アラフォー独身女性が寂しい・将来の不安感を取り除く3つの方法

アラフォー 独身 寂しい
恋愛悩み

一度は婚活をやってみたけど、いい男性に巡り合えなかった。
結婚を考えた彼氏がいたけど結局別れて、そのままずっと独身。

など、一度は結婚を考えたけれども独身のままアラフォーを迎え、もう結婚はいいや。一人で生きていこうと決めたけれども、休日や年末・年始、長期休暇の時にはいつも一人となると

「こういう時って独り者ってなんか惨めな気分・・・」

と思ってしまいますよね。

またアラフォー独身女性は、他にも様々な問題がやってきます。

まずは自分の体の調子。
30代の頃は無理して仕事をしても体はついてきますが、40代を越えてくると徐々に無理がきかなくなってくるし、また自分の親も歳をとってくるので、介護の事もいずれは考えなくてはならない。

また孫を親に見せる事もできなかったので、心の中では申し訳ない気持ちもあります。

筆者も独身なので時折、寂しさと将来の不安で意味もなく落ち込んでしまう事もたびたびあります。

今回は同じ気持ちを持つアラフォー独身女性の方に「寂しい気持ち・将来の不安感を取り除く方法」を3つまとめています。

今よりもずっと気持ちが落ち着き、寂しいという気持ちが薄らいできますし、生活もハリが出てきますよ。ぜひ一読していただければと思います。

1.自分と同じような独身の寂しさ・不安を持っている人は結構いる!

アラフォー 独身 寂しい
独身アラフォー女性の一人暮らしは増えており、厚生労働省が2015年に実施した国勢調査データーによると、アラフォーの4~5人に1人は独身。

またアラフォー世代の一人暮らし率は約40%。
筆者もその一人であり、自由気ままにに生活できるメリットがある反面、寂しさや孤独感を感じる事もあるはずです。

「38歳独身です。時々将来への不安や孤独感に襲われてつらくなります。私は、母子家庭で育ち、母と2人で暮らしてきました。母親は仕事を持っていて、今は別々に暮らしています。一人暮らしは8年くらいになります。親戚づきあいもなく、将来母が亡くなってしまうと、天涯孤独の身になってしまいます。友達もみんな結婚していき、話も合わなくなり、少しづつ疎遠になっていきました。」
(発言小町)

「アラフォー独身女です。寂しいです。体も老化を感じるようになり、正月に実家に帰り、年老いた父母を見て、親孝行もせず、孫も見せずに申し訳なくなりました。」
(yahoo知恵袋)

このように寂しさや結婚せず子供もつくらなかった自分に申し訳ない気持ちをつづった意見が多くありました。

1人という寂しさの他に、アラフォー世代には3つの問題も乗っかってきます。
一つ目は「体力」や「健康」のこと。

社員で働いている方の多くは責任ある仕事をしている方も多いので、その分仕事も重く、残業が日常的に多いと体力的に厳しくなったり、ストレスが強まる年代です。

またパートや非正規雇用で働いている方は、自分の将来について真剣に考えないとならない時期なので、焦りや不安というストレスによって健康を崩してしまう方もいます。

二つ目は「将来への不安」。

独身という事は「自分の事は自分で面倒をみる」という事になります。
特にお金の問題はきってもきれないですよね。

収入の多い方ならばその点は問題ないと思いますが、ほとんどの方は男性よりも低い年収であり、国税庁発表の「平成28年度民間給与実態統計調査」によると、40代前半女性の平均年収は302万円。40代後半女性は299万円です。

筆者は個人事業主であり仕事に対してはやりがいはありますが、収入が不安定なため、正直将来に不安があると言えば不安です。

ボーナスも退職金もないし、仕事も定期的に営業をしていかないと、いつ仕事がなくなるかの不安をかかえつつ、この仕事で果たして10年後、20年後できるのか・・・と考えると気分が落ち込む事もよくあります。

「仕事は派遣で事務とかやっていますが、経済的にも不安です。昇級とかずっと無くて給料は安いままだし、今でもほとんど余裕が無くて、貯金もほとんど無いし、大きな病気をしてしまったらアウトです。」
(yahoo知恵袋)

