができ、結果仕事を紹介してもらったり、外見が若くなったねと言われたり、良い事がいっぱいあると実感しています。

「恋愛」はある意味、良薬であり幸運を運んでくれるもの。

一生独身で一人で生きていくとがむしゃらになるよりも、恋愛をしてみる事で、今までと違った色鮮やかな世界を体感することができますので、独身女性の方はぜひ「恋愛」をしてみてはどうでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

>>彼氏ができないと悩むアラサー女子へ不安を解消する3つの考え方
アラサーになっても彼氏ができず独りぼっちで暮らしていかないといけないのか、と焦りや不安が押し寄せていませんか?そのようなお悩みを持つ方に不安を解消する3つの方法をご紹介します。

>>出会いがないと悩む40代女性に「恋愛を引き寄せる」3つの方法
40代だからもう出会いがない、恋愛もできないと思っていませんか?この先一人ぼっちでは先の将来、寂しさや不安が常につきまとってしまう事にもつながってしまいます。40代でもどのようにして出会いを見つかられるのか3つの方法をご紹介しています。

>>女優 鈴木京香さんのように50代の恋愛は可能?無理?
50代でもまだまだ素敵な恋愛ができるのは芸能界だけと考えているアナタ。実は50代であってもまだまだ恋愛は十分可能なのです。その秘訣をはじめ、50代の婚活状況もご紹介します。

 

スポンサーリンク