30代独身のまま。寂しい人生かもと悩む女性への処方箋

独身 寂しい
恋愛悩み

スポンサーリンク

30代になると自分の周りの友人、会社の同僚はどんどん結婚していく一方で自分は彼氏もいないし、恋愛もご無沙汰。

本当は恋もしたいし、結婚もしたいのに周りに相談もできず、会社や友達の前では明るく振舞っているけれど、休みの日は独りぼっちで、楽しそうに歩いているカップルや家族連れを見ると、とても辛いので下を向いて歩いてしまう・・・。

まるで私だけが幸せから見放された感じで、毎日がとても辛いと感じている独身女性の方に、今回は3つの処方箋をご紹介します。

独身は孤独感や不安感、そして将来の不安でつらく感じる事が多いですが、ほんの少し考え方を変える事で、今よりもずっと楽になれます。

決してあなただけ不幸ではないという事をぜひ知って欲しいですね。

1.独身女性の多くが孤独感や将来の不安をかかえている

独身 寂しい
会社や結婚した友達の前では気丈にふるまっても、ひとり家にいるとどうしても寂しさで心がいっぱいになり、とても辛く感じてしまいますよね。

かつて筆者も同じような経験があります。

自分は毎日変わらない生活なのに、まわりの友達はなぜか自然と結婚していき、話す会話も合わなくなってきて一人浮いているような感じで、心が締め付けられた事があります。

ネットの書き込みでも、あなたと同じ悩みを持った女性は数多くいます。

「私も30代・独身・彼氏無しです。おまけに今無職です(大号泣)。
失職する迄は「正規で働いている事」だけを、心の支えにして日々過ごして来ました。
心の最後の砦であった「職」まで失った今、自分の存在価値なんて何処にも見出せません。
街行く幸せそうなカップル・家族連れの姿…、もうたまりません。
私は目立たない様に端を歩きます。犯罪者でも無いのに。」

「わたしはカレシいないし、友達はみんな結婚したし、
しかもわたしが結婚しないのは「選んでるからでしょ」「理想が高いからでしょ」と
まるでわたしが悪かったといわんばかりに、同級生(同じ年の人)さえ言います。」

「30代半ば独身女です。平日は職場と家の往復だけ、休日はほとんど1人で過ごしてます。友達や同僚が次々に結婚、出産していきほんと取り残された状態で辛いです。周りももう結婚はしないだろうと思ってるみたいで正直悔しいです!見返してやりたいと思うけど全く結婚の予定なんてないです。子供はぜひ産みたい、親に孫の顔を見せてあげたいと思うと年齢の事もあって正直焦ります。この先不安でいっぱいです。」

発言小町より

人それぞれ事情はありますが、あなたと同じように普段は何事もないようにふるまっているけれども

「自分は負け組かも」

と思い悩む女性は非常に多いです。
そうあなただけではないということ。

結婚できない焦りや不安を持ちつつ、中には30代後半、また40代でも結婚した女性もいるのも事実です。

「25歳から10年くらいパニック障害でずっと悩んで、自分が嫌いでしかたがなかったからアルコール依存になりかけたけれども、人生は一生同じではないという事がわかりました。
こんな自分でも、今は今優しい夫とかわいい子供がいます。絶対にずっとこのままなんてないから。
あきらめないで前をむいて歩いてください。」

筆者自身も暗い30代でしたが、30代後半にはふとしたきっかけで好きな男性を見つける事ができ、「人生捨てたものじゃないな」と感じています。

彼氏もいない、結婚できないと思い悩む方は、今はただ良い機運がめぐっていないだけです。

「私も36までずーっと独りでした。職場でもあからさまに独身ということを馬鹿にした態度をされたり、みんな結婚してだんだん気軽に会える友達が
減っていき、見えないトンネルの中で悶々としている感じがしていました。
でも人生何がおこるかわからないものです。
36の誕生日が過ぎた時、突然の出会いがあり4ヶ月で結婚しました。
ちなみにパソコンの講座で出会いました。」

このままずっと独身じゃないかって悩んでいて、出口の見えないトンネルの中にいるような感じですが、ふとしたきっかけは必ずあります。

今の独身で寂しいという気持ちを大事にしつつ、「いつか幸せになれるように」と心の中で祈り、昨日より今日、今日より明日と自分を少しずつ変える事で大きなチャンスはめぐってきます。

