35歳の女性では婚活しても無理と諦める前に見直すべき4つの事

35歳 女性 婚活
アラサー婚活

婚活アプリや婚活パーティに参加しても一向に出会いもない、会ったとしても男性の方からお断りや連絡がこなくなったなど、一生懸命婚活をしてもうまく行かなくて、体力的・精神的に追い詰められている方はいるかと思います。

ネットでは、出会いの数を増やせば成功する、男性と出会えるきっかけが増える、失敗しても前向きに気持ちを切り替えましょう。

と書かれていますが、正直お断りされたり、こちらから連絡しても無視されると、人間性を否定されている様でショックで食事が喉を通らなくなったり、もう婚活はあきらめよう・・・と絶望的な気持ちになります。

確かに数をこなせば、男性と出会える確率はあがります。
でも様々な婚活サイトでアドバイスされたことを行ってもうまく行かない、失敗ばかりする場合、実は「婚活の仕方・考え方」を変えないと何度行っても失敗ばかりしてしまいます。

婚活をあきらめたくなる気持ちもわかります。
でも少し冷静になって考えてみてください。

今婚活を諦めれば、現時点の辛さからは解放されます。
しかし、その先つまり未来はどうでしょう。
一生おひとりでも構わないと本当に思っているのでしょうか。

おひとりで暮らすなら、まず収入を安定させなくてはなりません。
35歳の女性の全体の平均年収は360万円ほど。これは正社員の金額で、派遣社員など非正規雇用の場合は、280万円ほどで2/3ほどしかありません。

東京など都市圏の場合、家賃はバラつきはありますが1ルームや1Kで安くても6~8万円ほどかかります。

そのほか、光熱費や生命保険、携帯代などの通信費を払わなくてはならないので、自分が自由に使えるお金はそんなに残っていませんよね。

婚活の悩みは解放されるけれども、今度は生活の悩みがつきまとうわけです。

気持ちが落ち込んでいる時は、正直婚活は少しお休みするのが一番ですが、不安をかかえたままでは、ただ単に時間を食いつぶすだけでなく、

「自分は結婚もできないダメな人間だ。」

とマイナスの感情を持ち続けてしまい、顔の表情も暗くなり重苦しいオーラになってしまうため悪循環です。

「婚活が苦しい」と思う30代の女性の方に今回は『婚活をあきらめる前にぜひ見直して欲しい4つのアドバイス』をご紹介します。

ぜひ参考になりますのでお読みいただければ幸いです。

1.自分が選ばれない→受け身の姿勢ではうまくいかない

35歳 女性 婚活
婚活パーティー、婚活居酒屋など異性と出会える場所に一生懸命参加しても、いつも最後にはポツンと独りぼっちになってしまったり、気に入った男性の人から声をかけてもらえず、いたたまれない気持ちになるのはよくわかります。

会話があまり得意でなくても、きっと誰からか声をかけてくれるだろうと「受け身」でいると実際、誰からも声をかけてもらえず独りぼっちになってしまいます。

あなただけではありません。男性だって初対面の人に話すことは緊張があります。
また婚活パーティーによって男女の比率が悪い場合もあり、参加者が女性が多い場合だと、声をかけようにも難しい場合があります。

婚活パーティーで男性とお近づきになるコツはまず「参加する男女比が同じか、男性の方がおおいパーティーに参加する」こと。

次に自分のプロフィールは具体的に書き込み、相手から興味を持たれる内容にするのがキーとなります。

例えば趣味が「映画鑑賞」の場合、そのまま映画鑑賞と書くのはNG。

最近見た映画の感想をちょこっと書いて、こんなジャンルが特に好きですとか、また最近の映画館は音響や、座席など特徴のある施設も多いので、「〇〇が特徴あって面白いので●●の映画館がおすすめです。一緒にみてくれる人を探しています」などを書いておくと、男性側も興味を持って話しかけてきます。

興味を持って話しかけてくれた男性に対して「後でまたお話しましょう。」と声をかけておけば、後のフリータイムの時に「さっき約束しまたので」と理由づけができるので、話かけやすくなります。

男性側も自分に興味を持ってくれた事が伝わるので、きちんとお話をしてくれますし、ひとりぼっちを回避する事にもつながります。

万一、タイミングを逃して他の女性と話をしてしまった場合は焦らず、パーティーのスタッフに相談して、お相手の男性まで誘導してもらうのが一番いい方法です。

何も恥ずかしがることはありません。

そのためにスタッフがいるわけで、彼らもプロなので誘導は上手いし、何よりも男性側も「僕と話したがっていたんだ。」と意識してくれることにもつながります。

また最近の婚活パーティーは『個室タイプ』のものも多く開催されています。

個室タイプはお互い1対1の対話形式なので、周りの状況に振り回されることなく、個室にいるため、ひとりで待機する時間があっても周りの人はわかりません。
大勢の人だと緊張してしまうタイプの女性には個室タイプの婚活が良いかと思います。

