アラフォー キャリア女性の結婚がうまくいかない2つの根本原因は?

アラフォー 結婚
アラフォー婚活

現在バリバリ仕事をしているアラフォー独身女性の多くは、若い頃「この仕事を一生懸命やりたい」「独立して起業をおこしたい」という自己実現をしたかったため、その時は結婚願望がなかった。また自然と結婚が後回しにしていた方が結婚いらっしゃると思います。

アラフォーになってようやく自分の仕事が軌道に乗り始めた時に、そろそろ結婚したいかな・・・とか、また親を安心させたい、歳をとって独りぼっちでは寂しいと感じるようになり、婚活を始める方もいるのではないでしょうか。

初めは張り切っていた婚活だけど、中々うまくいかずお悩みの方は多いではないでしょうか。

アラフォーのキャリア女性の婚活が失敗しやすい理由で

・相手へ求める条件が高すぎる
・年齢が高いので条件から外されやすい
・出産の問題がある

と多くのサイトが書かれていますが、実はもっと根本的な原因があるのです。

その原因を知る事で、なぜ婚活がうまくいかないのか、またどうしたらいい結婚相手が見つかり、幸せな結婚に結び付く考え方をご紹介します。

1.男性の大半はキャリア女性に引いてしまっている

アラフォー 結婚
20代は自分の仕事が生活の中心になっており、気づけばいい年齢になってしまい、急いで婚活を始めたけど中々うまくいかないという悩みを多く聞きます。

「私そんなに高望みをしていないのに・・・」
と女性が思っていても、実は男性側に問題があるのです。

それは
バリバリ働く女性は勉強もできて優秀というイメージがあり、男性が引いてしまうのが大きな理由です。

女性側としては、仕事ができるだけでなんで敬遠されちゃうの!

と納得しがたいですよね。

男性と女性の大きな違いがあるのが「プライド」。
男性は小さい頃に親から

・男の子なんだからしっかりしなくてはならない。
・男は泣かない
・尊敬される人間になりなさい

と言われているケースが多いので、無意識のうちに「男はこうあるべきだ」というプライド、つまり考えを植え付けられています。

だから人と自分を比べる傾向が強く、「人に負けたくない・強くなりたい」と心の中で思っているので、仕事ができるバリキャリ女性だと

自分が「下」になってしまうのではないか。

アドバイスを言っても、向こうの方が頭がいいから聞き入れてくれないのではないか

と思っている男性が多いからです。

実際にこんな例があります。

「20代の頃は、仕事が忙しくてお金を使う暇がなかったので、いつの間にか貯金も貯まっていました。
1人暮らしで賃貸に住んでいたので、なんか賃貸を支払っているのがもったいなくて、30代前半に思い切って分譲マンションを購入。
紹介で知り合った彼をお付き合いする事になり、さっそく家に呼んで手料理をふるまったら彼喜んでくれたけど、『この家素敵だね』と彼が言った時に、『うん、思い切って買っちゃった。』と持ち家だと明かした時に、彼が引いてしまいました・・・」

彼女自身は、何気なく言った言葉なのですが、男性から見ると「持ち家をもっている」ことに劣等感を感じてしまい、萎縮してしまう男性って結構多いんです。

またキャリア女性ってどういうイメージを持っていますか?
と知り合いの独身男性に聞いてみると

・仕事なみに判断が早そうで、こっちの意見を聞いてくれなさそう。

・結婚しても尻にしかれる生活になりそう。

・仕事ができて収入の高いから、本気で結婚なんて考えなさそう。

・仕事のように条件で相手を選びそう。自分は釣り合わないと考えちゃうから声をかけずらい

と思った人が多かったのにはビックリしました。

だから男性はあえてバリキャリ女性には声をかけないそうです。

キャリアをつんだ女性は社会的には評価をされるのですが、結婚となると違った評価をされがちですが、実はキャリア女性ってある男性からは好かれる傾向があるのです。

それは「高収入の男性」。

高収入の男性
彼らは、一般の男性よりも結婚願望が高くないデメリットがあるのですが、結婚相手の求める条件として、仕事で稼げる女性と答えている人が結構多いのです。

その理由は「30~40代の高収入男性の結婚願望は「稼げる女性」!?」の記事でまとめていますので、一度ご覧になるとその理由がわかると思いますよ。

キャリア女性の場合は、婚活パーティーや合コンよりも、ハイクラスな男性が多く登録している結婚相談所で婚活した方が成功率があがります。

登録している男性会員は、医師・薬剤師・弁護士など資格職や高学歴の方が多く、6割が年収1000万円以上です。

医者や弁護士などの職業は学会や食事会など、夫婦で出席する機会が多くあり、食事のマナーや挨拶など品格があり、どこに出しても恥ずかしくない女性を求める傾向があります。

