気づいたら何年も…不倫から抜け出せない女性のある特徴とは

不倫 抜け出せない
既婚男性との不倫

始めは割り切った付き合いでも、ズルズルと不倫関係を続けてしまっている独身女性は意外といます。

もう別れた方がいいと頭ではわかっているけれども、中々不倫関係を終わらせられない、抜け出せない…。

そうなってしまうのは、3つの心理が深くかかわっているから。

これを読んでいるアナタも、この3つの心理のどれかに引っかかっているから不倫から抜け出せないのかもしれません。

今回は不倫から抜け出せない方の3つの特徴をまとめています。

1.中々手に入らないものに「執着心」をもってしまっている

不倫 抜け出せない
不倫をしている女性側からしてみれば、「相手の既婚男性の事を自分は愛している」と言う気持ちはわかります。

しかし、「好き」「愛している」気持ちの他に゛いつか彼の事と結婚する”つまり相手の家族から彼を奪う「執着心」はありませんか?

不倫という関係は、相手は既に他の女性と結婚しているため、本来であれば結婚できない(手に入らない)ものです。

人は中々手に入らないものに対し、「いつか自分のものにしてやる」という執着心が徐々に芽生えてきます。

特に女性の場合は、「遊ばれた」という関係は認めたくないもの。
だからこそ、相手を本気で手に入れたいという感情が強くなり、相手も家族と別れるほど自分に惚れてもらわないと気がすまなくなりがちです。

不倫は「執着心」が生まれやすい土壌をもっています。

それは恋の切ない気持ちと我慢している苦しみの気持ちの性質が似ているから。

学生の頃、恋をしたときにこんな気持ちがありましたよね。

・告白をしたいけれども勇気がなくて言えない
・ちょっとでもいいから彼の姿が見たい
・挨拶だけでもいいから彼を話ができたら…

「えっ?なぜ不倫と似ているの?」
と疑問の思う方は多くいるはずです。

なぜこの2つの気持ちが似ているのかは、「手に入らない距離感」があるからです。

既婚男性には仕事の他に家庭の事情もあります。女性側がすぐに会いたい、連絡をしたいと思っていても、それはできませんよね。

つまり手に入らない距離があり、その距離によって苦しめられます。
その距離感に耐えきれなくなり、別れてしまうケースが多いのですが、既婚相手の男性から大事にされたり、優しくされたりすると、「自分は奥さんよりも愛されている」と優越感を感じるようになり、それが執着心が芽生える元となります。

彼とは結婚はできない、でも彼から愛されているという「飴と鞭」状態が繰り返されることで、「彼を失いたくない」気持ちが強くなり、また長く付き合えば付き合うほど、「今までの時間を無駄にしたくない」とさらに執着心が芽生えてしまうため、ますます不倫から抜け出せなくなってしまうのです。

もじご自分が相手に対して「執着心」を持っているならば、そのエネルギーを仕事や趣味、新しい出会いに向けてみる事をおすすめします。

不倫 抜け出せない
筆者も過去に不倫をしたときに、本当に手に入らない事に焦りや不安から相手への執着心がありました。

執着心の奥底には「相手に自分を幸せにしてもらいたい」という気持ちがあるはずです。

だから相手に執着を持ってしまう。だから相手に幸せにしてもらうのではなく、自分で自分を幸せにする気持ちに切り替わることで、相手に頼ることもなくなり同時に執着心もなくなっていきます。

筆者の場合は、相手と会えない時には仕事や趣味など強制的に相手の事を考えないように自分のキャリアを伸ばしました。

初めは中々うまくいきませんでしたが、仕事の量を増やしそれを必至にこなし続け、資格も同時にとる事で上司から認めてもらい、自分自身を称賛することで既婚男性の彼との関係にこだわらなくなってきました。

不倫当時は辛い気持ちが多かったのですが、それをあえて「自分自身を幸せにする」気持ちに切り替えた事で、彼との関係はすんなり終わり、現在ではフリーランスになり、自分一人でも十分食べていける生活を手に入れています。

