バツイチ男性は恋愛はとても慎重。でも結婚したいと考える女性像とは

バツイチ 恋愛 男性
婚活成功

バツイチ男性は、独身男性と比べて結婚した経験があり、大人の男性としての余裕もあり、また育児をした経験を持っている方もいるので、家事や子育てにも協力的な人が多いです。

またもう一つの大きなポイントは、やはり女性に対する扱いがうまいという事ですよね。

一緒に食事する時もきちんとエスコートができたり、女性との会話も上手な人も多いので、婚活市場でもバツイチ男性は人気があがっています。

時には好きになった、お付き合いしている男性がバツイチという場合もあるでしょう。

バツイチとの男性の恋愛は、離婚したことで結婚に対しては、少し後ろ向きな心理を抱えており、結婚歴のない独身男性より、結婚への考え方が現実的であり、腰が重いというのが難点。

今回はバツイチ男性が恋愛したい、そして結婚を考える女性はどんなタイプなのかを実際に聞いてまとめています。

バツイチ男性とお付き合いしている女性、またはバツイチ男性とお付き合いを考えている、付き合ってみたいと思う女性の方は参考になるはずです。

 

1..バツイチ男性は結婚を見据えた恋愛には非常に慎重。だから結婚をせかさない事。

バツイチ 恋愛 男性
婚活中の女性にはショックな事ですが、バツイチ男性はお付き合いはできても「結婚」をする事には非常に慎重です。

その理由は「離婚」という大変な経験をしているので、結婚自体に疲れているから。

筆者の知り合いのバツイチ男性も

「例え婚活で知り合った女性とお付き合いしたとしても、お互いの性格が合って、この人だったらと思わない限り、結婚はちょっと難しいな。
やはりある程度の期間、しっかりお付き合いしてから、プロポーズするかどうか決めると思う。」

と言っていました。

彼が言った理由は、相手の女性との相性の確認もそうですが、実は前妻とお子さんとの関係もあるからです。

離婚をしたからと言って、前の家族との関係は途切れたわけではありません。
一番気になるのが子供のこと。

「夫婦の問題で子供には可哀想な思いをさせているので、できるだけ何か手助けはしたい。しかし再婚したら子供と、どう接すればいいかわからなくなる。」

という意見もありました。

独身女性からの立場から見れば、その気持ちはわかるけど、私だって結婚して子供を産みたいのに・・・

と思う方はいらっしゃるはずです。

インタビューでお話を聞いたバツイチ男性(36歳)の意見で

「僕は3歳の息子がいるんだけども、彼女にはもう少し待ってくれと言っている。まあ初めは納得いかなくて、怒っていたけれども、せめて息子が小学校あがるまでは、結婚は待ってて欲しいとお願いしている。
離婚をしてるけども、まだ父親が必要な時期だし、正直一緒にいてあげられないけど、できるだけの事はしてあげたい。
彼女も納得してくれて、まあ本当は納得したフリかもしれないけども、いずれは彼女と結婚しようと考えています。」

また実際、養育費や、離婚の際の財産分割や慰謝料の問題をかかえている人もいます。

新しい人生は踏み出したい、でも現状はすぐにはできないという方が多いのではないでしょうか。

お付き合いした場合、結婚を焦らず、相手の男性に「一緒にいるだけで幸せ」と言う気持ちをお伝えするのが一番です。

一度結婚に失敗しているからこそ、次の結婚は慎重にならざるを得ないという事を理解し、広い心で待つ女性こそバツイチ男性が結婚したいと思う人とも言えます。

筆者の先輩女性も、バツイチ男性と9年間のお付き合いを経て入籍をされました。
前妻のお子さんが成人するまで養育費を払わねばならず貯金がないこと、そして先輩女性と生活をしても困らないよう、3年ほど必死に働いて貯金を作りたいということで、結婚まで9年かかったわけです。

彼女曰く

「彼と結婚するまで9年かかったから、長いと言えば長いけど、彼は彼なりに一番の方法を考えたんだと思う。
途中、他の人と付き合った方が…とは思ったけれども、彼の苦労を見て一緒にいなきゃ、と思っちゃって。
お互いあまりお金がなくて、贅沢なデートはなかったけど、今となってはいい思い出いっぱい作ったし、彼と言う人間性も十分理解できたしね。」

彼女のように見方を変えれば、恋愛が長く楽しめる事にもつながりますので、お互いが独身のうちに素敵な思い出をたくさんつくっていくのが一番の良い方法ではないでしょうか。

いい思い出を一緒に作ることで、より男性側もその女性を大切にしたいという思いが強くなっていきます。

 

関連記事:バツイチ男性が再婚を決意するには2つのきっかけがある!
バツイチ男性とお付き合いいる場合の女性の悩みの多くは彼がどんな風に思って私と付き合っているのか知りたいのではないでしょうか。
バツイチ男性が再婚を決意した2つの事例から、どのような事から決意したのかをまとめています。

2.バツイチ男性は「大人として自立した女性」を求める

バツイチ 恋愛 男性
バツイチ男性の場合、独身男性よりもより「自立した女性」を求めます。
結婚の大変さを経験しているので、心がしっかりとした女性でないとうまくやっていけない事を知っているからです。

