バツイチ・子なし40代女性が再婚できる4つのポイント

バツイチ 子なし 女性 40代
再婚

若い頃に結婚したけれど、その当時の旦那さんとうまくいかず離婚して、一人で必至に働き、今では生活もなんとかできている。

でも家と仕事の行き帰りだけの生活の中で、この先10年、20年を考えると

『人生を一緒に楽しんでくれるパートナーが欲しいな。』

とふと考えることありませんか?

でも実際に再婚したいと思っても

「また失敗をして離婚してしまったら」

「バツイチだと男性からマイナスポイントで見られてしまうのかも。」

と複雑な気持ちになるかと思います。
この気持ちは非常にわかります。

しかしそのような悩みを持ち、実際に再婚された方の意見には

「離婚という大きな失敗をしましたが、人として大きく成長出来たと感じています。初婚は勢いや流れで。しかし再婚は熟慮して。その違いは大きいものでした。」
yahoo知恵袋より

離婚時は非常に辛い思いをし、「一人でなんとか生きていく」と思ったけれども、いい男性と出会い「結婚」の幸せ・喜びを感じている方は結構いらっしゃいます。

しかし、実際に再婚相手を探そうにも自分の周りには独身男性がおらず、また年齢もネックになり、そう簡単には見つからない。
見つかったとしても自分は相手にもされないと思っている方は多いはずです。

今回はバツイチで40代女性の方に、再婚できる4つのポイントをご紹介します。

1.主婦感覚は恋愛の時にはしまっておく

バツイチ 子なし 女性 40代
一度結婚を経験すると、その時の結婚生活の感覚が残ってしまい、ついついスーパーの特売の話をしたり金銭感覚がシビアなど、自分では気がついていないと思いますが、独身男性から見ると

「この人、所帯じみているな」
と感じてしまいます。

確かにお金の管理はとても大事ですが、とくに結婚経験のない独身男性の場合は、結婚生活に必要な節約や貯金など将来や老後のビジョンがよくわかっていない人が多いので実感がわかず、「お母さんみたい」と女性としてみることができず、恋愛感情を持ちづらくなります。

再婚を考えている女性の方は、お相手にそのような事は求めず、自分自身コツコツを節約し貯金を続けるのが得策。

再婚してから、その力を発揮すればよいだけのことです。

2.バツイチ女性の再婚は難しいと考えない

バツイチ 子なし 女性 40代
「もう一度家族をつくりたい」

と思っても、親から「バツイチなんだから、また結婚なんて難しいよ。」とか「再婚したら今度はちゃんと離婚せずやっていけるの?」とプレッシャーをかけられたり、もう40代という年齢じゃ・・・と再婚は実際は難しいと後ろ向きの考えの方は結構いらっしゃいます。

しかしバツイチだからと言って「結婚」ができないわけではなく、発言小町やyahoo知恵袋で「バツイチ女は、再婚はできないのか?」という悩みに多くの方がこのようなコメントを書き込んでいます。

「20代で結婚、出産、離婚を経験しましたが息子も巣立ち、昨年45才で再婚しました。正直、未婚男性は難しいかも知れませんが、同じバツイチ男性ならまだまだ大丈夫です。」
(発言小町)

「バツイチでもぜんぜん大丈夫ですよ。
いい恋もできますし、幸せな再婚だってできます。
少なくとも一度は恋愛を成就させ、結婚生活というものを知っているのですから、結婚活動で苦しむ恋愛経験の少ない初婚の女よりも一歩も二歩もリードしてますよ。」
(発言小町)

また再婚した40代男性もこう意見を言っています。

「『バツイチは条件が悪い』というのは数十年前の感覚。平成のこの時代、『離婚歴があるかどうか?』よりも相手の異性から見て『どれだけ魅力的か?』のほうがずっと重要なポイントだという点を理解していただきたいです。
再婚相手は同じ離婚経験者です。
特に対象を絞ったわけではないけど、結果的にお互いに選んだ相手がたまたまバツ1同士でした。」(発言小町)

「世の未婚女性って夢見がち。
でも、バツイチ女性は違います。
現実の厳しさ、結婚生活の大変さを身にしみてわかっている。
何よりもつらい経験をしたことで強い精神力を持っている。
経験豊富な、たくましい女性というイメージです。」(発言小町)

このように再婚できた方の共通の意見は

・バツイチにこだわらず魅力と自信を持つ。
・初婚の女性よりも結婚生活をした経験があるので有利である

というのが非常に多かったです。

筆者の知り合いで先日入籍した方も、40代後半の女性でお相手の方は彼女よりちょっと年上の50代に入った男性でした。

彼女は29歳の時に結婚。しかしパートナーのモラハラで5年で離婚。
その後は結婚はしない、自分の力で生きていこうと長く働ける歯科助手の資格をとり、一人で生活をしてきました。

