40代婚活で成功した女性の体験コメントから見える「成功ポイント」

40代 婚 活 成功
アラフォー婚活

「女性は35歳を過ぎると結婚が難しい。」
「出会いが極端になくなる。」
といったコメントが多くみかけます。

でも中には婚活をして結婚できた方もいます。

彼女等がどのように婚活を進めていったのか?
体験コメントから「成功のポイント」が見えてくると思いますので、婚活にお悩みの女性の方に是非読んで頂ければ幸いです。

1.結婚を意識した35歳。でも周りの男性はすでに結婚していた

40代 婚 活 成功

A子さんのプロフィール
★住まい:東京都1人暮らし
★職業:大手企業・経営企画部所属
★婚活開始年齢:39歳
★婚活の方法:婚活サイト?婚活パーティー?結婚相談所
★婚活期間:1年4ヵ月

昔学生時代に『アンカーウーマン』という映画を見て、キャスターとして一人前になつていくシンデレラストーリーに憧れて、仕事と素敵な恋愛が自分にも・・・と思い、バリバリ仕事をこなして、経営企画部に異動が決まった時はとても嬉しかった事を覚えています。

営業データーや社員の現状、競合調査で幅広い知識が求めれるので大変ですが、やりがいは感じていました。

結婚はいずれと思っていましたが、その前に素敵な男性とお会いできればなあと思っていたのでしたが、ふと気づいたら35歳になってしまって・・・。

30歳手前頃までは、会社の飲み会で仲良くなった人と交際に発展した事がありましたが、35歳になると飲み会のお誘いもめっきりなくなりました。
私と同年代の男性は皆結婚してしまい、子どもも生まれたばかりの人も多かったので、会社の仕事が終わったら真っ直ぐ帰る人や、同期の同姓の友達も、妊娠で退職したり休職したりと、紹介してもらえるきっかけもなくなってしまいました。

映画のように仕事・恋愛が同時にうまくいかないんですね(苦笑)。

ここ数年は私と同様、未婚の人も増えていますし、独身でも楽しく生活している人はいます。

万一いい男性があらわれなければ、このまま独身でも仕方がないかな・・・とも感じていました。

2.結婚しなくても・・・と思ったが将来独身の不安が・・・

dokushin

仕事は相変わらず忙しく、残業で睡眠不足もたたったのか、ある日からだんだんと朝起きるのが辛くなり、日中も体がだるい時が多くなりました。

どこか具合でも悪いのかと病院で診てもらいましたが、結果は「異常なし」。

処方箋はもらいましたが、それを飲んでも体のだるさが相変わらず続き、集中力も低下し、ささいなミスを起こしがちになり上司に注意されてしまいました。

とくに検査しても体に異常がないのに、なぜこんなに体がだるいのか?という事に悩んでしまい、別の病院にいったところ「うつ病」と診断されました。

原因は仕事による体の疲労によって自律神経が乱れがちになり、それにより「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が少なくなることで引き起こされたのではないか、ということ。

今は休養が必要と言われてしまい、また仕事もできれば異動をしてもっと体に負担のない部署で働いた方がよいのでは、ともいわれてしまいました。

「まだ30代なのに・・・」とその時は非常にショックでしたね。同時に20年、30年も働く体力があるのだろうか、という漠然とした不安がよぎりました。

万一、病気になって働けなくなって収入がなくなったら独り身としては致命傷です。

また具合が悪くて初めてわかったのですが、病気になると頼る人がいないと非常に心細いです。

看護してくれる人がいないので、具合が悪くても自分で全部のことをしなくてはならないし、一人暮らしの心細さを改めて感じました。

3.婚活は「断られる」「連絡なし」は当たり前だった

40代 婚 活 成功

はじめは「婚活サイト」に登録して何人かの男性とメッセージのやりとりをしましたが、年齢で断られたり、今度食事にでもと誘ったら相手から連絡がないことが多く、自分で思ったよりも40代一歩手前の年齢の婚活が厳しいものだと痛感させられました。

