出会いがないと悩むアラサー女性に!その原因と解決法は?

アラサー 出会いがない
アラサー婚活

アラサーに近づくにつれ、周りの同僚や友達が結婚していくのを見て、
「自分も、もう結婚を考えないと…。」
と思う方は多いはず。

しかし実際に行動にうつすとなると、どうやって出会いを作ればいいのかわからない、すでに自分の周りの男性は既婚者ばかり、または女性ばかりの環境でそもそも出会いがない・・・

筆者の知り合いのアラサー女性も、先月友人の結婚式に出席したところ、みんながお祝いして、新郎・新婦がとても幸せそうだったので羨ましいと同時に焦りを感じたそうです。

でも自分の職場は女性ばかりで出会いもなく、家と会社の往復だけの生活。
友達に相談したところ「出会いは自分で作らなきゃ」と言われたけれども、どう行動していいかわからないと相談をされました。

これを読んでいる方も同じ状況かもしれませんね。

「出会いがない」とただ言っていて、歳を重ねれば重ねるほど、今よりも出会いが難しくなり、婚期を結果的に逃してしまう事にもつながります。

「出会いがない」とただ言っていて、歳を重ねれば重ねるほど、今よりも出会いが難しくなり、婚期を結果的に逃してしまう事にもつながります。

関連記事:出会いがほしいけど自分はないと悩む方に機会を増やす方法とは?

なぜあなたに出会いがないのか?
単純に周りにいい男がいないというわけではありません。
実はあなたの行動力、実力が足りないため出会いがうまれないのです。

アラサーで出会いがないと言っていては、この先ますます結婚につながる「出会い」は難しくなっていきます。

そうはなりたくない!と思っているアラサー独身女性に、出会いをつくる考え方、ヒントをまとめています。

1.出会いを求めている割に恋愛には慎重になっていて、結果的に出会いを自ら放棄している

アラサー 出会いがない
「出会いが欲しい」
と思っていても、実際は本気で行動をおこしていない事が多いもの。

それは10代や20代の頃と違い、30代に近づきつつあると「結婚」を意識するため、出会いを求めていながらも、無意識に「恋愛に慎重」になりすぎて行動をおこしていない事が多いからです。

知り合いのアラサー女性も

「結婚前提としたお付き合いはしたいけれども、私の周りには同世代の男子はもう結婚しているし、知り合いの男性は結婚相手として意識できる人がいない。」

と答えていました。

実は彼女のように「出会いがない」答えている人が、内閣府で作成している「少子化社会対策白書」の中で未婚の20~40代の未婚の男女を対象に意識調査を行ったところ

・いい相手に巡り合えない(1,864人)

の答えが一番多く、また過去の調査と比較したところ実際は「異性とうまく付き合えない」人が増えている結果が出ています。

アラサー女性の多くが、飲み会や合コンで男性と出会ったとしても
「この人は結婚相手としてふさわしいのだろうか?」
と考えすぎてしまったり、外見や職業、年齢で相手を見てしまったりと、自ら恋愛のチャンスをつくろうとしない事も大きな原因。

実際、知り合いのアラサー女性に「合コンとかで出会いとかはないの?」と聞いたところ、

「一緒に飲んでて楽しいとは思うけど、なんか軽い感じの人っぽくてお付き合いまでにつながらない。」

と答えました。

この彼女の答えの裏には『結婚に結びつかない相手と付き合っても時間の無駄になる』という意味合いも含まれていると予想されます。

確かに年齢も年齢だし結婚前提としての付き合いを考えていれば、慎重になるのはわかります。

しかし、恋愛って実際に付き合ってみないとわからない事もたくさんあるはずです。

例え合コンで軽っぽく見えても、実は「周りを楽しませる気配り上手な男性で、仕事はメチャクチャ真面目」って事もありえるからです。

実はそういう男性が知り合いにいて、一緒に飲んだ時に本人はこう言っていました。

「合コンは女性に来てもらっているから、楽しんでもらわないと悪いと思うし、自分自身失敗した~と思いたくないんだよね。
でも毎回、盛り上げるのは疲れるけどね。大人数の時は騒ぐけど、こんな感じにしっぽり飲む時は、いろんな話をじっくりしたいんだよね。」

彼は職業柄 営業マンなので相手の顔や雰囲気を読み取るのがうまいため、つまらなそうにしている人がいると、ついつい自分がバカを演じて盛り上げてしまうクセがあるとのこと。

