アラフォー女子が婚活パーティー失敗体験談から見える3つの問題

アラフォー 婚活パーティー 体験談
アラフォー婚活

20代、30代の前半までは

「いい男性があらわれたら結婚したい」
「仕事が今面白いから結婚は申し少し後で考えたい」
「結婚はタイミングだと思うから無理にする必要はない」

と思っていたけど、いつの間にか40代に近づく、または40代を迎えると

「誰かと一緒に住んでみると楽しいのかな・・・」
「仕事一生懸命やっているけど、お給料あがらないし、この先が不安・・・」
「周りの友達は皆結婚しちゃって自分だけ独身。このまま一生男性からアプローチなしで終わってしまうのかな・・・」

とこのままではダメだと感じて「婚活」を開始した方もいると思います。

歳は若干とって多少の厳しさはあるけれども、数多くの男性と出会えれば自分もいつかきっと・・・
と思っても中々うまくいかないことってありますよね。

婚活サイトに多く登録している年代は女性は20代、30代が多いのに対して、男性の場合は30代、次に40代が多いという結果が出ています。

アラフォー 婚活パーティー 体験談参考資料:「ツヴァイ」

男性が女性より婚活が遅い理由は、まだ20代のうちは「仲間と遊びたい」「結婚してもお金がないから自由がなくなる」とまだ学生気分が抜け切れていないので、婚活する人が少ないのですが、一方30代に入ると徐々に責任ある立場の役職に就くのと、独身より家族がいた方が出世が早い風習も残っています。

また自分の親にも心配はかけさせたくない、そろそろ子どもが欲しいと感じるようになり「婚活」を意識しはじめます。

女性の40代は確かに子供を産むということでリスクがあがってしまうから犬猿されがちですが、もう一つの問題があるのをご存知ですか。

それは40代独身女性が気づいていないある3つのことで婚活を難しくしているということ。

あるアラフォー独身女性の婚活パーティーでの失敗談から見えてきますので、その原因を探っていきましょう。

1.A子さんの婚活パーティーの失敗体験談

アラフォー 婚活パーティー 体験談

現在40歳、アラフォーの会社員です。

私自身も、このまま独身で終わるのが嫌だなと感じ、どなたか良い人と結婚したいと感じて1年前より婚活をはじめました。

26歳を迎えるころに最初の結婚の話がありましたが、彼はすぐに子供が欲しかったことに対して私の場合は、まだ仕事もしていたいし、二人で2~3年は旅行に行ったりして恋人気分をまだ楽しみたかったこともあり、だんだんとお互いの結婚観がずれていき結局別れてしまいました。

2回目は33歳のとき。

相手の男性は7つ上の40歳の男性で真面目な方で。お互い子供が欲しかったこともあって結婚しても良いなと思いましたが、男性の親が高齢のため、足が少し不自由になってきたため、同居をしてほしいとお願いをされました。

子供を育てながら、向こうの親の面倒もしていくのに自信がなかったので、結婚を伸ばし伸ばしにしてしまい、ついには男性から「別れよう」と言われ交際が終了しました。

その後、2人ほど男性とお付き合いをしましたが、結婚までに至らず現在40代です。

もうこの年齢なので、お相手に対しては外見や年収などの高い望みを希望してはいないのですが、結婚したらできれば「専業主婦」になりたいという希望はあります。

20~30代とずっと仕事をしてきたので、多少の蓄えも持っていますし、できれば子供が欲しいと思っています。

確かに40歳になると妊娠率が低くなるのはわかっていますが、実際に40代で産んでいる人もいるって聞いていますし、自炊をしっかり行い栄養や体調管理には充分気を付けています。

お相手の男性への希望はという質問にはまず、妊娠して子供が産んだら家事・育児を一緒にできる人がいいなと思っています。

あとできれば離婚歴がない男性が良いですね。

例え独身であっても養育費を支払っていることもあるでしょうし、私も貯金は用意していますが、子どもの教育費はものすごくかかると聞いていますので。

子供が大きくなったらいずれ中古のマンションの購入資金も考えなくてはならないので、できれば未婚の男性を希望しています。

結婚したら親との同居を条件にあがっている男性はお断りしています。

子供の世話もしなくてはならないし、万一子供ができない場合でも、しばらくは二人で楽しく過ごしたいと思っているので(笑)

