不倫相手(既婚男性)が好きすぎる場合に失敗する3つのこと

不倫 相手 が 好き すぎる
既婚男性との不倫

「不倫はリスクがある」
と思っていても、いざ既婚男性と付き合ってしまってからは

「彼にもっと愛されたい」
「彼と将来一緒になりたい」

と思ってしまうもの。

はじめは割り切った関係と考えていても女性の場合、カラダの関係になってしまうとセックスの快感だけでなく、心も独占したいと感じるようになります。

既婚男性は独身男性よりも女性の扱いも慣れており、また経済的、精神的にも余裕があり「大人の色気」を感じさせるため、女性側が本気になりやすい傾向があります。

しかし不倫にどっぷりハマってしまうと、危険性が高まるのも事実。

今回は不倫相手が好きすぎる場合に失敗しがちな3つの実情をご紹介します。
現在進行形で不倫している女性の方はぜひ目を通されることをおすすめします。

1.彼の気持ちを試そうとする

不倫 相手 が 好き すぎる

彼から「好きだよ・愛しているよ。」と言われても、

「私のこと好きならば、なぜ離婚してくれないのか?」
「嫁に愛情がないと言っているのに、なぜ一緒に暮らしているのか?」
「いつまでコソコソした付き合いを続けるのか?」

と考えてしまい、不倫相手(既婚男性)の愛情が本気かどうかわからなくて、つい試すような行動をとる女性は多いです。

1-1:不倫関係だからこそ、彼の気持ちを知りたい

既婚男性の彼と付き合って約1年。
奥さんとは普段から会話がなく家庭内別居が続いていると聞いていて「そんな冷めた家庭続ける意味があるの?」と尋ねたこともありましたが、彼の口からはっきりと離婚の話が聞けずじまいでした。
私の事を好きだと言っているのに、離婚せずに夫婦を続けている事にだんだん納得ができなくなって、
「このままだと私、結婚のチャンス逃してしまうかも。いつまでもこの関係を続けていけない。」
と別れをにおわす事を彼に話しました。
初めは彼も「もう少し待って。時期を見て嫁ときちんと話すから。」と言ってくれましたが、進展を聞いても言い訳ばかり。
ちょっとした事で彼とケンカになってしまい、思わず「もう 別れる!」と叫んだ時に彼から
「・・・わかった。」
という答えが。
本当は、彼が私の事を好きかどうか確かめたかったのに・・・。

既婚男性から見れば、初めは我慢をしていても限度があります。

彼女とは穏やかに、楽しい時間を過ごしたいのに毎回そのような話をされていたら、最初に抱いていた「好き・愛している」気持ちは冷めていきます。

あなたが不倫をしていて、彼の気持ちを確かめたい「試し行動」を起こす理由は、「心が不安・自分に自信がない」気持ちをもっているからです。

確かに不倫は「結婚」というゴールもなく、冷静に考えたら未来のない恋愛と言えます。

彼との関係に安心できず心が不安定になりやすいのと、彼に嫌われたくないんど自分に自信がない人ほど「試し行動」を起こしやすくなります。

試し行動は始めは「私の事好き?」と小さな事から徐々にエスカレートしていき、必ずと言っていいほど関係の破綻をまねきます。

彼との関係が壊れてしまうことでますます自分に自信がなくなって不安感が大きくなり、自律神経失調症や鬱などにもかかりやすくなってしまいます。

1-2:あなたの心の不安感を軽減するには?

一日のほとんど彼のことばかり考えているばかりでは、心の不安感は消えることはありません。

彼があなたの事を本気で好きでいてほしいと思っているならば、あなた自身も考え方を変える必要があります。

>>独身女性と既婚男性の不倫を上手に続ける秘訣とは?

で不倫の恋に落ちてしまったら、どのように向き合い上手に続けるにはどうすればよいのか?をご紹介しています。

お悩みの方はぜひ読んでおくとよいですよ。

2.既婚男性の求めるまま応じてしまう

不倫 相手 が 好き すぎる

「奥さんにはできない癒しをしてあげたい」

と思う女性は多いはず。

だから既婚男性が求められる事をついつい全て聞いてしまう、なんてことをしていませんか?

既婚男性がセックスを求めてきて、自分は本当はそんな気分じゃなくても応じてしまったり、突然連絡がきて会いに出かけたりとあなた自身は「彼の求めに応じてあげている」と思っても、相手から見れば「都合の良い女」としか見ていません。

冷静に考えれば相手のわがままと思えることも、恋愛感情が入ってしまうと客観的に見えなくなってしまうもの。

既婚男性のお願いを聞いてあげないと

・もう会ってくれないんじゃないか。
・嫌われてしまうのではないか。

と考えがちになりますが、それは全く逆です。

男性からはお願いを聞いてくれる都合の良い女としか思わなくなり、あなたの事を大切にしません。

「でも彼が会いたいって言ってきているし・・・」

と思っているようでは、彼はあなたに本気になってくれません。
彼の事がどんなに好きでも彼の態度が

・突然会いたいメールは来るけど、こっちから会いたいと言っても返信がない。
・デートはもっぱらホテル
・返信がかえってこない
・約束してもドタキャンが多い

あれば完全に都合のよい女扱いをしています。

相手にとって本命の相手であれば、時間をなんとか空けようとしますし、会えない場合はメールやLINEにフォローの返事があります。

付き合っても心のどこかで、

「こんな私でも彼は愛してくれる。」
「こんな私は2番手で十分。」

と思っていませんか?