この話を知り合いのアラサー女性に話したところ

「えっそうなの!」

とビックリしていました。

恋愛に対して慎重になると、相手の表面的なところしか見ない事が多いもの。
頭で判断よりも、まずは相手を知ろうという気持ちを持つことがとても大事

自分の頭の中であれこれ考えても、相手の頭の中身はわからないのです。
恋愛=結婚と考えていると、どうしても自分の尺度で相手を見てしまいがちですが、表面的にとらえるのでなく、なぜ相手がそういう行動をとるのか観察してみたり、話しかけてみる事で、意外な事が見える、という事はよくあります。

この意外な事が出会いへつながる第一歩ともいえるのではないでしょうか。

2.出会いがある女性はこんな事を意識している

アラサー 出会いがない
一方、出会いがある女性は以下の2つを意識しています。

・チャンスを逃さないよう、出会いを意識している
・自分に自信をもって、自ら行動をおこしている

出会いがある女性は、合コンや婚活パーティーなど特別な時以外も、普段から身だしなみに気をつけている、また心に余裕をもつようストレスをうまく発散し、出会いのチャンスをつくっています。

そんな事いっても、今は仕事が忙しいし体も心も疲れる・・・。そこまで意識はもてない、という気持ちはわかります。

しかし心に余裕がない人の場合は、自分の事で精一杯になっているので、出会いがあったとしてもそれが出会いと感じる事ができません。

それにストレスがたまると女性は、発散するために女性同士つるむ傾向があります。
女子会を開いて楽しむのは構いませんが、彼がいない女性の慰めあいになったりすると、その雰囲気に慣れてしまうのと同時に、気づかぬうちにお互いが抜け駆けがないようけん制しあう形にもなってしまうので、結局出会いをなくしてしまう事にもつながってしまいます。

出会いがある女性は、女子会もそこそこ、そして自分の時間を大切に過ごしています。

もう一つは、出会いがないと思っている女性は恋愛に対して受け身的な人が多いですが、出会いがある女性は自分から男性に積極的に話しかけてアプローチをしています。

「女性にアプローチするのが男性でしょ。こっちが男性にアプローチするなんて、まるで肉食みたいでみっともない。」
と考えていると、正直な話出会いはありません。

なぜなら今の男性は、女性に対して消極的(受け身)な人が多くなっているからです。

これも少子化社会対策白書で「相手を探すために行動を起こしましたか?」という質問に61.4%が「特に何も行動をしていない」と答えており、年齢別にみると

・20代 72.5%
・30代 64.7%
・40代 67.7%
6~7割の男性が自らアプローチをかけれないと答えているからです。

女性も受け身、男性も受け身であれば全く出会いがないのも当たり前。

「出会いがないから」と言う前に行動を起こす癖をつけること。

いきなりは難しいと思っている方はまず簡単な事からはじめると、考え方が変わってきます。

それは普段自分が行動している事と違うことを意識して行ってみると良いです。

例えば

・いつもと違う道を歩いてみる
・いつもは食べないものを注文してみる
・いつもと違う通勤経路を使ってみる
・いつもは手にとらない本や雑誌を読んでみる

など普段では選ばない事を意識して行います。

違う事を行うことで自然と行動力が身に付きますし、新しい発見や考え方も生まれるチャンスが高くなります。また楽しむ心も生まれてくるので、徐々に新しい出会いを見つけるアンテナを磨かれることにもつながってきます。

関連記事:出会いがほしいけど自分はないと悩む方に機会を増やす方法とは?

3.出会いにつなげるポイント

deai-point
出会いを広げるためには、もちろん自分から行動を起こす事が最も大事なこと。
しかし、どのように広げればいいのかわからないと悩む方もいるはずです。

最低でも3つのポイントを行ってみることで、出会いの幅も今よりも断然広がります。
結婚をしたアラサー女性も、この3つを抑えて婚活をした結果、出会いにつながっています。

3-1:友人に相談して出会いを広げる

出会いを広げる
アラサーになるにつれ仕事が忙しい、周りの人も結婚していくと合コンや飲み会の機会がだんだんと減っていきます。

「出会いがない」と思う前にまずは友達に相談してみるのがよい方法です。
自分の事を知ってもらっていますし、友達にもメンツがありますので「この人だったら」という人しか紹介をしないはずです。

ただし、誰でもいいから紹介して!とは言わないこと。
実際にセッティングしてもらっても「やっぱりこの人と違うかも」と感じてしまい、相手の男性にも友達にも申し訳ない事につながってしまいます。

誰でもいいから紹介してという場合は、結果、婚期を逃すことにもなってしまいます。

こちらの記事でその理由をまとめています。
>>誰でもいいという女性は実は「婚期を逃す」ってご存知?