家でふさきごんでいるだけでは、何も変わりません。

まずは家でひとり悩んでいるなら、天気のいい日に散歩をしたりと外の空気をすうだけでも、ストレス発散になります。

歩くだけでもいいんですよ。

太陽の光にあたるだけで、セロトニンという幸せホルモンが自然と分泌されてくるので、心もおだやかになれます。

筆者も、気分が落ち込んでいた時は近くの公園まで散歩をよくしていました。
自然と心が穏やかになれましたし、ちょっとは何かをしてみようかなという気分にもなれました。

将来の不安、結婚への焦りは独身女性ならば誰でもかかえている問題です。

決して自分だけがと思わずに、その寂しさとどう立ち向かうかが、いい女性になる要素となります。

筆者の私も「寂しさ」「孤独」を知ってからこそ、人の気持ちを大事にするようになれましたし、そのおかげで出会いにつながっています。

ほんの少しでもいいので、今の自分より前向きな自分になろうと思う事で、人生は少しずつ変わってきますので、決してあきらめない、絶望をしない事がとても大事です。

★関連記事

>>彼氏ができないと悩むアラサー女子へ不安を解消する3つの考え方
アラサーになっても彼氏ができず、結婚もできずに独りぼっちで暮らしていかないといけないのか、と焦りや不安が押し寄せていませんか?
そのようなお悩みを持つ方に不安を解消する3つの方法をご紹介します。

>>「彼氏がいない」寂しい気持ちで悩む女性に自分が変われる2つの方法
周りの友達は彼氏がいるのに、自分だけがいない。
出会いを求めて色々参加したけど、何のきっかけもつかめないし、誰も私の事を好きになってくれる人がいない・・・と不安感や寂しいと悩んでいる女性に2つの改善策をご紹介しています。自分に何が足りないのかと同時い前向きな気持ちに切り替わるはずです。

2.女性だけじゃない、男性も同じ悩みをかかえている

独身 寂しい
独身で寂しいのは何も女性だけではありません。
男性も同じです。

「家庭に束縛されず自由に生きたい。」
「一人で過ごす時間を確保したいから。」

と言っている男性の心の奥底は実はこんな心境をかかえています。

「仕事も頑張って趣味も充実しているけれど、自分の家に帰っても、待っているのは放置した衣類や食器、そして静寂。
ずっと独りでいるのは、人生が寂しい。」

男性も一番寂しいと感じるのは、家に帰っても誰もいないので晩御飯もひとりぼっち。

また風邪を引いたりと体調を崩して、心身ともに弱ると「独りが骨身にしみる」との意見もあり、また最近マスメディアで報道されている「孤独死」のドキュメンタリーを見て、「もしかして自分の事かも・・・」と思っている人が多くいます。

筆者の知り合いの独身男性も

「やっぱり周りの仲間がどんどん結婚していくので、正直焦りがあります。でも自分の職場は男ばっかなので、出会いがなくて・・・
でも男が婚活なんて、なんかちょっとカッコ悪い感じがして。」

あえて会社の同僚や友人には独身を謳歌している雰囲気を出しているけど、実は結婚したいと考えている男性は結構います。

スポンサーリンク

自分の周りに出会いがないから、どうすればいいのか悩んでいるのは男女共通の悩みなのです。

3.周りにいなくても、実は独身男性は意外なところに多くいる

独身 寂しい
実はさきほどの彼のように、男性の多い職場の場合は出会いがなくて困っている人が結構いるとのこと。

男性が多い職場は
・建設業
・運輸業
・SE(システムエンジニア)
・自衛隊
・警察官、海上保安官
など警察官は7.5%、自衛官は6.0%程度しか女性がいません。

結婚をしたいと考えている女性の中には、男性の多い職場に転職して結婚した方もいます。

「30代以上で独身、しかも寂しくて消えてしまいたいと思うみんな、
今からとにかくバイトでもパートでもいいから、
男性の多い業界で働いて!
私は建設関係の会社に入りました。
建設業は男ばっかり!
30代の、そこそこ稼ぐ男がいっぱいいますよ!
35才で建設業界に飛び込んだ私は、いきなりモテモテでしたよ。
そこで知り合った4才年下の人と36で結婚し、37で出産できました。」

知り合いの女性は運輸業に転職し、そこで一緒に仕事をした男性社員と結婚をしています。

運輸業は、アマゾンや楽天などのEコマースの市場が急成長したため物量が増加し、圧倒的な人出不足。

大手のヤマト運輸では、入社するドライバーは全て正社員として採用し、また宅配ドライバー以外の契約社員の雇用制度も見直し、事務などの担当するフルタイム契約社員もスキルや仕事への姿勢など一定基準を満たした人(約2,000人)は正社員になっています。

また自衛官の場合は、職場の9割が男性なため出会いがない事と、転勤など環境の変化も多いため、職場結婚はそれほど多くはなく外部での出会いを求めている実情があります。

こちらで独身の自衛官はどのような女性と結婚をしたいのか?またはどこで自衛官と会える事ができるのかをまとめています。

>>自衛官と結婚を考えている方に、どんな女性が自衛官と向いている?