その際もしっかりとプロフィールは書き込んで、相手に興味を持ってもらえる様に文面を工夫してください。
これだけでずいぶんと違います。

話すきっかけができたら、どんどんお話をしていくと自然と受け身の姿勢から脱却できます。

個室タイプの婚活パーティーを扱っているサイトをご紹介します。
色々ありますので、サイトを一度見てみてはどうでしょうか。

>>「全員と話せる」一味違う婚活パーティーサイト情報

2.成果が出ない→結婚をゴールと考えない

35歳 女性 婚活

特に30代も半ばになると婚活の成果が出ないと、焦りや不安の気持ちが大きくなり、うまくいかないと婚活のモチベーションも保つことも難しくなります。

ここで一呼吸おいてもらい、まずはいきなり「結婚相手」を探すのではなく「時々一緒にご飯を食べるボーイフレンドを探そう」「休みの日にお互いが楽しめる人を探そう」という目標に切り替えると、いい結果が出やすくなります。

「結婚、結婚」と考えながら婚活をしていると、相手の男性も必死さが伝わってしまい「ちょっとこの人とは・・・」と避けられることにもつながります。
男性ももちろん結婚をしたくて、出会いを求めていますが女性よりも、もう少しライトに考えています。

恋愛はある意味、男性の方がロマンティストなんです。

それに「食事」「お出かけ」の方が結婚よりも具体的なので目標にもなりやすく、また男性も気軽にOKがしやすいです。

婚活の場でいきなり「結婚」を意識するのではなく、まずは一緒に食事するお相手として、お誘いをしてみると男性側もよほどの理由がない限り、一緒に食事に行きましょう、と約束をしてくれますよ。

3.好きだと思える男性に出会えない→視野が狭いからうまくいかない

35歳 女性 婚活

婚活で悩んでしまう理由に「いいと思える男性と出会えない」という意見を多くうけます。
結婚は女性にとって夢であり、素敵な家庭を築きたいと思うもの。
だからこそ、自分の結婚相手は妥協できないという意見をよく聞きます。

その気持ちは十分わかります。

でもそのままの考えでは、よほどの婚活の回数をこなさなければ出会いはありません。
いたとしても、ライバルの独身女性が多くて諦めざるを得ない状況になり、婚活が辛くなってしまいます。

婚活パーティーやお見合いは時間に制限があるので、どうしても相手の第一印象のウェイトが高くなってしまいます。
でもそれって非常にもったいないんですよ。

第一印象が爽やかだと思っても、話してみたら「なんか違う」ってことがよくあるからです。

筆者の年下の友人も、以前婚活パーティーに行っていましたが、第一印象で「この人いいかも。」とアプローチをしてデートをしたわけなのですが、その男性が下戸で全くお酒が飲めなくて、会話もはずまず結局それっきりになってしまった苦い経験を持っています。

彼女曰く「第一印象じゃなくて、もっと話をして決めればよかった」と後悔をしていました。

印象だけで決めてしまうとこのような落とし穴にはまってしまう事もあります。

「会った時は自分の考えを言っている姿に『男らしい』と思いましたが、付き合ったみたら自己主張が強すぎて、こっちが違うんじゃないの?と言っただけでスゴイ不機嫌になった。単なる自己チュー人間だってことがわかった・・・」

「話が知的で頭の良い人と思っていたけど、物事に細かすぎて一緒にいるとすごい疲れる。」

「大手の企業に勤めてて、着ているスーツも高そうで素敵だなと思って、自らアタックして付き合えたけど、食事もデート代も割り勘。しまいにはコンビニのジュースを買っただけでも『もったいない使い方』しているね、と言われる始末。こんな人は付き合えないと思った」

人の第一印象のイメージって実は、半分以上「期待値」が混じっているようなものなのです。

わかりやすく言うと

・会話が上手→頭がいいかも
・身なりがビシっと決まっている→年収いいかも
・リードしてくれる→男らしい

と良い方に想像しますよね。
でも実際の性格はわかりません。

実際こうだったらお付き合いしますか?

・会話が上手→実際会ったらつじつまがあわない、嘘をついていた。
・身なりがビシっと決まっている→ケチがつくほど倹約家
・リードしてくれる→自己チュー男

正直、嫌ですよね。
印象って人のとらえ方でいいイメージを勝手に作りあげてしまうので、本当に怖いんです。

好きだと思える男性に出会えないと悩んでいる方は、第一印象のウェイトが高く、つまり視野が狭いということ。

色々な男性と婚活の場でお話をしましたか?
印象で決めてしまうと、本当は近くにあなたに合う男性がいたかもしれないのに、それに気づいて逃しているだけなのです。

印象がちょっと・・・と思っていても、話している内に「おや?ここはフィーリング合うかも」と思う場面も多々あるはず。

婚活で結婚できた女性って、相手の話をちゃんと聞いてコミュニケーションをしっかりとっているんですよ。

「いい男性がいない」はまだ視野が狭くて、自分に合う男性を見つけられないだけです。

多くの男性ときちんとお話をしたり、聞くことで多くの出会いがありますよ。

4.年齢的な焦りがある→他人と比べない

35歳 女性 婚活

30歳も半ばになれば年齢的な焦りがない人はいません。
しかし年齢もとらえ方ひとつなんですよ。

年齢に焦りがあるという事は、あなたの周りの友人たちのほとんどがすでに結婚しており、親からもプレッシャーがかかっているのではないですか?
周りを気にするタイプの方は、結婚したら今度は