このようにご自身の将来を悩んでいる女性は数多くいます。

独身は自由な分、孤独や不安は受け入れることも必要なのかと。私個人的には感じています。

筆者と同じアラフォー独身女性の友人は、非正規の仕事で貯金ができなかったので、平日の3日ほどバイトをしてその収入を貯金にあてています。

筆者自身も個人事業主を行いつつ派遣に登録して、ダブルワークをしています。
お一人だと健康や将来について「不安」「寂しさ」はついてまわりますが、
自分だけとは思わない事が一番。

ネットの書き込みやブログを見てみると、よくわかります。
でもみなさん不安・寂しさをかかえつつも、生活をしていっています。

「43歳で独身です。
私は男性が多く経験がものをいう仕事に就いてしまった為「だから女は使えない」と言われないよう、がむしゃらに頑張っていたらいつの間にか30過ぎ、親戚からお見合いではなくマンション購入の話が来るようになっていました(爆)孫を抱かせてあげられない自分は親不孝しているのかな…と思いますが、年金暮らしの親を援助して、誰にも迷惑をかけずに自活、趣味を持ち、友達にも恵まれ楽しく生きているからいいかなって思っています。」
(発言小町)

三つ目は、親の介護を考える時期がきていることでしょうか。
筆者の父親はあと数年で80代に入りますが、幸いなところ健康で認知症もなく、一人で生活しております。

しかし親の介護は40代から準備すべきと前日、友人から助言を受けました。
その友人は、親が転倒して骨折が原因で若干の認知症が始まってしまったとの事。母と友人の二人暮らしで、突然の出来事だったので心の準備ができていなかった、また介護に関する知識不足ですごく大変だったとのこと。

でも友人はそれから介護の勉強をして、資格をとり母親を介護にしつつ、介護職に転職しました。
(元々、アパレル関係の仕事の方だったので、話を聞いた時はちょっとビックリしましたね。)

でも彼女はこう言っています。

「母の介護のために勉強して資格をとったんだけど、介護職に就いてからは人生の終末を迎えた人たちの話や相談を聞いているうちに、ふと自分の人生を考える機会にもなったんだよね。
人とのつながりや、自分がどう生きていくべきかとか。
前職はただ生活のために働く感じだったけど、この仕事のおかげで自分が誰のために役立っているかがわかってきたから、自分の母親を大事にしたいっていう気持ちが強くなったよね。
結婚していたら、100%自分の母親の介護は難しいけど、今自分が独身だからこそ、全力でみれることができるからね。」

このようにアラフォー独身女性は筆者もそうですが、あなた以外でも、多くの方が悩みをかかえつつ生活をしている現状が見えてくるはずです。

不安にかられて漠然として将来を妄想するよりは、その悩みを書き出してそれに対して、できることは何だろうと考えるようになると、それが目標につながってきます。

筆者を例にすると
現状の不安→解決すべきこと

・個人事業主なので収入が不安→副業で収入
・老後の資金が少ない→貯金を行う
・孤独、寂しさ→気の合いそうな人と交流、彼氏を見つける
・親の介護→介護サービス、情報を見ておく
・病気のリスク→食事や睡眠をしっかりとって日々の生活に気をつける

書き出して可視化することで、漠然とした不安が具体的に見えるようになります。
まずは自分のできる範囲で構わないので行う事で、今よりも不安が少しずつ解消していく事ができます。

アラフォーで独身であっても、せっかくの人生。
不安をかかえながらでは、楽しむ事もできません。

次からは筆者が行っている経験をもとに「アラフォー独身女性ライフを充実させる」方法をご紹介します。

2.週に1度一人で飲みに行けるお店を見つける

アラフォー 独身 寂しい
アラフォーになると、まわりの同性の多くが結婚してお子さんもいる家庭が多いので誘うのをためらいますし、会社の人たちでは仕事の愚痴も容易に言うことはできません。

働いている女性であれば、仕事や職場環境でなんらかのストレスはあるはずです。

実際、アンケート調査でも働いている女性の8割がストレスを実感していると答えています。

仕事のストレスはなるべく解消したいもの。
ストレスをかかえていると、休みの日も体や心が休むことができず、日曜の夜には「会社行きたくない」とますますブルーになってしまい、体の不調や酷い場合は鬱を発症させてしまいます。