正直、これまで生きた中でこんなに振られるなんて・・・と心が折れてしまいましたね。

友人に何度も相談に乗ってもらい、エールをもらいましたが、何度もお断りがあると婚活をやめてしまおうと何度か思いました。

でもよくよく考えたら自分はもう40歳間近だし、男性が結婚考えるなら普通は20~30歳くらいの女性を選びますよね。

自分が男性だったら当然そう思いますから。

だからお断り、返信こないのは当たり前と割り切って「はい、次」という強い気持ちで続けました。

その矢先で何人か連絡を取り合った男性の1人から連絡があり、食事OKとの返事があった時には、一途の光が差し込んだと、その日はうれし泣きでしたね。(苦笑)

4.出会った男性はプロフィールと違っていた

40代 婚 活 成功

お相手の男性は、私より4つ年上の43歳の会社員の方でした。

メールの返信の文面もしっかりしていていい男性だなと思っていました。
プロフィールの画像も、学生時代はスポーツ部に所属していた事もあり、がっしりしていて健康的な印象の男性でした。

しかし実際に会った時に写真より老けた印象だったこと。
そして食事の際に年齢は50歳で、会社は以前にやめてしまい今は契約社員で働いているとのこと。

「本当に申し訳ない。」と謝ってはいましたが、正直ショックでした。

婚活サイトは、ネットの口コミでは年齢や経歴詐称はよくあるとかかれていましたが、自分が実際にそういう人と会うとは・・・と思ってはいなかったので(失笑)。

確かにプロフィールは異性の目に触れるものなので、少しでも自分を良く見せたいと感じるのも無理はありませんが、やはり嘘をつかれたと同じなので、その方とはそれっきり連絡することはありませんでした。

5.本気で婚活するために結婚相談所を調べた

40代 婚 活 成功

その後、そのような事がないように身元をしっかり確認をしっかり行う「結婚相談所」で婚活を行うことに決めました。

まずは資料を取り寄せて、それから自分によさそうなところをピックアップして、無料相談を受けました。

無料相談ですぐ決めるのではなく、2~3社ほとみてからじっくり検討するのがおすすめですね。

結婚相談所ごとに基本方針も違いますし、担当者さんとの相性も自分に合うかどうか?も大事です。

その中で決めたのが、「IBJメンバーズ」です。

なぜここに決めたのかは、やはりいいお相手の方と出会いたいので、入会した後投げやりにならず、きちんとした対応をしてくれるのを重視しました。

IBJメンバーズの場合は

・少人数専任制であり、カウンセラー手作りの紹介とサポートがあること
・会員数が約60,000人(業界で一番多く登録されている)
・男性の約59%が年収600万円以上
・結婚紹介所の中で会員層がもっともスペックが高い
・源泉徴収票提出、独身証明書などの身分証明書の提出があるので詐称のトラブルが少ない

ただし他の結婚相談所より高めなのがネックでしたが。

結婚相談所はどこも同じというわけではないので、資料請求や無料相談を受けて自分に会うかどうかをしっかりと見極めることが大事だと思います。

その後の婚活に影響がありますから。

6.担当者から【婚活の現実】を聞いてショックを受けた

40代 婚 活 成功

カウンセリングを受けた時にアラフォーの婚活の実態を色々と教えてくれました。

生涯未婚率は年々あがっているけれども、独身男性の中には必ず結婚したいとは限らない人がいることと、私と同年代の男性の多くは30代前半の女性を希望している方が多いということ。

同年代だけに絞ってしまうと、中々お相手が見つかりにくい現実があると話してくれました。

また私と同じアラフォー女性の多くが同年代を希望しているので争奪戦になりやすいこと。

私自身は自分の年齢5~6歳くらいの幅の男性を希望していましたが、10歳程度広げて、もう少し幅を広げた方がお相手が見つけやすいこと。

そして結婚相談所に会員となっている男性の中には、女性慣れしていない方もいるので、初デートの時に
「話が弾まなかった」
「リードがなかった」
「デート向きのお店ではなかった」
と厳しくジャッジをしてしまうとマッチングできる確率が減ってしまう事を話してくれました。

