40代でも恋愛はしたい。でも出会いはどう作ればよいの?

40代 恋愛 出会い
恋愛悩み

30代前半の頃に結婚を考えていた彼と別れてしまい、それ以降恋愛からは遠ざかってしまって、とうとう40代に突入。

出会いを求めて婚活パーティーや街コンにも参加してみたけれど、20~30代のノリについていけず疲れてしまったり、いいよってくる男性は既婚者ばかりなど、もう結婚はおろか恋愛も難しいんじゃないか、とお悩みの女性はいるのではないでしょうか。

悩む気持ちは非常によくわかります。

でも初めに言っておきます。

「40代だからって結婚や恋愛はできます。」

筆者も同年代ですが、私もそうですし周りの友人も、40代でしっかり恋愛をして結婚している人います。

また再婚相手を探している人や、今ではシニア婚も増えているので、40代はまだまだ恋愛ができる年代と言えます。

実は恋愛や結婚ができない一番の理由は「出会いをつくっていないこと。」
これが根本的な原因です。

40代と言っても、まだまだ女性としては魅力的な年代。
今、この時期を逃してしまったら、あなたの予想通り、本当に恋愛や結婚は遠のいてしまいます。

「もう40代だから・・・」と恋愛に対してまずはネガティブな感情はなくすこと。

いくら出会いがあっても、ネガティブな感情があるといい出会いも見逃すことにつながります。

いい出会いを作るために、まずは男性が40代女性をどう見ているのかをきちんと知ることで、考え方も変わってくるはずです。

今回は「恋愛したいけど、無理なんじゃないか。」とお悩みの40代女性のために、恋愛の秘訣、そしてどんな出会いでうまく行くのか、順を追ってご紹介します。

ぜひためになりますので、ご覧ください。

1.男性は40代女性をどう見ているのか

dansei
一昔前までは40代女性のイメージって「オバサン」が主流でしたが、ライフスタイルが多様化になり、また雑誌やマスメディアでも40代女性の特集が多く組まれて、あちこちに露出したおかげで「美魔女」「魅力ある年代」と大きくイメージが変わってきています。

男性も当然、メディアによって考え方がこのように変わってきています。

また独身の女性であれば、多くは仕事をしているはずです。

当然、一人で生活していかなくてはならないからという理由もありますが、外に出て働くことで人前でもキチンとした身だしなみが当たり前になるのでメイクや服装も気をつけているはず。

「でも20代の頃よりも、肌も衰えてきているしほうれい線も・・・」

と思いがちですが、実は男性は外見ではなく全体の雰囲気を見ています。

「確かに若い女性はキレイ、可愛いと思うけどそれが恋愛の対象となるかと言うと別問題。
ハッキリ言ってまだまだ子供です。
やはり自分と年齢が近い、大人の女性に魅力を感じるのではないですか?
私は現在42歳ですが、30代後半から50代前半くらいが対象になるかな?と思いますよ。」

「40代でも十分恋愛対象です。
ただし女をサボらない事が前提ですね。美貌の劣化は必然的に訪れます。でも、歳を重ねると若いときにはどうしても出せなかった魅力も出てくるものです。」

「容姿というよりインスピレーションですね。お互いに会ったときに『この人だったら・・・』ならOKです。
あとは
・話が合う
・価値観が似ている、近い
・一緒にいて落ち着く
・自分の意見をもっているか
・経済観念がしっかりしている
などが大事です。年齢は二の次です。」

(yahoo知恵袋他)

まとめると

・外見うんぬんよりも、その人に「魅力」があるか
・きちんと自分のお手入れを怠らない
・話が合う
・価値観
・一緒にて落ち着く相手か

これを重視しています。

40代だから「恋愛」対象にはならないというわけではないのです。

筆者の周りの30代、40代男性も同様の意見ですし、ネットで調べても40代独身女性は恋愛対象になるとの書き込みも多くあります。

20代は外見は勝っても「女性」の魅力を出すのはまだ難しいし、会話もよほど長けていないと話がかみ合わないことだってあります。

40代なら、誰でもそれなりの経験をもっています。
実は男性は女性が思うよりも、中身をしっかり見ているものなんです。

関連記事:男性は見た目で選ばない?木嶋佳苗死刑囚が獄中結婚できた理由を考察
2019年4月に木嶋佳苗死刑囚が3度目の獄中結婚で世間を騒がせた事はご存知ですよね。でもなぜ特段美人でもない彼女が、結婚できたのか?実は婚活で必要なスキルを持っていたらです。それは何なのかをまとめています。

