40代のw(ダブル)不倫が多いわけとは。ハマるとこんな危険性が!

40 代 w 不倫
ダブル不倫

かつて不倫は「既婚男性と独身女性」というパターンが多かったのですが、ここ数年は男女とも結婚しているW(ダブル)不倫が増えつつあります。

その背景はSNSの発達により、かつての同級生や元恋人に再開するチャンスが増えたこと、また女性の社会進出により結婚しても仕事を続けていることがあげられます。

W(ダブル)不倫は、「既婚男性」と「独身女性」の関係とは少し違い、すでにお互いが結婚しており、いわば対等なポジションであるといえますが、ハマってしまうと危険性が高くなる「危険な恋」とも言えます。

今回はなぜW(不倫)が多いのか?そしてハマってしまうとこんな危険性があることをご紹介します。

1.W(ダブル)不倫が多い理由

40 代 w 不倫

片方が独身者の場合だと「離婚を迫られる」リスクが生じますが、W(ダブル)不倫の場合は、お互いがすでに結婚しているため「家庭を第一に」という暗黙の了解が生まれます。

両方とも生活の基盤(家庭)があるため、愚痴や話題に共通性がありお互いにストレスを発散させやすいこと、また割り切れる関係という事も増えている理由にあげられます。

「相手は独身女性よりも家庭ある女性の方が楽です。お互いに割り切りができる対等な立場なので、独身女性と付き合うより罪悪感がいくぶんか和らぐことも理由にあげらるかも。」
(会社員/36歳男性)

「結婚して子供が生まれると母親として見られ、女性としてのときめきがなくなります。その点、不倫相手がその欲求を満たしてくれます。」
(主婦/34歳)

「不倫中は女性として扱ってもらえるし、快感も得ることができます。家庭は良き妻、母親としての幸せを味わえるので、不倫は心のバランスを保つために必要かも。」
(パート/39歳)

W(ダブル)不倫は

・割り切りやすい
・女性、男性として扱われていたい
・非日常を楽しめる
・お互いが既婚者だと離婚を求められるリスクが少ない

が主な本音です。

1-1:なぜ40代のW(ダブル)不倫が増えているのか?

既婚読者20~80代女性368人に女性セブンがアンケート(2017年)を行った結果で

「夫以外の人を好きになったことがある?」
という質問では約3割の女性が「はい」と答えています。

更に不倫をする年代は圧倒的に40代が多いとのこと。
その理由は子供が小学生高学年の場合が多く子育てを離れられること。また再び仕事にも就くことも多く、男性との出会いの機会が増えていることがあげられます。

夫との関係も「家庭の同居人」という感じになりセックスレスということ。
また女性自身、更年期に入る前に女性としての快感を味わってみたいと肉体的に男性を求める傾向が強くこともあげられます。

2.果たして女性は割り切ることができるか?

40 代 w 不倫

W(ダブル)不倫は「割り切り」が前提の恋愛です。

しかし実際は初めは割り切ろうと思っていても、多くの女性が不倫相手の男性を好きになってしまい、割り切れない現状がうかがえます。

「お互いの家庭を壊さず付き合っていこう」
と初めは彼と同様に考えていましたが、付き合っていくにつれ彼の事が好きになってしまい、表面上は家庭を優先にすると言っていますが、正直彼に合わせているだけです。
彼への気持ちが強すぎて、夫との喧嘩が多くなりしまいには不倫をしているんじゃないかと疑われています。
夫と離婚しても、彼とは一緒になる事もできないので辛い状況です。

自分も結婚しているけれども、不倫相手の奥さんに嫉妬心をつのらせて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

男性の恋愛観とは、「好き」と思った初めの瞬間にスイッチが入り、一気に燃え上がり、意中の女性を手中に収めると気持ちが落ち着きはじめます。
一方女性の恋愛観は男性ほどのスイッチは入らず、何回も会っているうちにだんだんと「好き」という感情が高まっていきます。

