初デートで割り勘ありえないと思う方、実は男性はこう考えている!

初デート 割り勘
恋愛観

婚活やお見合いで初デートの際、結構問題となるのが「割り勘」。

自分が食べた分は自分で支払いをするのは当たり前だと思うけど、男性の方が基本的に収入が多いし、マナーなんじゃないの?または、割り勘にされると特別な女性として見ていない感じでショック…。

なんて感じてしまいますよね。

ずっと奢ってという訳じゃないけど、せめて初めてだけは男性側が支払って欲しいと思う女性は結構いるはず。

「最初くらいカッコよく支払ってくれる人じゃないと、お付き合いしたくない。」

「初デートで男性側が会計するのが社会人としてマナーなんじゃないの?」

あなたもそう感じているのではないでしょうか。

その前に男性側は「割り勘」についてどう思っているのか、その本音をインタビューをしてきました。

割り勘から実は男性はこのような心理が見えてきます。

「初デートで割り勘なんてありえない。男として最低!!」

と怒る前に、一読しておくと男性側の心理が理解できるはずです。

1.まだ正式な交際が始まっていないから割り勘にしたい

初デート 割り勘
男性側が会計を持つことは、その人を大切に思っていると実感できる証と、女性側は見て取れますが男性側はちょっと違うようです。

こんな意見があります。

「正式に付き合う前は割り勘にしますね。だって相手の本気度が見えないし、割り勘にする事で、不機嫌になったら『奢られるのが当然』と考えているのが見えるし、その人の人柄がわかる瞬間だと思う。」
(32歳/商社)

「彼女としてお付き合いすれば、当然奢りますよ。でも初デートでお互いに付き合うか、まだわからない場合は、友達って事で割り勘にさせてもらいたいですね。」
(30歳/IT関係)

大事だと思う女性に対しては、奢りたい気持ちがありますが、お互いに本気で付き合うかまだわからない初デートの時は、あえて割り勘にして相手の反応を確認したり、まだ友達という感じだから、割り勘にさせて欲しいという本音が見えてきます。

意外かもしれませんが、収入の多い男性ほど稼ぐためにかなりの苦労を重ねているため、シビアな金銭感覚をもっています。

だから日ごろから「お金をかける価値があるのか、ないのか」という視点をもっているため、初デートの時はあえて割り勘にする男性もいます。

女性にとっては「ケチな男、最低!」と見てしまいますが、実は男性側はあえて「割り勘」にすることで、お金目当てによってくる女性かどうか、ふるいにかけているわけです。

だから初デートで割り勘という男性に対して、「最低!」と思わず、実はこのような考え方を持っている男性がいるという事を理解しておくと良いです。

2.最初に奢るとそれが当たり前と考えてもらいたくない

初デート 割り勘
もう一つの理由は、初めに奢ってしまうとそれが当たり前と感じてもらいたくないため、あえて割り勘にする男性はいます。

「初デートは男が出すのは基本という考え方はわかります。でも以前付き合った女性は、デートの費用は男性が持つのが当たり前みたいな考え方をもっていた様で、結局うまくいかず半年で別れました。
それもあって、あえて初デートでお互いの性格がよくわからない場合は申し訳ないけど、割り勘にさせてもらっています。」

このように、あえて正式なお付き合いの前、初デートで割り勘にしてみて、相手の価値観を確認している男性もいます。

恋愛とお金には人それぞれ色々な考え方があります。

多くの男性は「男の立場」として奢るつもりで食事はします。

しかし、会計時に財布をださない、または会計後から自分の分を出そうともせず「ご馳走様でした」の言葉を言えば良い、会計は男がするものだというというオーラを男性側が見てしまうと、非常にがっかりしますし、これが当たり前と考えている女性なんじゃないかと疑いを持ちます。