○紹介してくれる友達がいない、万一断る時に申し訳ないと感じている場合は

そんな場合は、行きつけのお店で飲み友達を作るのがおすすめです。

筆者も行きつけの大衆小料理屋さんに通うようになって、飲み友達がたくさん増えました。
初めて1人ではその店に入れなかったので、まずは友達二人でお店に入り、店主と仲良くなり、それから店主の仲介で他のお客さんを紹介してもらいました。

様々な業種の人たちとの出会いにつながり、仲良くなった飲み友達の既婚男性に、紹介をお願いしてお店に呼んでくれた事もあります。

友達を増やすことで、自然と人脈もひろがりますので、今まで出会う事もなかった男性とも出会える確率が圧倒的にあがります。

それに自分が婚活中と相談すると皆さん親身に聞いてくれる人が多いです。
色々なアドバイスも教えてくれるので、飲み友達を作るのはとてもおすすめですよ。

筆者の場合は、小料理屋のママが親身に聞いてくれましたし、アドバイスもしてくれました。

女将さんの話では美人でも可愛い女性でも、関係なく「残念な女性」は例外になく、恋愛・結婚に結びつくことができなくて、ことごとく失敗をしているとのこと。その原因を3つ教えていただきました。
恋愛・婚活がうまくいかないとお悩みの方は、その原因がわかりますよ。

>>小料理屋のママに聞いた「残念な女性」には共通の特徴がある

3-2:社員が多いところは職場のイベントに参加してみる

ivent
もう一つ、ぜひ活用して欲しいのが「職場のイベント」。

「なんか仕事の延長みたいで参加したくない。」

と思いがちですが、普段あまり話さない部署の人たちと話をできる機会になり、お酒が入れると皆フランクになってプライベートな話もしたり、意外な一面を見たりと親近感が高まります。

皆さんもご存知の通り、職場での出会いは非常に多く、初めは面白くないかもと思っていても、二次会に参加した時に意外な男性と仲良くなってお付き合いにつながるケースは非常に多いです。

ご自分の会社の社員さんが多いところはイベントに参加してみると、意外なところに出会いは多くありますよ。

3-3:自分の周りに男性がいなければネットもうまく活用してみる

ネット婚活
自分の職場は女性ばかり、近くに気軽に行けるお店もないという場合は、ネット婚活を利用するのも出会いを広げる大きな力となってくれます。

意外な事ですが、婚活サイト・アプリを利用して結婚した割合は、今や婚活パーティーや結婚相談所で結婚したケースに追いつくほど、急激に伸びている結果がリクルートが運営している「ブライダル総研」の調査で出ています。

ブライダル総研

なによりもネット婚活のメリットは

・あらゆる職種の人たちの中から、自分の求める結婚相手を探すことができる

・趣味や性格が合う相手を見つけることができる

・自分がいる環境では出会う事がない人と会えることができる

にあります。

しかし

「ネットってどんな男性だかわからないし、怪しいかも」

と感じている方は多いはずです。

婚活アプリで出会った女性に睡眠薬を飲ませて乱暴した事件も実際に起こっていますからね。

ネットで婚活できるサイトやアプリは、スマホで手軽に相手を探せるため、とても便利ですが、その便利さを逆手にとって騙す男性は少なからずいるというのは事実です。

その理由は男性側も無料でできるアプリを利用しており、暇つぶしや遊び感覚で使いやすいからです。

ネット婚活をする場合は、登録する時に身分証明書が必要であるものはもちろんのこと、男性会員が有料となっているところを選ぶようにします。

有料であれば、遊び目的の男性もお金を払ってまで・・・となるので出会う確率は少なくなります。

こちらでネット婚活(マッチングアプリ)でどんな事に注意すれば安全・快適に使えるのか4つのポイントをまとめています。

>>マッチングアプリを安全・快適に使いこなす4つのポイント

ネット婚活は正しい知識を見につけば、出会いをつなげてくれる強力な助っ人になってくれます。

ネット婚活が初めての方は操作がわかりやすく、なおかつ会員数もトップクラスの「pairs(ペアーズ)」は数多くの男性との出会いがあります。

マーケティング調査会社の株式会社ネオマーケティング が行った全国の20~39歳の未婚の男女に聞いた「マッチングアプリに関する調査」の調査でペアーズが一番知っていると答えており、(下のグラフが調査結果です。)