自分に自信がないから相手の顔色ばかりをうかがってしまい、無意識に既婚男性のペースに合わせてしまうのです。

2-1:都合の良い女から卒業するためには

既婚男性の求めに応じてしまいがちな方は、まずは自分を大切にすること。
まずは

・彼に合わせすぎない
・嫌なものはイヤだと声をだす
・友達の約束が先であればそれを優先する
・彼から返信がなくても気にしないようにする

それともうひとつ、世に流通している「恋愛」「不倫」の固定観念をなくすこと。

『幸せな恋愛はこういうもの』『不倫はこういうもの』と枠組みを作り上げてしまって、自分をその中に押し込んで相手に合わせることになり、結果自分はハッピーになれず、男性も逃げていくのです。

言い換えれば、相手の好みに合わせて、本来の自分が出していないことは「あなたらしさ」を奪い続けると同時に自ら幸せを放棄しているということ。

相手に合わせるのではなく「ありのままの自分をだす」これが自分を大切にするということです。

本当のあなたを相手が受け止めてくれなかったとしたも、それはその人とは縁がなかっただけのこと。
自分が悪かったなどと思わないでください。

今は辛くても必ずどんな人にも「運命の人」との出会いは用意されています。

筆者も周りの友人も辛い恋愛をした後には、運命の人との出会いがありました。
辛い恋愛は糧となり、やがて付き合う相手の格があがっていき、最終的には素敵な異性と巡り合うことができます。

今現在、不倫をしてこの先未来がないと落ち込んでも、ある時に出会いが必ずまっています。
不倫という経験は、素晴らしい人に巡り合えるためのレッスンと考えてください。

だからこそ、自分が幸せになるために「相手に合わせる自分」を捨てること。
これが幸せに近づく一番の近道です。

3.離婚してほしいと迫る

不倫 相手 が 好き すぎる

不倫の期間が長くなると、初めの頃の割り切り感がなくなっていき相手の事を独占したくなってきます。

「堂々と付き合いたい」
「周りから認められる関係になりたい」
「いつまでこんな関係が続くの?もういい年齢だし結婚したい」

そのような欲が徐々に大きくなっていき、心が不安定になって相手に「奥さんといつ離婚するの?」と彼を追い詰めていませんか?

離婚は相手(妻)との合意がないと進めることができませんし、色々と手続きもかかります。
慰謝料や養育費、また世間体を考えると大きなデメリットがあります。

あなたの事を本気で好きであっても中々できないのが実情です。

せっかくお互いが会えても、毎回離婚を迫られてしまうと男性は重荷を感じてしまい、あなたから離れていきます。

3-1:不倫相手が離婚する気があるのかはここを見る

「奥さんとは離婚するよ。」
「君と一緒になれたら楽しいだろうな」

なんて言っているうちは今の関係を続けたいために気を引こうとする常套文句です。

実際に離婚をしようと考えている男性の場合は

・具体的な期間出して離婚すると言っている
・休日、夜関係なく連絡がとれる
・週末、祝日でも会ってくれる
・一緒にデートしても人目を気にしていない
・セックスないデートもある

という行動をとるパターンが多いです。

彼に離婚を本気で考えてほしいならば、

「いつになったら別れるの!」
と感情的に言うのではなく、

「これからの事をもっとよく考えて欲しい。」と
冷静に話すようにしてください。

話した後はしばらく彼とは少し距離を置き、連絡を減らします。

それっきり相手から連絡がなければ離婚するつもりがないということ。
その場合は、潮時と考えてすっぱりと相手との関係をきる事をおすすめします。

「彼の事が好きだから」
とまた同じ関係に戻っても何一つ良いことはありません。

相手の男性も
「離婚しないことは承知の上で付き合っているんだよね。」
ととられてしまいますよ。

4.まとめ

不倫相手が好きすぎてしまう原因は、どんなに頑張っても手にはいらないため普通の恋愛よりも執着しやすく、また奥さんという存在がいるため完全に独占できないため、不倫相手にはまりやすくなります。

彼の事を独占したい、離婚してもらいたい

と考え続けているとさきほどの3つの失敗につながってしまいます。

相手が好きすぎて心が不安定な方は

「何もかもすべてを失っても本当にこの人で良いのか?」

を一度考えてみてください。

不倫は限られた時間しか会うことができないため、相手のダメなところが見えずらく、良いところしか見えません。

実際、不倫相手が離婚するにあたり関係がダメになったケースも多くあります。

不倫は相手の良いところしか見えない都合の良い恋愛であるという事を忘れないでくださいね。

こちらの記事もぜひお読みください。
不倫相手との未来はあるのか?とお悩みの方に判断すべきポイントをご紹介しています。

>>不倫に未来はある?と悩んだら冷静にみるべきこと

関連記事一覧