4.出会いをひろげるチャンスをつくるには

独身 寂しい
男性の多い職場には憧れるけど、今の仕事はやめられない、すぐには転職できない、また仕事自体に興味がわかないから、という方もいるはずです。

でも自分の周りはすでに既婚者ばかりで、全く出会いもないという場合はネット婚活を利用するのも出会いを広げる大きな力となってくれます。

「ネット婚活なんて怪しい」
「会った事もない人とどうやってうまくいくの?」
「だって婚活ネットやアプリで詐欺事件とかあったじゃない。」

と心配に思う方もいるはずです。

意外な事ですが、婚活サイト・アプリを利用して結婚した割合は、今や婚活パーティーや結婚相談所で結婚したケースに追いつくほど、急激に伸びているという結果が、リクルートが運営している「ブライダル総研」の調査で明確になっています。

graph02
婚活サイトや婚活アプリは、セキュリティがしっかしているところに登録し、注意点を守って利用し、また詐欺や遊び目的の男性にはある特徴があります。

使うのが心配な方は、まずはこちらの記事を読んでおくと、既婚者や遊び目的の男性も混じっているリスクや詐欺などの犯罪からどう回避すればよいかがわかります。

>>マッチングアプリですぐライン交換する男性は要注意!

>>SNSの出会い系詐欺は巧妙!被害にあわないようにするためにはどうすればよいのか、3つのパターンをご紹介

実際にネット婚活をした人に聞いたり、ネットの口コミを見たりすると、なぜネット婚活をしたのかの大きな理由は

・自分がいる環境では出会う事がなかった人と会えるから

・様々な人がたくさん登録しているので、自分と合いそうな人と出会えるかもしれないから

という答えが多くでました。

ネット婚活は結婚相談所に通うより安い、自宅にいながら相手を探せるとの事で女性の利用者が増えていますが、男性も同様、また「婚活しているのを知られたくない」と思っている人も多くいるので、年々利用者が増えています。

筆者や友人は「ペアーズ」を利用しましたが累計会員数が1,000万人いるわけで、色々な男性から「いいね」をもらって、メッセージのやりとりをしました。

ペアーズの場合は男女比が7:3と男性が多いので、女性は「いいね」がもらいやすいです。

ペアーズが認知される前は20代の若い会員層が多かったのですが、今では30代、40代の方も登録していて、非常に幅広い年齢層になっています。

また何よりも趣味や価値観が合う人を探せる事ができるので、筆者の場合は大好きな「映画」「海外ドラマ」で検索して結構色々な人とメッセージをして、
「○○のドラマは楽しかったよ。見てみたら?」と情報交換もできました。

家でひとりで寂しいと感じるならば、ネット婚活やマッチングアプリをやってみる価値はあります。

メッセージのやりとりで寂しさもなくなりますし、こんなに多くの人が独身で恋愛・結婚相手を探しているんだ!と自分自身落ち込む事がなくなってきます。

「将来が不安、一人ぼっちで一生過ごすのかな」
と思っている方は、今の現状から動けていないからマイナスの考えになりがちです。

自分は行動力がない、人と積極的に会う勇気がないと感じている方は、ネット婚活やマッチングアプリを使ってみて、まずは友達でもいいので作ってみると、少しずつ生活にハリができ、楽しくなってきます。

ペアーズは男性は有料ですが、女性の場合は無料で使えるありがたいシステムです。

彼氏が中々つくれなかったならば、友達を多く作るという形からにしてみると、意外な出会いがたくさんあるはずです。

何もしないでこのまま過ごして後々後悔するよりも、ほんの少しのアクションで、あなたの人生は変わってきますよ。

>>pairs(ペアーズ)公式サイト

Pairsの登録方法をこちらの記事にてわかりやすくまとめています。
また男性からメッセージがたくさんくるためのプロフィール作成のコツも多してしています。

>>Pairs(ペアーズ)の登録方法と魅力的なプロフィール作成のコツ

こちらの記事も読まれています。

>>30代女性が異性と出会っても恋愛がうまくいかない理由はここにある
自分は一生独身なのではないかと不安をお持ちの方に、男性との恋愛がうまく行かない原因とどう改善していけばよいかをご紹介しています。

>>自然な出会いを夢見ている女性ほど恋愛が遠のく理由とは?
自然な出会いで恋愛から結婚は女性だったら誰もが望むものですが、それを夢見ていると恋愛や結婚が遠のく理由にも。その原因と解決の糸口をまとめています。

>>彼氏ができないと悩むアラサー女子へ不安を解消する3つの考え方
このまま誰とも付き合える事も、結婚もできずに独りぼっちで暮らしていかないといけないのか、と焦りや不安が押し寄せていませんか?
そのようなお悩みを持つ方に不安を解消する3つの方法をまとめています。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