やはり40代間近からの婚活は予想以上に難しいことを改めて考えさせられました。

7.担当者の二人三脚でプロフィールを作成

nininsankyaku

少し落ち込んでいる私を見て担当者の方は

「あなたが本気で結婚を望んでいれば必ずいい出会いに巡り合えます。それまでキチンとサポートをしますので、落ち込まないでください。」

と励まされ、まずは担当者と一緒にプロフィール作成に入りました。

担当者の方が色々と質問をしつつ、メモをとりながら分析を行います。
そして私の結婚観や希望と、登録している男性の方のデーターを見比べて、このように書いてみましょうと提案を受けました。

①自分の性格⇒【長所】負けず嫌い・人見知りがない 【短所】少し短気

例文
経営企画という仕事上のため、正確さを求められるため厳しい時もあります。でもやりがいがあるので、今まで仕事一筋で頑張ってきましたが、40歳を間近に仕事だけの生活に寂しさを感じるようになりました。
年齢も年齢なので、将来をきちんと考えている方を出会いたいと思ったのが登録のきっかけです。
いつでも明るくがモットーで誰とでも打ち解ける性格です。
友人も多く、休日には友人の子供と一緒に外で遊んだり、スポーツ観戦などをしています。
私の結婚観は、お互いを尊重し支え合いながら笑顔の絶えない、温かい家庭を築きたいと思っています。

プロフィール文章のコツは

・自分の性格は肯定的に書く
・箇条書きではなく、相手がイメージできるような文章にすること
・共感されにくい趣味はかかない(自分磨きで●●に通っているなど)
・婚活を始めたきっかけや結婚像、結婚したい気持ちを真剣に書く

と教えてくれました。

文章のまとめ方などは担当者の方が教えてくれたので、すんなりとプロフィール文章を書くことができました。

また写真もどのようにすれば、あなたの個性がわかってくれるのかをアドバイスしてくれます。

もちろんキレイに写ることは当然ですが、相手の男性に「会ってみたい」と感じる事が重要なので、私の場合は誰とでも打ち解けるイメージが出るよう、友人のお子さんと遊んでいる写真があると尚良いというアドバイスをもらいました。

こちらで印象を2割アップさせる婚活写真の撮り方は?でコツをまとめています。
>>婚活の写真は重要。女性の印象を2割アップさせるコツとは

8.できるだけ多くの男性と出会う

40代 婚 活 成功

20~30歳くらいの若い人ならば自分から行動を起こさなくても出会いがやってきますが、年齢を重ねてくると出会いのチャンスは減ってしまうため、待ちの姿勢では婚活を成功することが難しいからです。

40代間近の婚活の場合は、出会いを待つのではなく積極的に出会いを求めて行動を起こすことがポイントだと担当者に言われました。

できるだけ多くの男性と会うよう担当者にお願いして、お見合いをセッティングしてもらい、お見合いの後に、どうだったかを振り返り、うまく行かない時は次のアドバイスももらいました。

当然お見合いの申し込みがあっても全員から良い返事があるわけではないので、うまく行かない事もあります。

私も申込や交際を断られた事もあり、その時は担当者とミーティングをして、何が要因だったのか、客観的な視点から分析をしてもらったので、対策を一緒に考えてもらいました。

9.本気の婚活はスピードが大事

40代 婚 活 成功

婚活は、「体力・気力」が思ったよりも使っていることを感じましたね。
やはり早く結婚したいという焦りと、初めて会う男性との緊張の連続でしたから。

またうまく交際につながっても、まだ日が浅い場合、お互いのちょっとしたすれ違いでダメになってしまう事もあります。

私の場合もある男性と3~4回デートをして、自分ではうまく行くかもと思っていましたが、その後連絡しても返信がなく、結婚相談所の担当者に相談して連絡をとってもらったところ、相手の方の返答が「申し訳ないけれどもお断りしたい」という事でした。