ある程度の年収になり、金銭的・時間的に多少の余裕ができたので、友人誘われ社会人サークルに参加。

そこで今の旦那さんと出会い、交際2年後に入籍をしました。

「自分はバツイチだし、年齢も40代に突入していたので『もう結婚はしなくてもいいかな』と思ってました。
自分が歳をとったら・・・という不安はもちろんありますが、なによりも自分は一度結婚を失敗しているので、誰ともうまくいかないんじゃないかと自信がなかったからです。

離婚理由は旦那のモラハラでしたが暴力をふるわれたわけでもなく、他の人から見れば、ちょっと我慢すれば・・・と言われるかもしれません。

でも我慢し続ける結婚に何の意味があるんだろうと考えてしまい、私の場合は離婚を決意してしまいましたが。

相手の方は私と違って未婚ですが、若いころは仕事が忙しく当時付き合っていた彼女に我慢させていた事を後悔していると言っていました。

彼自身もその彼女と結婚をするつもりでしたが、その当時は残業は当たり前で休みの日は体が疲れ切って彼女と会う事もままならず、お互い喧嘩をしてしまって結局向こうから『もう無理です』と言われ別れてしまったそうです。

その後、東南アジア諸国へ海外転勤。
日本に戻ってきたときは、40代半ばで同年代の女性のほとんどが既に結婚済みで、30代女性とお見合いをしたこともありましたが、どうも話が合わず結局破談。

お互い、結婚は無理だな~と思っていたところで不思議とご縁がありました(笑)。」

再婚しようと思ったきっかけは何だったの?と尋ねたところ彼女はこう言います。

バツイチ 子なし 女性 40代
「やっぱり将来ひとりでいる事への不安もあり、心のどこかでもう一度誰かと一緒に楽しく暮らしていきたいという気持ちがあったんだと思います。

楽しく暮らすならば結婚という選択肢ではなく、恋人という形もありかと思います。

私としてはちゃんとした形でパートナーと一緒に過ごしていく方が、今度は失敗しない様に相手の事を理解するようになりますし、お互いの親の老後も考えなければならない年齢なので、結婚して協力しあっていくのが一番いいと考えました。」

彼女のように人生の後半をどう生きていきたいのか、を考えた時に「パートナーと一緒に暮らしたい」と思ったときが「再婚」のチャンスであると考えます。

実際、結婚する人たちの4組に1組は再婚している方々です。

再婚する場合、相手の方も離婚経験というパターンが多いですが、彼女のように未婚の男性と結婚というケースも増えています。

未婚の男性の意見でも

「相手は結婚という現実を経験しているので、経験不足の自分に足りないものを補ってくれそうだから。」

「バツイチ女性の人たちは落ち着きもあるし、離婚という辛い経験で、すぐに挫折しない、芯の強さを持っているので、結婚相手として有りと考えています。」

今や離婚は昔ほどネガティブな問題ではありません。むしろ一度誰かに選ばれた女性として、再婚に対して自信を持つべきです。

3.40代初婚女性よりバツイチの方が人気が高い

バツイチ 子なし 女性 40代
もう一つバツイチの40代女性は同年代の未婚女性よりも、人気が高いということをご存知でしょうか。

・結婚した経験があるから、次の結婚に活かしてくれそう
・ちょっとやそっとの苦労は怯まない心の強さがある
・苦労を味わっているのでその分、大人の魅力を感じる

など経験や心の余裕さがあるポジティブなイメージを持たれているからです。

40代になると結婚が難しい、一生独身になりやすいと言われていますが、離婚経験のあるバツイチの40代女性の場合はちょっと違うと感じています。

筆者の周りの離婚歴ある40代女性は、結構の割合で再婚をしていますし、また結婚していなくても彼氏がいる人が結構いらっしゃいます。

なぜ再婚、恋愛ができるのかは、見てて「ああそうか。」と納得できる部分がよくわかります。

結婚生活の中で、夫婦お互いの時間や生活スタイルを合わせながら一緒に暮らしてきたので、相手の距離感や意見の尊重などのバランスをとるのがうまく、男性から見れば、自分を飾らなくていいし、余計なカッコをつける必要がないので、居心地がよいこと。

そして男性へのさりげない気配りが、同年代の未婚の女性より上手ということがあげられます。

要するに、未婚の時に男性から好かれた女性が、離婚してバツが付いてしまっただけであり、女性らしい魅力や人柄の良さが出ている人は男性から愛されやすいという事。結婚出来るだけの魅力があるという事なのです。