また人の命を扱うため大きなストレスがかかる、物事を冷静に論理的に判断する習慣が身についているので、感情にまかせて行動する女性は除外します。

高収入の男性は、単に若いからとか外見がいいという女性には見向きしないのです。

言葉遣いや品格を重視するので、キャリア女性であれば仕事で常に言葉遣いや立ち振る舞いはすでに身についていますし、結婚したい女と思われることが増え、損をすることは1つもないはずです。

高学歴や高収入の男性が登録している結婚相談所の入会にあたっては独身証明書はもちろん、収入や職業を証明する各種書面の提出が必須ですので安心して活動でき、男女の会員比率も男性:女性=49:51とバランスがとれています。

興味があれば、無料の資料請求を行って一度確認してみるのもよいかと思います。

>>男性会員の半数が医師、6割が年収1000万円以上の結婚相談所【SEISHIN】公式サイト

2.仕事ができるゆえ、男性から隙のない女性とみられてしまう

アラフォー 結婚

仕事ができて、収入がある女性は

「仕事をバリバリこなし男性にも遠慮なく指図する人」
(39歳/食品・飲料/その他)

「キャリアウーマンで、男性よりも強い。言い負かすことが出来る。肝心な仕事は人に任せず自分でやる。人に頼らない」
(32歳/運輸・倉庫/その他)

「仕事をバリバリこなして男性にも遠慮なくダメ出しする」

という特徴イメージもあるようです。

仕事がバリバリできる女性は尊敬しますが、同時に男性からは「隙がなさすぎ!」と思われているようです。

多くの男性は「女性を楽しませたい」「女性に頼られたい」と考えており、どんな些細な事でも頼られる事で「自分は必要とされている」と自分の存在価値を確認しているのです。

キャリア女性で失敗しがちなのが、基本的に自分で何でもできてしまうため「こんな簡単な事だったら自分でやってしまおう」という事が無意識でしみついてしまっていること。

これでは男性から「僕は必要とされていない」と感じてしまい誰も近寄ってはきません。

・相手に頼る=負担をかけているんじゃないか。
・媚びているみたいな感じがする

と思いますが、男性は頼られることで喜びを感じます。

周りの結婚した女性を見てみるとわかると思いますが、完璧すぎる女性よりも少し天然っぽい人や天真爛漫、ドジをしてしまう、ちょっぴりわがままな女性が結婚していますよね。

男性はこのような少しスパイスのある女性の方が、一緒に生活して楽しく感じ、刺激的に思えるわけです。

人は完璧ではありません。あなたもドジな部分、甘えたい事はあるはずです。
それを素直に表現する事で「隙のない女性」のイメージを払拭することができますよ。

3.今だからこそ素敵な結婚ができる

結婚

歳を重ねるごとに結婚は難しくなると不安をかかえている独身女性は多いと思いますが、実はアラフォーの「大人婚」が最近増えているという事、ご存知でしょうか。

大人婚とは一般の婚活とは考え方が違い

・お互いの生活感を重視する
・今の生活スタイル(仕事、趣味)を維持を重要視する
・老後を二人で穏やかに過ごしたい

など子供を含めての家庭生活ではなく、お互いのライフスタイルを尊重し、人生のパートナーと寄り添って老後を歩んでいきたいと、結婚相談所などに入会する人が急増しています。

「この年齢だと子どもを含めての家庭生活を考えなくていいんだ、と。私は少し年上の方がいいなと思っていたので、相手もバツイチであってももう子どもが大きいことがほとんど。
同居を求められることはほとんどありません。
お互い仕事をしているので、ゆっくりとつきあいを進めています。」
(ALL Aboutより)

「せっかく今まで頑張ってきたのに結婚したから仕事を辞めちゃうなんて、もったいなくて……。夫も私が仕事をすることについては理解し、賛成してくれています。女性でも経済的に自立していれば、夫に何かあった場合でも大丈夫ですし、社会との接点がなくなると、視野も狭くなっちゃうような気がしてイヤなんですね。」
(AERA  dot.より)