でも実際、何人かの男性とお会いしたのですが、中々結婚に結びつかなくて(苦笑)。

婚活パーティーでお会いした人で、結婚願望のあるいい感じの方と2~3度デートをしましたがお互いの結婚のビジョンが合わなくて、そのデートを最後に遭うことがなくなってしまいました。

2.アラフォー女性が婚活に苦戦してしまう3つの理由

アラフォー 婚活パーティー 体験談

ではここからなぜA子さんが婚活してもうまくいかないのか?その3つの原因をお話していきます。

2-1:理想の相手または条件にとらわれている

A子さんは男性に対していくつかの条件を提示をしています。

①結婚したら子供を作って専業主婦になりたい
②子供ができたら家事・育児を一緒に手伝える
③未婚の独身男性
④男性の親との同居は不可

仮に結婚して妊活や子供の世話で一時的に専業主婦になるとしても、今のご時世「専業主婦」はとても高い条件です。

サラリーマンの年齢別の年収のデーターから見てわかるよう、男性の年収のピークは50歳~54歳を頂点に徐々に下がっていきます。

サラリーマンの年齢別の年収のデーター

参考画像:年収ラボより

仮にA子さんと同じ歳の年齢の男性と結婚した場合、すぐに子供ができたとしても子供が中学生の時に年収がピークとなり、高校、大学にすすんだ場合、高校が55~59歳、一番お金がかかる大学時は60~64歳となってしまうので、年収が目減りしてしまい、旦那さん一人で家族を養うことが難しくなってきます。

子供が出来たとして、お金がかかる事を考えればA子さんも社員で働きづづけることが理想ですが、それが難しい場合は子供が大きくなったらパートに出て働く必要があります。

A子さんにとって普通の家庭を築きたいと考えていますが、同じ年代の良い男性はすでに結婚しているため、自分より歳の離れた人もターゲットにしなくてはなりません。

子育ては非常に体力がいるのと、子供が大きくなればそれだけお金がかかるので、今は給料が低くても、年齢とともにあがる可能性のある年下の男性を選ぶことになりますが、年下の男性は自分よりも年齢の若い20~30代を選ぶ傾向が強いため、ここでミスマッチが起こります。

もう一つ、男性側の親との同居が不可とかたくなにこだわっていると、今度は年上の男性とのお付き合いもできません。

理想・条件で相手を決めるのではなく、まずはその人の人間性から見て自分に合うかどうかの見方に変える必要があります。

2-2:経験によって相手に対して厳しい評価をしている

40代になれば嫌でも、「結婚=幸せな生活」とは思いませんよね。

相手のご家族とのお付き合いなど様々な厄介事が舞い込んできます。

20代の若いころは「好き」という気持ちが勝り、勢いで結婚することができますが、40代になると、自分の人生経験もそれなりに蓄積されるとともに、「失敗したくない」という気持ちも混ざり、より婚活を慎重なものにしてしまいます。

A子さんも離婚歴がある男性だと、別れた奥さんのお子さんの養育費で金銭的に大変だし、血のつながった子供が実際いるのだから、もう子供はいらないというかもしれない。
だから未婚の独身男性を希望する。とリスクを回避しています。

相手によってそれぞれの家の事情はありますが、最初からリスクを回避した婚活をしていると出会いの幅が狭くなってしまうこと。

またせっかく出会った男性と付き合っても、『この考え方は私とあわない』と厳しい評価をしていると、いつまでたっても結婚というゴールにはたどりつくことができません。

幸せな結婚をしたいという思いはどの女性であっても同じ。

そのゴールを近づけるために、評価というフィルターをはずし純粋に相手を見ることから始めてみてはいかがでしょうか。

2-3:長い独身時代により結婚に対する柔軟な考え方が不足している

これも2-2:経験によって相手に対して厳しい評価をしていることに関連してきますが、長い独身生活の中で、友人の家庭の悩み、ネットやニュースでの結婚や離婚の問題などで様々な知識が知らぬ間についてきて、やがて自分の結婚の理想像が出来上がってきます。

