40代、50代でも恋愛や結婚ができた女性は3つの法則をもっている

40代 50代 恋愛 結婚
アラフォー婚活

多くの女性は、自分の生活圏の中でたまたま出会った、知り合いになった男性を好きになるケースが多いはずです。

しかしながら、そのような出会いは実際のところ、恋愛や結婚にはむずびつかないのが実情。

今まで筆者がインタビューの中で伺った女性で、同じ会社の同年代の40代前半のバツイチ男性に片思いをしている人、通っているスポーツジムのインストラクターに恋い焦がれている人、いきつけのイケメンの美容室の店長に恋ごころを持っている人の恋愛話を聞いた事がありますが、片思いのままで何も進展していません。

インストラクターや美容室はサービス業なので、優しく接してきますし、意図せず思わせぶりな言葉や行動により、女性側からみれば「もしかして…」と思いがちになってしまいますが、彼らは「恋愛」や「結婚」を考えていないので、当然です。

だから結婚や恋愛は難しくなり、同時に年齢的なことで無理と感じてしまうわけです。

「ああ…やっぱり40代、50代じゃあ、結婚はおろか恋愛さえも無理かも。」
と諦めてしまう方も多いはず。

でも現実には、40代だろうと50代だろうと結婚や恋愛をされている女性は結構いるんです。
筆者の知り合いにもそのような女性がいます。

「たまたま運がよかっただけじゃないの?」
と思う方もいるかもしれませんが、実は彼女たちにはある法則を持って男性を選んでいるからです。

決して彼女たちは妥協したわけではありません。

今回は40代、50代の独身女性で結婚や恋愛をしたい、でも実際はうまくいかない、または諦めがちになっている方に成功する「3つの法則」をまとめています。

1.40代、50代で結婚や恋愛の成功は2つの条件に入った男性は選ばないこと

40代 50代 恋愛 結婚
結婚したくて結婚相談所や婚活パーティーに参加しても、相手から断られたりしてしまって、つまり40代、50代は年齢的に厳しいってこと?と婚活してもうまくいかない話はよく聞きます。

実際にインタビューをしたりしてみると、彼女たちは間違った相手を選んでいることがわかりました。

それは

①子供を欲しがっている男性
②世間体を気にする男性

①は当然ながら、年齢を非常に重要視します。今は高齢出産も可能な医療設備もあり40代でも子供を産むことは可能です。また実年齢と子宮年齢は必ずしも一致するわけではありません。

しかしながら男性側は、年齢とともに出産するリスクは高くなりやすいという考え方から子供が欲しい40代、50代の男性の場合、多くは30代前半から半ばの女性を希望するケースが多いため、お見合いを組んだとしてもうまくいかない場合が多々あります。

②の場合、自分の親を安心させたい理由のほかに、男性の会社の世界では昔ほどではありませんが、まだ結婚することで社会的信用が得られる、また出世にも関わってくるという風潮が残っている事があり、結婚相手を探すため婚活をする男性も多いようです。
彼らも①と同様、できれば自分よりも年齢の若い女性を希望している事が多いというのが実情です。

同年代の男性は結婚相談所や婚活サービスを利用した当初は、「子供が欲しい」という条件がありますが、入会して3か月~半年たつころには現実がわかってくるので、考え方も変わってきます。

そういう男性を結婚相談所のカウンセラーに探してもらったり、またはプロフィール欄を見て、子供を作ることより、お互いに仲良く支え合う、長生きするなどの文面が書かれてる人を探すことで、いい相手に巡り合うことができます。

40代、50代独身女性は①と②に当てはまっていない男性を探すことでが、恋愛や結婚のチャンスをひろがることにつながっていきます。

2.夢や理想で相手を探すのではなく、現実主義者となる

40代 50代 恋愛 結婚
40代、50代になると若い頃と比べて出会いは当然なくなります。

ご自分の周りを見回しても、ほとんどが既婚者であったり、いい男がいたとしてもスポーツジムのインストラクターや美容師、または昔憧れていた先輩くらいしかいないかもしれません。
でも彼らは冒頭でもいったように「結婚を考えている」人ではありません。