依存する女性だと男性側も重荷に感じてしまい、付き合ったとしても結婚は考えてくれない可能性もあります。

現実的なお話ですが、協議離婚であってもマイホームなどの財産処分や、子供の養育費の問題があります。

筆者の友人で、離婚され数年後再婚した男性も、お子さんが2人いたので養育費がおおおよそ8万円ほど、毎月支払っています。

「再婚した嫁さんには申し訳ないけれど、働いてもらいたいとお願いはしました。養育費の減額はできましたが、今の嫁さんとの間に子供がいるので、僕一人では生活が難しくて・・・。
でも彼女は『私働くの好きだから。』とフルタイムのパートをしています。家事、育児、仕事で本当に大変で苦労かけさせていますが、僕もできる限り手伝って生活しています。」

バツイチ男性のお嫁さんになるには経済的にも自立し、ある程度のタフな力がないと中々務まらない場合が多々あります。

優しくて素敵だから・・・恋愛時代のような浮ついた気持ちでは、家庭はうまくやっていけません。

バツイチ男性とお付き合いして結婚を考えているならば、結婚後も仕事を続け、家事もやれるというタフさも必要です。

3.バツイチ男性は「包容力のある女性」に強く惹かれる

包容力
バツイチ男性は心のどこかでは、結婚経験がまだない女性とのお付き合いに対して申し訳ない気持ちを持っています。

つまり負い目を感じており、それが結婚を遅らせる理由にもつながっています。

また前妻との子供さんもいれば、養育費を支払わないといけない。仕事も必死にやらないといけないと考えているので、時にはストレスで疲れ切ってしまう場合もあります。

そんな時に、「この人のためになんとかしたい」といった前向きの思考で優しく労ったり、゛そっとしておいてほしい”という男性の気持ちを汲み取り、何も言わずにそっと見守るあたたかさを持っている女性と、一緒に暮らしたいと多くの男性は思っています。

「男って強そうで、実は弱いんですよ。そんな時に包容力がある女性といると弱音や本音を話せた事で、゛ああこの女性は自分の事を理解しているだ。”と安心ができます。」

包容力がある女性は、男性にとって精神的に頼れる存在。そして家族を持つ時にも、いなくてはならない存在にもなります。

4.前妻、子供の関係を認めてくれる女性

バツイチ 恋愛 男性
これは中々難しい事ですが、例え前妻の原因で離婚につながってしまったとしても決して悪く言わず、また嫉妬や詮索はご法度です。

離婚をしたとしても子供さんとは切ってもきれない関係であり、もちろん金銭関係も続くので、結構前妻とお子さんの問題でもめるカップルは多いです。

「バツイチ子供あり。養育費は支払っており、子供は前妻が引き取っています。
お付き合いして2年経つ彼女がいます。
付き合い当初から彼女は当方の子供の存在も知っていました。
最近、結婚を意識するようになり、結婚に向けての話し合いを幾度となくするのですが、その度に
『前妻との子の存在が受け入れられない。
消えてしまえばいいと思う』
と言われます。
私は、
『受け入れられないのなら、無理しなくてもいい、フォローは万全にするから』
と説得するのですが、埒があかず。話し合いの度に彼女が泣き出し、もう無理だと別れ話にまでこじれます。」
発言小町

実際結婚してからも、この問題が続く場合があります。

前奥さんとの子供に対して、バツイチ男性は父親の責任や義務があります。
それを彼が果たせるようにサポートできなければ、子持ち男性の後妻になることは難しく何があっても受け止める器が必要です。

5.まとめ

バツイチ男性は結婚と離婚の経験があり、独身男性に比べて精神的にしっかりしており、大人の男性としての余裕や安心感があるので、魅力的であり、実際婚活市場でも人気があります。

しかしながら様々な苦労をかかえている男性が多いので、支えてもらおうという甘えの感じでは、バツイチ男性とのお付き合いは難しいです。

女性自身も精神的に自立していないと「こんなはずじゃなかった。」と結婚後、必ず後悔します。

独身の男性と比べて困難な問題がありますが、苦労した分、女性を大切にする気持ちは高いです。

一度結婚に失敗したからこそ、次こそは幸せな家庭は築きたい気持ちは人一倍あります。

だからこそ相手の女性の事を一番に考え、精一杯の力で幸せにしたいという彼らなりのベースを持っています。

それに甘え続ける女性ではなく、一緒に頑張っていこうと言う女性に対して、結婚を考えたいと多くのバツイチ男性は思っていますよ。

【こちらの記事も読まれています。】

>>シングルマザーでも再婚したい。実際再婚した人の3つの出会い方法
独身時代と違い、シングルマザーは仕事と家庭を一人でやりきらなければならないため、必然的に出会いの機会が少なくなってしまいますが、実際には、子連れ再婚によって幸せになった女性はたくさんいらっしゃいます。実際に再婚された方はどのような出会いがあったのか、主な3つの方法をご紹介しています。

>>40代の再婚はできる!今からでも遅くない婚活の方法
40代バツイチはもう年齢的に難しいと思っていても、実は再婚している人はたくさんいます。どのように出会いを作っているのか、再婚活の方法をお教えします。

 

関連記事一覧