2.恋愛力をつけるなら会話力、観察力を磨くこと

40代 恋愛 出会い
さきほどで男性が40代女性をどう見ているのかをお話しました。

感の良い方ならばもうおわかりですが、40代になっても素敵な恋愛をしたいならば、まずは「会話力」が大事になってきます。

もちろん外見を磨く事も必要ですが、お互いを知るには「会話」をしないと成り立たないですよね。

普段から異性とよく飲みにいったり、会話する機会が多ければそれほど困らないと思います。

しかし中には、普段男性とあまり話をしない、またどういう会話をすればいいのかわからないと悩む女性もいるはずです。

会話を盛り上げて、相手と良い関係を築くための一番の良い方法は「共通点」や「共通のポイント」を見つけること。

これは心理学で「類似性の法則」というものがあり、お互いの共通点を持つことにより心の距離が縮まり、恋愛に発展しやすいベストなパターンです。

例えお互いが初めて会った場合でも
・同じ地方の出身だった
・出身大学、高校が同じだった
・趣味が同じだった
・同じ業種の仕事だった
などがあると、話やすいですよね。

でもお互いの共通点があったからって、ついつい自分ばかり話をしたり、逆に自分が会話は苦手だから相手の話を聞いているだけの姿勢をとると、なんとなく盛り上がりに欠けてしまい、せっかくのチャンスも水の泡となってしまいます。

2-1:会話力は喋ることではなく「聞く力」が重要

会話に自信のない人は「会話力をつけなきゃ」と新聞や雑誌を色々読んでみるのもいいですが、一番会話力をつけるのは、実は『聞く力』こそが会話力をあげる一番の方法

これはお話好きな女性にも当てはまることです。

どういう事かというと、会話力ってただ喋ればいいっていうのではありません。
自分の話ばかりする人と一緒にお茶したり、飲みにいっても正直楽しくないですよね。

「この人、自分の事ばかり話して周りの空気が読めない。聞いてて疲れる。」

と思うはずです。

どちらか一方的に話すのではなく、相手も一緒に楽しんでもらえるほうがいいに決まっているのは当然です。

会話がうまく続くためには一方的に話す・聞くのではなく、相槌をうちつつ聞いた話から自分が思ったこと、感じたこと、疑問に思ったことを相手に聞いたりして、お互いの話を深めるのが重要です。

テニスのラリーを思い浮かべるとイメージが湧きやすいと思います。
ラリーが続けばボールを打ち合う楽しさが体感でき、楽しくなりますよね。

会話も同じ。自分の話、相手の話が交互にあれば緊張感もなくなり、お互いに楽しいと感じます。

同時に話を「聞く」は、ただ単に相手との距離感を縮める役割だけでなく、相手の人柄や人生観を知る手がかりにもつながります。

誰でも人の前では「いい人」でいようとしますよね。

でも趣味や仕事、ドラマやアニメ、何気ない話題の中でも相手がどんな事を考えているのか、口調や言葉で相手の本質が見えてくるので、自分はこの人と今後付き合っていける人なのかどうかジャッジすることもできます。

「相手の話を聞くのはわかったけど、初対面だときっかけがないと会話がないんじゃない?その場合どうすればいいの?」

という質問は当然あるはずです。

相手と共通の話題がまだわからない場合は、まず自分の事を話すのが一番の方法。
ビジネス心理学で「自己開示」と呼ばれています。

例えば、どんな勤務先は●●駅の近くで、どんな仕事をしているかで構いません。少しでもいいので自分の事を話すことで、相手も「じゃあ自分の事も話さないと。」という気持ちになります。

つまり自分自身のことを明かすことにより、相手も心を開きその人自身のことを話すようになるわけです。

例えば、あなたの出身が北海道だとすると

「私、実は北海道出身なんです。実家に帰る時は飛行機代が高くて(笑)」

と自己開示をした場合、相手は

「僕は四国出身なんです。同じく飛行機なんですがローカル線しかないから、本数少なくて・・・」

とお互いの帰省の大変さという共通の話題ができるので、相手と会話のきっかけにつながります。

きっかけをつかんだならば、あとは観光地や地元のB級グルメはどんなのがあるかから、お互いの通った小学校、中学校の話題にもつながっていくことができます。

相手の話をしっかり聞いて、自分が知らないことを聞いたり、わからない事を質問したりすれば、相手も「きちんと聞いているんだな。」と思ってくれますし、会話がつながることにより、相手がどんな人柄なのかも見えてきます。