・近所の人たちの旦那さんと自分の旦那の年収を比べてしまう
・子供通う保育園や幼稚園のレベルを比べてしまう
・ママ友のバッグや服装のグレードを比べてしまう

など一生、周りの人と無意識に比べてしまい、不満足な人生を送ってしまいます。

他人と比べたって何の意味もありません。
自分の人生は自分のペース。結婚も早い遅いは関係ありません。

なによりも怖いのは「比べる」ことであなた自身がどんどん卑屈になって不幸せに陥ってしまうことです。

30代後半でも40歳でも、人と比べることなく結婚した女性は、皆幸せな結婚生活を送っています。

年齢に焦ることなく、幸せになれる結婚相手を探すことに集中すればいいだけなのです。

5.婚活諦める前に一度「自分の婚活力」を数値化して客観的に見直してからでも遅くはない

婚活力

以上が『婚活をあきらめる前にぜひ見直して欲しい4つのアドバイス』をご紹介しました。

どうですか?見直すことで婚活の考え方もずいぶんと変わってきませんか?
それともう一つ大事な事をお教えします。
「婚活」が上手く行った女性の多くは、「婚活力」が高いんです。

「婚活力?」

と疑問に思う方が多いと思いますが、わかりやすく言うと、人付き合いや気配りの良さ、そして婚活の辛さに負けないストレスへの耐性が高いということ。

ここ最近、婚活ブームによって婚活を成功させたいと願う女性のために、あなたの婚活力はどれくらいあって、どこを直せばもっとよくなりますよ、という診断を無料で行っています。

みなさんは、はっきりと自分の長所・短所を相手にわかりやすく話する事できますか?

実はこれ婚活の際に非常に重要なことなんです。
よくわかっていないと、プロフィールにうまく書くことができず、相手の男性からも「この人どういう性格の人?」とわからないからです。

婚活診断は、結婚支援サービスの「パートナーエージェント」が無料で行っており、20の質問からその人の婚活力をしっかり診断してくれます。

筆者の後輩の女性も、婚活がうまく行かない時に「自分の婚活力がどれくらいなのかを知りたい」と受けた結果、4つの項目中2つが足りないことがわかりました。

出会いを求めて必至に婚活をしていたのに失敗した理由が、前向きに考えるポジティブシンキングと、婚活失敗しても立ち直って頑張れるストレス耐性が低かったため、次のお相手を探す気持ちに上手く切り替えられなかった結果、同じ失敗を繰りかえす結果となっていた模様です。

「婚活EQ診断」は単に分析の結果だけでなく、良かった点・悪かった点をふまえて数値化してくれるので、自分の強みや弱みを客観的に見つめなおすきっかけにもつながります。

後輩の女性はメンタルがあまり強くない結果が出たので、今までの婚活パーティーやアプリで自分で相手を探すよりも、アドバイザーがついてしっかりフォローしてくれる「結婚相談所」に切り替えて、頑張った結果、結婚が決まりました。

彼女曰く「婚活EQ診断」で自分の短所がはっきり見えたので、一人で頑張る婚活では到底無理な事がわかって結婚相談所に切り替えて良かったと話をしていました。

婚活EQ診断を実際見させてもらいましたが、無料でここまで診断してくれるのは正直びっくりしたのが正直な感想です。

この婚活EQ診断の結果は、郵送で届けてくれます。
社名も入っていない封筒でくるので、自分が婚活している事を家族や周りの人にもわかりません。
過度な営業もなく、婚活サービスの案内の資料が入っているので、診断書と同時に、どんなサービスなのか見てみるのも良いと思います。

自分の短所・長所をはじめ、「前向きの考え」「失敗しても恐れないストレス耐性」は婚活に必要な力です。

今の自分はどれくらい「婚活力」があるのかしっかりわかるだけで、今後どのような婚活をすればいいのか、私の後輩のように道は開けてきます。

>>あなたの婚活は正しい?無料で「婚活EQ診断」

35歳の私では婚活しても無理と思ってあきらめる前に、まだやれることはありますよ。

婚活は辛いと思った方は多いです。あなただけではありません。
この記事がお役立てることを願って、書かせていただきました。
是非、素敵な人に巡り合い、そしてご結婚を楽しみにしております。

関連記事一覧