そして抱かれた時に女性はスイッチが入り本気モードになっていきます。

自分を一番愛してほしいという気持ちが強くなり、不倫相手の彼が家族と旅行や外食をしに行ったり、奥さんが料理を作ってあげていることに対して激しい嫉妬心が芽生えてしまうのです。

2-1:不倫は割り切らなければ永遠に嫉妬心は消えない

筆者も昔、W(ダブル)不倫の経験があり、相手の配偶者に嫉妬した経験があります。

好きになった男性のSNSなど覗いてみたくなりますよね。
そのページに家族楽しそうな写真が載っていた時に、激しい嫉妬心をもってしまったことがあります。

どんなに好きと言われても結局は奥さんが一番なんだ、と心がつらくなって何もやる気が起きない事もありました。

不倫は割り切ることができなければ、一生嫉妬の苦しさからは逃れられない事を痛感しました。

だから自分なりに勝手な解釈をして

・SNSに載っている写真は私と出会う前のものだし、今は私と居た方が彼は楽しそう。

・実際彼の家庭環境は仮面夫婦。

と考えて嫉妬心を抑えるようにしていました。

W(ダブル)不倫の場合はどちらかが嫉妬心をむき出しにしていまうと、アッという間に関係が壊れてしまいます。

ある意味「既婚男性と独身女性」よりも難しいのです。
不倫関係を続けていくならば、いかに「嫉妬心」とうまく付き合っていくかが鍵になります。

それができないのならば、辛い毎日になってしまいますので残念ながら不倫を終わらせた方が良いです。

2-2:終わらせたくてもできないと悩んでいるならば

不倫は終わらすべきと思っても、彼の事が好きすぎて中々行動にうつれない方は多いはずです。

かと言ってこの悩みを他に人に相談すると、不倫関係がバレる危険性が高まりあなたの家庭ではなく、彼の家庭も迷惑をこうむることにつながります。

40 代 w 不倫
仮に信用できる友達に相談しても、あきらかに止めた方が良いといわれる可能性も高いですし、恋愛に対して豊富な経験がなければ的確なアドバイスをもらえることができません。

友人に相談することでどんな危険性があるのか?はこちらの記事でまとめています。

>>友達に不倫の相談をするとこんな危険性がある!

不倫の相談は慎重に行わなければならないもの。
相手の彼が好きでしょうがない、別れることができないとお悩みの方は、
不倫問題に精通している「電話占いの【リエル】」を使ってみるとよいです。

占い師の多くが女性であり、不倫/略奪愛/復活愛など、誰にも相談できない悩みに強い占い師さんが揃っています。

また電話占いの最大のメリットは、相談したい時にいつでもできるということ。

誰にも会わず、自分の時間がとれた時に相談ができます。

「電話占いの【リエル】」は占いコンテンツの老舗の上場企業が運営しており、個人情報が漏洩しないようにセキュリティもしっかりしています。

通話料無料で指名料なども一切無く、明瞭な料金体系なので安心して利用することができ、決済方法もdocomo/au/SoftBankのスマートフォン、PC、携帯電話(docomoのみ)から「ID」、「パスワード」、「暗証番号」を入力するだけで簡単に決済できる「3キャリア決済」が可能。

また電話が苦手な方はメール鑑定も行っています。

新規会員登録時に3,000円分の無料鑑定が受けられ、Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方はわざわざ入力の必要はありません。

筆者も占い師のアドバイスにより、今後どうやって付き合っていけば良いのか道筋がはっきりし、すっきりとした気持ちになりました。

不倫の嫉妬に苦しんでいる方は、知識と経験豊富な人に相談して、しっかりとしたアドバイスをもらう事で気持ちがだいぶ和らぎますよ。

>>【電話占いリエル】口コミで当たると評判の電話占いサイト!3,000円分無料キャンペーン実施中!

関連記事一覧