仕事を持っているアラフォーキャリア女性の多くは、結婚後も続けたいと思っている方は多く、ライフスタイルも充実したいはずです。

しかし歳を重ねるごとに、若い頃のような゛自然な出会い”は当然減っていき、婚活を行ったとしても20代や30代前半の女性も登録しているため、年齢で条件から外されてしまったり、お見合いしたとしても相手の男性が服装がだらしなかったりと清潔感がない、女性とうまくコミュニケーションがとれないなど、失敗に終わり結婚どころか、お付き合いまで結びつかないと悩む厳しい現実があります。

中には婚活に疲れてしまい、結婚をあきらめてしまう女性もいます。

アラフォーキャリア女性の場合は、一般の婚活ではなくワンランク上の婚活がおすすめ。

その理由は、高収入の男性の特徴は仕事の成果を求める傾向が強く、自分の仕事に対して理解がある女性を好む傾向があること。

例えば会社を経営している男性であればサポートを行ってくれる、サラリーマンであれば単身赴任や海外駐在に対して理解をしてくれる、仕事上の付き合いで土日も家にいない事もわかってくれる女性でないと、自分の足を引っ張られると考えているからです。

キャリア女性であれば、仕事の大変さや辛さが自分自身も味わっているので、そのような男性を理解しやすいのではないでしょうか。

しかしそのような男性は、一般の婚活市場にはいない事もまた事実。
理由は彼らは仕事が常に忙しいので、ゆっくりと婚活を行う時間がないため、より効率的に良い女性と出会えるために、特定の婚活サイトで活動を行っています。

例えば男性会員が医師メインの結婚相談所の「SEISHIN」は1984年に慶応大学医学部OBを中心とした医師の ための交流団体として発足し、
現在は医師、会計士、会社経営者、大手企業につとめている男性が多く登録しています。

SEISHIN

また一般的に婚活市場は女性の会員数が多いので、必然的に条件の良い男性は、多くの女性と取り合いになるケースが多く、うまく行かない事もあります。

その点、「誠心」は男性:女性の比率が49:51とバランスがしっかりとれており、他の婚活サイトや結婚相談所のように機械的なデータマッチングは行わず、まずは自分の目で相手を選べること。

そしてカウンセラーも担当制なので、いつでも相談に応じてくれます。
また入会時には、独身証明書や収入証明書、職業を証明する各種書面の提出が必須となるので、婚活でよくある「詐欺トラブル」を未然に防いでくれます。

仕事で忙しい場合は、休会制度、中途解約制度もあるので、無駄な会費を払う必要もありません。

また会員の満足度もきちんとホームページに掲載しています。

SEISHIN

お互いの仕事の理解や、価値観、考え方があっていないと、結婚はうまくいきません。

仕事ができて収入も立派にあるという事は素晴らしいことです。
より素敵な結婚をしたいならば、一般にある婚活アプリや婚活サイトを利用するのでなく、このような特徴ある結婚相談所を利用した方が、よりいいお相手の男性と巡り合う事ができますよ。

詳しく知りたい方は無料の資料請求を行ってみて、それから判断してみてもよいかと思います。

>>男性会員の半数が医師、6割が年収1000万円以上の結婚相談所【SEISHIN】公式サイト

こちらの記事も読まれています。

>>40歳を過ぎた女性が結婚をつかんだ5つの自己改革方法
40歳を過ぎているけど結婚をしたい。
でも、もう歳だから自分はもう無理とあきらめる必要はありません。
今回は40歳を過ぎた女性が結婚をつかむための5つの自己改革方法をご紹介します。

>>40代女性は結婚が厳しいと諦める前に戦略を変えてみよう!
40歳を過ぎると結婚は難しい、もうあきらめた方がいいのかとお思いの方、結婚をあきらめる前にもう一度、どのようにすればいいのかを要点を知ることで今後の婚活も変わってきます。自分の婚活方法を見直すきっかけにもなります。

>>彼氏なし期間が長くて将来が不安なアラフォー女性の3つの処方箋
彼氏なしの期間が長くて、もうアラフォーになってしまったならばもう恋愛も結婚も諦めようとお考えの方、ちょっと待ってください。
諦める前にやるべき事はまだあります。このようなお悩みをお持ちの女性の方3つの処方箋をご紹介します。

 

関連記事一覧