一人暮らしの場合は、とくに収入が途絶えてしまうきっかけにもつながってしまうので、ますます先の将来が不安になってしまいます。

ストレス発散方法は、様々なサイトで紹介しています。
例えば、運動をして体を疲れさせて、ぐっすり寝てストレスを解消したり、カラオケで歌をうたいまくったり、映画やドラマ、本を読んだりと様々な方法があります。

確かに良い方法ですが、独り身の場合ってストレスの奥底には「孤独」「寂しさ」も入り混じっている事が多く、ましては今はSNSの時代もあり、友達のタイムラインを見て家族のひとときの写真を見たりすると

「ああ羨ましい。自分はこのまま独り歳をとっていくのか・・・」
と不安が助長されやすくなります。

そういう筆者の私も、実際には仕事やSNS疲れもあって、せっかくの休みの日も心の休息がしっかりできなかったので、体の不調やストレスがMAX状態になると、ふとしたきっかけで心が不安定になって涙が止まらない時もありました。

1人でも上手にストレスが発散できる人なら良いのですが、筆者のようにうまくできない人間もいるわけです。

今までは仕事のストレスだろうと思っていたのですが、よくよく考えてみると根底には「孤独感」「寂しさ」があったからです。

筆者の場合は、知人に紹介された飲み屋さんを紹介されて、かれこれ7年近くお世話になっています。

カウンター10席、テーブル席1卓の小さなお店ですが、今では常連さんと仲良くなり、昔のような「孤独感」や「寂しさ」からは大分解消されました。

また何よりも、筆者と同じ悩みを持つ同年代の女性との出会いにもつながったので、悩みを共有したり励ましあったりと、人のつながりは生きていく上で本当に必要なんだなと感じます。

でも女性一人で飲み屋さんには入りにくいと思いますよね。

最近は女性のおひとり様でも気軽に入れるお店も徐々にですが、増えてきています。

ネットで「女性 一人飲み」と検索をすると、たくさんのサイトがあり口コミ情報も見ることができます。

一人飲みができるお店が見つけられると、心が疲れた時に周りのお客さんから元気をもらったり、店主に悩みを聞いてもらったりと、何度も助けてもらえました。

アラフォーは、特に体力面や生理的に抗えない、更年期障害による気分の落ち込みで心が非常に不安定になってしまう時期。

お酒が飲めない人でも今ではノンアルコールがあるところは増えていますし、またお酒という力で、本音や悩みを語り合える場ともいえます。

このような場を作ることで生きていく力、英気を養う事ができますので、ぜひいきつけのお店を作るとよいですね。

3.長く働ける副収入となる仕事を見つけてみる

アラフォー 独身 寂しい
アラフォー独身女性の大きな悩みの一つである「収入」。

大手企業などで正社員で働いて、収入も高ければそのような心配はないかもしれませんが、女性の多くは派遣社員やパートなど非正規についている場合が多く、この先長く働けるのか、また収入も低いという現実もあり、不安を持っている方は多いはずです。

例えばフルタイム勤務の場合、時給は1,000円と考えると

週40時間勤務で月収は160,000円。
そこから社会保険料と税金で約25%程度引かれると、手取り額は12万程度です。

一人暮らしの場合は、更にそこから家賃や水道光熱費、携帯代、食費がかかります。

東京23区の家賃相場で考えた場合
家賃(1K賃貸) 6.5万円
水道光熱費    1万円
通信費      1万円
食費       2万円
で計算をすると、残りは1万5千円ほど。このなかで日用品や、交際費、病院代などを賄わなくてはなりません。

当然貯金は難しいので、歳をとった時にはもう生活保護かも・・・
と不安が押し寄せてきてしまう原因になってしまいます。

正直な話、ある程度の収入がないと、友人から食事に誘われてもお金がないから断る事にもなり、結果だんだんと友人とのつながりがなくなってしまい、孤独や寂しさに陥ってしまう危険性があります。