ネットでもこのような意見があります。

「バツがついていない方がよさそうなのに、まわりを見ていても結婚歴のある女性の方がモテます。
逆に考えてみれば、モテるから結婚歴があるんだと思います。」

「アラフォーの私の周りでも同じです。傍から見ていれば大差ない(見かけ、性格)ように見える女性たちでも、独身の子はなかなか相手が見つからない、相手がいてもプロポーズされないという悩みを持ち、バツのある友達はなぜかプロポーズされまくりです。そのバツの友達なぞは結婚にはすっかり興味をなくしているので「どうして男性ってこうも結婚したがるのかな」と時々ぼやいています。」

(発言小町より)

また知り合いで再婚した女性の意見は

「未婚のころは正直あまりモテなかったけれ、ど結婚したことで夫や義理のご両親への気遣いが自然と身に付いたせいか、独身の頃より離婚後のほうが男性からお声をかけられる事が多くなりました。
今の主人が私と結婚したい理由を聞いたところ、『気遣いに癒されて、この人ならば結婚のイメージが描けた』と言ってくれました。」

バツイチだから、とネガティブな考えはとてももったいないと感じます。
正直、未婚の女性にはない「結婚生活がどういうものであるか。」を知っているからこそ、それが強い武器になりますよ。

4.再婚への道は出会いを多く増やすことが近道になる

バツイチ 子なし 女性 40代
40代になると朝起きる時間、電車の乗る位置、家から会社までのルートなど生活そのものが習慣化してしまい、「毎日が平穏」と同時に男性との出会いは必然的になくなっていきます。

「あと10年、20年後を考えた時、できれば誰かと一緒に人生を楽しめる人がいれば楽しいのかも。」

と思ったときが行動のする良いタイミングです。
知り合いから紹介してもらってもいいし、習い事や趣味のサークルに参加して、色々な人たちに出会うことで、きっかけは広がります。

大手の結婚相談所オーネットが発表したデータでも
1位:会社(職場・取引先)
2位:知り合いからの紹介
3位:結婚相談所
4位:婚活パーティー&婚活サイト(SNS)
5位:習いごと・趣味のサークルに参加

により再婚をしています。

「現在40代前半バツイチ子供なし女性です。
私は30代後半で離婚しました。
離婚が確定してから、特に男性目的と言うわけではなく、とにかく友達と外へ出るようにしていました。
婚活や合コンには参加したことがありませんが、友人主催の普通のイベントや、異業種交流パーティなどにはよく参加していました。

今の彼はそのパーティで顔見知りになりましたが、
特になにがあるわけでもなく数年が過ぎ、2年前に街でバッタリ再会して、お付き合いが始まりました。
こんな形で出会いが戻ってくるとは、私も予想外でした。
なので、何があるかわからないものですよ。」

行動することで出会いがあるという事がよくわかるコメントです。

出会いは欲しいけど、会社関係の人たちには知られたくない、紹介してくれる知り合いがいない場合は、結婚相談所や婚活パーティーなどに参加してみるのが良いですね。

婚活パーティーは20代の人たちが集まるところと思いがちですが、最近では40代限定、再婚希望限定など、年齢ごとに企画された婚活イベントが多くなりました。

婚活の中でも料金は、参加費用しかかからないため、一度試してみようという感覚で始めやすいです。

ただどちらかと言うと、本気で再婚を考えるというより、まずはお互いの事をしってみたい、食事を一緒に楽しみたいなど、恋愛をしてから再婚を考えたいという方が合っています。

最近の婚活パーティーは少人数が主流になってきましたが、中には100人以上の大所帯のパーティーもあります。
一つの会場に参加者が一気に集まるので、人見知りや話しがちょっと苦手な方は、男性の中々声をかけることもできず、パーティーが終わってしまうことも。婚活の中で「積極性」は必要となります。

しかし婚活パーティーは参加すれば男性と出会えるため、出会いまでのステップが短く、様々な人と出会いがあるのが大きな魅力です。
男性側もバツイチのケースが多く、実際にお相手の人と対面できるので、相手がどんな人なのかも知ることができるのも大きなポイントと言えます。

婚活パーティーでは、結婚支援サービス「パートナーエージェント」が運営している『OTOCON(おとコン)』は男女バランスが同じになるようにしており、真剣な出会いな方が集まる婚活パーティーサイトです。
初めての人でも安心して参加できる様、スタッフのフォロー体制が徹底しており、40代の婚活パーティーも数多く開催しています。

またサービス面も他の婚活パーティーよりも多く、≪友割・早割・誕生月割≫という3種類の割引があり、最大1,500円も割引されます。
また【Pontaポイント】も付与しています。