執着心からの恋は、何一つ自分を幸せにすることができません。

筆者の他にも、インタビューで伺った30代前半の独身女性も5年ほど不倫をし、いつか奥さんと別れるかも…と思っていても、結局相手が離婚をしてくれなかったため、「今までの関係って何だったんだろう。20代の大事な時間が無駄になった」と後悔しています。

不倫相手に執着を持ったとしても、相手はあなたを幸せすることはありません。

その現実をしっかり理解し、自分で自分を幸せにする目標を持てば必然的に不倫から抜け出す事は可能になります。

関連記事:

>>不倫に終止符をうちたい。体験談から見る不倫の終わらせ方
>>不倫の不安を抱えると不幸体質に!防ぐための3つの方法

 

2.自分都合に解釈を持ってしまっている

不倫 抜け出せない
不倫をしているとこんな感情を抱いたことはありませんか?

・奥さんには女として負けたくない
・自分の事をもっと大事にしてほしい
・こんなに自分は彼に尽くしているんだから自分のものになってほしい

彼の奥さんに対して申し訳ないという気持ちよりも、なんでそんなにうまくいっていないならば、別れないんだろう。
きっと奥さんが縛り付けて彼を苦しめているのかも…という気持ちを持っているならば、残念ながら自己都合な勝手な解釈をしていると言わざるをえません。

本当に彼の言う通りに夫婦間がうまくいっていないのであれば、別居等なんらかのアクションはおこしているはずです。

例え、子供が大きくなってから離婚すると言ったとしても、本当に一緒にいて不快であったとしたら、子供がいるとしても一緒に暮らす事はできなくなります。

両親が毎日ケンカをして、仲が悪い空気が漂っている家庭の中で子供はどう思うでしょうか。

実際に元旦那さんの浮気で離婚した筆者の知り合いの女性は、親の醜い姿によって子供の心がこれ以上傷つかないように、きっぱり離婚を決意したと言っています。

奥さんとうまくいっていないと言いつつ、妻が待つ家に帰っている時点で、その家庭は壊れていません。
実際、夫婦の営みもしっかりしている円満な家庭である事が多いです。

円満な家庭
不倫をしている女性は、これ以上自分を悪者になりたくない、傷つきたくないという気持ちから都合のいい解釈をしがちになります。

自己都合の解釈になぜしがちになるのか、それは相手と一緒にいれば自分は「女」なることができるから。

それは「自己愛」です。

自分勝手な解釈をした愛情しか持っていないから、同じような自分勝手な男性を引き押せてしまいます。

もし、相手の既婚男性が本当に付き合った女性を愛しているのであれば、離婚または付き合った女性との別れなど誠意をもって決着をつけるものです。

決着がつけらないのは、そこまでその女性への愛情と覚悟を持っていない証拠がでているわけです。

はっきり言ってしまえば「奥さん以上の女性ではない」ということ。

その事をわかっていても自分都合に解釈を持ってしまっている女性は、目の前の現実と同時にこれから先の自分の未来が冷静に見えず、視野が狭くなっているため、認めようとしません。

自分都合で解釈をしても、彼はあなたの事を幸せにはしてくれません。

不倫から抜けられないと悩んでいるならば、「理性」をまずはもつこと。
不倫はよくないものとは頭ではわかっているはず。自分都合に解釈をするのではなく、今の彼が離婚していない現実を見て、会うこと、連絡をすることを止める勇気が必要。

どんなに辛いと思っていても、逆にこれが辛い不倫から解放される一番の近道という事を覚えておいてください。

関連記事:
>>不倫の切ない気持ち。経験者の人たちはどう解消したの?
>>不倫で悩む女性に相手の男性が「本気」かどうかの見分け方

 