でも今は「副業」というワークスタイルも定番になりつつあり、多くのアラフォー独身女性は副業をしている方が増えています。

筆者の場合はデザイン業をしているので、その技量を活かしイラストやHPのバナー制作をしているので、副収入がありますが、

「私は事務業で特段な技術や資格を持っているわけじゃないので無理かも・・・」

とあきらめてしまっている方もいる方も、特段な技術や資格がなくても働ける仕事はたくさんあります。

筆者の友人は、知り合いのお店を手伝って週3回ほど副業を行って月4万円ほどの収入が増えたので、生活が大分楽になったと話していました。

知り合いでお店をやっている方がいれば、一度相談をしてみるとよいかもしれません。

またネットでも「副業」と検索をすると、たくさんの仕事があるのにビックリします。

いくつか良い副業のサイトがあったので、まとめておきます。

ガイヤリサーチ
13万人の登録会員がおり、日本全国のお店の覆面調査をおこなっています。依頼されたお店に行って、評価を行いレポートを提出します。
レポートは決められた書式なので、難しく考える必要はありません。飲食代等はもちろん負担してもらえるうえに、さらに調査料として謝礼がもらえます。

クラウドワークス
こちらは在宅で仕事ができるものを紹介。
筆者も利用しているサービスです。
登録者約267万人、仕事の依頼数は約248万件と日本最大級のクラウドソーシング会社。
※ クラウドソーシングとは、依頼主と受注者がオンラインでつながって、仕事が受発注できる仕組み。
クライアントと作業する人の間に、クラウドワークスが仲介を行うので、働いたのにお金が振り込まれなかったというトラブルは起きないようにしています。
ホームページやロゴ作成の仕事が主ですが、ブログの記事作成やデーター収集など「未経験者OK」の作業系案件も数多くあります。
仕事の種類が200以上あるので、幅広い仕事があるのが特徴です。
自宅でできる作業なので、すき間時間やお休みの日にやってみると結構な収入になります。筆者の場合は月4~5万程度、クラウドワークスさんで収入を増やしています。

4.結婚しなくても長続く付き合っていける人を見つけてみる

アラフォー 独身 寂しい

もうアラフォーの年齢だから、今更婚活しても相手からお誘いはないし、逆にフラれたりしたら立ち直れない。

ネットではアラフォー女性は「結婚は難しい」とかかれているので、もう難しいかも・・・。

など結婚はあきらめている女性は多いと思います。
そうなると当然、恋愛も消極的な気持ちにもなりますよね。

消極的な気持ちをお持ちの方はこちらの記事にて3つの処方箋をまとめています。
>>彼氏なし期間が長くて将来が不安なアラフォー女性の3つの処方箋

「アラフォー女性は、恋愛の対象外なんじゃないの?」

そんな事はありません。
筆者の周りのアラフォー独身女性の多くは、男性とお付き合いをして恋愛されている方いらっしゃいます。

単に彼女が美人だから、可愛いからというわけではありません。

彼女たちも婚活を一時期頑張りましたが、相手に断られたりと婚活疲れを起こしてしまい、結婚を諦めてしまった方たちです。

生涯独身で行こうと思っていても、やっぱり寂しい気持ちがあったとのこと。

だから「結婚」という事にこだわらず、「生涯、長く付き合える相手、友達の関係でもいいかな。」という視点に切り替えたところ、彼女と同じ気持ちを持っている男性と出会い、お付き合いをしています。

男性も女性と同様、一人で生きていく事に不安をかかえている人はたくさんいます。

筆者の知り合いの40後半の男性も

「僕は離婚歴がある人間だけども、一生独りはやっぱり寂しいと思うよね。だからいつかは、また女性とお付き合いして仲良く歳をとって、平穏な生活はしたいとは感じているよ。」

また実際に男性とお付き合いしているアラフォー女性の意見は

「結婚を真剣に考えていた時は、親を安心させたいとか、孫の顔を見せたいとか色々な事を考えすぎていたせいか、婚活は失敗ばかりで、『自分は一生孤独、家で独りぼっちなんだ・・・』と鬱っぽくなって引きこもりがちになってしまったけど、同じ境遇の人たちのネットの書き込みを見て『人と出会えるチャンスを逃さず出かけて、笑顔だけは忘れないで。趣味のサークルや出会いの飲み会でも参加してみて!
そこでまず友達を作ってね! 』という励ましのコメントをもらった時に、自分もちょっと頑張ろうかなと感じましたね。
その甲斐もあって、友達からお付き合いする男性が見つかって、孤独の不安や寂しさもなくなって、今は充実していますよ。」