・旦那さんには家事や育児を手伝ってほしい
・子供が欲しいので、育てられる年収を持った人
・将来のことを考えて相手は自分と同じくらいか年下の人

このように相手に対して求める事がだんだんと多くなっていき、肝心要の相手の男性の人間性つまり本質を見なくなってしまいます。

「もう自分も歳だしこれが最後の婚活かも。」
と思う気持ちはよくわかります。

でも結婚は相手も一緒に思えることでなりたつものです。

相手の気持ちや考え方を理解することで、今まで自分が思っていた固定観念がはずれるかもしれません。

例えば、お付き合いしている男性から、「結婚したら自分の親と同居をしてもらいたい。」と言われたからNOとお断りをするより、「気持ちはわかるけれども、2人の結婚生活も楽しみたい。」と正直にお話してみることで、
「しばらくは近くに家を借りてそこで2人で新婚生活を送ってみようか。」と妥協策が見えてくるかもしれません。

人はそれぞれ問題をかかえています。

それをNOと突きつけるより柔軟にその問題に対処しようとする考え方に切り合われば、独身男性とお付き合いできる幅が広がってきますよ。

3.柔軟な考え方をすることで結婚のチャンスが広がる

アラフォー 婚活パーティー 体験談

『結婚したいと思える男性と巡り合えない』
と感じている女性は、結婚相手に対する固定観念・条件を取り払うこと。

ここで40代でご結婚できた女性のコメントをご紹介します。

結婚したばかりのアラフォーです。
まず婚活するにあたって、相手に求めるのは最低限のものだけでした。
年齢が5歳下~10歳上までの範囲で、きちんとお勤めをしていて(年収は問わず)、子供がいない人。強いて言えば清潔感のある人。それだけです。
それを踏まえたうえで、相手を「値踏み」するのではなく、自分が相手の条件に合うかどうかで探しました。自分の市場価値の低さはわかってますので。
今の主人は、私の求めた最低限の内容をクリアしていて、最初に会って話がとても合ったので決めました。
年収は私より低かったですが、結婚してから実家が資産持ちだとわかりました。
そういう資産があるとか、不労所得があるだとか婚活の場でペラペラ話すような人とは結婚しなかったと思うので、結果的に良かったと思ってます。
結婚してから思ったのは、お金も見た目も確かに大事ですがそれを差し引いても気が合う相手でなければ絶対に続かないなって思いました。
その人とずっと同じ部屋で暮らせるかどうか、がポイントですね。

この方が結婚できたポイントは

・相手を「値踏み」するのではなく、自分が相手の条件に合うかどうかで探したこと
・男性と実際に話してたり、会って見たりして話があうか
・その人とずっと同じ部屋で暮らすことができるか

であれやこれやと条件を出さず、お相手の人間性を見ることを重視しています。

婚活サイトや結婚相談所に登録する男性は女性になれていない方が多く、出会っても次にはつながらない、どうアプローチすればわからないなどの悩みなど恋愛下手なため、登録して婚活しているのです。

恋愛は下手だけど、仕事はバリバリやっている、休日には仲間とスポーツなどして楽しんでいる男性も多くいます。

40代で経験がついてきた時こそ、婚活は女性がリードしても良いと思います。

お相手の男性の良さも見えてくるし、女性だから男性にエスコートされる、つまり受け身の姿勢がのは当たり前の時代は終わっています。

デート先が決まらなければこちらで決める、相手が話下手だったらこちらから話題のネタを調べて話しかけることがあっても良いと思います。

相手の男性はここが苦手みたいだから、じゃあ私がリードをしようという柔軟な考え方に切り替えることで、ぐっと結婚に結びつくチャンスは多いにあがりますよ。

関連記事一覧