理由は、一緒にいて楽しくて明るい家庭を築いてくれるとは思うけど、できれば結婚したら専業主婦になってもらいたいこと。自分の親が歳でできれば少しだけでも面倒を見てくれる女性が希望とのことでした。

正直ショックでしたが、今では担当者がいたからこそ不安の理由がわかり、また貴重な時間が無駄にならなかった事に感謝しています。

もしいなかったら、いつまでも「自分のことをどう思っているんだろう」と悩んでしまいますし、そのままフェードアウトしてしまったら、自分のどこが悪かったんだろうと悩んでしまう事にもつながります。

婚活にはスピードは大事だと感じています。
結婚をしたいという気持ちが高い時には、どんどん前向きに色々な男性と会ってみようと思いますし、担当者から見ても「本気に結婚したい人」と感じてくれるので親身に動いてくれます。

40歳に突入になると、婚活がもっと難しくなるというのをサイトや口コミでみていましたので、できれば40歳になる前に結婚したかった気持ちもあったと思います。

10.登録後10か月で成婚退会

40代 婚 活 成功

その後今の主人とお見合いをするのですが、

結婚相談所にはお見合いから、結婚を前提にした交際の間、お相手見極め期間というのがあります。

この見極め期間にお互いの共通点や、好き嫌いの価値観などを確かめたりして、その後その人とお付き合いするか見極めます。

言葉数は多くない人だけれども、誠実な感じだったのでお付き合いをしたいと思っていたのですが、相手がどう思っているか?はとても不安でしたね。

以前別の男性にお断りされたのもありましたので、担当者と色々相談した時期でもありました。

それから間もなく、「結婚を前提にお付き合い(真剣交際)して下さい」と連絡がきたので、とても嬉しかったですね。

結婚相談所は、初めから「結婚」を前提にお付き合いを考えている方が会員になっていますし、身元もしっかりしているので安心して出会うことができたので、本当に良かったです。

また成婚退会後も、結納や結婚式のプランニングや新婚旅行のなどのサポートも行ってくれたので、助かっています。

お互い働いていて仕事によっては時間が中々とれない時もあるので(笑)。

11.まとめ

A子さんのように無事成婚にいたってもその過程には、大変なこともありましたが、きちんと成功ポイントはおさえています。

・30代後半の女性の婚活事情を理解した
・失敗から立ち上がり自分から【婚活】の情報を調べた
・結婚相談所をうまく利用して積極的に出会いを増やした
・問題や悩みなどがあったら担当者と話し合って解決をおこなった

このA子さんのように仕事に夢中になって、たまたまご縁がなかったり、結婚できないという事よりも結婚しなかったという女性が多いです。

身だしなみもきちんとしていて、コミュニケーションも高く素敵な女性であっても、結婚市場では30代後半から価値が低くなってしまう事にビックリする方が多いです。

40代の婚活は、思った以上に困難であると念頭に置いておくこと。

男性は結婚相手といて年下女性を好む傾向が強いので、年齢に妥協することが可能ならば、5~10歳ほど年上の男性も候補に広げることでチャンスは生まれてきます。

「本気で結婚したい」
「できるだけ理想に近い結婚をしたい」

と考えているならば、質の良い結婚相談所を選びこと。

質の良い=お金が高い、提出する書類も多いことにもなりますが、それだけ真剣に結婚を望んているので会員の質が高いケースが多くなります。

婚活は1人でもできますが、その過程でどうしても悩みや不安、分からないことが出てくるもの。

婚活のプロであるアドバイザーのサポートがあれば、問題をスピーディーかつ的確に解決することが可能です。

婚活につまづいた時は、一人で悩むのではなく、結婚相談所という選択肢もいれておくと良いですね。

>>インターネットで毎月20,000名のカップルが誕生するサービス「IBJブライダルネット」公式サイトはコチラ

関連記事一覧