何も結婚にこだわらなくても、いいのかなと筆者も感じます。

もう歳だから、結婚できなかったからと諦めてしまえば、いかに孤独の不安と向き合っていくのかを考えていかないと、暗く惨めな人生を迎えてしまいます。

「でも自分は・・・」と自信がない方は、こちらの記事で40代でも恋愛はしたい、いい人と出会いたいと思っている方に素敵な恋愛をするコツの記事をまとめています。

>>40代でも恋愛はしたい。でも出会いはどう作ればよいの?
40代だから恋愛はできないとお思いの方、それは大きな間違い。しかし今この時期を逃してしまえば本当に恋愛は遠のいてしまうことにもつながります。
40代でも恋愛はしたい、いい人と出会いたいと思っている方に素敵な恋愛をするコツをまとめています。

結婚しなくても長続く付き合っていける人を見つけたいと思っていても、自分の周りにはそういう人がいないという悩みをお持ちの方もいるかと思います。

でも今は、ちょっと昔と違ってネットの力を使っていくらでも出会いを広げる事が可能です。

アラフォーになると出会いは求めているけど、出歩くのがおっくうになったり、婚活パーティーや合コンなど初対面の人に会うイベントは、緊張もありますし、自分が選ばらなかったら惨めという不安もあります。

ネットを活用したマッチングアプリならば、いきなり相手と会うこともないし、まずはお互いの事をメッセージでやりとりをして、いいなと感じた時に会う。
メッセージのやりとりをしている分、ある程度お互いを知っている状態なので、初対面同士の変な緊張もありませんし、友達を増やせるきっかけにもなります。

自分の生活圏以外の男性との出会いで、自分の知らなかった世界や新しい考え方に触れる機会にもつながります。

マッチングアプリを使ってみた友人は

「何人かは会ってみて失敗したことがあったけど、今付き合っている彼氏は消防士。メッセージのやりとりで、消防士って命がけでどんなに大変かがわかって、じゃあお会いしましょうって事で実際に会ったんだけど、メッセージのやりとりが事前にあったおかげで、お互い緊張する事もなく、自然体でいられた事がすごく良かった。
初めは友達からというスタートだったけど、デートをするうちに『この人だったら毎日が楽しいかも』と感じて、自分から付き合ってくださいと言っちゃいましたよ(笑)。
初めはネットは危ないかも・・・と思っていましたが、きちんとした男性も多く登録している事もわかったので、使ってみてよかったかも。」

マッチングアプリは、全国から登録しているため圧倒的な会員数があるので、その中には自分がお付き合いしてみたい方が必ず存在しているはずです。

また女性の場合は無料で利用することができるので、出会いを広げるために登録ををしてみて、合わなかったらいつでもやめられるという事もできます。

マッチングアプリは健全な男女の出会いを目的として作られたものですが、マッチングアプリを利用が増えるにつれ、中には体目的や遊び目的の男性が存在するのも事実です。

そういう人はメッセージのやりとりで、すぐ会おうと言ってきたり、LINEで連絡先を交換しようといっている事が多いので、そういう男性とはやりとりを止めてしまえば、トラブルに巻き込まれる事を防ぐ事ができます。

マッチングアプリを使った経験の中で、これは怪しいと思った事をこちらの記事でまとめています。

>>マッチングアプリを安全・快適に使いこなす4つのポイント

また日々数多くのマッチングアプリが誕生していますが、初めて使うならばメジャーなものから始めれば、セキュリティ対策や、なりすましなどの監視体制がしっかりしているので、安心して利用できます。

マッチングアプリで代表的なのが「ペアーズ」。

会員数が1,000万人とマッチングアプリの中で圧倒的な数と、日経MJや日経新聞からCLASSY、ananなどのファッション系雑誌にも取り上げられる他、セキュリティー(年齢確認・身分証明書の提出・実名登録・24時間監視体制)もしっかり行っており、操作が不慣れな人でもアプリが非常に使いやすく設計されています。