「こういう男性だったら付き合っていた、または結婚したのかも。」

という夢や理想を追い求めている状況では、まず結婚はできません。

友人の紹介、職場の懇親会、婚活サイトの登録など出会いのチャンスがあれば積極的に参加すること。

出会いがなければ当然のことながら恋愛や結婚のチャンスの確率はあがらないからです。

またお付き合いをしても相手の男性が結婚する気がないとわかったら、すぐに切って次に行くという現実主義者になることも大切です。

女性の場合「いつか彼が結婚すると言ってくれるかも。」と運まかせにしがちになりますが、残念ながら婚期をなくすだけです。

婚活で結婚を前提に半年もお付き合いしたのに相手から結婚の「け」の字も何も言われなかったのであれば、ご縁がなかったと割り切る姿勢も必要です。

せっかく付き合ったのに…と落ち込んでしまう気持ちもわかりますが、ここは現実主義者となり、割り切って新しい男性と出会う努力をしている女性ほど、結婚は近くなるという事を覚えておいてください。

3.似たような年齢やニーズの人たちが集まる婚活サイトやパーティーに参加することで出会いが見つかる確率は上がる

40代 50代 恋愛 結婚
最後の3番目は、出会いの数と質にもつながってくることです。

婚活パーティーに参加するならば、20代、30代が混じらない40代、50代がメインの条件とか、40代限定・50代限定とうたった企画のものに参加するとよいです。

この企画が充実している企業では、東証一部の結婚相談所IBJが運営している「PARTY☆PARTY」では参加資格の年齢が明確に表示されていますし、また相手の男性は年収〇〇〇円以上、公務員・大手上場・外資系企業限定などのスペックのほか、飾らない関係が理想、物腰が柔らかい男性、支え合える関係が理想、昔モテた告白されたことがある魅力的な方限定などユニークな企画が数多くあります。

興味ある方はこちらの公式サイトで、希望のパーティーを探すことができます。

 

▶PARTY☆PARTY公式サイトはこちら

また筆者の知り合いの40代後半の女性はマッチングアプリに参加し、昨年結婚しています。
婚活サイトやマッチングアプリは、複数登録して数多くの男性とメッセージのやりとりをしている人が多いと思いますが、彼女の場合は登録している年代が自分と同じ40代~50代が多く登録している婚活サイトやマッチングアプリに登録をし、実際に男性と出会って結婚をしました。

使ったマッチングアプリは「マッチドットコム」ひとつ。
マッチドットコムは1995年にアメリカで誕生し、現在はAI技術をとりいれてマッチドットコムを利用すればするほど、自分の好みの相手と出会える確率がアップするシステムを導入しています。

また会員の年齢層が他のマッチングアプリや婚活サイトよりも高く、会員の中心は30~40代の人が多く登録しています。

知り合いの40代後半の女性がもらった「いいね」やメッセージのうち約9割ほどは30~50代の男性であり、そのうちの2~3人の男性と何度かメッセージのやりとりを続け、実際に会った男性と交際がはじまり、1年の交際を経て結婚をしました。

マッチングアプリはよく遊び目的の人が紛れ込むという話を聞きます。
確かにそういうケースもありますが、マッチドットコムは男女とも有料で使うため、女性側が真剣度が高いという評判もあって、男性側も「真剣に恋活・婚活をするならマッチドットコムを使ってみよう」と真剣な交際を望む人が多く登録しているのではないでしょうか。

アメリカで誕生したマッチングアプリなので、使い方がよくわからないんじゃないか・・・と思ったそうですが、マッチドットコムはアプリ版とブラウザー版があり、ブラウザー版は機能が多すぎて使いづらかったそうですが、アプリ版はシンプルで使いやすく設計されており、使うならばアプリ版をおすすめします。

万一わからない場合は、メールで問い合わせをすればすぐに返答してくれたので、問題なく使えたとのことです。

料金は月額4,490円ですが、3か月利用では月額3.990円、6か月では月額2,790円と安く利用できます。(※クレジットカードの場合)

 

▶恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム公式サイト

 

むやみやたらに出会いに参加するよりも、このように自分と同じような年代が多く登録している、または40代限定、50代限定とターゲットが絞られている婚活パーティーにより量と質が無駄にならず、恋愛や結婚につながる出会いがひろがります。

関連記事

関連記事一覧