正直な話、毎回全額ご馳走ができないのが男性の本音。

だからこそ、あえて初デートは割り勘にして女性の様子を見ている男性もいるわけです。

最初のデートで「割り勘」=特別な女性として扱ってもらえないと思うのではなく、お金の考え方は人それぞれ。

初デートで相手をすぐに判断するのではなく、何度か会ってみて相手のお金の価値観を見てから決めても遅くはないはずです。

3.相手の女性に魅力を感じず、お金を出したいと思えない

初デート 割り勘
これは女性にとって酷ですが、初めは男性自身が会計を持とうと思っていても、相手の女性に魅力を感じず、割り勘に切り替える事もあります。

「初デートをしたら相手の男性が割り勘をしてきた!年収が高いのにケチな男で二度と会いたくないと思った。」

という事を聞いた時がありますが、女性だって好きでもない男性に肩を触られたり、近寄られるとイヤと感じるはず。

男性も同様で「好きでもない、魅力を感じない女性にはお金を払いたくない」気持ちは女性のそうした気持ちと同じ感覚と言えます。

お互いの相性がなんとなく合わない、または男性側が女性に魅力を感じないと思っていても、男性側が全て支払いをするという事は、ちょっとおかしな話だと感じます。

初デートだからこそ、男性側が女性をもてなすという感覚は「相手を選ぶ側の人間だ」と言っているもの。

実は選ばれる側でもあるという認識が抜け落ちてしまっているからこそ、男性が奢るのが当たり前と考えていないのではないでしょうか。

男性の本音は『好きになれそう、またはなりたいと思える女性にはお金を出したい』ということ。

デートで割り勘だった怒る前に、「男性に好かれる魅力を自分はどれだけもっているのか」と見つめなおさないと、いつまでたっても幸せをつかみとる事はできないと感じます。

4.奢る男性全てがその女性を特別な人と考えてはいない

初デート 割り勘
初デートで会計を男性がもってくれたならば、多少なりとも私に好意を持っているのかも。と思いますが、そうとも言えない場合もあります。

男性は自分の立ち位置やどう思われているかという事を非常に気にします。

多くの女性が初デートは男性が会計をしてくれるべきと考えている事を知っているので、割り勘なんかすると後で「ケチな男」「器量が狭い男」なんてレッテルを貼られたくない、また短期間の単なる遊び相手だから、気前よく奢れば、相手に対して大したデートプランがなくても誤魔化せるし、費用対効果を考えてお金で解決するという人もいますし、たくさんのお金を使うことで見返りを求めるケースだってありえます。

奢られる方と同様に奢る方も打算はありえます。

最初は奢ったとしても、彼女になった途端、釣った魚に餌をやらなくなって上から目線で物をいうようになったり、浮気しまくったりと実際に別れたカップルを見ています。

本当の意味での幸せ、愛情あるお付き合いを望むのであれば、奢る・奢らないことではなく、自分と同じ価値観の合う人なのかどうかを見るのが一番重要であり、幸せになる秘訣ではないでしょうか。

★こちらの記事も読まれています

>>男性が一気に冷めてしまうデート時の女性の失敗はコレ!
気になる男性とのデート。しかし、そのデートのある行動が原因で男性側の気持ちが冷めてしまい、その後お付き合いにつながらなかったり、冷めてしまうことにも。実際に男性数人にインタビューをし、どのようなところで冷めてしまったのか、その理由をまとめています。

>>結婚相手の年収は高い方が。という女性ほど選ばれない現実。
婚活の際、女性が結婚相手に経済力(年収)を求めている一方で、実はそれにこたえられる男性は年々減少し、そして年収の高い男性ほど、実は結婚相手の年収が高いと望む女性を敬遠することが浮き彫りとなっています。その理由と今の独身男性がどういう女性を望んでいるのかをまとめています。

>>彼氏(恋人)ができないという女性には共通の特徴がある!
決して理想が高いわけじゃない、だけど恋人ができない。どうして私は彼氏ができないの?とお悩みの方に「彼氏(恋人)ができないのにはある特徴(理由)」があるから。
またどのようにすれば彼氏(恋人)ができるのか、そのコツもまとめています。

 

関連記事一覧