ペアーズはFacebookと連携したアプリであり、利用するとなると自分がネット婚活をしているのが友達にバレてしまうのではないかと不安になりますが、pairs(ペアーズ)に登録しても個人情報を共有するため連動しているだけであり、例えばpairs(ペアーズ)を使って相手の男性に「いいね」を押してもフェイスブックにそれが載ることはありません。

またPairs(ペアーズ)に登録した場合のプロフィール写真は、自分でアップする必要があるので、フェイスブックで載っている写真が自動で載ることはありません。
※2017年11月からはフェイスブックなしでも電話番号で登録できるようになっています。

相手も探しやすいように、コニュニティー機能というものがあり、共通の趣味・興味がある相手を探せることができます。
「映画鑑賞」「音楽好き」というメジャーなものから、「お米は固いのが好き」などマニアックな興味のものまで、約100,000のコミュニティが存在しています。

同年代の40代男性の登録者数は約33万人もいるのと、毎日5,000人が新規登録しているため、新しい会員が増えるため自分に合った相手と出会う確率も当然高くなります。

特に地方圏に住んでいる方は、都市圏に比べて出会いの場所は限られてしまいます。その場合はアプリを使って出会いを作るのも非常に良い方法です。

人は寂しい、不安になると、心が疲れ同時に「やつれた感」「老けた感じ」が外見にもあらわれます。

また一人家にポツンと過ごしているとどうしてもネガティブ思考になりやすく、引きこもりがちになってしまいます。

マッチングアプリを使って異性の友達を作り、共通の話題・趣味をメッセージでやりとりができるので、家に1人でいても寂しいと感じません。

ほんの少し、行動をする事で「独身の寂しさ・不安感」は軽減することができます。ペアーズは30代、40代の人たちも多く登録していますし、会員数も非常に多いので、自分と合う男性は必ずいますし、また同じ趣味の集まりのコミュニティーもあります。

実際に好きなアーティストのコミュニティーに入って、マッチングしたら一緒にライブを見に行った。
お酒を飲む人同士のつながりで、みんなで集まって飲み会を開催した。などもあります。

このようにペアーズは意外と友達作りで使っている方は結構います。
筆者の私もペアーズを使って、同じ趣味仲間とつながり色々と意見交換をしたり、実際に会って飲み会もしています。

ほんの少しの行動があるかないかで、人って寂しさから楽しさへと気持ちは変わってきますよ。

女性は無料で利用できるので、出会いをつくるきっかけとして利用してみてはどうでしょうか。

>>pairs(ペアーズ)公式サイト

Pairsの登録方法をこちらの記事にてわかりやすくまとめています。
また男性からメッセージがたくさんくるためのプロフィール作成のコツも多してしています。

>>Pairs(ペアーズ)の登録方法と魅力的なプロフィール作成のコツ

★こちらの記事も読まれています。

40歳を過ぎると結婚は難しい、もうあきらめた方がいいのかとお思いの方、結婚をあきらめる前にもう一度、どのようにすればいいのかを要点を知ることで今後の婚活も変わってきます。自分の婚活方法を見直すきっかけにもなります。
>>40代女性は結婚が厳しいと諦める前に戦略を変えてみよう!

40代だから恋愛はできないとお思いの方、それは大きな間違い。
しかし今この時期を逃してしまえば本当に恋愛は遠のいてしまいます。
40代でも恋愛はしたい、いい人と出会いたいと思っている方に素敵な恋愛をするコツをご紹介します。
>>40代でも恋愛はしたい。でも出会いはどう作ればよいの?

独身時代と違い、シングルマザーは仕事と家庭を一人でやりきらなければならないため、必然的に出会いの機会が少なくなってしまいますが、
実際には、子連れ再婚によって幸せになった女性はたくさんいらっしゃいます。実際に再婚された方はどのような出会いがあったのか、主な3つの方法をご紹介しています。
>>シングルマザーでも再婚したい。実際再婚した人の3つの出会い方法

 

関連記事一覧