graph
「ネットやアプリは使った事ないし。」

そのまま歳を重ねれば重ねるほど結婚できるチャンスは遠ざかり、いざ大金を払って結婚相談所にかけこんでも、今以上に苦しい婚活になってしまいます。

結婚相談所のスタッフの本音では
「あと5年早く結婚相談所に来ていたら、良い出会いがあるのに。」

そうなのです。婚活は早く行えば行うほどいい男性とめぐりあえる確率が高いのが事実。

出会いがないからと現状そのままでいると、歳を重ねるごとに出会いに対しておっくうになったり、逆に必至に出会いを求めてもタイプの男性から振り向いてもらえなくなってしまいます。

ネットやアプリは自分の空いた時間でも十分婚活ができる便利なもの。
ペアーズの場合は、男性は有料ですが女性は無料で使えるので、「出会いが今ない」とお悩みの女性は利用しない手はありませんよ。

>>pairs(ペアーズ)公式サイト

Pairsの登録方法をこちらの記事にてわかりやすくまとめています。
また男性からメッセージがたくさんくるためのプロフィール作成のコツも多してしています。

>>Pairs(ペアーズ)の登録方法と魅力的なプロフィール作成のコツ

4.まとめ

今回は出会いがないと思っているアラサー女性に、出会いがある女性はここが違う事をまとめました。

出会いがないと思っている女性は

・慎重に考えすぎるあまり相手の男性の表面しか見えないため、出会いがあってもつなげられない

・外見や職業、年齢で相手を見てしまったりと、自ら恋愛のチャンスをつくろうとしない

・実は本気で行動をおこしていない事が多い

・出会いに対して受け身

逆に出会いがある女性は

・普段から身だしなみに気をつけ、ストレスも上手に発散し、出会いのチャンスを逃さない

・自分から積極的にアプローチをして、チャンスを作っている

出会いがある女性は、外見がいいからというわけではないのです。

まずは行動を起こす癖をつけること。
その癖をつける方法は、普段自分が行動している事と違うことを意識して行ってみる事で、身につくことができます。

そして出会いにつなげる3つのポイントをしっかり理解していれば、今の現状から大きく変わることにもつながります。

今出会いを作ろうとしなければ、この先、良い出会いはどんどん可能性が低くなります。

結婚ができない!と本格的に焦って行動を起こしても、結果妥協せざるをえなかったり、結婚を諦めざるえない事にもつながります。

またまだあきらめる必要はありません。
しかし、いい結婚をできるかできないかは自分の力にかかっています。

是非、いいお相手を見つけて幸せな結婚をつかんでください!

★このような記事も読まれています。

>>婚活は失敗ばかり。なぜダメになるのか見直す3つのポイント
失敗ばかりで結婚に全然結び付かない。なぜダメになってしまうのかがよくわからないと悩む方はどのように見直せばよいのかをきちんとお答えします。

>>婚活が辛いとお悩みの30代女性に知ってもらいたい3つのこと
婚活は長引いてしまうと、途中であきらめてしまったり、落ち込んでしまったりと、心身共に疲れ果ててしまいがち。どのように婚活を進めたらよいのかをまとめています。

>>「婚活は妥協」の意味を履き違えると不幸な結婚生活が待っている
婚活は妥協という意味は「条件を下げること」ととらえがち。
本当の意味を知っていないと例え結婚しても幸せな結婚生活が送れません。
今回は妥協の本当の意味はどういう事なのかをわかりやすくご紹介します。

>>女は30過ぎてからというけど彼氏ができない!どうすればよい?
アラサーになっても彼氏ができず、結婚もできずに独りぼっちで暮らしていかないといけないのか、と焦りや不安が押し寄せていませんか?
そのようなお悩みを持つ方に不安を解消する3つの方法をご紹介。

 

関連記事一覧