関連記事:口下手で恋愛できないと悩む女性に結婚できる3か条をご紹介
口下手だから男性とお付き合いできないし、恋愛もまして結婚もできないと思っていませんか?
実は口下手って、男性にとって悪いイメージはないのです。
自分に自信がない女性の方に「結婚できるための3か条」をご紹介。

2-2:素敵な恋愛をするなら観察力も磨くこと

40代となると10代や20代と違って、一気に盛り上がる恋愛よりも一緒にいて心地よい恋愛をしたいはず。

一緒にいて心地よい恋愛をするには「聞く力」と同時に「観察力」もしっかりつける必要があります。

観察力というと相手をジャッジするという意味合いでとらえがちですが、実は違います。

男性が女性に惚れる理由の一つに「さりげない気遣い・気配り」があります。
これって「観察力」を普段から鍛えていないと中々難しいのです。

「自分は気遣い・気配りある方だから。」
と思っている方、こんな事していませんか?

「飲み会の席で、グラスが空になるちょっと前に゛次何飲む?”と聞いてくれるのは嬉しい気遣いだけど、全部の料理をいちいち取り分けてしまうのは゛おせっかい”だと感じる。好きじゃない料理も正直あるし。そこまでやる必要はないと感じる。まして『私気が利くのよ』って感じでやられると、うんざりする。」

「落ち込んでいる時、何とかして力になってあげたいという気持ちはわかるけど、あまりにも『●●さんは大丈夫』なんて世話を焼かれると、こっちは正直『ほっといて欲しい』と感じます。
ひとりになって冷静に考えたい時だってあるのですから。」

自分は気遣い・気配りしているつもりでも、相手から見れば「おせっかい」になっているということ。

原因は「観察力」がないことにあります。
人が何をして欲しいか、正しく理解していないので自分のベースで物事を考えてしまい、結果押しつけがましいことになっているのです。

観察力をつける方法は、まず自分の考えよりも相手のことを観察して、読み取った情報から、次に相手は何を望んでいるのか想像して対処するということ。

先ほどの飲み会の意見で大皿まで取り分けてしまうと中にはその料理が嫌い、またはもっとその料理が食べたい人が満足できません。
そうなれば必然的に、とりわけない方がいいという答えにつながります。

相手を観察することで、
・落ち込んでいるけど、この人は自分で解決するタイプだから今は話しかけない方がいい

逆に
・落ち込んでいるけど、この人の場合は気にしすぎる傾向があって、他の仕事も失敗しているケースが多いから、フォローした方がいい

など相手の状況や気持ちの変化がわかり、「気遣い・気配り」の行動をおこすことができます。

自分の目線のまま「こうだあるはず」ではなく、相手の立場の目線で考えて、行動する。
これが「気遣い・気配り」。

観察力がある女性は、本当に「気遣い・気配り」が上手です。
だから40代であっても、男性からモテるし彼氏も作ることができます。

筆者の友人たちは、すごい美人は人はいませんが、
「20代の頃よりモテるかも。やっとモテ期がきたのかな~。」
と笑いながら皆言っています。

でも、彼女たちが初めからできたわけではありません。
気配りが上手な女性の先輩のマネから始めたり、本を読んだりと「観察力」を磨いてきた結果です。

初めは「ちょっとおせっかいかも」と言われてショックを受けたこともありましたが、「こういう時に喜ばれた」小さな経験を積んで、今では気配り・気遣い上手な女性になっています。

40代の女性の恋愛の秘訣は

・聞き上手になり、相手との会話のキャッチボールができる
・さりげない気遣い・気配りができる

この2つがあれば、男性からお誘いがきます。

外見や若さではないということ。この2つをしっかり押さえておく事で、素敵な恋愛に出会えるのはもちろんのこと、周りの友達・同僚からも「素敵な女性」と一目おかれる事につながるので、ぜひマスターをしてください。

次は「男性との出会いをつくる3つの方法」をご紹介します。

関連記事:婚活が成功する人、しない人はここで差がでる!そのポイントは?
婚活が成功する人、しない人にはどのように違いが出てしまうのか、知りたくはないですか?そのポイントを4つのポイントにわけてまとめています。

関連記事一覧