3.ドラマチックな恋愛に憧れてしまっている

不倫 抜け出せない
不倫は決して人前には出られない秘密の恋愛。
この不倫にはまりやすいのが、ドラマチックな恋愛に憧れを持っている女性です。
恋愛小説・ドラマなどに感情移入をしてしまう女性は背徳感ある恋愛に憧れを持ち、叶わぬ恋に酔いしれてしまい、不倫へのハードルも下げてしまいがちになります。

同時に同年代や年下の男性は子供っぽさを感じて興味を持てず、精神的、経験的に魅力を備えた年上の男性に惹かれる傾向があります。

いつでも会えるわけではない、限られた時間や場所でしか会えない秘密の関係であり、周りにバレてしまったら終わってしまう関係に、スリルや背徳感を感じてしまい、それが癖になって普通の恋愛では物足りないと感じてしまっているのが不倫から抜けられない大きな原因。

しかしその裏には、実は本当の意味で人を愛していないのが根底にあることを気づいていないため、スリル感や背徳感ある不倫にはまっているだけなのです。

どういう事なのかというと、不倫は正直な話「いいとこどりの関係」。
相手の嫌な部分や生活の部分は無視して、楽しい部分だけを味わえるから。

相手の既婚男性はパリッとしたシャツをきて、素敵と思いますよね。
でもそのシャツは奥さんがアイロンをきちんとかけているからこそ、彼を身だしなみが整い、素敵な恰好であなたの前に現れることができるのです。

相手が本当に好きであれば、相手のいいところだけでなく、ダメなところも含め自分が引き受けたいと思うもの。

ドキドキ感やカッコいい彼との付き合いに満足してしまっているならば、残念ながらそれは本当に彼を好きになっているのでなく、みかけだけのドラマのような恋愛をしたいと思っているだけ。

当然ながら、相手の事を十分に理解しているわけでないので、相手の狡さも見抜けずズルズルと不倫関係が続いてしまい、あげくの果ては既婚男性の奥さんにバレてしまったりとリスクが上がってしまうだけで、自ら不幸の穴に落ちてしまうようなものです。

相手の既婚男性もあなたの事を都合よく見ており、自分の欲のために「妻とはうまくいっていない」と嘘をついて、あなたを引き留め肉体的関係を続けようとします。

初めはドラマチックでドキドキしたものであっても、あなたにとっては幸せでない事はわかりますよね。

相手は家庭を持っているので、クリスマスや正月、長期休暇は会えません。
一人で過ごす現実によって、次第に自分が思っていた事と違ってきて、不安や焦りに悩まされる毎日になっていきます。

不倫は普通の恋愛よりもドキドキ感はあるのはゆがめません。
しかしそれ以上に、辛さや孤独感に悩まされるのが不倫。

取材したある女性も、ドラマチックな海外ドラマが大好きで、好きだったある俳優さんと雰囲気が少し似ていた既婚男性の事が好きになって、不倫関係が始まり、次第に不倫の辛さに悩んでいました。

彼はとても素敵だから、自分から別れられないと初めての取材当時は言っていましたが、あえて別れられないと言っても、彼は既婚者だし、あなたも他の男性に目を向けて新しい出会いを作ってみたら?と提案をしてみました。

その意見に彼女は納得はしていないようでしたが、半年後にある社会人サークルで一緒にスポーツした独身男性と仲良くなり、その人が気になりだしたと言ってきました。

正直人生とはわからないものですが、他に目を向けて新しい事をしてみたり、出会いを求めていったりすると、彼女のように思わぬところで出会いがあることだってありえます。

幸せな自分を送るならば、不倫という都合のいい関係から足を洗い、自分からアクションをおこす事で、未来は変わってくるはず。

最後にまとめですが相手に幸せにしてもらうのではなく、自分が自分で幸せにする、この気持ちがあるかないかで、付き合っている既婚男性への気持ちも変わってくるはずです。

関連記事
>>既婚男性が本気になったらどうなる?離婚はしてくれるのか?
>>不倫は普通の「恋愛」の感覚でいると必ず失敗をする。その理由とは
>>不倫の相談は友人や同僚にしてはいけない!こんな顛末になる!

 

関連記事一覧