>>真剣な方が集う大人の婚活パーティー『OTOCON(おとコン)』公式サイト

一方、結婚相談所はご存知の通り「結婚・再婚をしたい」と意思がある人が登録しているので、その後の交際が非常にスムーズであるというところと、スタッフが間に入って、相手を探す時間がかかる、また婚活がうまく行かない時にアドバイスをしてくれたりと、フォロー体制がしっかりしています。

実際結婚相談所を利用した人のコメントでは

「婚活がうまく行かなくて悩んで時に相談できる人がいるのは、非常に心強いのは非常にありがたかったです。」

「しっかりとこちらの話を聞いてくれて、私に合った男性を見つけてくれました。」

があります。

ただ利用する際、入会金・初期活動費・月額料金・お見合い料など、決して安いとはいえない料金がかかるのがデメリットです。

おおよそ、結婚して退会するまで30万円程度が相場のようです。

最近、マッチングアプリが手軽で料金も安く人気がありますが、マッチングアプリに登録している層が20代から30代前半の人たちであり、条件検索で相手を選ぶため、40代の場合は年齢でフィルターをかけれられてしまい、うまくいかない場合が結構あります。

また毎日、何千人という人が新規入会しているため、初めは楽しんで使っていても、そのうち相手を探すのに疲れてしまい、使うのを止めてしまった人を結構見ています。

再婚を真剣に考えている方の場合は、マッチングアプリより結婚相談所を利用した方が結果、早く希望のお相手と出会える確率が高まることにつながります。

その結婚相談所も日本全国に3,000以上の事業所があるため、選ぶところを間違えてしまうと、結果失敗していまう事も多々あります。

その理由は、結婚相談所によって会員の男女の比率がかたよっている、自分が希望している年代の会員が少ないとケースがあるからです。

例えば自分と同じくらいの年代を希望しても、登録している会員の多くが20代後半から30代前半の男性が多ければ、必然的に出会えるチャンスは狭まってしまいます。

結婚相談所はたくさんあることをお話しましたが、40代が多く登録しているところ、また自分と同じような再婚に対する同じ考えを持っている人が登録している結婚相談所を選んだほうがうまくいきます。

40代という年代は婚活である意味微妙な位置で、シニア婚には早すぎるし、20~30代の人が多く登録しているところでは、条件で難しいということにつながってしまいます。

そんな中、入会年齢が35歳以上に設定した「R婚」という結婚相談所ができ、
男性は定職についている事が条件になります。

運営コンセプトとして離婚歴がある、シングルマザー・シングルファザーで一人で子育てをしている、子育てが落ち着いて第二の人生を歩みたい、再婚を希望している方の婚活を専門に支援しています。

離婚や子供へのお金がかかり、再婚したくて結婚相談所に入会したくても、予算的にあきらめていた方に、できるだけ金銭的負担がかからない様に入会金や登録料などの初期費用は無料にし、3つの月額プランにまとめています。

R婚

料金が安いという事は、サービスが悪いというイメージを持ちやすいですが、
『R婚』は担当仲人制をとっており、希望に合った相手を担当のアドバイザーが紹介する仕組みをとっています。

またお見合いの日程調整や場所も、アドバイザーが段取りするのと、会員登録からお見合い日程調整までしっかり行ってくれます。

結婚相談所では結婚が決まって退会する時に、成婚料として10万円ほど支払うことになりますが、R婚では、この成婚退会料を撤廃し、かつ金5万円の『成婚祝い金』をR婚で成婚されたカップルに贈呈しています。

R婚が普通の結婚相談所に比べて安い理由は、通常、結婚相談所は店舗や事業所を持って、そこを拠点に行いますが「R婚」の場合は店舗や事業所を作らず、入会からお見合いのセッティングまで、スマホですべて完結する仕組みをとっています。

固定費などがかからないため、初期費用や成婚料をとらなくても、行うことができるわけです。

>>35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】公式サイト

4.まとめ

今回は「バツイチ 子なし40代女性が再婚するための3つの変え方」をご紹介しました。

結婚、離婚という経験を持っており、当の本人からは「バツイチは条件が悪い」と思いがちですが、

・離婚歴はそんなにこだわらない
・初婚の女性よりも結婚生活をした経験があるので有利である
・落ち着きもあるし、離婚という辛い経験で、すぐに挫折しない、芯の強さを持っているので、結婚相手として有り

と考えている男性が多くという事がご理解いただけたかと思います。

しかし男性との出会いは、残念ながら若い頃に比べると減ってしまうのは事実。再婚をしたいと考えた時に行動をおこさないと、中々出会いがないようです。

実際、再婚された方は行動をおこしています。

周りに紹介してくれる知り合いがいない場合は、結婚相談所や婚活パーティーなどに参加してみると出会いが一気に広がってきます。

40代だからと諦めることはありません。再婚できるチャンスはまだありますよ。

関連記事一覧